教え手として成長し続けたい。英語のパーソナルトレーナー・小関明子さんが目指すものとは?

【ENGLISH COMPANY】小関トレーナー TOP画像

受講生一人一人にパーソナルトレーナーがつき、短期集中で英語力を伸ばす英語学習サービスが、ここ最近、ビジネスパーソンを中心に人気を博しています。その仕組みの中心となるのは、「英語のパーソナルトレーナー」と呼ばれるスペシャリストたち。

今回は、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』で働くパーソナルトレーナーへのインタビューをお届けします。お話を聞かせてくださったのは、小関明子さん。英語教育やパーソナルトレーナーという仕事について語ってくれました。

洋画で異文化に興味をもった

——今日は色々とお話を聞かせてください。よろしくお願いします。

小関トレーナー:よろしくお願いします。

——では早速、小関トレーナーの経歴と現在のお仕事の内容について大まかに教えてください。

小関トレーナー:大学の英文科を卒業後一般企業に就職しましたが、英語教育を仕事にしたいと教員になり、中・高で教えました。その後、2016年に創立2年目のENGLISH COMPANYに転職、現在に至ります。

——それでは詳しくお話をおうかがいしたいと思います。はじめに、英語との出会いについて教えてください。

小関トレーナー:小学生の頃から洋画が好きでよく見ており、外国人のコミュニケーションスタイルや考え方などが自分や周りと違うところに興味を持ちました。その後も英語を学ぶにつれ、様々な文化や価値観を知ることができて楽しかったのを覚えています。

——大学でも英語を学ばれたのですか?

小関トレーナー:はい、コミュニケーションや文学を含め、英語全般について広く学びました。

【ENGLISH COMPANY】小関トレーナー ソロ画像

一般企業での経験を経て、人に教えたいと思った

——大学卒業後のキャリアについて教えてください。

小関トレーナー:いったん英語とは関係のない一般企業に就職したのですが、やはり英語は好きでしたから独学で続けていました。自分なりに効果や効率にこだわって色々な方法を試しながら学ぶのが楽しく、突き詰めていくうちに、いっそこの道のプロになりたい、英語教育に携わる仕事がしたいと思い至りました。それから教員免許を取ることを決め、改めて大学で英語教育、教授法について学びました。

——実際に学校で教えてみて、どう思われましたか?

小関トレーナー:「英語を教える」という仕事の魅力は、ひとつの教材を使って、どう授業を展開すれば、限られた時間内で内容を最大限理解させられるのか、そのプロセスを試行錯誤しながら最善を目指すところだと感じていました。ですから、教材研究や資料作成、指導スキルそのものを究めたいという気持ちが大きかったのです。しかし、学校では教科指導以外の業務に時間を取られることが多く、理想と現実の狭間で悩むこともありました。そのうち、やはり「英語を教える」ことに集中したいという気持ちが強くなり、それが叶えられる場所を探すことにしました。

——英語を教える仕事はたくさんありますが、どうして「英語パーソナルトレーナー」を選ばれたのですか?

小関トレーナー:最初は「英語パーソナルトレーナー」という仕事を知らなかったのですが、ENGLISH COMPANYのホームページを読んで、1対1で90日間つきっきりで英語を教え、すぐそばで成長を見守り続けることができる仕事だと知り、興味を持ちました。

そして、実際に指導のデモンストレーションを見たときに、自分が学校でやりたかったことができそうだと確信しました。これなら絶対に英語力を伸ばせる! と思ったことを鮮明に覚えています。このように科学的で効率的な指導方法を実践しているところで教える仕事に打ち込んでみたい、と強く思いました。実際、入社して経験を積むにつれ、ENGLISH COMPANYでの指導法は人がどのように第二言語を習得するのかのプロセスを学問的知見に基づいて明確にし、その理屈を実践に落とし込んだ、非常に質が高いものだと改めて感じています。

——それでは、パーソナルトレーナーとして働いてみた感想を教えてください。

小関トレーナー:「英語を教える」ことに集中しつつ、その質を存分に追求できています。パーソナルトレーナーは「英語指導のプロフェッショナル」であることを常に求められ、仕事上の最優先事項は、英語教育の専門性を高め、指導力を高めることです。私は、かねてから自分自身が英語の教え手として成長し続けたい、教え手としての可能性を追求し続けたいという目標を持っていましたから、まさに理想的な環境で働けています。

特にシニアトレーナーとして60-day programを担当するようになり、ますます責任とやりがいを感じるようになりました。短期間で最大限の効果を出すためには、受講生各人の学習フェーズと課題を正確にとらえ、綿密に学習をプランニングする必要があります。教え手として大きく成長できるチャンスです。

(編集部注:シニアトレーナーとは、特に顕著な英語力アップの実績を上げたトレーナーが認定される上級ポジション。60-day programとは通常90日間・週2回のトレーニング期間を、60日間・週1回に短縮して行いつつ同等の成果を目指すプログラム。)

【ENGLISH COMPANY】小関トレーナー 授業風景

「人生の一大イベント」と言ってもらえるまでに

——今では多くの受講生を担当されていますが、何か印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

小関トレーナー: とある企業の役職者の方で、自称「英語恐怖症」。これまでの人生でなるべく英語を避けてきたけれど、会社からの指示でいよいよ逃げられなくなって英語学習を開始された、という方がいました。英語に対して根強い苦手意識をお持ちでしたので、言語習得のプロセスや脳のメカニズムなどに基づいた「できるようになる根拠」をていねいにお伝えしながらトレーニングをしました。伸びを実感するにつれ、「長年の恐怖が興味に変わった」と言ってくださり、最終的にはTOEIC®のスコアが約200点アップ、人生最高の930点をとられました。卒業時には、「この出会いは人生を拡げてくれる一大イベントになりそう」とのお言葉を頂戴し、大変嬉しく思うと共に身が引き締まる思いがしました。

また、医療研究をされている医師・研究者の方を数名担当しました。中には特定の分野で最先端の研究をされている方もいらっしゃいました。「英語力が伸びたことで海外でも研究を続けられる自信がついた」と言ってくださり、今では海外の第一線で活躍されています。

他にも英語力を伸ばして駐在、国際プロジェクトの要件をクリアされた方がたくさんいらっしゃいます。その方々が笑顔で卒業される姿を見るたびに、お役に立てて良かった、この仕事をしていて良かったと心から思えます。

——とてもやりがいのあるお仕事のようですね。

それでは、小関トレーナーの今後の目標を教えてください

小関トレーナー:目の前の生徒さんの英語力を伸ばすことに全力で取り組み、きちんと結果を出すことにこだわり続けたいという気持ちは入社当初から変わりません。最近ではパーソナルトレーニングだけでなく、グループトレーニングも担当できるようになりましたので、どちらの形態でも最大限の効果を発揮できるように、常に自身の教務力・指導力向上に努めたいと考えています。

——最後に、これから英語のパーソナルトレーナーとして働いてみたいとお考えの方にメッセージをお願いします。

小関トレーナー:英語のパーソナルトレーナーは、教え手として日々自身を成長させられる仕事です。また、一人一人の生徒さんとこんなに深く関わりながら、そばで成長を見続けることができる仕事はあまり無いのではないでしょうか。英語を教えることが好き、専門性を究めたい、人の役に立つことが好き、という方には向いていると思います。

www.youtube.com

***

 「まだまだ学びたいことばかり」「教え手としての可能性を追求し続けたい」と語ってくれた、小関トレーナー。その様子からは、目の前の生徒さんに真摯に向き合う責任感と情熱を感じました。

ENGLISH COMPANYでは、パーソナルトレーナーを募集しています。ご興味を持たれた方は、ENGLISH COMPANY 採用サイトで募集要項をご確認の上、お気軽にご応募ください。 

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら