「心が疲れない人」の3つの思考習慣。「心が疲れやすい人」の考え方とは “ここ” が違う。

「心が疲れない人」の思考習慣。「心が疲れやすい人」とはここがちがう01

些細な物事にストレスを感じる……。
悩みをクヨクヨと引きずりやすい……。

そんな「心の疲れ」に関するお悩みは、ものの考え方・とらえ方を少し改めるだけで改善できるかも。今回は「心が疲れない人」になれる3つの思考法をご紹介します。日常的ストレスへの正しい対処法を知っておきましょう。

心が疲れない人は、嫌なことの半分の数だけ「いいこと」を探す

心療内科医の村上正人氏は、些細な出来事や人間関係にストレスを感じやすい人は、物事を0か100かで考える傾向があると指摘しています。ちょっとしたことで「あの人を許せない」「私はダメだ」と全否定的に考えるため、必要以上に大きなストレスを感じることになってしまうのです。

心が疲れない人になるためには、この「0か100か思考」を改め、「物事にはいい面も悪い面もあるよね」と、中立的かつ多面的なものの見方をすることが大切。

そこで取り入れたいのが、村上氏が提唱する「2:1」で物事をとらえる思考法です。ネガティブなことが「2」あった場合、その半分にあたる「1」くらいの割合で、ポジティブな部分を探してみる――こうすると、ストレスを緩和することができるそう。

仮に、Aさんに対して感じる不満が10個ほどあるなら、その半分にあたる5個、いいところを探してみてください。「Aさんにはたしかに悪いところもあるが、いいところだってあるのだ」と多面的な認識が可能になり、気持ちが楽になるはずです。

物事を極端に考えがちな方は、ぜひこの「2:1」で考える癖をつけてみましょう。

「心が疲れない人」の思考習慣。「心が疲れやすい人」とはここがちがう02

 

心が疲れない人は、「問題の解決策」を考える

心の疲れをため込まないためには、ストレスの原因になっている問題の解決策を、その場ですぐ考える習慣も大切です。

精神科医の樺沢紫苑氏によると、そもそも「悩み」とは、問題に対処・解決する方法がわからず、「どうすればいいんだろう?」と堂々めぐりしてしまう状態のこと。

ではどうすれば「悩み」を解決できるかというと、答えはシンプル。問題の解決策を見いだし、それを実行するだけです。そうするための手順として、樺沢氏は次の6ステップを提唱しています。

  1. 悩みを書く
    (例)嫌味を言ってくる同僚がいる。どう接すればいいんだろう……。

  2. 対処法を調べる
    (例)コミュニケーションに関する本を読む

  3. やってみる(最低でも1~2週間は継続する)
    (例)「笑顔でさらりとかわす」という方法で対処する

  4. うまくいっていない点を3つ書く
    (例)
    • まだ笑顔がぎこちない気がする
    • 嫌味を “かわす” 言葉の語彙が少ない
    • 怒りを隠しきれないときがある

  5. うまくいっている点を3つ書く
    (例)
    • 嫌味を言われる頻度が減った
    • 嫌味を言われても、それほどストレスに感じなくなった
    • ギスギスした関係が緩和された

  6. 次のToDoを3つ書く
    (例)
    • もう少しゆとりをもった言い方で “かわす” ようにする
    • 怒りを感じたときは、ゆっくり息をして心を落ち着ける
    • 返答のセリフをあらかじめ考えておく

「どうしよう……」と悶々と悩んでいる状態を我慢し、問題を放置し続けると、心の疲れはたまる一方。ですが上記の手順で「こうすれば解決しそうだ」ということが見えてくれば、心の “霧” は晴れると樺沢氏は述べています。

ストレスを感じたときは、「何か有効な解決策はないか」と一考する癖をつけましょう。いい方法が見つかれば、悩みは消え、心を疲れさせずにすむはずです。

「心が疲れない人」の思考習慣。「心が疲れやすい人」とはここがちがう03

心が疲れない人は、「いまこの瞬間」に専念する

それでも解決できない悩みがある場合は、「いまこの瞬間」の物事に全神経を傾けることをおすすめします。その悩みについて考えないようにするのです。

精神科医で禅僧の川野泰周氏は、「つらい」「苦しい」といった負の感情を抱えているときには、脳や身体にある「疲労を促進する因子」が活発に働きやすくなると解説しています。

つまり悩みをクヨクヨと頭のなかで反芻していると、それだけでエネルギーロスが大きくなり、心(脳)の疲労がさらに膨らんでしまうのです。

さらに川野氏は、複数の情報を同時処理する「マルチタスク」も、脳を疲れさせると指摘。「何かについて悩みながら、仕事などの別のことをする」という状態が続けば、それだけで脳に負荷がかかり、疲労感や知的パフォーマンスの低下などにつながる恐れがあるのです。

つまり、いまこの瞬間にやっていること・感じていることに集中すれば、上記の2要因(ネガティブ感情による疲労、マルチタスクによる疲労)が解消され、心の疲労感を楽にできると言えます。

「心が疲れない人」の思考習慣。「心が疲れやすい人」とはここがちがう04

では、どうすれば「いまこの瞬間」に集中できるようになるのでしょうか? ひとつのアプローチとして川野氏は「目の前の物事を楽しみ、じっくり味わう」ということを提唱しています。

◆「いまこの瞬間」に集中する例

  • 食事をじっくり、時間をかけて味わう
  • 料理に没頭する
  • アロマの香りを楽しむ
  • 仕事の作業に没頭する
  • 趣味に没頭する
  • ゆっくり景色を眺め、色の移り変わりを観察する
  • 呼吸に集中する(瞑想・マインドフルネス)

このようにして目の前にあるひとつのことを「楽しむ」ことで、自然と「いまこの瞬間」に意識が傾き、心の疲れから自由になることができますよ。

***
心が疲れやすいと感じる方は、以上3つの思考法を参考にしながら、ストレスを適切に処理しましょう。

(参考)
NIKKEI STYLE|心身がラクになる、「考え方のクセ」の直し方
ダイヤモンド・オンライン|精神科医が知っている「悩みがまったくない人の考え方」
川野泰周(2018),『「精神科医の禅僧」が教える 心と身体の正しい休め方』, ディスカヴァー・トゥエンティワン.

【ライタープロフィール】
佐藤舜
大学で哲学を専攻し、人文科学系の読書経験が豊富。特に心理学や脳科学分野での執筆を得意としており、200本以上の執筆実績をもつ。幅広いリサーチ経験から記憶術・文章術のノウハウを獲得。「読者の知的好奇心を刺激できるライター」をモットーに、教養を広げるよう努めている。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら