脳が疲れている人は体を全然動かせていない。“いつも本気の脳” を休ませる本当に正しい方法。

実は体が怠け者で脳は働き者-01

集中力を維持できないときや、やる気が起きないときなどに、「脳はすぐ飽きるから」「脳は怠け者だから」などと決めつけてはいませんか? けれど、集中できなかったりやる気が起きなかったりする理由は、じつは「体」のほうが怠けているからなのかもしれません。「体が怠けている」ことに関する真相と、「より良く体を動かす」べき理由を詳しく説明します。

「体」はいつでも省エネルギー

生物学全般の学術雑誌『Current Biology(Cell Press)』に2015年9月10日付で公開されたサイモン・フレイザー大学(カナダ)の研究調査によると、人間は歩行中に、リアルタイムで省エネルギー化を実現しているそうです。体を動かす量や強さを積極的に減らしているのだとか。

人間だって動物です。野生の環境が「周囲に危険な野生動物がウロウロしていて逃げる必要がある」「その日に食べるものを探し歩く必要がある」ということを踏まえれば、私たち人間の体が、余分なエネルギーロスを極力減らして体力を温存する(怠ける)仕組みになっているのも納得できますよね。

しかし現代は、座り仕事が増え、狩猟・採集をしなくても食べものを入手でき、水を汲むのに川や井戸に行く必要がない時代。体がもともと省エネルギーであることに加え、体を動かす必要性そのものも減っているのです。これでは、体はますます「怠け者」になってしまいますね。

実は体が怠け者で脳は働き者-02

「脳」を使うと、より「体」が怠け者に?

「怠け」についての脳と体の関係を示す興味深い研究があります。アメリカのフロリダ・ガルフ・コースト大学とアパラチア州立大学は、日常生活における「思考」と「身体活動」の関係を調査しました。考えることが好きな「思想家」30人と、考えることが苦手な「非思想家」30人の手首に加速度計をつけ、1週間にわたり身体活動レベル(どのぐらいの強さで体を動かしているか)を測定したのだそう。測定の結果、日常的によく考える人(思想家)は、考えることが苦手な人(非思想家)よりも、身体活動レベルがはるかに低いことがわかりました。

しかし、体をあまり動かさないと、脳にマイナスの影響が及ぶといいますよね。多くの専門家は、運動したり活動的に過ごしたりすることが、脳によい変化をもたらすと主張しています。

そのため、前出の研究者らは、あまり体を動かさない思想家には、意識的に体を動かすことが必要だと述べています。

実は体が怠け者で脳は働き者-03

「脳」はいつもやる気に満ちている?

一方で、東北大学加齢医学研究所教授の瀧靖之氏は、思うように意欲や集中力をコントロールできなかったとしても、脳が怠け者だというわけではないと説明します。瀧氏いわく、脳はやる気に満ちているとのこと。

なぜなら、生まれたときから脳は、新たな情報・知識・感覚・技術の獲得を求めているから。子どもの脳は、大人の2倍もエネルギーを要するのだそうです。

たとえば、何時間でも集中できる「趣味」と、すぐに集中力が途切れる「テスト勉強」が目の前にあれば、脳は間違いなく「趣味」を選ぶでしょう。しかし、楽しそうなほうを選んでしまう傾向は、「怠惰」というわけではありません。脳にとって趣味や遊びは、意欲満々に取り組む勉強と同じものなのです。

実は体が怠け者で脳は働き者-04

なぜ体を動かすべきなのか?

先述のとおり、脳は意欲満々で、だからこそ脳疲労を起こしやすいともいえます。東京疲労・睡眠クリニックの梶本修身先生によると、過度に集中した状態は、自律神経の中枢を疲れさせ、脳疲労の原因となるのだそう。

脳疲労は、脳の前頭前野の血流を悪くするため集中力やモチベーションの低下につながるといいます。集中力・やる気の低下を防ぐには、働き者の脳を意識的に休ませる必要があるのです。

脳疲労を防ぐにあたって注目したいのが、フロリダ・ガルフ・コースト大学の研究者らの言葉。研究者たちは、考えることが苦手な人(非思想家)は、できるだけ体を動かして、頭を使わないようにしていると推測しました。つまり、体を動かすことで必然的に脳が休まるともいえるわけです。

それに、脳科学者のウェンディ・スズキ氏は、運動習慣が新しい脳細胞をつくり出し、長期記憶を改善すると伝えています。注意力や集中力も高まるとのこと。体を動かして悪いことはないのです。

意識的に体を動かし、働き者の脳を休ませてあげましょう

「体」が怠け者で「脳」は働き者-05

「より良く」自分を動かすコツ

デスクワークの多いあなたが、意識的に「より良く」自分を動かすコツは以下の4つ。

  • 毎日10分程度の運動を習慣にする
  • 集中力が途切れたら席を立つ
  • 遠回りして歩き回る
  • 休憩時は「丁寧に」行動する

10分程度の運動は、独自の体操でも、YouTubeなどで公開されている10分トレーニングでも、階段を上り下りするだけでもかまいません。10分間だけならば、お昼休みや仕事の合間の休憩でも可能ではないでしょうか。

また、集中力が途切れたら、迷わず仕事を中断して席を立ち、1分もかからないトイレにも、わざと遠回りして行きましょう。

加えて、休憩の際にはあえて時短を避け、丁寧にコーヒーや紅茶、ハーブティを淹れるなど “時間をかけて” 飲み物を用意し、同僚と立ち話でもしながら味わって飲むといった、休憩と活動のミックスもおすすめです。脳の緊張が解かれ、リラックスできるはずですよ。

***
「より良く」自分を動かして、上手に「脳」と「体」をコントロールしてくださいね。

(参考)
脳リハ.com|エネルギーコストと脳科学 
Current Biology|Humans Can Continuously Optimize Energetic Cost during Walking 
SAGE Journals|The physical sacrifice of thinking: Investigating the relationship between thinking and physical activity in everyday life - Todd McElroy, David L Dickinson, Nathan Stroh, Christopher A Dickinson, 2016 
Research Digest|Are brainy people lazy? “Need For Cognition” correlates with less physical activity  
TED Talk|ウェンディー・スズキ: 脳に良い変化をもたらす運動の効果
STUDY HACKER|脳疲労を1分で回復! 「閉眼安静」 で集中力を取り戻す方法とは
瀧靖之(2017),『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「脳を本気」にさせる究極の勉強法』, 文響社.
フォルカー・キッツ著, 畔上司訳(2014),『敏腕ロビイストが駆使する 人を意のままに動かす心理学』, CCCメディアハウス. 

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら