『ポケモノミクス』のビッグウェーブ! しっかり稼いでいる人は何が違うのか。

2016年7月6日(木)にアプリ「ポケモンGO」がオーストラリアでリリースされたのを皮切りに世界各国で次々にリリースされ、日本でも7月22日(金)に正式にリリースされました。海外で大旋風を巻き起こしたアプリの日本上陸を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

アメリカでは、そのダウンロード数、売上額がともに1位に躍り出ただけでなく、アクティブユーザー数もtwitterを上回ったとされており、まさに社会現象となっています。もちろん、任天堂の株価も急上昇。リリース2日後から、まさに反り立つ壁のような角度で株価は上昇しており、今後どこまで伸びるのか予測もつきません。

しかし、ポケモンGOの経済効果はそれだけに留まらないのです。

例えば、ポケモンのキャラクターがパッケージになっている「ポケモンパン」を販売している第一屋製パンの株価が任天堂につられて急上昇しています。また、子供靴で人気のブランド“瞬足”を扱うアキレス株式会社の株価はリリース前の2倍になっています。これは、外を歩き回ることで楽しめるゲームのためです。

このように「ポケモンGO」のおかげで経済と株式市場が活性化したことで、“アベノミクス”ならぬ“ポケノミクス”という言葉が誕生しました。

もし、社会で利益を生み出そうとしたら、このポケノミクスのような大波に乗るのが有効な手段ですよね。しかし、全員が便乗できるわけではありません。大波に乗れる人とそうでない人、その違いはどこにあるのでしょうか?

大波が来る前の準備

どんなに上手いサーファーでも、波が来たときにサーフボードを持っていなければ波を乗りこなすことはできません。経済の大波にも同じことがいえます。

例えば、マクドナルドは各店舗に捕まえられるポケモンを出現させる提携をすでにポケモンGOと結んでいます。これも、ポケモンGOのリリース前から提携に向けた準備がなされていたための成果でしょう。

また、ポケモンGOではスマホをもって10km歩くことでタマゴを孵化させることができるのですが、プレイヤーの代わりにスマホを持ち歩いてくれるサービス“pokewalk”が開始されています。これは、ポケモンGOがリリースされれば誰でも思いつきそうなサービスですが、pokewalkが実装されたのはリリースから1週間も経たない時期です。これも入念な準備があったため、一歩抜きんでて利益にした例だといえるでしょう。

つまり、人より早く準備していた者が大波に乗れるということですね。

情報収集力

「テスター」というものをみなさんご存じでしょうか。 ゲームが正しく動作するか、またそのシステムに改善点はないかをテストするために、微調整のみを残した段階のβ版をプレイする人々のことです。

ポケモンGOにもテスターが存在し、その結果は任天堂にフィードバックされるだけでなく、プレイした感想やそのシステムなどが掲示板で未プレイの人々と共有され、その中身が世間へ発信されていました。

しかし、そのテスターが活動をしていた期間の任天堂の株価を見てみると、リリース後の今と発信されていた情報が大差ないにも関わらず、全く変化が起きていないことがわかります。

ここからわかることは、株価に影響するほどの人数がこの情報にたどり着いていなかったということ。

逆に言えば、世間が大波の予兆を感じられていないこの段階で情報に触れていれば、人よりも早く準備に取り掛かれたことになります。

そのためには、人よりも優れた情報収集力が必須です。どんなに小さな声も聴き逃さないという姿勢が人よりも先んじるための秘訣でしょう。

AdobeStock_58518480

不確定な未来

ポケモンGOのPVが公開されたのは、実は今から10か月も前の2015年9月9日です。そのPVは、今リリースされているゲームのコンセプトを映像で示したものであり、ゲーム性や内容を理解するのに十分なものだといえます。

実際、PVの公開直後には期待の声が多く聞かれ、ゲーム好きの私もPVを見てからリリースを心待ちにしていました。

しかし、この日以降の任天堂の株価の推移を見てみると上がるどころか下落しているのです。ここから読み取れるのは、株価は期待「だけ」では動かないということ。世間は不確実なものに投資をしたがらない傾向にある、というのが見て取れます。

もし、この段階でポケモンGOの大波の予兆を感じられていたとしたらどうでしょう。リリース前に提携に働きかけたり、リリースと同時にpokewalkといったサービスに踏み切れたかもしれません。

つまり大事なのは、不確実なものに投資しようとする姿勢です。

すべて賭をする者は、不確実なものを得んがために確実なものを賭ける。(パスカル)

(引用元:ウェブ石碑|不確実

もちろん、失敗のリスクはあります。しかし、先ほども述べたように、不確実なものに投資できる人は決して多くありません。人に先んじて大きな利益を生み出そうと思ったら、不確実なものに投資するのは、むしろ確率の高い方法なのです。

*** “情報収集力”と“不確定要素に投資する姿勢”が時代の波に乗るための必須能力ということです。この先も経済の大波は必ずやってくるはず。それを逃さないためにも、常にこれらを心掛けておくといいかもしれません。

(参考) Youtube|【公式】『Pokémon GO』 初公開映像 Study Hacker|ポケモンGO REUTERS|任天堂株式会社 pokewalk|HOW IT WORKS 日本経済新聞|「ポケモンGO」日本上陸へ マクドナルドと組む YAHOO!ニュース|「ポケモンGO」関連銘柄11選 直近の株価動向を振り返ってみた ウェブ石碑|不確実

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら