毎日、重い鞄を持っての通勤、通学。満員電車で立ちっぱなしだと、その重さはさらにずっしりと感じるでしょう。荷物が重いと心も重くなってしまいがちです。

逆に、荷物が軽ければ気分も軽くなります。また、きちんと荷物を整理することで仕事にも良い影響を与えてくれるでしょう。

そこで今回は、そんな重たい荷物を減らすための「毎日5分の鞄リセット習慣」を紹介します。

デキる人は荷物が少ない

荷物が多い人の中には、荷物が少ないと不安になってしまう、という人もいるでしょう。しかし、実際は使わずにずっと鞄の中に入っている荷物もあるはずです。また、以前、Study Hackerでご紹介したことがありますが、いわゆる“デキる”人には荷物が少ないという傾向があります。

長年CAとして活躍してきた美月あきこさんは、12万部のベストセラーとなった著書、『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』の中で、ファーストクラスに乗る人でも、超一流の人ほど荷物が少ないということを述べています。

(引用元:Study Hacker|デキる人は荷物が少ない! 心も体も身軽になるための荷物とのつきあい方

さらに、少ない荷物を持つことにはさまざまなメリットがあるのです。

【肩こりを解消できる】
肩こりで悩んでいる人は多いでしょう。肩こりにはさまざまな原因がありますが、重い荷物を持つことで肩に負担をかけてしまうことも原因のひとつ。また、肩がこると疲れやすくなってしまうので、仕事にも悪影響が出てしまうでしょう。少ない荷物であれば肩こりの原因を解消することができますよ。

【無駄な時間を削減できる】
みなさんの鞄の中はキレイに整理されていますか? あれもこれもと何でも鞄に入れていませんか? 鞄の中がごちゃごちゃしていると、片付いている鞄と比べて必要なものを探す時間が増えてしまいます。意外なところに無駄な時間は潜んでいますよ。

【無駄な出費を抑えられる】
荷物が多い人は、鞄の中に何が入っているのか把握できていないことが多いもの。例えば、仕事場に筆記用具を持ってくるのを忘れてしまったとき。コンビニでペンを買ったら、あとから鞄の中から出てきた、という経験はありませんか? このような無駄を減らしていくことで、余計な出費を抑えることができます。

adobestock_99624006

苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

帰宅したら鞄の中身を「全て出す」

では、どのようにしたら、荷物を減らすことができるのでしょうか? ここでオススメしたいのが、たった5分でできる“鞄リセット習慣”です。

【方法】
1:箱の中に、その日鞄に入っていた荷物を全て出す(30秒)
2:毎日必要なもの(財布や定期など)をしまい直す(30秒)
※荷物を出す際に、毎日必要なものは分けておくと手際よくしまい直すことができますよ。
3:【A】明日も必要なもの、【B】明日は必要ないものを仕分ける(1分)
4:【C】今日は使っていないが明日必要なものを用意する(1分)
5:【A】と【C】を鞄にしまい、【B】を片づける(1分30秒)
6:最後に、忘れ物がないか確認する(30秒)

このように、まず鞄の中から全てのものを出してしまい、次の日に必要なものだけをつめておくようにすると、使わなくなった資料や食べかけのお菓子などといった“なんとなく持ち歩いている物”がなくなるので、荷物が軽くなりますよ。

さらに、前日に準備をするので、荷物が減るだけでなく忘れ物を防ぐこともできます。朝出かけた後に、忘れ物に気づいて取りに戻るといった心配もないでしょう。

***
荷物を全て出すことは一見面倒に感じるかもしれませんが、たった5分で済みます。また、「荷物が減った」「忘れ物をしなくなった」「荷物が少なくても不安にならない」といったように、すぐに効果を時間することができるでしょう。ぜひ一度実践してみてください。

(参考)
日経BP社|カバンの中身は毎日出す! デキるビジネスパーソンの収納術
WOMAN ONLINE|「貯まる女」はどっち? 帰宅後にバッグの中身を出す or 出さない
STUDY HACKER|デキる人は荷物が少ない! 心も体も身軽になるための荷物とのつきあい方。
マイナビウーマン|男性の荷物が少ないのはどうして?「荷物の量は心の不安と比例」
近藤麻理恵(2010),『人生がときめく片づけの魔法』, サンマーク出版.