デキる人への第一歩。まずは「3つの数字」を覚えなさい

数字とビジネスパーソン

ビジネスのプロフェッショナルたちは、数字に強くなることの有効性をこぞって説いています。その際に、しばしば目にするのは「3つの数字」という言葉。

どうやら、デキるビジネスパーソンへの第一歩は、3つの数字を覚えることから始まるようです。数字で考えることの重要性とともに、詳しく説明しましょう。

なぜ数字が重要なのか?

リクルート社員時代は数字に関する社内勉強会で講師を務め、人気講座にした中尾隆一郎氏は、著書『数字で考えるは武器になる』(かんき出版)のなかで、数字で考えるようになると「説得力や伝える力が向上する・儲けるセンスが備わる・仕事のスピードや生産性が向上すると述べています。

なぜならば、「数字」は曖昧さのない共通言語であり、計算感覚を高めるものであり、投資対効果※への意識向上に役立つから(※時間やお金などのインプットに対する成果のアウトプット)。中尾氏によると、経営者やマネジメント職の人々は、その重要性をしっかりと認識し、実際に「数字で考える」ことを習慣にしているそうです。

たくさんの数字データ

必要な「数字は3つだけ」覚えておけばいい

次に、冒頭で述べた「3つの数字」について紹介しましょう。

元 株式会社東レ経営研究所 社長(現 株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ 代表取締役)の佐々木常夫氏も、著書のなかで数字に強いと仕事スピードが格段に速くなり、信頼や評価を得られると述べています。

たとえば「国内アパレルの市場規模はどんな感じですか?」と聞かれ、ただ「横這いみたいですね」と答えるより、

「前年比100.1%9兆2,239億円です。2年続けて横這い推移のようですね」

と答えたほうが、具体性で理解しやすいですよね。こうした数字を把握できていれば、判断や意思決定までの時間を短縮できるし、「しっかり調べているな」「ちゃんと意識を向けているな」と、相手からも信頼されるはず。

佐々木氏いわく、もしも数字や暗記が苦手なら、自分の仕事現場で必要だと思われる数字を「3つ」だけ覚えておくといいとのこと。たとえば「〇〇を製造している会社」ではなく、

「創業40年で年商30億円、従業員100人の、〇〇を製造している会社」

と、3つの数字を入れるだけでもグッと印象が変わります。

売上や利益、価格と原価、市場規模、競合他社のマーケットシェア、セッション数、ページビュー数、ユーザー数、発行部数、実売部数などなど、ビジネスシーンに登場する数字はさまざまありますが、「3つ覚えるだけ」でいいなら、意外と簡単にできそうではありませんか?

仕事の打ち合わせをする2人のビジネスパーソン

知っておいたほうがいい「3つの “基準” の数字」

もうひとつ、3つの “基準” の数字について紹介します。

株式会社新経営サービス シニアコンサルタントの山本崚平氏は、著書『商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ』(あさ出版)のなかで、取引先や同僚との雑談も大切な仕事のひとつだと伝えています。

その際に重要なのが、3つの “基準” の数字なのだとか。 山本氏が説く、ビジネスパーソンとして知っておいたほうがいい「3つの “基準” の数字」は【世界各国のGDP】【世界各国の国土面積】【日本経済の地域格差】です。要点を説明しましょう。

1.【世界各国のGDP】

以下は、山本氏の著書(2020年3月6日出版)で紹介された「名目GDP※」です。

  • 日本約500兆円
  • アメリカは、約21,00兆円で日本の約4倍
  • 中国は約1,300兆円で日本の約3倍
  • アメリカ、中国、日本に次ぐドイツは約395兆円で日本の約0.8倍
  • その次のイギリスが約280兆円で日本の約半分

山本氏によれば、これらを細かく覚える必要はなく、太字で示したように日本の名目GDPが約500兆円であること、アメリカが日本の約4倍であること、中国が約3倍であることだけを覚えておくと、雑談力がグンと高まるのだそう。

(※名目GDPとは、国内総生産をそのときの市場価格で評価したもの。名目GDPから物価の変動による影響を差し引いたものが実質GDP)

経済学と金融

2.【世界各国の国土面積】

  • 日本の国土面積は約38万平方キロメートル(377,971㎢)
  • 世界一広いロシアは約1,710万平方キロメートルで日本の約45倍
  • 2番目に広いカナダは約998万平方キロメートルで日本の約26倍
  • 3番目に広いアメリカは約983万平方キロメートルで日本の約26倍
  • 4番目に広い中国は約960万平方キロメートルで日本の約25倍

こうして見ると「日本はちっちゃいなぁ」と感じてしまいますが、実際には日本の国土面積は194カ国中61位で、真ん中よりも上位に位置しています。さらにいえば、本州は約23万平方キロメートルあるので、島国に限れば世界第7位の大きさなのだとか。

(参考:前出の山本氏著書と、外務省|(キッズ外務省)面積の大きい国

たとえば、グローバル化する社会について雑談中に、これらのデータを会話に加えてみるとこうなります。

「日本の約45倍も国土面積が広いロシアや、約25倍もある中国が近隣なだけに、日本は小さな島国だと思われがちですが、一応ランキングは194カ国中61位で中の上なんですよね」

あるいは、

「日本の国土面積は約38万平方キロメートルで世界の61番目ですが、島国に限れば本州の大さは世界第7位なんだそうですね」

といった具合。 相手の興味を引きながら、さりげなく数字に意識的であることをアプローチできそうです。

世界の国土面積

3.【日本経済の地域格差】

各都道府県当たりどれだけ稼いでいるかを示す、「県民経済計算」という指標があるそうです。山本氏によると、2016(平成28)年度のデータは次のとおり。

  • 東京都は約105兆円(1044700億円)で全国1位
  • 最下位は鳥取県で約1.9兆円(186407億円)でその差は約55倍
  • 大阪府は約40兆円(389950億円)
  • 愛知県も約40兆円(394094億円)

また、同指標における県民ひとり当たりの所得(2016年度)は次のとおり。

  • 東京都は534万8000円
  • 鳥取県は240万7000円と倍以上の差があり

数字は、明らかに東京1強と地方の弱体化を示しています。これらの数字を知ることで、国全体の経済状況を把握でき、他者に説明する際にも役立つはずです。

***
仕事を速くして信頼感を高める「3つの数字」と、雑談力をグンと高め、世界と日本の状況把握や説明に役立つ「3つの “基準” の数字」を紹介しました。ぜひご活用くださいね。

(参考)
中尾隆一郎著(2019),『「数字で考える」は武器になる』,かんき出版.
山本崚平著,(2020),『商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ』,あさ出版.
佐々木常夫著(2017),『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』,文響社.
ZUU online|知っておきたい、雑談で役立つ「基準の数字」3つ 
市場調査とマーケティングの矢野経済研究所|国内アパレル市場に関する調査を実施(2019年) 
大和ネクスト銀行|今さら聞けない 名目GDPと実質GDPの違いとは何か 
外務省|(キッズ外務省)面積の大きい国

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら