「疑う習慣がない人」がずっと二流止まりなワケ。

クリティカル・シンキング-01

いつも “最適解” にたどり着けないまま、妥協して判断を下し、「うまくいかない」と嘆いてばかりいる人はいませんか。なかなか成功にたどりつけないのは、「クリティカル・シンキング」ができていないからかもしれません。

クリティカル・シンキングが欠けていると、「正しい思考」ができなくなってしまいます。今回は、プロが教える、クリティカル・シンキングのスキルを磨く習慣を紹介します。

“正しく考えられない” ことの根本原因

マッキンゼー・アンド・カンパニーの元パートナーであるヘレン・リー・ブイグ氏によると、組織において生じる問題には「共通する根本原因」があるとのこと。根本的な原因とは、クリティカル・シンキング(批判的思考)の欠如です。

差し迫った問題に対し、「すぐに決めなければ!」などと結論を急いではいませんか。たしかに、じっくり考える時間を取れないまま、直感や信念で決断しなければならない場面もあるでしょう。

しかし、いつも「直感」や「信念」ばかりを判断の基準にするのはNG。特にビジネスにおいては、物事を論理的に考え抜き、あらゆる角度から評価しなくてはなりません。論理的な思考・多角的な視点を獲得するには、クリティカル・シンキングが役に立ちます。

テクノロジーの著しい進化にともない、ビジネス環境は激変しています。IT革命以前の定説や成功体験は通用しなくなり、新たな価値の創造や戦略が常に求められるようになったのです。 クリティカル・シンキングは、大きな変化を続けるビジネス環境において、物事の本質を見抜く助けになります。

  • なぜそうなったのか?
  • どうしてこうなのか? 
  • それはどういう意味を持つのか? 
  • このことを考える必要性はあるのか? 
  • これは今やるべきことか? 
  • 自分が今やるべきことは何か?

上記のような問いを常に持ちつづけ、常識にとらわれずに思考を続ける力が、今後のビジネスパーソンには必要不可欠なのです。

そしてブイグ氏によれば、次に示す3つの重要な「精神的習慣」によって、クリティカル・シンキングを鍛えることができるのだそう。順番に見ていきましょう。

 

クリティカル・シンキング-03

1. 前提を疑う

何らかの商品企画を依頼され、先方から「Aタイプは売れなかったので、ほかのタイプでお願いします」といわれたとき。相手の言葉をうのみにして仕事を進めたら、多くの可能性を失ってしまうかもしれません。あるいは、根本的な問題に気づかないまま、何をしても成果を出せず、あなたの評価を下げてしまうかもしれません。

  • Aタイプはなぜ売れなかったのか?
  • 商品自体ではなく価格設定が原因ではないか?
  • 商品自体ではなく販売方法が原因ではないか?

と、まずは前提を疑ってみましょう。また、

  • もしこの商品自体のニーズが減っていたら?
  • もし卸先の客足が減っているのだとしたら?

などと別の可能性を考えてみるのもひとつの方法です。

クリティカル・シンキング-04

2.論理的に推論する

「特定の主張がもたらす連鎖」にも注意が必要だと、ブイグ氏はいいます。

ブイグ氏が関わった大手ランジェリー会社は、「どの国の顧客も好みは同じようなものだ」と考えていました。しかし実際には、イギリス、イタリア、アメリカの女性が好むランジェリーは、それぞれ大きく違っていたそうです。つまり、「どの国の顧客も好みは同じ」といった主張・思い込みをもとに商品を作っても、売り上げは伸びないということ。

また、人はよく “前後即因果の誤謬(ごびゅう)” に陥ります。「Aが発生し、その後Bが発生した。したがって、Aが原因となってBが起きた」と考えてしまうのです。 たとえば「今月の成果が上々なのは、先月に打ち出した施策が成功したからだ」と考えていたら、実は「半年前から仕込んでいた長期的な施策が、ようやく功を奏しはじめていた」のが真実だった、ということです。

  • この主張を裏づける根拠はあるか?
  • この結論は本当に正しいか?

と、常に論理的な推論を行ないましょう。

クリティカル・シンキング-05

3.思考の多様性を追求する

周囲がみな同じ考え方だと、思考が凝り固まり、新しい情報に基づいて信念を変えることが少なくなると、ブイグ氏はいいます。同じ意見の人の話を聞けば聞くほど、意見は極端に偏っていくのだとか。そのため、自分の居心地がいい “狭い枠” から踏み出すことは、とても大切なのだそう。

たとえば、違う部署の友人、あるいは違う職業の友人をつくったり、同期だけではなく先輩や後輩とも交流したりすることで、より豊かな洞察力が手に入るとのこと。また、チームメンバーに意見を求めるときも、あえて自分の好みは明らかにせず、メンバーから個別で意見をメールしてもらうのもいいそうです。メンバーが集団思考に陥ることを防げるでしょう。

大切なのは、思考の多様性を追求すること。そして、いつでも異なる視点に立つよう努めることです。

***
クリティカル・シンキングの要素や重要性、磨き上げるための精神的習慣3つを紹介しました。

  1. 前提を疑う
  2. 論理的に推論する 
  3. 思考の多様性を追求する

ぜひこのスキルを磨き、正しく考えて最適解を導き出してくださいね!

(参考)
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー|クリティカル・シンキングを磨く3つの基本的習慣 前提を疑い、論理的に推論し、思考の多様性を追求する 
グロービス経営大学院|クリティカル・シンキング(批判的思考)とは・意味  
カオナビ人事用語集|クリティカルシンキングとは? 重要性、メリット、考え方、方法について【ロジカルシンキングとの違い】 
Wikipedia|前後即因果の誤謬 

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら