SECIモデルとは? 初心者でもわかるマネジメント理論

SECIモデルとは1

SECIモデルとは、「共同化」「表出化」「連結化」「内面化」という4つのステップで構成された、知識創造のプロセス。暗黙知を形式知に変換し、形式知を暗黙知に変換する場を設けることで、個人のノウハウを全体で共有しようという考えです。

専門用語ばかりで難しい……と思われたかもしれませんね。でも、この記事を読めば大丈夫! SECIモデルについて、初めての人にもわかりやすく解説します。

SECIモデルとは

SECI(セキ)モデルとは、経営学者の野中郁次郎氏が提唱した「ナレッジ・マネジメント」の基礎理論。ナレッジ・マネジメントとは、社員が個人的に持っている知識を全社的に共有することで、企業の力を高める手法です。

SECIモデルでは、「暗黙知」と「形式知」がキーワードとなります。

暗黙知:言葉にしづらい/まだされていない知識
形式知:言葉や図で説明できる/すでにされている知識

たとえば、長年の経験でつちかったノウハウが暗黙知、マニュアルに書いてあることが形式知、といった具合です。そしてSECIモデルでは、暗黙知を形式知に変換することで、個人のノウハウが全社的に共有されるようにします。

SECIモデルにおける4つのステップを、ひとつひとつ見ていきましょう。

共同化(Socialization)

「共同化(Socialization)」とは、暗黙知から暗黙知が生まれるステップ。よく挙げられる例が、職人の修行において、親方と弟子がいっしょに作業することです。一般的な企業のOJTと異なり、弟子が学ぶべきことはマニュアル化されておらず、親方の仕事を見よう見まねで覚えます。

表出化(Externalization)

「表出化(Externalization)」とは、「共同化」によって得た暗黙知を形式知に変換するステップ。経験によって得たコツ・ノウハウを、言葉や図で表現し、「マニュアルに落とし込む」ことが該当します。マニュアルを作れば、知識を大勢で共有するのが簡単になりますね。

連結化(Combination)

「連結化(Combination)」とは、「表出化」によって変換された形式知を、ほかの形式知と組み合わせるステップです。たとえば、作ったマニュアルを、ほかの部署・作業グループが作ったマニュアルと比較すれば、新たな視点が得られ、より包括的なマニュアルを作成することができます。

内面化(Internalization)

「内面化(Internalization)」とは、「表出化」「連結化」の過程を経てまとまった形式知が、個人的な暗黙知へと変わっていく段階です。新しく作ったマニュアルの内容を実践しているうち、自分のなかで、新たなコツやノウハウが生まれるはず。この新たな暗黙知は、いずれ「共同化」によってほかの人に伝わるのです。

SECIモデルでは、上記4つのステップが繰り返されます。

SECIモデルとは2

SECIモデルにおける「場」とは

SECIモデルにおける「共同化」「表出化」「連結化」「内面化」を実践するには、それぞれのステップに応じた「場」が必要です。4つの「場」とはどのようなものか、具体的に見ていきましょう。

共同化の場「創発場」

「共同化」が行なわれるのが「創発場」。一般的な会社だと、昼休みの雑談や終業後の飲み会などが該当します。つまり、「場」とは特定の「場所」に限られるものではなく、「状況」も指すのです。

野中氏によると、「創発場」とは「個人が自己と他者の境界を超越し、他者に共感する世界」。つまり、1人では「創発場」を生み出し、「共同化」を行なうことはできないのです。仕事の休憩がてら、社内をふらりと歩いてみて、出会った他部署の人とコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

表出化の場「対話場」

「表出化」を行なうのが「対話場」です。「表出化」とは、暗黙知を形式知に変えるステップでしたね。

マニュアル作成などが含まれることからわかるように、「対話場」は偶然発生するというよりも、意識的に設けられます。プレゼンテーションやミーティングが、対話場の例です。

連結化の場「システム場」

「連結化」が行なわれるのが「システム場」です。「連結化」は、複数の形式知が結合するステップ。そのため、各従業員が形式知を持ち寄れる場が必要とされます。

「システム場」に集まるといっても、対面である必要はありません。大勢の人が知識を持ち寄るには、むしろ仮想空間のほうが適しているともいえます。

たとえば、Slackなどのビジネスチャットツールで作成されたグループも「システム場」です。複数のメンバーが形式知を投稿していくことで、形式知が体系化されていくでしょう。

内面化の場「実践場」

「内面化」が行なわれるのが「実践場」です。形式知が個人の暗黙知へと変わっていく場なので、特にこれといって決まった場所や状況はありません。普段の労働が「実践場」だといえます。

SECIモデルを実践するにあたり、「場」は不可欠です。あなたの職場において、それぞれの場が何に該当するのか、ぜひ考えてみてください。あなたの職場で、SECIモデルは機能しそうですか?

SECIモデルとは3

SECIモデルの活用事例

実際にSECIモデルを活用した企業の事例を見てみましょう。

NTT東日本

SECIモデルによるナレッジ・マネジメントを実践した例として有名なのが、1996年に始まった、NTT東日本法人営業本部の取り組みです。野中氏によると、「リアルな場」と「バーチャルな場」を組み合わせた点が独創的なのだそう。

「リアルな場」の整備:オフィスレイアウトの変更
「バーチャルな場」の整備:全社員の個人ホームページの開設

野中氏らによる論文などをもとに、ごく簡単にまとめると、SECIモデルにおける4つの「場」の創出とNTT東日本法人営業本部における取り組みは、以下のように対応しています。

  • 創発場:フリーアドレス制の導入
  • 対話場:打ち合わせスペース「クリエイティブ・ゾーン」の設置
  • システム場:営業本部全社員は、個人のホームページに、日報・提案書・関わったプロジェクトの記録などを掲載し、他の社員と共有。各課・部もそれぞれのホームページ上に「知識ベース」を構築
  • 実践場:集中して作業できる「コンセントレーション・ゾーン」の設置

エーザイ

医薬品メーカーのエーザイの取り組みも、SECIモデルの事例として有名です。公式Webサイトによると、エーザイはSECIモデルのなかでも特に「共同化」を重視しているのだそう。「世界中の社員が就業時間の1%を用いて、患者様と共に過ごす」ことを推奨しているとのことです。

一般社団法人・JA共済総合研究所のレポートなどを参考に、エーザイにおけるSECIプロセスの行動例を挙げると、以下のとおり。

  • 共同化:介護実習や高齢者疑似体験プログラムにより、患者を理解
  • 表出化:現場で得た「気づき」について、報告・議論
  • 連結化:各部門の代表者が集まって「ベストプラクティス」を発表し合うイベント「hhc Initiative」を、毎年開催
  • 内面化:仕事を見つめなおすことによる、意識変革の発生

エーザイは、SECIモデルの考えを全社的に浸透させるため、「知創部」という独自の部署を有しています。社員たちは、日々の仕事において「共同化」「表出化」「連結化」「内面化」というSECIプロセスを実現することを意識しているようです。

***
SECIモデルを具体的に見てみると、想像していたほど難しいものではなかったはず。SECIモデルの流れを実現することで、個人がレベルアップできるだけではなく、組織全体が大きく成長できるのですね。

(参考)
STUDY HACKER|そのノウハウ、みんなに伝えてる?「暗黙知」を共有できる組織が最後には勝つ。
コトバンク|ナレッジ・マネジメント
コトバンク|暗黙知
コトバンク|形式知
東洋大学学術情報リポジトリ|知の創造プロセスと SECIモデル
北陸先端科学技術大学院大学|知識管理から知識経営へ―ナレッジマネジメントの最新動向―
J-STAGE|知が動く場づくり―物理的環境と仮想的環境の相互作用―
エーザイ株式会社|知の創造とは
エーザイ株式会社 2020 RECRUITING WEBSITE|Q. エーザイで成し遂げたいこと、夢はありますか?
水上武彦のCSV/シェアード・バリュー経営論|知識創造理論による社会課題解決イノベーション ーエーザイの事例ー
一般社団法人 JA共済総合研究所|知識創造をテコに組織を変革する
日経 xTECH|知は力なり 今こそナレッジ・マネジメント!
日本マーケティング学会|第4回ソーシャル・ビジネス研究報告会レポート「人間性を通じて企業の存在を問う~知識創造理論を通じた企業理念の実現追求~」

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら