「繊細すぎて疲れている人」の脳に「音楽」がとてもいい理由

自然な景色を眺めながら音楽を聴く女性

繊細で敏感な人にとって、この世のなかはどこもかしこも刺激だらけ。絶え間ない刺激のせいでいつもぐったり疲れていますが、音楽との相性はとてもいいそうです。 音楽は、ストレスのない社交活動を実現し、癒やしを与えてくれるのだとか。今回は、いつもぐったりと疲れている「繊細で敏感な人」と「音楽」とのいい関係について紹介しましょう。

疲れやすく傷つきやすい人とは?

ビジネスパーソンの疲れの原因として多いのは、休みなく働きづめることや、寝不足、人間関係など。そのほか、「朝食を抜く」「炭水化物ばかり食べる」「甘いものばかり摂取する」といった、血糖値を急上昇・急降下させる行為も疲れやすさの原因になるそうです(管理栄養士の岡田明子氏より)。

そうした原因が思い当たらないのに疲れが激しいなら、あなたはきっと「とても繊細で敏感な人」です。この気質をもつ人はアメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン博士によって概念化されており、「HSP:Highly Sensitive Person(非常に敏感な人)」と呼ばれています。

生まれつき感受性が強く敏感で、周囲からの刺激を過度に受けるため、非常に傷つきやすく疲れやすいのだとか。また、ストレスを処理する脳の領域「扁桃体」が活発なので、不安や恐怖を感じ取りやすいそうです。しかし、そのぶん共感力・直観力・想像力に長けているとのこと。

明るさ、音、味、におい、痛み、雰囲気、変化、人の考えなど、あらゆる刺激を細かくキャッチするHSPには、非HSPの100〜1,000倍もの情報が入り込んでくるそう。疲れるのも当然ですね。

ちなみに、本来のHSPは内向型ですが、HSPのなかには外向型に見える「HSS:High Sensation Seeking(刺激探求型))」も存在します。HSS型HSPは、本来のHSPが、非HSPの多い世間になじもうとした結果とのこと。つまり、どちらも根本は傷つきやすく疲れやすいのです。

家で物思いにふける女性

「いつもぐったり疲れている人」と「音楽」

では、そんな「いつもぐったり疲れているHSP」と「音楽」がいい関係なのはなぜか?――それは、HSPのミラーニューロン・システムが非常に活発であるからです。

脳科学コンサルタントの萩原一平氏よれば、他人が運動をしていると、ただ見ているだけのあなたの脳も、運動をつかさどる部位にある「ミラーニューロン」という神経細胞群が反応するそう。笑っている人を見ると、自分も笑っているかのように楽しくなるのも、ミラーニューロンの働きだと考えられています。

脳の働きによって相手と同じ経験を獲得し、相手の気持ちを理解するわけです。 つまりミラーニューロン・システムとは、相手の立場になる能力――「共感力」を支える脳システムのこと。先述のとおり、共感力の高さはHSPの特徴でもあります。

『Sense and Sensitivity: How Highly Sensitive People Are Wired for Wonder』の著者であるデボラ・ワード氏によれば、共感力の高い人々が音楽を聴くと、社会的処理の領域である脳の前頭前皮質に、より大きな刺激をつくり出すそうです。また、脳の側頭頭頂領域でも活動を示すそう。この領域は、通常であれば他人と交流する際に刺激される領域なのだとか。つまり、共感力の高いHSPは、音楽で社会的な活動を体験することができるわけです。

ハーバード大学の教授で精神科医ロバート・ウォールディンガー氏いわく、「社会的つながりは健康と幸福に不可欠」とのこと。人とのつながりはストレスの原因になる一方で、人を幸せにするものでもあるわけです。誰かと共感し合えたとき、心地よくなるのがその証拠でしょう。

しかし、繊細で敏感なHSPは、リアルな社交の場で起こった些細なことや、感じ取った変化・空気ですぐに傷つき、疲れてしまいます。もちろん自ら刺激を求めてしまうHSS型HSPも同じこと。 その点、音楽鑑賞は「傷つき疲れるリスクがない社会的な脳活動」であり、「心地よさを得る(疲れを癒やす)手段でもあるということです。 

音楽が脳に作用している脳のイラスト

自分専用の「音楽」をつくろう

「いつもぐったり疲れている人」と「音楽」のいい関係がわかりました。では、具体的に、どう音楽といい関係を結んでいけばいいでしょう。

先端脳科学を研究する精神科医の久賀谷亮氏によると、長年うつ病に苦しめられていた人が「自分の気分に合わせた曲」を聴いた際に、大きな効果が生まれたそうです。たとえば、イライラしたときはこの音楽リスト、落ち込んだときはこの音楽リスト、といった具合です。

同氏は、現代社会における疲れの原因はずばり「脳」にあると明言します。もしも音楽でよい気分がもたらされたら、脳の負荷を減らすことができるとのこと。鋭敏な感覚をもつ「とても繊細で敏感な人」なら、なおさらその効果が高いはず。

ジャンル関係なくその時点の「あなたの気分に合った音楽」を、その時々に「あなたが心地よくなる音楽」を、どんどんピックアップしていきましょう!

***
「いつもぐったり疲れている人」と「音楽」のいい関係、いい関係の結び方を紹介しました。あなた専用の音楽リストで、うまく疲れが癒やされるといいですね。

(参考)
ダイヤモンド・オンライン|疲れやすい人の食事3つの問題点、ご褒美スイーツはNG! 
エル・ガール オンライン|心に効く音楽をもっておく|疲れの原因は“脳”にあるかも!? 精神科医がすすめる「脳疲労」を改善する方法 
Psychology Today|Why Sensitive People Need Music  
STUDY HACKER|「周囲に敏感すぎて苦しい人」がしてはいけない5つのこと。もっと自分を優先してもいい 
STUDY HACKER|好奇心旺盛だけど傷つきやすい、刺激を求めるけど疲れやすい――矛盾だらけの「HSS」がラクになるコツ  
PR TIMES|HSPの提唱者アーロン博士のドキュメンタリー映画「Sensitive: The Untold Story」9月16日祝 東京・渋谷にて上映|株式会社クミシュランのプレスリリース  
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー|脳の「ミラーニューロン」がおもてなしの成功を左右する

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら