確実に覚えたい人向け。記憶定着に効く “繰り返し学習” にメモ術「ツェッテルカステン」が役立つワケ

「ツェッテルカステン」の説明を繰り返したグラフィックデザイン

記憶の定着には、「反復学習」および「想起テストを繰り返すこと」が役立つそうです。つまり、インプットにしろアウトプットにしろ、繰り返すことは脳へのアプローチとして最適だということ。

そうした事実をふまえ、ドイツの社会学者が多用していたメモ術「ツェッテルカステン」を、繰り返しの学習用にアレンジしてみました。

なぜ「繰り返し」が脳へのアプローチとして最適なのか

なぜ繰り返すことが脳へのアプローチとして最適なのか、少し探ってみましょう。

1. 反復学習について

東京大学薬学部教授の池谷裕二氏によると、外から入ってきた情報は、まず耳の奥にある脳の海馬が、生存に不可欠な情報かどうかを基準に仕分けるそうです。それで重要(生存に不可欠)だと判断された場合は、脳の大脳皮質に送られ、長期間保存されるのだとか。ところが、たとえ生死に関わらない情報でも、

何度も繰り返し脳に送り続けると、海馬は「これは生きるのに必要な情報に違いない」と勘違い

するそうです。それを池谷氏は「海馬をダマす」と表現し、

「勉強は反復」――反復すれば、情報は記憶として定着するということを覚えておきましょう。

(カギカッコ内含む引用元:WAOサイエンスパーク|こうすれば記憶力は高まる!~脳の仕組みから考える学習法

と伝えています。

反復学習で脳をダマしているイメージ

2. 想起テストの繰り返しについて

また、セントルイス・ワシントン大学が、2006年に学術雑誌「Psychological Science」で発表した研究は、テストが学習の評価だけでなく、学習の向上に役立つ強力な手段であることを明らかにしました。この研究で行なわれた実験とは――研究に参加した学生らに資料(約270語のテキスト)を与え、

  1. 4回の熟読
  2. 3回の熟読と1回の想起テストの組み合わせ
  3. 1回の熟読と3回の想起テストの組み合わせ

といった条件を設け、その5分後・2日後・1週間後に最終テストを行なうというものでした。 すると5分後の最終テストでは、【A】の繰り返し熟読を行なった条件が、記憶の改善に役立つと示された(テストの成績がよかった)そうです。

しかし1週間経つと、【C】の繰り返しテストを行なった条件のほうが、大幅に記憶の保持力が高いとわかったのだとか。これは、いったいどうしてでしょう?

(参考:SAGE Journals|Test-Enhanced Learning: Taking Memory Tests Improves Long-Term Retention / 国立大学法人 岩手大学|憶えたければ思い出せ!:想起の学習促進効果

なぜ想起テストを繰り返すと記憶が強化されるのか?

脳の神経細胞どうしのシナプス(接合部)伝達が強まり、それが長く継続することを長期増強現象(LTP)と呼ぶそうです(参考:京都大学|記憶の持続メカニズムを解明 -あらたな分子記憶の原理を提唱)。

京都大学が2022年に発表した内容によれば、LTPは学習直後と、同日の睡眠中、学習した翌日の睡眠中に起こる現象で、記憶の固定化や、長期記憶の形成に必要なのだとか(参考:J-STAG|光によるシナプス可塑性制御で明らかになった記憶固定化機構

また、富山大学大学院医学薬学研究部によって執筆(2014年4月10日原稿完成)された脳科学辞典には、

学習時に活動したニューロン(オレンジ)の間のシナプスではLTPが起こり、ニューロン活動が収まった通常時でも伝達効率が増強されている。

学習時に同期活動をしたニューロン同士は強いシナプス結合で結ばれる

とあり、そのため、

何らかのきっかけで一部のニューロンが活動すると、このニューロン集団全体が活動し、その結果として記憶が想起される。

と説明しています。(参考および引用元:脳科学辞典|記憶痕跡)。

つまり――たとえば記憶Aを思い出すときは、記憶Aの保存時に強いつながりで結ばれた神経細胞のグループが、再び一緒になって活動する可能性があるわけです。想起を繰り返すことで記憶が強化されるのは、当然とも言えるかもしれません。

長期増強現象(LTP)のイメージ

ツェッテルカステンが役立つワケ

前項では、なぜ繰り返すことが脳へのアプローチとして最適なのかを探りました。次に、なぜ繰り返しの学習にツェッテルカステン(Zettelkasten)を選んだのかを説明します。社会学者のニクラス・ルーマン氏が多用していたという、このメモ術に関しては、以下のSTUDY HACKERの記事でも何度か紹介しているので――

ここでは少しザックリと紹介しましょう。下の図はルーマン氏のツェッテルカステンを説明するための簡単な図解です。

「ツェッテルカステン」のザックリ図解

(図解のなかのメモの中身 参考:J-STAG|光によるシナプス可塑性制御で明らかになった記憶固定化機構

上の図にあるように、ツェッテルカステンには、情報を書き込む【メインのメモ】と、参考文献などの情報を書く【文献管理のメモ】と、そのほかにメモが迷子にならないよう別途【タグ管理のリスト】もしくは【索引】などがあります。

【メインのメモ】には識別番号を振り、「1」と「2」のあいだに関連するメモを差し込みたいときは「1/1」「1/2」「1/3」といった具合に階層を増やします。また、離れた番号と関連づけたいときは、該当メモの識別番号を書き込み、それによってリンクを示します

つまり、どんどん階層が増え、どんどんリンクがつながるこの方式は、デジタルだとすぐに巨大なネットワークと化すわけですが――

巨大なネットワークのイメージ

アナログなメモの場合は、物理的に考えて、それよりだいぶ小さな規模になるわけです。保管場所を限定すればなおさらのこと。

つまりそれは、あらゆる方向から何度も繰り返し、同じ情報に接することが実現しやすいということ。それに、同じ情報でも、毎回同じ方向からたどり着くより、さまざまな方向からたどり着くほうが退屈しませんよね。

また、情報を書くのは小さな紙なので、一部ひっくり返して、簡単な想起テストにすることも容易なわけです。

ツェッテルカステンを用いた簡単な想起テストのイメージ

(以上参考:PRESIDENT Online|「30年で58冊の名著を量産」天才社会学者がやっていた無駄にならないメモの取り方 だれでも天才になれるすごい方法 / 前出の「STUDY HACKER」内 “ツェッテルカステン” ページ)

では、実際に、繰り返し学習用としてツェッテルカステンを試してみましょう。

ツェッテルカステンで繰り返し学習をやってみた

ルーマン氏は、ツェッテルカステンをインデックスカードに書いていたそうです(前出の「PRESIDENT Online」参考)。つまり、一定サイズに裁断された厚手の紙片のこと。日本では「情報カード」と呼ぶのだとか(参考:Wikipedia|情報カード)。

しかし、それよりも手に入りやすくリーズナブルなので、筆者はA6サイズのメモ帳(白無地)を使います。

実際に使用したA6サイズの白無地メモ帳

(画像の引用元:前出の「STUDY HACKER」内 “ツェッテルカステン” ページ)

また、先の図解にも描きましたが、ルーマン氏はツェッテルカステンを、木製のファイリングキャビネットに保管していたそうです。

しかし、そんな保管場所を確保するのは、なかなか難しいですよね。なおさら今回はリンクを頼りに並べ直して、何度も情報に接し、何度も想起テストを繰り返す取り組みなので、下の写真のような空き箱などに、いったん保管しておいていいかもしれません。

「ツェッテルカステン」を入れておく箱のイメージ

そうして――

「繰り返し」による脳へのアプローチで、ドイツの社会学者が多用していたメモ術「ツェッテルカステン」を、勉強に生かしてみました。

すると、なんだかゲーム感覚で、思っていたよりもずっと楽しく勉強することができました。それに、期待していた以上の発見があったのです。

「繰り返し」による脳へのアプローチで、すごいメモ術「ツェッテルカステン」を勉強に生かしてみた様子

(メモの中身参考:京都大学|記憶の持続メカニズムを解明 -あらたな分子記憶の原理を提唱 / J-STAG|光によるシナプス可塑性制御で明らかになった記憶固定化機構 / 脳科学辞典|記憶痕跡

それは、「この情報のつながり、関連することは何であったか」すぐ考えるようになったことです。つまり、目の前にあるのは小さな紙に書かれた、小さな情報なのに、むしろ背後・周辺にある情報への意識が高まっていたわけです。

先に、結束力の高いニューロン集団(参考:脳科学辞典)について述べましたが、繰り返しによる記憶の定着だけでなく、メモにしても脳にしても “つながり” が、学習効果の範囲をグーンと拡大してくれるかもしれません。それを期待して、もう少し続けてみようと思います。

***
「繰り返し」による脳へのアプローチで、ドイツの社会学者が多用していたメモ術「ツェッテルカステン」を、勉強に生かしてみました。これならひとりでも、友人たちとでも、楽しく勉強できるかもしれませんね。

(参考)
PRESIDENT Online|「30年で58冊の名著を量産」天才社会学者がやっていた無駄にならないメモの取り方 だれでも天才になれるすごい方法
STUDY HACKER|天才社会学者がやっていた。大量アウトプットを可能にする驚異のメモ術「ツェッテルカステン」って知ってる?
STUDY HACKER|「手書き」と「関連づけ」で理解と記憶が進む。すごいメモ術「ツェッテルカステン」を勉強に活用してみた。
SAGE Journals|Test-Enhanced Learning: Taking Memory Tests Improves Long-Term Retention
WAOサイエンスパーク|こうすれば記憶力は高まる!~脳の仕組みから考える学習法
国立大学法人 岩手大学|憶えたければ思い出せ!:想起の学習促進効果
京都大学|記憶の持続メカニズムを解明 -あらたな分子記憶の原理を提唱
J-STAG|光によるシナプス可塑性制御で明らかになった記憶固定化機構
脳科学辞典|記憶痕跡
Wikipedia|情報カード

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト