「デキない人ほど自信たっぷり」という残念な事実。本当にデキる人は意外と「自信がない」

とても静かなまなざしをした青いシャツの女性

「あの人はいいなぁ。仕事ができて自信に満ちあふれている。私は自信がないから仕事もできない……」

いやいや、自信と実力は異なるものです。その人は内なる不安を隠し、自信があるように見せているだけかもしれません。あなたの自己評価もあてになりませんよ。

いつも自分を低く見積もってしまうあなたに、「自信がない人」が「自信たっぷりな人」よりも成功できる5つの理由を紹介しましょう。

「自信」はあてにならない?

ダニング=クルーガー効果をご存じでしょうか。本来の実力よりも、自分を高く評価してしまう認知バイアス(思い込み)のことです。

この効果を定義した社会心理学者のデイヴィッド・ダニング氏と、ジャスティン・クルーガー氏は、学生らにテストを実施し、テストの結果について自己評価させたそうです。すると、優秀な学生たちは自身の順位を実際より低く評価しましたが、“優秀ではない” 学生たちは、自身の順位を実際より高く評価したのだとか。また、優秀な学生たちは、自分の能力を過小評価する傾向にありましたが、“優秀ではない” 学生たち過大評価したとのことです。ただし、“優秀ではない” 学生たちが不足していたスキルの指導を受けたところ、自身の能力の欠如を認識できるようになったのだとか。

まとめるとこうです。

  • 能力が低いと、自分の能力を高く見積もる
  • 能力が高いと、自身の能力を低く見積もる
  • 能力が低くても、指導を受ければ自身の能力が低いと認識できる

つまり、自然に湧いた自信の程度で人の能力は測れないということです。

自信満々で、威張っているようにも見えるビジネスパーソン

なぜ優秀な人は自己評価が低いのか?

前項の優秀な学生たちは、優秀だからこそ目の前のタスクをたやすくこなせているのに、「これは誰にとっても簡単なタスクだ」と、事実とは違う推測をしていたそうです。つまり「できた! 私はほかの人よりすごい。余裕余裕」などとは考えず、「できた! でもほかの人もとっくにできているはず。もっと頑張らなきゃ」と考えるということ。

心理学博士の榎本博明氏によれば、優秀な人ほど最悪の事態を含むあらゆる可能性を想定し、不安にかられるので悲観的になりやすいとのこと。逆に、優秀ではない人は、そういったシミュレーションができないので、楽観的になりやすいのだそう。

また、優秀な人は「自分よりさらに優秀な人」と自分を比べる「上方比較」を行なうため、追いつこうと努力をする傾向にありますが、優秀ではない人の場合、「自分よりさらに優秀ではない人」と比べる「下方比較」を行なうので、安心してしまい努力を怠るそうです。

そうして、実力の差がどんどん広がるのですね。

フリーアドレスのオフィスで真面目に仕事に取り組むビジネスパーソン

「自信がない人」が成功できる理由とは?

ロンドン大学教授・コロンビア大学客員教授で、社会心理学者のトマス・チャモロ-プリミュージク(Tomas Chamorro-Premuzic)氏は、長年の研究から「成功に自信は必要ない」という結論にたどり着いたそうです。根拠のない自信は “百害あって一利なし” なのだとか。なぜならば、自信のない人のほうが、自分の弱点や現状を正確に把握でき、努力して実力をつけることができるから。前項の内容にも通じますね。

これまでの内容をふまえると、「自信がない人」が「自信たっぷりな人」よりも成功できる理由は次の5つです。

  1. 自信がないので、あらゆるリスクを想定する
  2. 自信がないので、よい結果が出ても安心・慢心しない
  3. 自信がないのは、自分の欠点・弱点を知っているから
  4. 自信がないので、常に自分より優秀な人が気になる
  5. 自信がないから、努力をする

真面目でキュートな働く女性

ただし――「自信」をゴミ箱に捨ててしまうのはおすすめしません。必要なときもあるのです。

「自信」が必要なときとは?

もしも「自信」がどこにもなければ、前例のない新しい物事に挑戦するのは難しいでしょう。たとえば、やるべき根拠を示すのは難しいけれど、「やってみたい」という強い意志がある場合です。こんなとき、根拠のない自信をもてないと、価値ある挑戦を逃してしまうかもしれません。

また、社会心理学者のロイ・バウマイスター氏らが「Psychological Science in the Public Interest」で2003年に発表した論文では、「高い自尊心はより大きな幸せにつながる可能性がある」と示しています。自尊心が低すぎると、精神的な病につながるリスクが高いからです(※自尊心は自分が有能であると考える「自信」と、自分に価値があると考える「自尊」で成り立つ)

上記の論文には、「高い自尊心がすぐれたタスクパフォ​​ーマンスを引き起こす証拠は見つからない」「高い自尊心がよい成績につながる証拠がない」といったマイナス面も多く示されていますが、快感情においては、高い自尊心がプラスに働くようです。

一歩前に進めない、くじけそうなときなどには、うまく心のどこかに隠れている「自信」を役立てられるといいですね。その際には、「私ならきっとできる」とつぶやき、自分に暗示をかけてみることをおすすめします。

***
「自信がない人」が「自信たっぷりな人」よりも成功できる5つの理由を紹介しました。もう、自信がないから自分はできない人間だ、なんて思わないでくださいな。

(参考)
ダ・ヴィンチニュース|能力が低い人ほど自信たっぷりな理由、それは…  
PHP研究所|自信がない人は一流になれる 
トマス・チャモロ-プリミュージク 著, 桜田直美 訳(2015),『自信がない人は一流になれる』, PHP研究所.  
SAGE Journals|Does High Self-Esteem Cause Better Performance, Interpersonal Success, Happiness, or Healthier Lifestyles? 
Wikipedia|ダニング=クルーガー効果  
Wikipedia|自尊心 

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら