成功は「考え方」が決める!『普通の人がお金持ちになりたくなったら』

Rich person throwing hand drawn car yacht and house

中学高校といじめを受け5回の転校、大学はひきこもりで2度の中退、就職経験はなし。 こんな世間一般には「落ちこぼれ」と言われるような人生から大逆転を果たしたのが、 この本の著者、井口晃さんです。 著者のいいたいことは実にシンプル。

「お金持ち思考」になれば、お金持ちになったも同然です あなたが今お金持ちでないならば、今考えていることは すべて「逆」なのです。

badge_columns_1001711現代の成功モデル「ストリートスマート」なら、だれでも成功できる!

かつての成功者、お金持ちというのは、生まれ育った環境が恵まれていて、良い大学に入り、良い企業に就職、という、いわば生まれた時から「勝ち組」に属する「アカデミックスマート」と呼ばれる人たちでした。 けれど、選択肢が多様化した現代では、生まれも育ちも関係なく、自分の選択で成功をつかみ取る「ストリートスマート」を目指すことが、お金持ちになる最短ルートだと筆者は述べます。

『普通の人がお金持ちになりたくなったら』

 

井口 晃 著 ワニブックス 2015年

assocbutt_or_buy7

 

 

 

badge_columns_1001711お金持ちになるために必要なのは「お金持ち思考」

「ストリートスマート」を目指すのに必要なのが、「お金持ち思考」です。 今の自分の状況を変えたいならば、まず「思考法」を変える必要があります。 思考法というのは、パソコンで言えばOSに当たります。 OSをWindousにするかMacintoshにするか。それによって使えるアプリの数や量、質が変わってきますよね。 自分のOSたる「思考法」そのものを「お金持ち思考」に変えるだけで、お金持ちになる道は開かれるというわけです。 以前studyhackerのコラム、『アドラーに学ぶ!「劣等感」を活かして成功を手に入れる方法』でご紹介した漫画家わたなべぽんさんの、『スリム美人の生活習慣をマネしたら1年間で30キロ痩せました』でも、「おデブ思考」から「スリム美人思考」に変えることで行動が変わり、ダイエットに成功しています。 思考法を変えることは、確かに成功への近道です。

badge_columns_1001711「お金持ち思考」=「逆」の発想

では、「お金持ち思考」はどうしたら手に入るのでしょうか。 それは、今普通の生活を送っている人ほどわかりやすいはずです。 冒頭の引用文にあるとおり、今お金持ちでないのなら、思考法もお金持ちのものでないはずですから、真逆の発想をしてみれば、それが「お金持ち思考」である、という訳です。 本文の例をいくつか挙げると、 【貧乏人は、嫌いなことでもする⇔お金持ちは好きなことしかやらない】 【貧乏人は、貧乏だからぼろアパート暮らしなのだと考える⇔お金持ちは、ぼろアパートに住んでいるから貧乏なのだと考える】 など。 単純に逆の発想をするというシンプルなやり方で、誰でも「お金持ち思考」を身に着けられると筆者は述べます。

「思考法」に重点を置き、誰でも今日から実践できるということを念頭において書かれた本書は、筆者の経験を踏まえての具体例が数多く乗せられています。 「お金持ち」を「成功者」と読み替えることも可能で、現状に満足のいかない多くの人の参考になる一冊なのではないでしょうか。

井口晃/ワニブックス/2015/『普通の人がお金持ちになりたくなったら』


京都大学文学部所属。長野県立松本深志高校卒業。ぱんだとししまいがとても好き。在学中は京都でしか見られないししまいを見てまわりたい。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら