「人に全然助けてもらえない人」が陥りがちな大いなる誤解。“助けて” の気持ちは意外と伝わらない。

透明性の錯覚-01

「わたしが困っているのは絶対にわかっていたはずなのに、なぜあの人は手伝ってくれなかったのだろう。期限に間に合わずミスまでしたのは、手伝ってくれなかったあの人のせいだ!」 とイライラする人がいる一方で、他者の協力を得て悠々と仕事をこなし、ストレスフリーな笑顔を見せている人がいます。

わたしたちが思うほど、人は他者の要求を感じ取ることができないそうですよ。もしも冒頭で示した例の前者が当てはまるならば、社会心理学者が教えてくれる「助けの上手な求め方」を心得ておきましょう。まずは「透明性の錯覚」から説明します。

透明性の錯覚とは?

透明性の錯覚」は、社会心理学者のT・ギロヴィッチ(Thomas Gilovich)氏らが1998年に発表した、代表的な認知バイアス(脳のクセ)のひとつです。

ほかの人に、自分の考えていることや感じていることが、実際以上に伝わっていると考えてしまう傾向を指します。具体的には次のとおりです。

  • 「ウソがばれているかも……!?」→実際には露見していない
  • 「わたしの気持ちをわかってくれている」→実際には理解されていない

透明性の錯覚-07

「助けてほしい」といえばいい

社会心理学者のハイディ・グラント氏は、多くの人が「透明性の錯覚」のせいで、次の行動をしがちであるとTEDで説明しています。

  • いずれ誰かが、自分の要求に気づいてくれると考える
  • 誰かが自分に対し、助けを申し出ることをジッと待っている

しかし、ある調査では、職場における同僚同士の助け合いの約9割が、ハッキリと「助けてほしい」と依頼された場合によると、明らかになっているそうです。

また、どんなに親しい関係であっても、どう手助けしていいのかわからないものなのだとか。したがって、助けてほしいときに必要な行動は次のとおり。

  • 明確に「助けてほしい」と伝える
  • 「どう助けてほしいのか」伝える

これらを行なわない限り、相手は対応のしようがありません。

透明性の錯覚-02

「助けの上手な求め方」とは?

ハイディ・グラント氏は「助けの上手な求め方」として、次のことを挙げています。

  1. ハッキリ「助けてほしい」という
  2. 何をしてほしいのか明確にする
  3. その後の報告とお礼をする

少し説明すると――

1. ハッキリ「助けてほしい」という

第一の基本です。自分にも透明性の錯覚があると意識しましょう。あなたの欲求は、あなたが思うほど相手に伝わっていない可能性が大きいのです。

2. 何をしてほしいのか明確にする

第二の基本です。たとえば「ただでさえ忙しいのに、たまたま課長と目が合ったら資料の整理を頼まれちゃった」などとだけ同僚にいい、相手が察してくれるのを待ってもムダです。

同僚に対し「皆で使っている資料の整理を頼まれたけど、〇〇〇のレポートを△時まで提出したいので30分ほど手伝ってほしい」と明確に伝え、同じく課長にもレポートの件と「〇〇さんに30分ほど手伝ってもらいます」とハッキリ伝えてみてはいかがでしょう。

透明性の錯覚-03

3. その後の報告とお礼をする

第三の基本です。“人助けをした人が報いられる部分は、助ける行為そのものである” といった考えは誤解だと、ハイディ・グラント氏は話します。正しくは、「助けが役に立ったのかどうか知ること」なのだそう。

助けてもらった当日に、たとえば 「一緒に本を探してくれてありがとう! 」 で終わるのではなく、必ず後日にも、 「この前、本を探すのを手伝ってくれたおかげで、すごくいい資料ができたよ。本当にありがとう!」 と伝えましょう。

透明性の錯覚-04

助けを求める際に避けたいこと

ハイディ・グラント氏のアドバイスによると、上手に助けを求めたいなら、次の内容は避けたほうがいいそうです。

  1. 弱みを隠すための説明
  2. 支払いの提示や動機づけ
  3. メールなどで頼む

1. 弱みを隠すための説明は避ける

もしも、あなたが助けを求められる立場だとして、最初に相手から、

  • 「本当はこんなお願いしたくないけど……」
  • 「頼まないで済むならそうしたいけど……」
  • 「本来なら助けてほしいなんていわないけど……」

などといわれたらどうでしょう。助ける意欲を失くしてしまうのではないでしょうか。「あなたに頼みたくない」といいながら、助けを求めてくるのですから居心地悪いですよね。 他人に「弱み」を見せることを嫌う人は少なくありません。でも助けてほしいなら、

  • 「ぜひ、あなたに助けてほしい」
  • 「どうか、あなたに手伝ってほしい」

と素直に告げましょう。

透明性の錯覚-05

2. 支払いの提示や動機づけは避ける

よく知らない相手なら問題ないけれど、親しい友人や同僚に対して助けを求める際、先に金銭の支払いを提示したり、動機づけしたりすることには注意が必要だと、ハイディ・グラント氏はいいます。

なぜならば、たとえば引っ越しを手伝ってほしいときの「支払いの提示」、あるいは仕事を手伝ってほしいときの「夕飯をごちそうする」といった動機づけのせいで、取引のようになり、距離が生まれてしまうからです。

距離ができると、むしろ助けを得られる可能性が下がってしまうのだとか。

先に提示するのではなく、後日報告をしながら「おかげで本当に助かった」と深くお礼を述べ、その際にちょっとした贈り物をしたり、お礼にコーヒーでも奢らせてと告げたりするのがおすすめです。

透明性の錯覚-06

3. メールなどで頼むのは避ける

ある研究によると、メールやメッセンジャーで頼むよりも、対面あるいは電話で直に頼んだほうが、助けを得られる確率が30倍に増えるそうです。 本当に人の助けが必要ならば、顔を見て、あるいは声を聞き、直に頼みましょう。

***
筆者はずいぶん前、あるクライアントから、2種類の言葉をもらいました。いずれも、海外の展示会の準備・片づけやブース来場者の対応を少人数で取り組んだ仕事です。内容は次のとおり。

  • 「誰かひとりでも多く手伝ってくれると、本当にいろいろと助かります」
  • 「〇〇さんがいてくれると、心強いので本当に助かります」

筆者が意欲を高め、またこのクライアントを必ず助けようと思えたのは後者。仕事としての対価が発生したので、今回のテーマである「助け」とはまた少し違いますが、明確であることが、大きな効果をもたらすひとつの例です。

もしも、あなたが誰かに「その後の報告とお礼」をする際には、ぜひシンプルな言葉で真摯に、ハッキリと名指ししたうえで告げることを強くおすすめします。きっと、持続性のあるいい関係が生まれるはずです……!

(参考)
TED Talk|ハイディ・グラント: イエスと言ってもらえる助けの求め方 
錯思コレクション Collection of Cognitive Biases|他者・自己|透明性の錯覚 
Wikipedia|Thomas Gilovich

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら