“隣の人のランチ” に心を乱される人は要注意。「脳が疲れる」原因になっているかも。

お昼の休憩時間に、「さあ何を食べよう」といろいろ考えているうち、「何を食べるべきか?」になり、結局何を食べたいのか分からなくなってしまい、身近なところで手を打ち気分が盛り下がったことはありませんか?

誰でも経験しそうな日常の風景ですが、そんなことばかりが続くと、「脳疲労」を引き起こしてしまうかもしれません。やる気が低下し、心身が不調になってしまうことも……。

情報社会がもたらす「偽の欲求」と「脳疲労」について説明します。

自分の「欲求」が分からなくなっているかも?

株式会社「脳の学校」代表の加藤俊徳医師は、こういいます。

目の前に現れた情報1つひとつに反応していると、欲求に対する「感度」が鈍ってしまいます。 だから、もともと脳内にあった「本当の欲求」に気づくことができません。

(引用元:加藤俊徳著(2015),『アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2』,あさ出版 .)

冒頭で示したシーンのほかにも、こんなことがあるのではないでしょうか。

――「今日はハンバーグ定食にしよう!」と決め、脳裏にそのビジュアルを映し出しながら店に入ったら、塩サバ定食が目に入る。“そういえば、昨晩テレビで、青魚は悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにするといってたなあ”と思いだす。すると、一緒にいた同僚が「塩サバ定食」をオーダー。そこですかさず自分も「同じもので」と店員に伝える。――

ランチを終えたあと、あなたは「あー、体にいいことをした」と満足できたかもしれません。なおさら美味しければ、満足度も高まるというものでしょう。自分の欲求が、叶ったとさえ感じたかもしれません。

しかし、あなたが唾液まで出しながら思い浮かべていたハンバーグ定食への欲求は、置き去りにされたままです。

「欲求」を無視したときの脳はこうなる

人間の脳には、食欲などの本能や情動を担う「大脳辺縁系」のほかに、思考や学習など知性を担う「大脳新皮質」があります。そして、それら司令塔の下には、自律神経中枢などをつかさどる「間脳」があります。この3つが関係しあい、高度な情報処理を行いながら、人間の体を機能させているというわけです。

特に知能が発達した人間の大脳新皮質(知性)は、間脳などを覆うほどの大きさがあるのだとか。そのため、前項のようなシーンでは、こんなことが起こっています。

縁君(大脳辺縁系):「すごく、すごくハンバーグが食べたいよう」 皮質ママ(大脳新皮質):「それより体にいい塩サバにしなさい」 縁君(大脳辺縁系):「ハンバーグが食べたいのに……」 皮質ママ(大脳新皮質):「ほら、同僚のA君も塩サバよ! 」 パパ(間脳):(……オロオロ) 皮質ママ(大脳新皮質):「体のためには塩サバを食べねば! 食べるべきよ!」 縁君(大脳辺縁系):――無反応―― パパ(間脳):――パニック!!!!――

こうして大脳辺縁系が疲れて動かなくなると、自律神経中枢などをつかさどる間脳がパニックを起こすため、心と体が不調をきたしてしまいます。これこそが「脳疲労」の状態です。

(参考:「脳疲労概念【BOOCS公式サイト】|脳疲労とBOOCS|脳疲労とは」)

「脳疲労」とは?

人間社会において、本能が求めるまま行動していたら大変なことが起こります。大脳新皮質が理性を働かせているからこそ、わたしたちが安心して暮らせるといえるでしょう。

しかし、前項のように、「――べき」「――ねば」と、日常のささやかな「欲求」までも無視していると、やがて大きなストレスになりかねません。情報過多で起こる「脳の使い過ぎ」も同じように危険です。

PCやスマートフォン、テレビから入ってくる、おびただしい情報を処理している大脳新皮質が、「もっと働け」といい続けた結果、大脳辺縁系が反応しなくなり、間脳がおかしくなってしまうのです。それどころか、大脳新皮質まで機能を低下させ、認知異常を起こしてしまいます

九州大学名誉教授・医学博士の藤野武彦氏が提唱した「脳疲労」という概念は、大きくはその文字が示すとおり、“脳がつかれた状態”を指します。そして、3つの脳の関係がうまくいかなくなり、脳の機能を低下させてしまうことを意味するのです。

「脳疲労」で意欲が低下する

精神科医の樺沢紫苑氏は、モチベーションを持続させるために、「ドーパミンの報酬サイクル」を大きく回すようアドバイスしています。

欲求が満たされ→脳内のドーパミン神経系が活性化し→快感をもたらすのは、報酬系と呼ばれる神経回路のグループ。そのなかで重要な役割を担っているのが、大脳辺縁系の「側坐核」です。

樺沢氏によれば、モチベーションは側坐核が興奮しないと高まらず、興奮させるには、報酬(欲求が満たされる)による刺激が必要とのこと。脳疲労によって大脳辺縁系が無反応になったり、脳全体が機能を低下させたりしていたら、到底モチベーションを高めることなんてできないわけです。

また、人間は野生動物と違い、食欲などを満たして得る本能的な快感のほかに、美意識や価値観にもとづく“好き”による快感に、目標達成や夢の実現、好奇心などの知識欲が満たされた際の快感もあります。

本能的なもの以外の、理性的な「欲求」もあるということ。「心の声」が分かりにくくなるわけです。

脳を元気にするコツ

加藤俊徳医師は、こうアドバイスします。

もう一度考えてみてください。それは、あなた自身の欲求でしょうか? あなたの脳は、本当に「それ」がしたかったのでしょうか?

(引用元:加藤俊徳著(2015),『アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2』,あさ出版 .)

・何を食べるか決めるとき ・休日の予定を決めるとき ・これから始める習いごとを決めるとき

そうすべき、そうせねば、で決めていませんか? いま一度自分に問いかけてみてください。

仕事はもちろんのこと、人間の社会生活において理性的に考えることはとても大切です。しかし、何が自分にとって心地よい選択か、自分を押さえつけてはいないか、考えてみることも大切なのです。結果的には、仕事や勉強、心身の健康にも影響するはず。日常生活のなかの小さな「欲求」には、ぜひ耳を傾けてあげてくださいね。

*** 脳疲労の危険性と、脳を元気にするコツ「小さな欲求に耳を傾けてあげること」をお伝えしました。先の「ランチ」に例えると、脳の状態はこんな感じでしょうか。

縁君(大脳辺縁系):「すごく、すごくハンバーグが食べたいよう」 皮質ママ(大脳新皮質):「そうね、きっと美味しいわよ」 縁君(大脳辺縁系):「やったー!」 皮質ママ(大脳新皮質):「今日は思いっきりハンバーグを食べて、次は魚にしましょうか 」 縁君(大脳辺縁系):「はーい」 パパ(間脳):「(ニコニコ)今日も元気に働こうっと!」

(参考) 加藤俊徳著(2015),『アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2』,あさ出版 . 木村泰子著, 篠浦伸禎監修(2015),『美しい脳図鑑 (万物図鑑シリーズ)』,笠倉出版社. 樺沢紫苑著(2010),『脳内物質仕事術』,マガジンハウス. 脳疲労概念【BOOCS公式サイト】|脳疲労とBOOCS|脳疲労とは 脳疲労概念【BOOCS公式サイト】|脳疲労とBOOCS|BOOCS脳疲労仮説

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら