4月は、新社会人や新大学1年生のような、周囲の環境が著しく変わる人々が多く生まれる季節。新しい世界へ飛び立とうとしている人たちは、夢や希望に満ち溢れていることでしょう。しかし、新しい環境にうまく適応することができなかったり、物事にこだわりすぎたりしていると、それらがストレスになり、いわゆる五月病に罹患してしまうことも。五月病に罹ってしまうと、

抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状である。主訴には、不眠、疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人との関わりが億劫など

(引用元:Wikipedia|五月病

といった症状が出てしまうそう。そうならないためにも、今のうちから五月病予防をしっかりしておきましょう!

リラックスしてストレスを解消しよう

職場などでどうしてもストレスが溜まってしまうとしても、家に帰ってきて、しっかりとリラックス出来る習慣をつけておけば、五月病予防になります。

一番良いリラックス方法は、しっかりと眠ることです。長期休暇で不規則な生活を送っている人は、そろそろ、規則的な生活に戻し、仕事や学校から帰ってきたらぐっすりと寝れるような習慣を作っておきましょう。

また、感動して泣くことも、眠ることと同等のリラックス効果を持つようです。ですから、感動的な映画等を見る習慣をつけておくと、ストレス発散に効果的です。感動ではなく、悲しくて泣いたとしても、リラックス効果は得られます。もし、新しい環境で嫌なことがあった時は、我慢せず思いっきり泣くように心がけましょう。良い五月病予防になりますよ。

80日でTOEIC885点に! 繁忙期の激務をこなしながら230点アップできた "パーソナル学習戦略"
人気記事

不安感を取り除く習慣をつけよう

不安感は、ストレスを生み出し、五月病の原因となります。そういうわけなので、不安感を取り除く習慣を身に着けておきましょう。

不安感を減らす方法の一つに、トラウマになっている出来事やうれしかったこと、悲しかったこと等を、紙に書き出す方法があります。このような習慣が身についていると不安感が減少していく、という実験結果があるのだとか。

他には、軽い運動も効果的です。アメリカの心理学者ジャスパー・スミッツ氏によると、25分間の運動で、気分が楽になり、不安が減り、ストレスを発散できるのだそう。まさに五月病予防にはうってつけですね。

また、もっと手軽な方法として、胸の上あたりを蒸しタオルなどで温めることも不安感を薄める効果があるようです。試してみてください。

しっかりと休日は休む習慣をつけよう

休日まで学校や仕事のことを考えてしまい心が休まらないと、ストレスや不安感が消えるどころか増えてしまい、余計五月病にかかりやすくなってしまいます。そういうわけなので、休日は、学校や仕事のことを忘れてしっかりと休みましょう。

とはいっても、何もしないでいると、自然と学校や仕事のことが思い出されて、漠然とした不安感を覚えてしまうもの。

そこで、休日は趣味に没頭するのがおすすめです。趣味がない人は、今のうちに趣味を探しておきましょう。趣味は自由なものなので、例えば「睡眠」というのもありかと思います。他にも、ちょっと不純な動機(モテたい)で新しい趣味(モテそうな趣味)を始めてみる、というのもいいかもしれません。まずはいろいろ試してみましょう。

gogatsubyou-yobou02

悩みを打ち明ける習慣をつけよう

新生活が始まって、理想と現実のギャップで苦しむことがあると思います。そういうときにはひとりでため込まず、家族や友人に話してみましょう。また、同期の人に相談してみるのも手です。同じ悩みを抱えている同期も多いはずなので、お互いに打ち解けることも出来、一石二鳥です。

自分の評価が気になっている場合には、思い切って正直に上司に聞いてみるのも良いかもしれません。上司に悪い印象を持たれる前に正直に打ち明けることで、改善すべき点を早期に教えてもらうことができます。評価が気にかかって仕方がない時には、ぜひ、上司に直接尋ねてみましょう。

***
五月病予防としては、まずはリラックスすることが重要です。上で挙げたようなことや、自分の好きなことをすると良いでしょう。

新生活が始まると、理想と現実のギャップの狭間で苦しむこともあると思います。そんなときは、親しい人や、会社の人に悩みなどを打ち明けてみましょう。だいぶ心が楽になるはずですよ。

(参考)
太陽笑顔fufufu|泣いた後には、笑顔になれる。人だけが持つ「涙」の力。
UChicagoNews|Writing about worries eases anxiety and improves test performance
健康情報|自律神経のバランスを整える
アライブ!サプリメントカフェ|25分間の運動が気分の落ち込みや不安、ストレスを軽減!!
Wikipedia|五月病
「5月病にかかったら まず悩みを打ち明ける」,日経ITプロフェッショナル,2003年05月号,p.166.
ナミうつブログ|不安中毒に注意!糸井重里さんが教えてくれた不安解消法