「真剣に話を聞き、遠慮せず○○する」問題解決の最強メソッド、ここにあり!

赤羽雄二さんインタビュー「アクティブリスニングの実践法」01

「問題を解決する」ためにはどんな方法が効果的でしょうか。かつて世界的コンサルティング企業、マッキンゼーで活躍し、ベストセラー『ゼロ秒思考』(ダイヤモンド社)の著者としても知られる赤羽雄二(あかば・ゆうじ)さんは、自身が提唱する「アクティブリスニング」によって多くの問題を解決できると言います。なぜそうできるのか、アクティブリスニングの実践法とともに教えてもらいました。

構成/岩川悟 取材・文/清家茂樹 写真/石塚雅人(インタビューカット)

きちんと話を聞いたうえで、相手にあまり遠慮せず質問する

問題を解決するためのアプローチにはいくつかありますが、そのひとつが私の提唱するアクティブリスニングです。具体的には、相手に関心をもち、真剣に話を聞きながら、疑問点があったらあまり遠慮せずに質問することです。

当たり前に聞こえますが、「相手に関心をもち、真剣に話を聞く」とは、どんな態度で聞くことを示すのでしょうか?

きちんと相手の話を聞くという場合、たとえば「傾聴」や「拝聴」といった言葉も使われます。でも、これらは、「目上の人に対してかしこまった態度で話を聞かせていただく。質問などもってのほか」というニュアンスが強いものです。

一方、アクティブリスニングでは姿勢がかなり異なります。真剣に話を聞いているうちに浮かんだ疑問点を、相手にあまり遠慮することなく、質問します。丁寧であれば失礼なことではありません。実際、多くの人は、真剣に話を聞いてもらい、その内容を十分ふまえた質問をされることを嬉しく思います。結果として、話が弾み、質問の答えどころか、こちらが想定もしていなかったこと、あるいは相手が意識していなかったことまでもが引き出され、深い会話になります

赤羽雄二さんインタビュー「アクティブリスニングの実践法」02

アクティブリスニングがもたらす3つのメリット

このアクティブリスニングには、大きく3つのメリットがあります。

アクティブリスニングのメリット

  1. 相手に信頼される
  2. 問題の本質・構造がわかる
  3. 問題を解決できる

1つめは、相手に信頼されるということ。自分の話をしっかり聞いて、かつ興味をもって質問してくれる相手に対して、どう思われるでしょうか。「この人は私のことをわかろうとしてくれている」と感じるでしょう。自分をわかろうとし、真剣に話を聞いてくれる人を嫌うことはあまりありません。そういう状況が続いているうちに、好感をもち、信頼感が高まるのが自然な気持ちだろうと思います。

アクティブリスニングの2つめのメリットは、問題の本質・構造がわかるようになることです。相手の話を真剣に聞き、疑問点があったらあまり遠慮せずに質問することで、だんだん問題の全体像が見えてきます。そして、疑問点が解消し、問題の本質・構造が浮かび上がってきます。ただ、あまりにも何も知らないと、事情を理解することやそこでの問題の本質・構造を把握することができませんので、普段から何事にも好奇心をもち、Googleアラートなどを活用して適切に情報収集しておくことが必要です。

3つめのメリットは問題を解決できることです。問題の本質や構造がわかると、「だったら、こうすればいいんじゃないか」と、解決法が浮かぶようになります。こちらはかなり勉強して、引き出しを多くつくっておくことが必要です。

赤羽雄二さんインタビュー「アクティブリスニングの実践法」03

特にリーダーに有効なアクティブリスニング

アクティブリスニングは決して難しくはないのですが、「なんとなく話を聞いて、なんとなく質問をする」人が多いようです。これはたいへんもったいないこと。せっかくの機会を生かせないからです。

アクティブリスニングは、すべての人にとって力を発揮してくれるものですが、特にリーダーの立場にある人には大いに役立ってくれます。というのも、多くの部下はリーダーに対して遠慮し、萎縮しており、意見を言いづらいからです。

リーダーは仕事柄、部下にあれこれと指示を出します。しかし、部下のほうが現場のことをよく知っている場合も多くあります。部下は「いまの指示はちょっと見当違いなんだけどなあ」などと思いながらも、なかなか言い出せません。下手に言うと、「いいからやれ!」「つべこべ言わずにやれ!」「おまえの話なんか聞いてないんだよ」と言われて嫌な気分になるのがおちだからです。当然、こういう組織がしっかり成果を挙げることなどできません。

そうならないために、リーダーは部下を下に見るのではなく、徹底的に、真剣に話を聞き、現場や組織の本質的な課題を把握する必要があります。「自分は部下の話をきちんと聞いてやるいい上司だ」といった自己満足に陥っている上司が多いので、心したいところです。

赤羽雄二さんインタビュー「アクティブリスニングの実践法」04

【赤羽雄二さん ほかのインタビュー記事はこちら】
「1ページ1分のメモ」で、苦手で腹が立つ “あの人” との関係がよくなるワケ
テクニックに走るのはNG。「いい質問」をするための、きわめてシンプルなルール

自己満足ではない「徹底的に聞く」技術

自己満足ではない「徹底的に聞く」技術

  • 作者:赤羽雄二
  • 発売日: 2020/08/29
  • メディア: Kindle版
 

【プロフィール】
赤羽雄二(あかば・ゆうじ)
ブレークスルーパートナーズ株式会社 マネージングディレクター。東大工学部卒業後、コマツにてダンプトラックの開発に携わる。スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼー入社。ソウルオフィスをゼロから立ち上げるなど、14年間活躍。その後、ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業し、ベンチャー経営支援、大企業の経営改革、幹部育成、新事業創出に取り組む。韓国、シンガポール、インド、ベトナムなどの企業を支援。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』『変化できる人』など国内21冊、海外21冊。合計95万部超。内外での講演多数。東京大学、早稲田大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学講師。
著書一覧講演一覧オンラインサロン

【ライタープロフィール】
清家茂樹(せいけ・しげき)
1975年生まれ、愛媛県出身。出版社勤務を経て2012年に独立し、編集プロダクション・株式会社ESSを設立。ジャンルを問わずさまざまな雑誌・書籍の編集に携わる。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら