「説明できない」は「理解していない」と同じ。理解が圧倒的に深まる3大法則。

「頭の中では分かっているつもりなのに、いざ人に説明したり言語化したりしようとすると、うまくできないことが多々ある……」

それは、あなた自身がしっかりと理解していないせいかもしれません。理解の深め方と、説明のコツを紹介します。

「理解」とはなにか

何かを記憶するということは、新しい脳の神経細胞群が形成されるということだそう。大規模な神経回路の組みなおしが必要なのだとか。

それが行われるためには、見たり読んだり聞いたりしたことを、喋ったり書いたり、誰かに説明したりと、インプットとアウトプットをくり返すことが必要です。つまり、大規模な神経回路の組みなおしが行われ、しっかりと記憶できた時点で、しっかりと理解できているともいえるわけです。

もちろん、しっかり記憶していないことを、上手に説明することは不可能です。したがって、「うまく説明できない」は「理解していない」と一緒ということなのです。

アインシュタインの名言

現代物理学の父とも呼ばれる理論物理学者 アルベルト・アインシュタインは、こんな言葉を残しています。

『6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない』

6才の子供の脳重量の平均は、成人の約90%に達しているのだとか。したがって、子供の脳は新品で最新型のハードディスク。まだ知識が入っていないだけで、学習する機能も能力も十分にあります。「どうせ子供だから分からない」は見当違いだということ。

しかし、予備知識が全くないこどもに何かを説明するには、彼らが理解できるよう、かみ砕いてあげる必要があります。自分自身がしっかりと理解していなければ、できないことですよね。

講演家・ビジネス作家としても活躍する実業家の臼井由妃さんいわく、「難しい言葉や考え方を、相手の概念に置き換えられる人は、説明がうまい」とのこと。

アインシュタインの言葉が示すことは、あらゆる場面に通じるわけです。では、物事に対する理解を深め、うまく説明できるようになるためには、どうしたらいいでしょう。

理解を深め、説明できるようになる方法1:想像しまくる

アインシュタインは相対性理論について質問した子供に対し、「もし君が、きれいな女の子と1時間並んで坐っていたとすれば、その1時間は1分のように思えるでしょう。しかし、もし熱いストーブのそばに1分間坐っていたら、その1分間は1時間のように感じるでしょう。これが相対性です」と説明したのだとか。

相手の概念に置き換えるには、その人物に合ったうまい「例え」が必要です。そして、それには想像力が必要だといえます。

想像力が豊かになれば、例えが上手になるだけではなく、あらゆる物事について、その先のことを予測したり、その背後に隠れているものを探ったりすることができるようになります。つまり、想像力の豊かさは、「物事を理解する力」と「説明する力」になるということです。

想像力を豊かにする習慣としては、「読書」と「ラジオ鑑賞」がおすすめです。文字だけ、あるいは音だけの世界で、ビジュアルを頭に思い描き、感情や状況を想像する行為が、いいトレーニングになるでしょう。語彙力も高まるので、言葉の表現力も養われるはずです。

理解を深め、説明できるようになる方法2:余分を省く

臼井由妃さんは過去の失敗から、何かを説明するときは、余計なことを省くよう心掛けているそう。つい話すことに夢中になってしまうと、余すところなく伝えようと必死になり、説明が過剰になって、何を言いたいのか分かりにくくなるうえ、相手を退屈させてしまうからです。そうならないためにも――

・誰に ・何を ・どこまで ・何のために ・どう説明するか

――という5つをおさえておくといいそう。肝心な部分を外さず、過剰な説明にもならず、時間も短縮できるとのこと。

たとえば、「さっきの部長の話、理解できた?」と同僚に聞かれたら、何でもかんでも1から10まで説明するのではなく、相手が単に“分かりにくい話だった”という気持ちを共感したいだけなのか、それとも、理解することを必要としている人なのかを見極め、どこまで、どう説明するか決めます。

前者ならば、「一応、理解できた気がする」とだけ伝えて次の返答を待ち、後者ならば要約して「つまり、〇〇の場合は、〇〇ということじゃないかな」と伝え、あるいは、その事柄において不可欠な人物であれば、細かく説明するといった具合です。

余分を省いて、きちんと理解し、きちんと伝えるコツをつかめるように、本や映画のレビューをたくさん書いてみることをおすすめします。

インプットした本や映画のレビューを書いているうち、熱を入れすぎて全くまとまらず大変な作業になり、疲れてしまったことはありませんか? それは、インプットしたものが整理されておらず、余分な情報をアウトプットしすぎているせいです。

たとえば本を読むとき、映画を鑑賞するとき、後に時間をかけず分かりやすいレビューを書こうという意識を持つことにより、その内容をきちんと受け取るための論理的な思考が働いてくれます。余分を省くクセがつき、理解も説明もスムーズになるでしょう。

理解を深め、説明できるようになる方法3:逆から攻める

家具やカーテンなど家の中で使うものを、ファッションのようにコーディネートするという考え方が欧米で生まれたばかりの1990年代、日本のホームファブリックスデザイナーは、自分の職業をうまく説明するのが困難でした。実は筆者もそのひとり。

「カーテンとか、クッションとか、ベッドリネンとか、カーペットやラグ、スリッパに、ルームウエアとか、あとソファーカバー、キッチンクロスなんかも、トータルでコーディネートできるようにデザインします。まあ、繊維製品なら何でもOKなんですけどね」という長たらしい説明を聞く相手も、何だか退屈そうでした。

ところが、そのうち自分も面倒になって、「家をひっくり返したら落ちてくる布製品の、洋服以外すべてを、コーディネートできるようデザインしています」と説明するように。すると、相手の理解度が高まり、反応も良好になったのです。

つまり、自分が関わらないものを先に持ち上げてみたら、むしろ要点が浮き上がってきたわけです。

たとえばあなたが、会議を欠席する上司に、「あとで要点だけを説明してほしい」といわれた場合。会議が長くて規模が大きいほど、概要を把握し説明するのは大変です。

そんなときは、逆から攻めてみてはいかがでしょう。まず、会議のメモから上司に説明しなくていい内容を先にピックアップしてしまうのです。そうすることで必要な内容が浮き上がり、グンとまとめやすくなるはず。

「会議の内容は直接関係しない〇〇の件が7割でした。うちの部署が担当する〇〇に関して意見が交わされたのは短い時間でしたが、昨年と同じ方針で進める見通しはほぼ確実だと思われます」などと概要を伝え、相手の反応を見ながら事細かく説明していくといった具合です。

視点を変えることで、全体像と概要をつかむことができ、説明しやすくなるはずです。

*** 理解を深め、説明できるようになる方法3つを紹介しました。

1:想像しまくる 2:余分を省く 3:逆から攻めてみる

こちら「『6才児に説明できなければ、理解したとはいえない byアインシュタイン』を科学的に検証してみた」にも、説明できないのは理解していないのと一緒だということについて掘り下げています。ぜひ一緒にご覧ください。

(参考) 公益社団法人日本生化学会|学習・記憶の細胞基盤:シナプス・アンサンブル NIKKEI STYLE|出世ナビ|「説明上手」な人が守っている5つのポイントとは? Study Hacker|『6才児に説明できなければ、理解したとはいえない byアインシュタイン』を科学的に検証してみた

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら