「決められない……」を打開する超シンプルな解決策。“選択肢は多いほうがいい” は間違いだった。

意思決定を先延ばしする男
時間をかけていろいろ調べたし、たくさん検討もした。でも、いざ決断しようとすると、「もっとほかに、最良の選択があるのではないか?」と考え、決められなくなってしまう。

それでは、最良の選択をするどころか、物事を遅らせて損害を大きくしてしまうかもしれません。意思決定を先延ばしするクセから脱出するコツを紹介しましょう。

意思決定において重要なこと

経営学・情報技術を担当するバブソン大学の特別教授、トーマス・H・ダベンポート氏は、「意思決定の先延ばしは、深刻な損害につながる恐れがある」と述べています。

経営コンサルタントの斎藤広達氏も、思考が停止した状態で単に「決められない」と意思決定を先延ばしすることに否定的です。

ところが両者とも、意図的な意思決定の先延ばしは肯定しています。斎藤氏いわく、論理的な意思決定の先延ばしをしたほうが、賢明な場合もあるとのこと。たとえば「いまは待つが、タイミングが来たらすばやく動く」といったことです。

したがって、意思決定において重要なことは次のとおり。

  • 戦略のない「意思決定の先延ばし」はしないこと
  • 「意思決定の先延ばし」をする場合は、明確な意図があること
  • 意思決定のタイミングが、的確であること

意思決定するビジネスパーソン

これらを踏まえつつ、専門家の教えをもとに、意思決定を先延ばしするクセから脱出するコツを4つまとめました。

1. 選択肢の数を減らす

比較検討する選択肢を30ほど並べて「ダメだ、決められない」を繰り返しているなら、選択肢を思い切って5つ程度に減らしてしまいましょう。

「そんなことをしたら、いい選択肢を失いかねない」と心配するよりも、肝心なタイミングを逃し、“決断疲れ”で間違った判断をする心配をしたほうが賢明かもしれません。

意思決定の先延ばし図解

スワースモア大学の心理学者、バリー・シュワルツ氏は、「人はできる限り多くの選択肢を持つべきだ」という、誤った考えにとらわれていると述べます。“決断疲れ” は、重要な決定の質を落とす可能性があるとのこと。

選択肢の数を制限するのが得策でしょう。

「決められない」を繰り返すあなたの目の前に、たくさんの選択肢があるなら
  • あっさり選択肢の数を減らす

なお、選択肢の絞り込みは、内容に応じて〇〇分以内にと、制限時間を設けて行なうことをおすすめします。絞り込む際の “決断疲れ” が軽減できるはずです。

2. 影響の小さい決断はクイックに

意思決定にかける時間を判断する第一の基準は「重要度」だと、ダベンポート氏は言います。「意思決定による影響の大きさ」を自分で考えるか、信頼できる誰かに聞いてみるかするのが有効なのだそう。

そうして重要度を判断できれば、あとは以下のとおり簡単です。

重要度を判断して、行動を分ける
  • 影響の小さい意思決定時間をかけない
  • 重要な意思決定:少し時間をかける

影響が小さい決断をサッサと済ませれば、そのぶん重要な意思決定のほうに時間をかけ、データを集めて分析し、熟考できます。何よりも、少し前進することができるでしょう。

ただし、その際にも決して長時間熟考する必要はなく、1日か一晩で十分とのこと。また、無意識下の思考を活かすために、いったんそこから離れて

  • 遊ぶ
  • 運動する
  • 休憩する
  • 瞑想する
  • 散歩する
  • シャワーを浴びる

といった行動をとることも、意思決定には有効とのことです。

ボルダリングする女性
ちなみに、ペンシルべニア大学の心理学者、アダム・グラント氏は、プロジェクトに着手するのを少し先延ばしにすることで、あらゆるアイデアが浮かび、独創的なものができあがると伝えています。

影響が大きい案件だけではなく、 創造性を要する案件も、意思決定に少し時間をかけてもいいかもしれません。

3. 頻度の高い意思決定だけ先延ばし

今後も同じ意思決定を行なう可能性があるのならば、分析するための時間やお金を投じる意味もあると、ダベンポート氏は述べます。たとえば価格設定や在庫の再注文、人事採用などです。

また、再発している問題であれば、一歩引いてみる、あるいは一段高いところから眺めてみることで、シンプルな解決策が見つかるかもしれません。その時間を確保するためであれば、意思決定の先延ばしは必要だといえます。

意思決定するビジネスパーソン

逆をいえば、頻度の低い・重要度の低い意思決定は、分析する時間も、熟考する時間も必要ないわけです。

いま迷っても、仕方のない意思決定も同じだといえます。たとえば、ほぼ同じ条件で、将来性が未知数であることも同じ新規の仕入れ先、A社・B社・C社・D社のなかから1社に絞ることなどです。

仕分けて考え、早くできる意思決定から片づけていきましょう。

頻度の高さによって、意思決定にかける時間を変える
  • 頻度の低い、重要度の低い意思決定時間をかけない
  • 何度も意思決定する機会があるもの:分析のため時間をかける
  • 再発している問題:俯瞰して解決策を考えるため時間をかける

ちなみに、2016年の心理学研究(「優柔不断尺度の作成と信頼性および妥当性の検討 1」)では、優柔不断な人は最初こそ決定に時間をかけるものの、意思決定の方法が確定すると、悩まなくなる可能性があると示唆されました。

つまり、どんなに優柔不断な人でも、頻度の高い意思決定だけは先延ばしして、時間をかけて分析し、

「〇〇〇と△△△のポイントだけ押さえて判断する」

と決めてさえいれば、その後の意思決定におけるスピードや精度が格段に向上するわけです。

意思決定のポイントをおさえる

4. 意思決定の期限を定める

ダベンポート氏は、意思決定の最後の手段として、どうしても決断できなかったら、期限を区切るようすすめています。

どうしても決められないなら
  • 意思決定の期限を設定し、あとは期限内に決めることだけを考える

「もう、いいや……、とにかく明日には決めちゃおう……」となってしまった経験はありませんか?

そんなふうに、結局は “決断疲れ” してしまうくらいなら、時間を無駄づかいせずに期限を決めて、早々に意思決定してしまいましょう!

***
意思決定を先延ばしするクセから脱出するコツ4つを紹介しました。

  1. 選択肢の数を減らす
  2. 影響の小さい決断はクイックに
  3. 頻度の高い意思決定だけ先延ばし
  4. 意思決定の期限を定める

いいかたちで決定できるといいですね!

(参考)
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー|あれこれ考えるのをやめて、さっさと決断すべき時 優柔不断から抜け出す4つのステップ 
BUSINESS INSIDER JAPAN|意思決定を楽にする6つの研究結果  
斎藤聖子, 緑川晶(2016),「優柔不断尺度の作成と信頼性および妥当性の検討 1」, 心理学研究, 日本心理学会, Vol.87, No.5, pp.535–545. 
斎藤広達(2014),『図解 サラリーマンの決定力講座』, パンローリング株式会社.

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら