覚えやすくて忘れない! 替え歌暗記法について調べてみた。

kaeuta

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」 この言葉をご存じだろうか。

これは、1964年の映画「メリー・ポピンズ」で使用された劇中歌の中に出てくる言葉である。 小学校の教科書等にも載っているので歌える人もいるかもしれない。

この単語、実はまったく意味はない。しかも非常に長い。 このような単語を覚えるのは非常に苦労しても良さそうなものだが、歌にのせて口ずさむと意外にもすぐに覚えることができ、かつ忘れにくいものとなる。

今回はこの、歌と記憶の不思議な関係に着目し、勉強への応用可能性について考えてみたい。

badge_columns_1001711なぜ歌にのせると覚えやすく、忘れにくいのか

歌にのせて口ずさまれた言葉は、覚えやすく、忘れにくいものとなる。 その理由は、人間の記憶メカニズムにあった。

記憶は、全くなじみのない新しいことより、既知のことに関連することの方が定着しやすいことが知られている。 そのため、既に知っている歌のメロディーにのせて歌うことで、新情報は「関連情報」として処理され定着しやすくなるのだ。

ではなぜ、忘れにくくなるのか。 情報が脳内に定着し、忘れにくくなったものを「長期記憶」と呼ぶ。 この長期記憶をさらに見てみると、 ・宣言記憶 ・手続き記憶 の二種類がある。

ごくごく簡単に言うなら、宣言記憶とは言葉で説明できる記憶のこと。 一方の手続き記憶は言葉で説明できないが再現できる、いわゆる「身体が覚えている状態」のことを指す。

歌を特定のメロディーにのせて歌う、ということはこの手続き記憶に分類される。 泳いだり、自転車に乗ったり、スケートをしたり、ということと同じことなのだ。忘れにくいのも納得できよう。

badge_columns_1001711替え歌暗記法のやり方

それでは実際の手順を紹介しよう。 まず、元となるメロディーを用意する。このメロディーは、よく知っているものにしよう。 既知の情報に関連して覚える、ということがこの方法の基本だから、メロディーはなじみ深くいつでも絶対に思い出せるようなものが良い。 童謡などがおすすめだ。

メロディーの次は歌詞。 有名なものでいえば、「アルプス一万尺」のメロディーにのせて中国の王朝名を覚えるというもの。

メロディー「アルプス一万尺、こやりのうーえで♪」 歌詞「殷 周 東周 春秋戦国 秦 前漢 新 後漢♪」

と、最後まであてはめていくのだ。

この歌詞は大学受験から時間がたった今でも、まだすらすらと思い出すことができる。

他にも、「どんぐりころころ」にあわせて古文助動詞を覚えたり、「世界にひとつだけの花」にあわせてドイツ語の定冠詞を覚えたりもしたが、そのどれもを今でもすぐに取り出すことができる。

替え歌暗記のメリット、簡単さをおわかりいただけただろうか。 なにも自分で思いつく必要はない。インターネットを検索してみると、たくさんの便利な替え歌を見つけることができる。 以下にいくつかの替え歌暗記動画を紹介しておくので参考にしてほしい。

運動会の曲で歴史年号語呂合わせ

【日本史替え歌】 執権政治 × 恋するフォーチュンクッキー

【歌って覚えて】ドラえもんの歌でアメリカ大統領を覚える【重音テト】

(参考) Wikipediaスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス 実例 歌記憶術 記憶の玉手箱 wikipedia 手続き記憶

 


京都大学法学部所属。京都教育大学附属高校卒業。高校の頃は生徒会をやりながら模擬裁判選手権で関西大会三連覇を果たす。大学ではよさこい踊りを踊るサークルに所属し、1年中お祭りに参加するために全国を駆け回っている。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら