“ものづくり” の現場で忘れてはいけないこと。『講談社』の風土をつくる社是を探る。

仕事で、新しい商品やサービスをつくることを求められた。そんなとき皆さんは、どんな “信念” を持ってアイデアを考えますか?

今回は、誰もが知る大手出版社『講談社』の社是をご紹介します。「消費者やユーザーの役に立つ」は当たり前。プラスアルファの “ある要素” を大切にすることで、もっと高い質を実現できるかもしれませんよ。

***

社是 おもしろくて、ためになる

講談社は、日本を代表する大手出版社のひとつ。創業者は昭和時代前期の出版界を牽引して「雑誌王」と呼ばれた野間清治です。社是「おもしろくて、ためになる」は、創業時から変わらない基本理念であり、現在も社員一人ひとりの出版活動の原点となっています。面白くてもためにならない、ためになっても面白くない――。そんなものも世の中に溢れていますが、どちらも満たしているに越したことはありません。言い換えれば「一挙両得」。雑誌や書籍に限らず、あらゆるものづくりの現場で思い起こしたい言葉です。

*** 「おもしろい」と「ためになる」。どちらかしか満たしていないモノ(あるいは、どちらも満たしていないモノ)が溢れているという現実がある以上、これら2つの両立は簡単なことではないのかもしれません。でも、だからこそ挑戦のしがいがあると言えますよね。

ぜひ皆さんも、二者の両立を目指してみませんか?

※この連載コラムは、2016年に刊行された『今日から実践! できる企業に学ぶ仕事のオキテ』(セブン&アイ出版)を、当サイト向けに加筆修正をしたものです。

■連載『できる企業の「ためになる」オキテ』一覧はこちら work-smart-bottom-banner

今日から実践!できる企業に学ぶ仕事のオキテ

企業社訓研究会

セブン&アイ出版 (2016)

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら