集中力を一気にブースト! α波で脳を活性化する簡単な方法。

Woman with vertigo. Young patient suffering from dizziness

最近テスト勉強をしていてもなかなか集中が続かなかったのですが、YouTubeで見つけたα派のBGMで一気に集中力がアップしました。これには自分でもびっくりしてしまったので、なぜこんなに効果があったのか調べてみました。

badge_columns_1001711そもそもα波とは?

α波とは、簡単に言うと人間の脳波です。人間は目覚めている時は意識は緊張している状態にあり、この状態の脳波はβ波と言います。それとは逆にα波は脳がリラックスしている状態。この状態の時には脳が活性化され、記憶力・集中力・創造力・自然治癒力などの自分の持っている能力を十分に発揮できるのだそう。つまり勉強や仕事をするのに最適な状態と言えます。

また脳波がα波の状態になると、β-エンドルフィンというホルモンが分泌されます。このホルモンには以下のような効果があり、その結果「集中力が上がった」「心地良い」と感じるのです。

1.ストレスを低減、解消する 2.脳を活性化させる 3.体の免疫力を高める

ちなみに脳の周波数は以下のように分類されています。

ベータ波  14~30HZ 通常に起きていて、緊張や心配事のある状態。 アルファ―波 8~14HZ リラックスして集中や瞑想している状態。 シータ波  4~7HZ   まどろみ、入眠時の状態。 デルタ波  0.5~3HZ 熟睡及び無意識の状態。

badge_columns_1001711α波を出すには

リラックスして集中力もあり、病気まで防いでくれる。こんなに良いことばかりなら常にα波で脳内を満たしたい!と誰もが思いますよね。α波を生み出すにはいくつかの方法があります。

・アロマオイルの匂い(特に柑橘系)や、アロマオイルを垂らしての入浴 ・エッシェンシャルオイル成分を血管やリンパ管から浸透させるマッサージ ・川や雨音などの水の音 ・ヨガや深い瞑想、深呼吸 ・月明かりや太陽の光を浴びる、鳥のさえずりを聴くなど自然に触れる

どれもこれも想像するだけでリラックスできそうですね。しかし街中で暮らしていたら自然に触れることはそんなに簡単ではありませんし、マッサージをする時間さえなかなか確保できないのが現実。そのためα波をうまく引き出すには、川の流れる音や鳥の鳴き声などの自然の音楽を聴くのが一番手っ取り早いのです。

Girl lying in grass, reading a book.

badge_columns_1001711スマホのYouTubeで

このα波のBGM、パソコンなどで聴いてもいいのですが、私のお勧めはスマホのYouTubeで聴くことです。スマホのYouTubeアプリのメリットはバックグラウンド再生ができないこと。ふだんYouTubeで音楽を聴こうとしたときはこれがなかなか厄介ですが、勉強するときにはぴったり。スマホをいじろうとすると音楽が切れてしまうので、スマホをいじる気になりません。だからその動画がおわるまでは集中し続けることができて一石二鳥!これのおかげで私は2時間弱ぶっ通しで勉強できました。

いかがでしたか?百聞は一見に如かず。ぜひ一度スマホのYouTubeでα波のBGMを聴いてみてください。

(参考)

α(アルファ)波とは

アルファ波の出し方~ストレス解消法 - アメーバブログ THE CHANGE |α波をコントロールしてあなたの能力を引き出す5つの方法 アルファ波/α波


京都大学法学部所属。鳥取県立米子東高校卒業。大学ではテニスサークルに所属。たこ焼きが大好きで日々たこ焼きに囲まれて過ごしたいと思っている。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら