「周囲に敏感すぎる人」は疲れやすい。心を楽にする3つのヒント。

敏感な人HSP-01

仕事にはまじめに取り組んでいるし、どちらかといえば優秀なほうだと思う。しかし、職場で大勢の人に囲まれていると、すぐに疲れてしまう。周囲の雰囲気に押されて、言いたいことも言えない。このままでは、うまく力を発揮できないのではないだろうか……。

もしかしたら、あなたは、HSPと呼ばれる「とても敏感な人」なのかもしれません。HSPであることのサインと、とても敏感な人が快適になるヒントを紹介します。

とても敏感な人:HSPとは?

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン:Highly Sensitive Person)は、1996年にエレイン・N・アーロン博士が考案した言葉です。先天的に高度な感覚処理感受性を持つ人――いわゆる生まれつき人や物事に対して、非常に敏感な人のことを指します。5人に1人の割合で存在するのだとか。

HSPは、他人と長く一緒にいたり、大勢の人に囲まれたりしていると、刺激が多すぎてすぐに疲れてしまいます。また、人の表情の変化や空気をすぐ読み取るので、本音を奥に引っ込めてしまいがちです。【HSPの性質】とされているのは次の4つ。

  1. 人や物事から感じ取ったことを、全神経でより深く徹底的に情報処理している
  2. 五感が鋭く敏感である。人の感情や雰囲気から刺激を受けやすく、心身が疲れやすい
  3. ミラーニューロン(※)が活発に働くので共感力が高く、感情移入しやすい
  4. まるで第六感があるかのように、ささいな変化や細かい意図に気づきやすい

つまり、非HSPの感じ方はこうですが、

とても敏感な人-08

HSPの感じ方はこうなります。

とても敏感な人-07

(※ミラーニューロン:人の動きをまねる脳の神経細胞。相手の行為の意味を理解するために働く)

HSPであるサイン

自分がHSPであるかどうか自己判断できるよう、スピーカー、トレーナー、コーチとして活躍する Preston Ni 教授、心理療法士の Ilse Sand 氏、心理カウンセラーの坂本純子さんらが提示している【HSPのサイン】を、かみ砕いてまとめました。

厳密なチェック項目ではないので、「なんとかく当てはまるかも?」程度でご判断くださいね。

  • 想像力豊かで、空想好き
  • 毎日、必ずひとりでいる時間が必要だ
  • 大勢が集まるパーティーが苦手
  • 世間話より、信頼関係に基づく深い会話のほうが好き

敏感な人HSP-02

  • 集団の中にいると自分らしくいられない
  • 見られていると普段の実力を出せない
  • イヤなことがあると、頭痛など身体的な症状が出る

敏感な人HSP-03

  • 自分、他人、環境のささいな変化(体調なども含む)に敏感
  • 人の表に出ない感情によく気がつく
  • 人と争うこと、競争することが苦手だ
  • 社会の不当、理不尽、迷惑な状況について憤りを感じる
  • 悪い部分を明確に評価・指導されるのが苦手
  • とても傷つきやすい

敏感な人HSP-04

  • 明るい光、大きな音や騒音、強い匂いが苦手
  • しばしば緊張したり不安になったりする
  • 同時に多くのことが起こると不快になる
  • 同時に多くのことを行なうと混乱する
  • 激しい、怖い、暴力的な番組などを嫌う

では、そんなHSPが快適になるヒントとは、どんなことでしょう。

HSPが快適になるヒント

HSPはたくさんの人の中にいると、すっかり場の空気に飲み込まれてしまいます。刺激を感じ、察知し、共感しすぎて、自分の本当の気持ちがわからなくなってしまうのだとか。

だからこそ、ひとりになったときは、「自分はどう感じたか?」「本当はどうしたかったのか?」と、自分自身の気持ちを聞いてあげることが大切なのだそう。心理カウンセラーの坂本純子さんによれば、

  • ただ紙に書く
  • 日記に書く
  • スマートフォンにメモする

など、自分が習慣にしやすいかたちで、言語化するのがいいそうです。

敏感な人HSP-05

ご自身もHSPという坂本さんいわく、とても敏感な人の心が苦しくなる要因は、「自分の意志」が埋もれてしまうこと。たとえば、自分の意見を言えなかったり、状況を察して意見を通さなかったりしたとしても、

「いまは〇〇さんの考えに従ったほうが得策だろう」

などと、“自分自身が判断している” と自覚できれば、気持ちがグッと楽になるそうです。

敏感な人HSP-06

一方で、Ilse Sand氏は著書に、敏感な人のちょっぴり “強め” なコミュニケーション術を紹介しています。たとえば、意見が食い違い、ちょっとした摩擦が起こりそうになった場合、察しのいいあなたがいったん折れるとします。

しかし、どんなに争いが嫌いなあなたでも、相手に合わせてばかりではストレスがたまってしまうでしょう。 そこで、戦いを放棄しつつ、自分の気持ちも伝えてしまうのです。具体的には、こんなふうに言います。

「わたしの意見はちょっと違うけど……、議論するのは疲れるし、争うつもりもないから……。そうだね、あなたの意見を優先していいよ!」

穏やかに、微笑みを少し交えて柔らかく、しっかりと目を見て言いましょう。雰囲気を壊さずに、自分がコントロールしていると自覚できるので、心が楽になるはずです。

***
今回紹介したHSPが快適になるヒントは、次の3つです。

  1. 常に、自分の気持ち(本音)を確かめるようにする
  2. 自分の意思で判断していると、自覚できるように解釈する
  3. 戦いを放棄しつつ、自分の気持ちを伝えてしまう

Preston Ni教授は、多くの肯定的な資質がHSPにはあると述べています。そのためには快適になるヒントが役立つはず。誰でも心が快適になれば、自然と実力を発揮できるものです。ぜひ取り入れてみてくださいね!

(参考)
イルセ・サン著, 枇谷玲子訳(2018),『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』,ディスカヴァー・トゥエンティワン.
Psychology Today|24 Signs of a Highly Sensitive Person  
ダ・ヴィンチニュース|「なぜこんなに疲れる?」5人に1人がとても敏感な人。生きづらい世の中で自分らしく生きる6つのヒント  
ウートピ|敏感すぎて人間関係がしんどい……HSPの対処法と向いている職業は? 
ウートピ|他人とずっと一緒にいると疲れる…敏感すぎる気質「HSP」って知ってる? 
アットホーム(株)大学教授対談シリーズ『こだわりアカデミー』|他人の行動を頭の中に“写す”神経細胞 村田 哲 氏 
Wikipedia|ハイリー・センシティブ・パーソン

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら