みなさんは普段、仕事やプライベートにおいて気疲れしてしまうことは多いでしょうか。

馴染めない環境で過ごしたりそれほど親しくない人とやりとりをしたりすると、ひどく気を使い、自宅に帰ってひとりになった瞬間、どっと力が抜けてしまうなんてことがありますよね。

仕事でも、日々顧客対応で多くの人とコミュニケーションを取らなければならない接客業をしている方や、ときには取引先の顔色をうかがわなければいけない営業の方などは、気疲れしやすい仕事をしていると言えると思います。そうでなくても、少し気が合わない同僚がいるとか、上司の様子をいつも気にしないといけないなど、仕事で何かと気疲れしてしまうシーンは多いことでしょう。

このような精神的な疲れは、知らず知らずのうちに蓄積し、私たちの身体にまで良くない影響を及ぼしてしまうものです。そこで今回は、精神的な消耗を抑えるための方法についてお伝えします。

気疲れしてしまいがちな人はこんな人

気疲れしやすいと感じる人には、いったいどのような特徴が見られるのでしょうか。

例えば、性格で言えば「完璧主義」な人が気疲れしてしまいやすい傾向にあります。完璧主義な人は、他人と接する場面においても、「いつでも相手から気に入られなければいけない」「自分が多少嫌な思いをしてでも、円滑にコミュニケーションしなければ」といったように、自分に我慢を強いてしまいがち。そうすると気が休まらないため、精神的疲労を常に抱え込んでしまうのです。

また、忙しい日々が続いて生活習慣が乱れたり身体的な疲労が積み重なったりすると、精神的な疲れも増加しやすくなります。みなさんも体が疲れているとき、なんとなくイライラしてしまうことがあるでしょう。きちんと休んで疲れを取り、イライラも解消できるのであれば問題ありませんが、休む暇もないほど忙しいと、体に疲労が溜まっていきイライラも蓄積していきます。

イライラして怒りっぽくなったり、記憶違いや勘違いをしてしまいやすくなったりするだけでなく、さらに疲労が進むとノイローゼやうつ病になってしまう可能性も。心身ともに疲れのサインを見逃さないよう、普段の生活態度を見直すことが必要です。

1日1時間、わずか90日の『時短型英語学習』 2歳の双子の育児をしながら成し遂げたTOEIC200点アップ。
人気記事

気疲れしてしまう理由

先ほど気疲れしやすい人の特徴を挙げましたが、その特徴に当てはまらない人でも気疲れしてしまうケースはあるでしょう。

理由のひとつに挙げられるのは、「決断しなければならないことが多い」ということ。決めなければならないことがたくさんあると、その大小にかかわらず精神的なエネルギーをかなり使ってしまうものですよね。例えば、Appleの創始者であるスティーブ・ジョブズ氏は、いつも同じ服を着回していました。これは、日常における決断の機会をできるだけ減らして、製品開発にエネルギーを注ぎたいと考えていたからです。

また、「好きなことをあと回しにしてしまう」のも気疲れする原因となります。サンフランシスコ州立大学の研究によれば、仕事以外のクリエイティブで自由な活動(例えば短編小説の執筆やゲームを楽しむこと)を行うことで、ストレスを解消し、燃え尽きてしまう状態を防ぐことができるのだそう。好きなことをする時間が持てないようなゆとりのない生活は、ただストレスを増加させてしまうだけ。自分の好きな活動を行うことは、精神的な健康を保つうえでとても重要なのです。

shomo-osaeru02

精神的な消耗を抑えるコツ

これまで見てきたように、完璧主義になりすぎない、体の疲労を溜めない、余計な決断はしない、自分が楽しめる時間を確保する、といったことで気疲れは防ぐことができます

さらにここからは、精神的に消耗せずに済む「気の持ち方」と、気疲れしてしまったときに疲労を回復する具体的な方法をご紹介します。

1. 自分に優しくなる

気疲れしている自分を無視しないことが大切です。気疲れを無視し続けていると、いつかは限界が来てしまいます。そしてもし気疲れしているなと気づいたら、「自分はこうあるべき」という意識を思いきって捨ててみましょう。「いちいち嫌味を言ってくるような人の言葉をまじめに受け取る必要はない」「誠実な対応をしない人に対して必要以上に優しくしなくてもかまわない」など、自分への制限を外す機会を増やしてみてください。

最初は抵抗があるかもしれませんが、気疲れに気づいたときは必ず行いましょう。繰り返し行うにつれ、だんだんと気が楽になっていき、心の平穏につながるはず。このようにして自分に優しくなると、他人の言動に振り回されてしまったりイライラしたりすることがなくなり、結果として他人にも優しくなることができますよ。

2. 「トリプトファン」を摂取する

食事面でも、精神的な消耗を抑えるための対策が考えられます。それは、精神的安定をもたらす効果がある神経伝達物質「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」を積極的にとることです。

「トリプトファン」は体で合成することができない「必須アミノ酸」と呼ばれるもので、食事によって摂取する必要があります。管理栄養士である道江美貴子氏によれば、セロトニンが合成されるのは日中であるため、トリプトファンが多い食材「大豆」「牛乳」「豚ロース」「カツオ」「バナナ」などを朝食もしくは昼食時に取るのが良いのだそう。これなら、食事制限のような厳しいものではありませんし、栄養素をあまり気にしたことがないという方でも比較的取り組みやすい方法ですね。

3. 質の良い睡眠をとる

身体的疲労だけでなく精神的疲労を癒すためにも、心地良く眠れるような環境を整えることは大切です。睡眠は時間が長ければそれで良いというものでもありません。その「質」も重要となります。

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があることはみなさんもご存知でしょう。ノンレム睡眠の場合は傷んだ筋肉の修復など肉体的疲労の回復が主な目的となるのに対し、レム睡眠では脳が記憶や起きている間に処理できなかった悩みなどを整理しています。睡眠が阻害されてしまうと、この回復プロセスがうまく行われなくなるため疲れが取れない状況に陥ってしまいます。

例えば、医学博士である裴英洙氏は、眠気を誘うメラトニンの分泌がブルーライトによって乱れるため、就寝前のスマホをやめるよう忠告しています。また、お酒をよく飲むという方は深酒に注意してください。夜中に脳が覚醒する「中途覚醒」の作用があると言われており、睡眠の質が下がってしまいます。

***
意識を変えるとか生活を見直すとかいろいろ難しいことをしなくても、もっと簡単に、自分へのご褒美としてスイーツを買って帰るなどすれば良いのではないかと考えた方がいらっしゃるかもしれませんね。そうすることで、確かに満たされた気持ちにはなるでしょう。しかしそれは一時的なものであり、精神的疲労に対する根本的な解決とはなりません。

日々の生活でまったく気疲れしないというのは不可能なことです。無理をしすぎることなく、気疲れを予防したり解消したりできるよう、お伝えした方法をぜひ試してみてください。

(参考)
NIKKEI STYLE|疲れて寛容力が下がったら… まず3日間休もう
NIPRO—ニプロ株式会社—|すこやかネット Vol.14 『疲労』を考える
ハフィントンポスト|ストレスが溜まったら「生姜焼き」を食べる! 一年の疲れを取る食事セラピー
PRESIDENT Online|なぜ一流の人は短時間睡眠でも平気なのか
MakeUseOf|11 Quick Fixes for the Bad Habits That Kill Your Mental Energy