インタビュー

頭が良くなる音楽はモーツァルトではなく「ヘヴィメタル」だった!? 脳科学からいえるこれだけの理由

「クラシックを聴くと頭が良くなる」。そんな意見を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、脳科学者の中野信子さんは、一般的にマイナスのイメージを持たれる「ヘヴィメタル」(以下、メタル)を聴くほうが、むしろ頭は良くなる可能性があ…

【法人様ご導入事例】90日の「時短」英語研修。科学的トレーニングで英語人材をスピード育成!

「第二言語習得研究」の知見をベースにした、本格的な指導を行い多くの実績をあげたことで、パーソナルスタイルでの短期集中型英語コーチングのムーブメントを引き起こしたStudyHacker ENGLISH COMPANY。 今回は、ENGLISH COMPANYの法人向け英語研修を導入さ…

悩みが少ない人に共通する「鈍感力」。イヤなことを “さらっと受け流す” には大事なコツがある。

悩みとひとことでいっても、その内容は人によってさまざまです。なかには、「悩みが多いことが悩み」という禅問答のような悩みを抱えている人もいるかもしれません。 そんな人に向けてアドバイスをくれたのは、「目標実現の専門家」であるメンタルコーチの大…

「やる気が出ない」は1枚の紙で解消可能。“9つの過去” を書き出すだけで行動力がみなぎるワケ。

やる気を出すには過去に注目する――。そのメソッドを教えてくれたのは、「目標実現の専門家」である、メンタルコーチの大平信孝(おおひら・のぶたか)さん。現在進行形である目の前のタスクに精力的に取り組むための方法としては少し意外な気もします。いっ…

「10秒アクション」が先延ばし癖解消に効く脳科学的根拠。脳をだませば “行動できる人” になれる!

やるべきことはいくらでもあるのに、ついつい先延ばししてしまう――。仕事でも勉強でもプライベートのことでも、多くの人に経験があることでしょう。とはいえ、長年の間に身に染み付いた行動パターンはなかなか変えられないものです。 そこで今回お話を聞いた…

“ただの作業” は仕事にあらず。仕事が遅い人はそもそも「仕分け」ができていない。

インターネットが浸透し、パソコンやスマホ、タブレットなどの端末が飛躍的に進化したことで、ひとりのビジネスマンがこなすべき仕事量はかつてないほどに増加しています。そのため、仕事の効率化を図ることはあらゆるビジネスマンにとっての最重要課題とい…

一流シェフが “道端の雑草” をみて新メニューを思いつくカラクリ。「発想のスパーク」はどうすれば生まれるのか?

仕事で成果を出すには「勘」「ひらめき」「感情」を重視することが大切――。かつて、ボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成(うちだ・かずなり)先生はそう語ります(『“ロジック頼り” では感動は…

“ロジック頼り” では感動は生まれない。一流が「勘」と「ひらめき」をとても大切にする理由。

アイデアの正当性を裏づけるデータを求められる――ビジネスの場ではよくあることですが、その理由は、ビジネスの現場では「論理的思考」が大切だとされるからです。ところが、かつてボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネ…

英語をイメージでとらえ、英語の語順で読む。速読力が身に付き、90日でTOEIC®も930点に!

2015年の開校以来、たくさんのビジネスパーソンの英語力を伸ばしてきた、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を実践に落とし込み、専門性の高いトレーナーが英語のパーソナルトレーニングを行っ…

1日1時間の時短学習でTOEIC295点アップ。パーソナルトレーナーとの90日の軌跡

あなたの英語力を90日で変える、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。高い専門性をもつ英語学習のプロフェッショナルが、第二言語習得研究の知見に基づく科学的トレーニングで、無駄を省いた効率的な英語学習を実現しています。 今回は、…

やみくもに話しても英語は話せるようにならない。「体系的」な学習が勝負を分ける

社会人になって、必要に迫られて英語学習をはじめる人はたくさんいます。でも、勉強しているのになかなか望むような成果が出なかったり、受験英語の知識も忘れてしまったりして頭を抱えている人も多いはず。英語を話せるようになるには、どのような英語学習…

外資系エリートが「手書きノート」をとても大事にするワケ。

大手外資系企業に勤めるようないわゆる「エリート」というと、スマートにパソコンを使いこなしているようなイメージがあります。でも、そんな人こそ「手書きを大事にしている」のだとか。そう語るのは、フリーライターの太田あやさん。「ノート術」に造詣が…

記憶力が抜群に上がる「東大式ノート術」。蛍光ペンの使い方が普通とは全然ちがった。

将来のステップアップのため、普段の仕事のほかになんらかの勉強をしている社会人はたくさんいます。その勉強に欠かせない作業といえば、「暗記」です。そして、暗記に長けた人というと、東大合格生を思い浮かべる人も多いことでしょう。 東大合格生は暗記の…

「東大生のノート」は普通のノートと何が違うのか? ただ “美しい” だけではなかった。

東大に合格するような優秀な人であれば、ノートの使い方ひとつとってもなにかちがいがあるはず。彼らのノートの使い方を知れば、仕事でも勉強でもより大きな成果を挙げられるのではないでしょうか。 お話を聞いたのは、2008年に上梓した著書『東大合格生のノ…

“答えのない問題” をどう問い続けるか? 目の前の現実を変えるには「7つの知性」が必要だ。

終身雇用制度が崩壊し、日本人の人生モデルは大きく変わった。近い将来、AIに多くの仕事が奪われるかもしれない――。そんな話を多くの人が飽きるほど耳にしていることでしょう。では、これからの時代、われわれは社会人としてどのような力を身につけて生きて…

「深層対話力」が欠けている人は、コミュニケーションの8割を無駄にする。

どんな職業に就いている人でも、上司や先輩に口を酸っぱくして言われることのひとつが「コミュニケーション能力」の重要性ではないでしょうか。ただ、全国から5,000名を超える経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長でもある多摩大学大学院教授の田坂広志…

優秀なのに成長できない “残念な人” が陥るふたつの落とし穴

東京教育大学附属高校(現・筑波大学附属高校)から東京大学に進学し、民間企業や米国シンクタンクを経て、現在は全国から5,000名の経営者やリーダーが集まる「田坂塾」の塾長も務める多摩大学大学院教授の田坂広志(たさか・ひろし)先生。シンクタンク・ソ…

「時間がない」は錯覚に過ぎなかった。1日 “たった10分” の勉強も、積み上がればすごいことになる。

ビジネスパーソンが大学や専門学校に通い直したり、通信教育やオンライン講座を受けたり、書籍を使って独学をしたり——「学び直し」という言葉が最近のトレンドになってきています。 では、実際に学び直しをできている人はどれくらいいるのでしょう。「人生10…

「黒字でも倒産」を経験しかけた元経営者が『学び直し』を激しくすすめる理由。

ビジネスパーソンが大学や専門学校に通い直したり、通信教育やオンライン講座を受けたり、書籍を使って独学したり——「学び直し」という言葉が最近のトレンドになってきています。 では、実際に学び直しをできている人はどれくらいいるのでしょう。「人生100…

部下を成長させるリーダーは会話で「どうしたら」を好んで使う。

個人のビジネススキルがどんなに秀でていても、リーダーとしての資質に欠けていれば、会社組織のなかで高い評価を得ることはできないでしょう。では、いまの時代にはどんなリーダーが求められているのでしょうか。 建設会社の総務経理担当部長を務めながら、…

後回し癖をすっと解消できる「アイスピック仕事術」がすごい。

重要で骨が折れる仕事は、「早くやらなければ」と思いながらもつい後回しにしてしまいがちです。でも、そういった仕事もいつの間にか終わらせることができる方法があるのだそう。 そのテクニックである「アイスピック仕事術」を提唱するのは、建設会社の総務…

通勤時間で「読書PDCA」を回せ。

多忙な毎日を送る社会人にとって、いかに効率的に仕事を進めるかということは、常についてまわる最大の課題といっていいでしょう。仕事ができる、仕事が速い人は、どういうふうに日々の業務をこなしているのでしょうか。 アドバイスをくれたのは石川和男(い…

「怒ってばかりの人」は損だらけ。でも「怒れない人」も絶対に損をしている。

どんなことにもすぐに怒る人もいれば、一方で普通であれば怒るようなことにもまるで怒らない人もいます。対照的な両者ですが、ともに「人生で大きな損をしている」と、怒りと上手に付き合う心理トレーニングである「アンガーマネジメント」の第一人者・安藤…

いつも怒っている “あの人” とうまく関わる心理テク。気分屋上司も「パターン」がわかれば怖くない。

いつ顔を合わせてもイライラしている人が、あなたのまわりにもいるかもしれません。プライベートの世界であれば付き合わなければいいだけですが、会社の人間となるとそうはいきません。そういう人とどう付き合うべきか――。 アドバイスをくれたのは、怒りと上…

怒りの感情と上手に付き合う! 欧米トップ経営者の常識「アンガーマネジメント」入門

「怒る」というのは、大きなエネルギーを消費する行動です。もちろん、怒ることで人間関係がこじれることを心配する人もいるはずですが、きっと多くの人が、なるべく怒ることなく日々を過ごしたいと考えているでしょう。 そこで、怒りをコントロールするメソ…

会社の面倒くさすぎる人を上手にかわす最強武器「ジョーカーの笑顔」

いろいろなことが気になって目の前の仕事に集中できない、つい他人の顔色をうかがって思い切ったチャレンジができない……。「もっと鈍感になれたら」と考えている人に向けて、著書『スルースキル “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法』(ワニブックス)…

なぜ日本人の自己肯定感は低いのか? “謙虚すぎる” と人生は損だらけ。

近年、さまざまなシーンで耳にすることが増えている「自己肯定感」という言葉。自信を持って仕事に臨むことができれば、バリバリと業務をこなし、大きな成果を出すこともできそうです。ただ、染み付いた思考の癖は簡単に変えられるものではありません。 著書…

「やる気が出ない」ことを誰かに相談してはいけない。バレた途端に “悪循環” にはまる。

いまの仕事が面白いと感じているし、将来的な大きな目標もある。でも、なぜかなかなかやる気が出ない……。こんな経験をしている人も少なくないでしょう。こういう状態になると、いくら「やる気を出さなきゃ!」と思っても、なかなかモチベーションは上がりま…

微妙な “15分の空き時間” をどう使うかで仕事の生産性は決まる。

インターネットや携帯電話がなかった時代に比べ、いまの仕事には「質」はもちろん、「スピード」が強く求められるようになってきました。どんなに質が高くても、スピードを伴わない仕事をしていては、顧客が満足してくれることはないでしょう。 限られた時間…

行動力がない人に足りないのは「アドリブ」のスキルだった。

世のなかには、フットワークが軽い人、いわゆる「行動力」にあふれた人がいます。また、行動を維持する力や、行動を起こすモチベーションを高める力も、行動力に含まれるものでしょう。 ビジネスの場において、行動力は大きな武器となります。新商品・新規事…

同じ情報から「1しか得られない人」と「10も得られる人」は何が違うのか?

いま、スマートフォンにはニュースアプリやSNSなどからひっきりなしに新着通知が届きます。メディアに携わる者だけでなく、ありとあらゆる個人が発信者となれる情報過多時代にあって、どのように情報収集すればいいのでしょうか。 新商品・新規事業開発から…

「週1日は “仕事をしない日” をつくる」チャンスを確実にモノにできる人がやっていること。

いい仕事をするには、とにかくがむしゃらに全力で臨む——。それもひとつの考え方でしょう。でも、それだけでは本当に大きな成果につながる仕事はなかなかできない……。そう語るのは、大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント…

仕事の優先順位を「重要度」で決めたがる人が陥るワナ。

限られた時間をどう使えば効率的に仕事をこなせるのか——。ビジネスパーソンにとって永遠のテーマのひとつかもしれません。 大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家などさまざまな顔を持つ美崎栄一…

結果を出す人はノートに何を書いているのか? アイデアマンが「手書き」にこだわる深い理由。

大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家などとして幅広く活躍する美崎栄一郎(みさき・えいいちろう)さん。その著書の多くは、サラリーマン時代の経験を生かした仕事術に関するものです。昔なが…

最高に優秀なリーダーは、部下の前で必ず “暇そうにする” という法則。

バブル期に世界を席巻した日本の企業も、いまはかつてのような勢いを完全に失いました。加速度的に速まる時代の流れのなか、日本の企業は過渡期にあります。そういう時代にあって、人の上に立つ人間はどうあるべきなのでしょうか。 日本IBMに勤めながら、各…

怒りをぶつけまくる迷惑な人は「メンタルの自己分析」ができていない。

仕事の能力は秀でているのに、なかなか成果につながらない。あるいは、周囲から評価されない……。そういう人は、もしかしたら「感情的すぎる」「感情の浮き沈みが激しい」といった面で損しているのかもしれません。 日本IBMに勤めながら、各種の組織・人材系…

ポテンシャルを発揮しまくれる人は、“あの言葉” を口癖に仕事をドライブさせている。

大手広告会社、外資系コンサルティングファームを経て、現在は日本IBMに勤めながら、各種の組織・人材系支援サービスをおこなう株式会社Eight Arrowsの代表取締役でもあり、数多くのビジネス書の執筆も手がける河野英太郎(こうの・えいたろう)さん。現在45…

英語を読むスピードを上げるためにプロトレーナーが取った戦略は「音読」だった。科学的理論に基づくパーソナルトレーニング体験談。

2015年5月のオープン以来、高度な専門性をもつトレーナーが続々と参加、英語学習を効率化し続けている英語のジムStudyHacker ENGLISH COMPANY。言語習得の科学『第二言語習得研究』の知見を、いち早く英語学習の現場に取り入れ、その大きな成果は反響を呼ん…

良質な人間関係は “昼12時” から始まる。口下手でも人脈が築ける「アライアンスランチ入門」

ビジネスにおける人脈の重要性は痛いほど感じていたとしても、なにかと時間に追われる社会人にとって、そのための時間を割くのはそう簡単ではありません。でも、大企業を中心としたクライアントを相手に、経営コンサルタントとして活躍する平野敦士カールさ…

英語指導者に今こそ “プロ級スキル” が求められる納得の理由。

日本人の英語力を高めていくために必要なもの。それは、英語を教える側の “確かな指導力” です。 慶應義塾大学環境情報学部兼大学院政策メディア研究科名誉教授・ココネ言語教育研究所所長の田中茂範(たなか・しげのり)先生、元獨協大学外国語学部および同…

なぜ「英語を使える日本人」が育たないのか? 今の英語教育に足りないこと。

英語教育学者である、故・若林俊輔先生は、次のような言葉を遺しています。 「英語は教わったように教えるな」 時代の変化に伴い、求められる英語教育も異なってきます。ひと昔前の教え方と今の教え方は、決して同じであってはならない——こんな訓戒が込めら…

ヒントはYouTubeにあり。自分に強みがなくても “最強人脈” を築く方法

先行きの見えないこれからの時代を生きるうえで、もっとも重要な財産というとなにをイメージしますか? 大企業を中心としたクライアントを相手に経営コンサルタントとして活躍する平野敦士カールさんは、「それは人脈だ」と断言します。その根拠とはどんなも…

「人脈を築けない人」2つの致命的欠陥。異業種パーティーより大切にしなければいけないこと。

「人脈」というものに、多少なりとも嫌悪感を持っている人もいるかもしれません。ただ、ビジネスにおいてそれが大きな力を発揮するのは事実です。では、どうすればより強い人脈を築くことができるのでしょうか。 お話を聞いたのは、大企業を中心としたクライ…

20年ぶりの英語学習。大成功の秘訣は、課題への科学的アプローチ。TOEIC®も200点以上UPの810点獲得。

言語習得の科学『第二言語習得研究』の知見に基づき、学習の生産性を上げ、短時間で劇的に英語力を伸ばしている英語のジムStudyHacker ENGLISH COMPANY。2015年5月のオープン以来、その成果は大きな反響を呼び、パーソナルジム型、コーチング型と呼ばれる英…

あなたは『独学3.0』をしているか? 10年後に飛躍するための「自己投資型勉強法」

勉強というと、学校でおこなわれる、テストや受験に関するもの。社会人の場合であれば、資格の取得や語学力を伸ばすためのものといったイメージが強いはずです。 でも、貧困家庭に育ちながら独学で東大、ハーバード大に合格した本山勝寛(もとやま・かつひろ…

1ヶ月で4,000単語を覚えた男の「最強の暗記術」がすごかった。

これからの時代には「暗記力」以上に「考える力」が必要だとされ、アクティブ・ラーニングの導入など、教育現場ではさまざまな改革が推し進められています。とはいえ、各種の資格を取得するにも、語学力を伸ばすにも、欠かせないのはやはり「暗記力」。 そこ…

“極貧” から東大とハーバードに合格した男の「最強の独学術」

向上心の強い人であれば、種々のビジネススクールに通っているという人もいるでしょう。ただ、時間の制約もあり、社会人の勉強はどうしても「独学」になりがちです。ところが、これまで「先生に教えてもらう」という勉強しかしてこなかった人にとって、独学…

日本人がいつまでも英語を使いこなせない根本原因

ネット社会になり誰もが情報発信できるこの時代。情報を容易に拡散できるSNSの利用が一般的になったこととも相まって、“フェイクな情報” も蔓延しやすくなりました。これはジャーナリズムのみならず、英語教育の世界でも起こっている問題のようです。 嘘に踊…

なぜ「フェイクな情報」はなくならないのか。

2016年のアメリカ大統領選の結果に大きな影響を与えたとされる『フェイクニュース』。2017年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」でも、「忖度」「インスタ映え」に続き、この『フェイクニュース』がトップテンに選出されました。言葉自体はすっかり市民権を得…

朝のエレベーターでは必ず挨拶をしなさい——自分が最高に得する「気くばり」のしかた。

向上心を持ち仕事で成果を出したいと思う反面、月曜日の朝が憂鬱だという人もいるでしょう。仕事嫌いとまでは言わないまでも、それが多くの人の本音ではないでしょうか。 しかし、あるものによって職場環境が快適に変わるそう。あるものとは、「気くばり」で…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら