ストレスを感じると、私たちの脳はまず交感神経が高まり、血圧が上がって覚醒状態になります。このときパニックになったり不安になったりすることもありますが、ストレスに対処するための反応なので問題ありません。

しかしストレスが続くと、脳はすくんで動かなくなり、ストレスへの抵抗を止めてしまうのです。

studyhackerdays-7-02

■参照コラム記事はこちら↓
“逃げて”ひらける道もある。つらさから「逃げる」のは、なにも絶対悪ではない。

■連載『Study Hacker Days』はこちら↓
studyhackerdays-bottom-banner