「9つの性格タイプ」あなたに当てはまるのはどれ? 仕事や人生が不調な原因もこれでわかる

エニアグラムで性格タイプを知る01

みなさんは「エニアグラム」という言葉を聞いたことがありますか。エニアグラムとは、人間の性格タイプを9つに分類したもの。それぞれの性格タイプごとに、大切にしている考え方や思考の癖、行動パターンといった “傾向” が解析されています。

とはいえ、ただの性格分類ではありません。日本に初めてエニアグラムを紹介した鈴木秀子氏は、著書で「エニアグラムは、私たちの可能性を抑え込んでいる『とらわれ』を的確に指摘してくれる」と述べています。つまり、私たちの成長を阻害している思い込みや私たちを苦しめている根本原因が、エニアグラムを通してわかるということ。

なぜか仕事や人生がうまくいかないと感じている人は、性格タイプ固有の問題を抱えているからかもしれませんよ。自分の性格タイプを知って、自己変革を図っていきましょう。

【タイプ1】完璧でありたい人

<傾向>
人生のすべてに「完璧」を求めています。自分自身が何事も完璧にこなす努力をするのはもちろん、周囲にも完璧を期待する傾向が。しかし、現実はすべて完璧とはいかないため、自分にも周囲にも憤りを感じてしまいます

<対策>
常に厳しい基準を設定していると、自分にも他人にも批判的になることが多くなります。自分の価値基準の絶対性に疑いをもち、自分も他人もほめる習慣をつくりましょう。「ここまでしかできなかった」「これしかできなかった」という減点法ではなく、「ここまでできた」「こんなにできた」という加点法で物事をとらえれば、もっと楽になるでしょう。

【タイプ2】人の助けになりたい人

<傾向>
「自分は愛を与える人間であり、受ける人間ではない」と考えます。つまり、他者を助ける自己犠牲の精神が何よりも大事だと信じているのです。それゆえ、頼み事をされるとなかなか断れなかったり、忙しいときでも無理して人の仕事を手伝ったりすることも。 人に合わせすぎなため、自分を見失っているとも言えます。

<対策>
「自分が本当は何をしたいのか」に目を向けてみましょう。なんでもかんでも相手に合わせるのは考えものです。たとえば、仕事中に頼み事をされても、素直に「いまはこの仕事に集中したい」と言って断ったっていいのです。

エニアグラムで性格タイプを知る02

【タイプ3】成功を追い求める人

<傾向>
人生で最も重要なのは目標を達成することだ・成功を収めることだ」と、人生の価値のすべてを「成功」という尺度で測っています。向上心が強いとも言えますが、成功の追求は往々にして、興味のもてないことまでやらざるを得ない状況を招くものです。ワーカーホリックになり、健康や対人関係に関する重大な問題が起きるまで、自分が無理をしていることに気づかない恐れも。

<対策>
時には休んでリラックスする時間を確保しましょう。休むことは目標達成のスピードを落とすように思えるかもしれませんが、長い目で見れば、心身に不調をきたして目標達成どころではなくなってしまうほうが危険です。適度にリフレッシュして調子を整えたほうが、物事の生産性は上がるでしょう。

【タイプ4】特別な存在であろうとする人

<傾向>
平凡を嫌っており、「特別な存在でありたい」と考えています。個性や独創性を発揮したいという気持ちが強く、オリジナリティを追求するタイプです。それゆえ、人と同じ自分を発見すると嫌気が差してしまうことも。

<対策>
自分の長所に目を向けるように心がけましょう。字が抜群にきれい、同僚がもっていない資格をもっている、◯◯について社内の誰よりも詳しいなど、他人より秀でている点を再認識できれば、自尊心もおのずと回復します。仕事や勉強などで自分がこれまで挙げた成果をあらためて評価してみるのもおすすめです。

エニアグラムで性格タイプを知る03

【タイプ5】頭で考える人

<傾向>
知識をとても大切にしています。 情報を集めたい、専門性を追求したいという気持ちが強く、常に冷静に思考できるタイプです。一方で、感情の取り扱いが苦手という一面も。他者と感情的なつながりをもつことがなかなかできず、孤立しがちです。

<対策> 
人と関わることを怖がる必要はありません。悲しみや恐れを感じたら、自分だけでその気持ちを解決しようとするのではなく、人に打ち明けるのも手です。身近にいる同僚や信頼できる人に話してみれば、自分ひとりでいるときよりもずっと楽になるのではないでしょうか。

【タイプ6】安全を求めて慎重に行動する人 

<傾向>
注意深さに長けており、問題を予測したりトラブルを未然に防いだりするのが得意です。一方で、安全志向なためリスクを嫌っており、自分の意思でずんずん行動するのが苦手。「失敗したらどうしよう」という不安にさいなまれやすいタイプです。

<対策>
悩みの種となっている不安や恐れを細かく検証してみましょう。冷静になって考えてみると、多くの場合、その不安や恐れは過剰で単に「最悪を想像しすぎているだけ」だと気づけるはずです。

エニアグラムで性格タイプを知る04

【タイプ7】楽しさを求める人

<傾向>
楽しいことや刺激的なことをしていたいという思いがあります。そして多くの場合、楽しいことを同時進行するのを好みます。しかし裏を返せば、興味の対象が散漫になりやすいということ。あまりに多くのことに首を突っ込んで、へとへとに疲れきってしまうこともあります。

<対策>
やりかけの仕事をほったらかして新しいプロジェクトに飛びつく、次々と新しい趣味を発掘する、といった癖がある人は要注意。あれもこれもと手を広げるのではなく、多くの選択肢から1つだけを選び、それに打ち込むことを心がけましょう。興味関心から生まれるその熱量を1つに注げれば、きっとすばらしい成果が得られるに違いありません。

【タイプ8】強くありたい人

<傾向>
自信に満ちあふれている積極的なタイプです。決断力にも長けており、自分が周囲をコントロールしたいと感じています。しかし、主張を通したいがために、自己中心的で傲慢になってしまう一面も。仲間と頻繁に対立したり、トラブルメーカーとして認識されたりする危険性もはらんでいます。

<対策>
自制できるすべを身につけましょう。たとえば、自分の主張が通らずイライラしてきたとしても、怒りを収められるようにならなければいけません。心のなかで10秒数えるなど、自分が落ち着ける方法を探っていきましょう。また、スポーツをしたり大声で歌ったり、エネルギーを発散する習慣を身につけるのもおすすめです。

エニアグラムで性格タイプを知る05

【タイプ9】調和と平和を求める人

<傾向>
争いや対立を避け、平和を好むタイプ
です。そのため、集団で何かを決めなければいけない場面でも、自分が立場を表明することでいざこざが起こることを恐れ、曖昧な回答に終始してしまうことも。また、誰の意見にも正当性があると感じているため、物事に甲乙をつけるのも苦手としています。

<対策>
優柔不断な性格を矯正するために、決断の習慣をつけましょう。小さなこと、身近なことから決断のトレーニングを始めるのです。たとえば、友だちからランチに誘われた際に「どこでもいい」とは口にしないこと。同様に、同僚からA案とB案どちらかいいか聞かれたら、たとえ自信がなくても意見を述べるようにしましょう。

***
性格タイプ別に、陥りやすい傾向を指摘しました。ぜひ自分を省みるきっかけとしてご活用ください。

(参考)
鈴木秀子(2004),『9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』, PHP研究所.
エニアグラム研究所[日本]|エニアグラムとは
エニアグラム研究所[日本]|エニアグラム 9つの性格タイプ
STUDY HACKER|完璧主義・論理派・マイペース……9つの性格タイプ別「挫折パターン」と「続け方のコツ」教えます。
ドン・リチャード・リソ, ラス・ハドソン 著, 高岡よし子,ティム・マクリーン 訳
(2019),『新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ』, KADOKAWA.

【ライタープロフィール】
SHOICHI
大学院修了後、一般企業に就職。現在は会社を辞め、執筆活動をしている。読書、音楽、YouTubeが好き。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら