昔は勉強中に席を立とうとすると「きちんと座って行儀よくお勉強しなさい!」と怒られたものですが、今はむしろ「歩きまわって勉強するほうが効果的」といわれています。それに、そもそも歩くこと自体が、脳にいい影響を与えてくれるのです。

そこで今回は、脳を鍛え、学習能力を高める「歩行運動」と、簡単に取り入れられる効果的な方法を探ります。

そぞろ歩き学んだ逍遥学(ペリパトス)派

古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、散歩をしながら弟子たちに教えを説き、議論を交わしたのだとか。散歩や、そぞろ歩きを「逍遥(逍遙)・しょうよう」といい、散歩道や歩廊をギリシャ語で「ぺパトリス」といいます。そのため、アリストテレスが創設した哲学者のグループは「ペリパトス派」と呼ばれたそう。

その時代、彼らが歩きながら学んだのは、今のように「脳科学の研究で効果が認められたから」というわけではありません。しかし、知識の吸収率、ひらめき度の高さ、議論を活発にする効果を感じたからこそ、その方法を選択していたのではないでしょうか。

なぜならば、“歩くこと”は、まるで筋肉を鍛えるように脳を鍛え、脳の反応速度を上げてくれるからです。

海外での会食で実感、外国が「理解できる世界に」 90日でTOEICも360点アップの840点!
人気記事

脳は筋と同じく「運動」で増える

筑波大学大学院体育系教授の征矢英昭氏によれば、たった2週間のスローランニング(ストレスにならない軽運動)をマウスに行わせると、記憶や学習をつかさどる脳の「海馬」という領域の神経が増え、さらに、それを6週間続けると、海馬自体が肥大したという研究結果が出ているそう。(「米国アカデミー紀要(PNAS)」電子版2012年7月17日に掲載)

つまり、歩けば歩くほど、脳が育つということです。

征矢教授は、“Brains and brawn, one and the same(脳と筋は同じもの)”といいます。 実はこれ、同氏のスローガン。脳も筋肉と同じかそれ以上に、環境や運動刺激に適応し増減するというわけです。

aruku-takameru-noukinou-02

脳の反応は歩く習慣で速くなる

また、米ベックマン研究所のクレーマー博士が行った医学的な実験では、ウォーキング習慣によって脳の反応が速くなることが確認されています。60~75歳の男女に毎日ウォーキングをしてもらい、半年後にウォーキングをしなかったグループと比較したところ、脳の反応時間がほぼ半分に短縮されていたそう。

別の研究でも、骨に衝撃が伝わると骨をつくる骨芽細胞の数が増え、それによって「オステオカルシン」という成分が分泌して脳に届き、記憶力がよくなることが分かっています。

そのほか、米国立老化研究所などのチームが2016年に発表した内容では、運動をした際に筋肉の細胞から出ると考えられる「カテプシンB」という物質が増えた人ほど、記憶力が向上したのだそう。

必ずしも「運動」と構えなくても、とにかく歩いて動いて活動的にしていれば、脳・筋・骨は鍛えられて脳細胞が増え、機能が高まると期待できるのではないでしょうか。

脳機能を高める「毎日の歩行」と「学習法」

ではここで、逍遥学派に学びつつ、より簡単で効果的な、脳機能を高める「歩行方法」と「学習法」を提案します。

豪エディスコーワン大学の研究で、階段は上るより下りるほうが、高齢者の体にはいい運動になると分かったとのこと。運動後に体の状態を調べ、数値化したうえで比較した結果、明らかになったそうです。研究リーダーのケン・ノサカ教授によれば、「階段や坂を下りるときは上るより楽なので、繰り返し行なえるため筋力が効率よく鍛えられる」「階段や坂を下りるときは、上るときより足元に気をつかうため、認知能力が多く要求されることから脳の活性化に役立つ」と説明しています。

この研究は特に高齢者に対して行われたものですが、より負荷が少なくて効果的ならば、年齢限らず注目すべきでしょう。また、階段を下りることで骨に衝撃が加わるので、記憶力アップにも役立つはず。これらを踏まえて提案する「毎日の歩行」と「学習法」は以下の3つです。

1.毎日、階段を下りる場所があるコースを選び通勤・通学、または散歩・買い物などに行く
2.同じような内容の知識を求める友人や家族と、歩きながら議論を交わす
3.座って勉強する時間、立って勉強する時間、部屋を歩きまわって覚える時間をつくる

歩きまわる際は音読がおすすめです。また、階段を降りる際はよーく気をつけて。安全なうえ、注意を払うことでより脳を活性化できます。

***
マンション住まいの方は、エレベーターを使わず1階まで階段で降りることで、無理なく毎日効果的に運動できますね。もちろん、平坦な道を歩くだけでも効果は大。ご自身に無理のない「歩行」を取り入れて、脳機能を高めてください。

(参考)
征矢研究室ホームページ|征矢教授からの一言
NHK健康チャンネル|大注目!筋肉に秘められたスーパー健康パワー
Study Hacker|骨が強くなれば記憶力もアップする。脳機能を高める6つの習慣
J-CASTニュース|階段を上るより下りる方が健康にいい! 高齢者にオススメの脳トレ効果まで
Wikipedia|逍遙学派
本郷陽二著(2008),『頭がいい人の一日15分勉強法』,経済界.