私たちは1日に “3万5,000回” も決断している。「決断疲れ」を防ぐにはどうすればいいのか?

決断疲れ01

グレーのTシャツ。黒いパーカー。この服装は、Facebook創設者のマーク・ザッカーバーグ氏のトレードマークです。Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏も、製品発表のときにはいつもお決まりの服を着ていました。元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏は、グレーか青のスーツしか着なかったそう。

なぜ、彼らは同じ服装を貫いているのでしょうか? じつはそこには、仕事で高いパフォーマンスを発揮するための大きな理由があるのです。

仕事のミスが減らない。アイデアが湧いてもどれが適当か選べない。資料の取捨選択に時間がかかる……。こういった仕事の悩みは、あなたの能力やセンスの問題ではなく、知らないうちに蓄積された「決断疲れ」からきているのかもしれませんよ。

今回は、あなたのパフォーマンスのかせになる「決断疲れ」とその対応策について紹介します。

1日に3万5,000回も決断する私たち

「今日は何を食べよう」
「どんな服を着よう」
「何時発の電車に乗ろう」
「この人にどんな言葉をかけよう」

私たちは、1日のうちにたくさんの決断をしています。ケンブリッジ大学のBarbara Sahakian教授の研究によると、人は1日に最大3万5,000回の決断をしているそう。

3万5,000回といわれても、いまいち現実味が湧きませんよね。しかし私たちは、日常のなかで無意識に数多くの決断を下しているのです。いくつかの研究結果をご紹介しましょう。

  • 人が1日に使用する単語の数は、無意識に取捨選択された約1万6,000語(アリゾナ大学とテキサス大学の合同研究)
  • 食べるもの・場所といった食事に関する事柄だけでも、人間は1日に2,267回の決断をしている(コーネル大学のJeffery Sobal教授らの調査)
  • 車を1マイル(1.7km)運転するにつき、200を超える決断をしている(米国労働安全衛生局の報告)

Sahakian氏によると、私たちは、言語食事交通といった事柄だけでも、1日で平均2万回以上も選択をしているそうです。これに、歩く・座るといった、体をどう動かすかについての決断や、会社や自宅で行なっている決断まで全て含めると、3万5,000回に及ぶというのです。

決断疲れ02

「決断疲れ」がパフォーマンスを低下させる

情報を整理・比較・検討し、ようやく決断に行きつく……。この処理が1日に3万5,000回も脳内で行なわれているのであれば、消耗するのは当たり前ですよね。

身体を動かし続けていると疲労するのと同じように、決断を続けていると脳が疲労し、徐々に決断の質が低下していきます。この現象が「決断疲れ」です。

「決断疲れ」の調査で有名なのは、心理学者のジョナサン・レバーブ氏とシャイ・ダンジガー氏が行なったもの。両氏は、刑務所の判事の「決断疲れ」について調査しました。その結果、なんと午前中から1日の終わりに向かって、衝動的な決断が多くなり、決断の先送りも増えるということがわかったのです。

同調査では、肉体的な疲労と違って「決断疲れ」は自覚するのが難しいということも明らかになっています。

レバーブ氏によれば、衝動買いも「決断疲れ」が引き起こす現象なのだそう。スーパーやコンビニで買い物をする際、私たちは多くの決断をし、無意識のうちに「決断疲れ」に陥っています。そのタイミングで目に入るのが、レジ近くにあるホットスナックやお菓子といった商品。つい、買い物カゴに入れてしまったことがある方は、多いのではないでしょうか。「衝動的な決断をしやすいタイミングで、ついでに買うにはちょうどいい商品が目に入る」という戦略をとっているのですね。

決断疲れ03

「決断疲れ」の対策法

しかし、いくら脳が「決断疲れ」に苛まれようとも、仕事はしなければなりませんし、「決断疲れ」で間違った選択をしてしまったら大変です。そこでここからは、「決断疲れ」に左右されず、いつでも良いパフォーマンスを発揮するための対策をご紹介しましょう。

糖分を補給する

フロリダ州立大学の社会心理学者ロイ・バウマイスター氏の研究によると、グルコース(糖分)を補給すると、決断力が復活するそうです。脳は体と同様、糖分からエネルギーを得ています。そのため、糖分が不足するとエネルギーがなくなり、より衝動的に物事を判断してしまうのだとか。「疲れてきたな」と感じ始めたら、積極的に糖分を補給してみましょう。

ただし、糖分なら何でもいいというわけではありません。

炭水化物やスナック菓子、ファストフードといった食品は、短時間で糖分に変化するので、血糖値を急激に上昇させます。血糖値に急激な変化があると、脳は、糖分をうまくエネルギーに変換できなくなってしまいます。

効果的に「決断疲れ」から回復するには、野菜ナッツ類生の果物チーズなどの、短時間で糖分に変化しない「低血糖食」と呼ばれる食べ物を選びましょう。即効性はなくとも、きちんと脳のエネルギーに変換されます。休憩中に小腹が空いたな、と思ったときに、チョコレートではなくナッツやチーズを選んでみるだけでも効果的ですよ。

決断疲れ04

ルールを決める

冒頭で紹介した、一流が同じ服装を選ぶ理由は、じつはここにあるのです。マーク・ザッカーバーグ氏は、いつも同じ服装をしている理由について尋ねられたとき、以下のように答えています。

できるだけ決断の数を少なくしたい。朝食に何を食べるかとか、どんな服を着るかとかいう小さい決断は、エネルギーを消費する。

(引用元:HUFFPOST|Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ、「なぜ毎日同じTシャツを着ているのか」に答える

ザッカーバーグ氏が「決断疲れ」を意識していることがわかりますね。じつは、オバマ氏も同様に、同じスーツを着る理由について「決断の回数を減らすため」ということを公言していました。一流と呼ばれる人たちほど、「決断疲れ」を軽減する努力をしているのですね。

皆さんも彼らのように、日常や仕事で行なうことにルールを作り、決断する回数を減らしてみてはいかがでしょうか。たとえば、メールはすべて午前中に処理する・朝食はシリアル・ジムは火曜と木曜……。といった具合に、小さなことでもかまいません。

ルール通りの生活を送るのが難しいという場合は、選択肢を絞り込んでおくだけでも効果的です。コロンビア大学経営大学院のシーナ・アイエンガー教授によると、人間は選択肢の数が多いと、それだけ決断に使う脳のエネルギーも大きくなるのだそう。

たとえば、「ランチはいつもこの3つの店のどれかへ行く」「困ったときは、AさんかBさんかCさんに頼る」というように、選択肢を絞っておくだけでも、決断に費やすエネルギーを節約することができますよ。

決断疲れ05

作業場所を変える

前述のレバーブ氏と、メルボルン大学准教授のニコール・ミード氏は、共同で以下のような実験を行ないました。

【実験内容】
2つのグループが、同じ部屋で大量の選択作業をする。その後、1つのグループはそのまま同じ部屋で、もう1つのグループは部屋を移動してから、新たな選択作業をする。

【結果】
別部屋に移動したグループは、前の作業からの疲労をひきずらずに、高いエネルギーレベルで次の作業を始めた。一方、同じ部屋にいたグループは、明らかに決断疲れが見られた。

これにより、場所を変えることも「決断疲れ」からの回復に効果があることが明らかになりました。実験によれば、それほど大きく環境を変えなくても、違う場所であるというだけで効果があるそう。

仕事をするうえで決定を下さなければいけないとき、同じオフィスの中でも一度場所を移動してみてはいかがでしょう。いつものデスクから、ミーティングルームへ移動するだけでも効果がありますよ。外出の予定があれば、そのときまで決断はとっておいてもいいかもしれませんね。

***
大切なのは、自分にとって何が大切な決断なのか、その軸を持つことです。ザッカーバーグ氏やジョブズ氏にとっては、服装は大切ではなかったというだけのこと。もしあなたにとって服装が大切なら、大いに迷って、考えて、決断してください。自分にとって大切な決断のために力を注げるよう、この記事で紹介した方法を役立ててみてくださいね。 

(参考)
ROBERTS WESLEYAN COLLEGE|35,000 Decisions: The Great Choices of Strategic Leaders
DuPont Sustainable Solutions|The Impact of the Subconscious on Risk-Based Decision Making
The New York Times Magazine|Do You Suffer From Decision Fatigue?
NIKKEI STYLE|衝動買いも予算オーバーも 「決断疲れ」が原因?
NIKKEI STYLE|買い物で「決断疲れ」感じたら… 消費者の賢い対処法
HUFFPOST|Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ、「なぜ毎日同じTシャツを着ているのか」に答える
シーナ・アイエンガー著 ,櫻井祐子訳(2010),『選択の科学』, 文藝春秋.

【ライタープロフィール】
月島修平
早稲田大学文化構想学部卒。大学時代は映画や演劇をはじめとした表現の研究を行った。好きなものは路地裏、螺旋階段、筋肉少女帯、BiSH、丸尾末広、鴨居玲、フェリーニ。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら