やっぱり読書記録は “手書き” がいい。「読書ノート」で本の要点が記憶に残る!

読書ノート-01
小説やエッセイなどであれば、内容を楽しみながら読むこと、じっくりと感じ入りながら読むことこそが読書の醍醐味です。感情が動かされやすいので、記憶に残りやすいのではないでしょうか。

一方でビジネス書や実用書などの場合は、感情が介入しないので、即座に実践でもしない限り内容を忘れてしまいがち。

もし「せっかく有益な本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまう」とお悩みならば、本からの学びを生かす手助けとなる「読書ノート」がおすすめです。筆者が実際に読書ノートを試して感じた効果や、おすすめのアレンジ方法などを紹介します。

「読書ノート」で重要なポイント

読書ノートとは、「あの本は、どんな内容だったかな?」「うーん、これは何かで読んだぞ。えーっと、何だっけ……? 忘れちゃった!」といった状況を改善してくれる、読んだ本について記録するノートのことです。ベストセラー『情報は1冊のノートにまとめなさい』の著者である奥野宣之氏は、

  • 日付
  • タイトル
  • 一言の感想

を書いておくだけでも、読書ノートの効果はあると断言しています。難しいものではないことは確かですね。フランス文学者で評論家の鹿島茂氏も、どんなかたちでもいいので、読書の痕跡を残したと感じられる工夫が大切だ、と述べているそうです。

 

読書ノートで重要なポイントは以下の3つです。

  • 気負わず始めてしまうこと
  • 自分が続けやすい方法で書くこと
  • 自分が書ける分量だけ書くこと

なぜならば、読書ノートは続けることで価値が生まれるから。つまり、継続できる読書ノートであることが、最重要ポイントなのです。

読書ノート-02

「読書ノート」の効果

なぜ、どんなに簡単なものでも、読書ノートを書き、継続することが重要なのでしょう。その理由は、読書ノートの効果に現れています。

【読書ノートの効果】
  1. 備忘録になる
  2. 情報の鮮度や、時流の認識力を高める
  3. 記憶が定着しやすい
  4. 書くと自分の考えを整理できる
  5. 要点を押さえて効率よく読書できる

簡単に説明しましょう。

1.備忘録になる

「もう本の内容を忘れてしまった」と思っても、書きとめておいた内容を目にすると、連鎖的に記憶がよみがえってくる場合が多くあります。

2.情報の鮮度や、時流の認識力を高める

読書ノートに本の発行年月日を書いておくと、情報の鮮度を確認できます。読書ノートを継続することで、いつどんなことが流行していたのか、大まかにとらえることもできるでしょう。

3.記憶が定着しやすい

米パデュー大学のカーピック博士は、「入力を繰り返すよりも出力を繰り返すほうが、記憶の定着がよい」と明らかにしています。読書ノートを書くことは、出力の回数を増やすことにほかなりません。

4.書くと自分の考えを整理できる

読書ノートの内容がほとんどが引用だとしても、たった一言「筆者はおそらく〇〇〇と考えたのでは?」などと思ったことを書き足そうとするだけで、思考は働きます。まさにそのとき、思考の整理が行なわれるのだとか。

5.要点を押さえて効率よく読書できる

奥野宣之氏は、「自分にとって重要なことにフォーカスすること」が読書ノートを書くコツだと述べています。重要なこと以外の不要な情報は、思い切って捨ててしまうのがいいそう。逆をいえば、アンテナを張って本を読むので、要点が目につきやすくなるといえます。 

読書ノート-10

「読書ノート」の書き方

読書ノートに決まった書き方はありませんが、最もシンプルな書き方をまとめると、こうです。

  1. 本の基本情報を書く
  2. 印象に残った言葉や表現を書く
  3. 意見や感想を書く

以上をもとに、筆者も「自分が継続できる読書ノート」を開発してみます!

「読書ノート」をやり始めてみる

筆者が今回、読書ノートにチャレンジするために選んだのはこの本です。

読書ノート-03
リクルート社時代に社内勉強会で、数字に関する人気講座の講師をしていた中尾隆一郎氏が著した、『「数字で考える」は武器になる』です。「数字」が苦手な筆者だからこそ、この本によって「数字」に対する見方が変わり、読書ノートで本からの学びを生かせることを期待して選びました。

使うのは、汎用性の高い普通のセミB5サイズのノートと、A4サイズのレポート用紙。100円ショップで購入可能です。

読書ノート-04
こんな風に使い分けます。

  • セミB5サイズのノート:読書ノート本番
  • A4サイズのレポート用紙:ラフな内容の書き出し

次に、奥野宣之氏が「自分にとって重要なことにフォーカスする」とアドバイスしていたので、まずは、この本を読む目的から先に書くことにします。

営業職でも管理職でもない、数字が苦手な筆者の場合、この本を読む目的は以下のとおり。

  • 数字で考えるとは、どういうことか?
  • なぜ、数字で考えるといいのか?
  • 数字が苦手な人間が数字で考えるようになるには、どうしたらいいのか?

では、これらを意識して読書開始です!

「読書ノート」をやってみた!

筆者がビジネス書や実用書を読む際は、どんどん本に線を引き、内容をザザザッと書き出しています。A4サイズのレポート用紙に書いていくのです。

読書ノート-05
この段階では考え抜きません。ビビッときた言葉や文章を書き出すだけ。ほぼ自分でしかわからないような殴り書きでよしとします。

そして、あれこれ試行錯誤した結果、セミB5サイズのノートの場合、罫線を頼って次のようなレイアウトで書くことにしました。

  1. 基本情報(枠外+3行)
  2. 目的(5行)
  3. 印象(22行)
  4. まとめ(5行+枠外)

読書ノート-06
まずはノートの左上に、日付「1. 本の基本情報(タイトル、著者名、出版社名、発行年月日)」を書き、先述した「2. 目的」を書き込んでいきます。

うまい具合に当てはまったので、「What・Why・How」のかたちを採用することにしました。

読書ノート-07

次の「3. 印象」については、A4レポート用紙に殴り書きした内容を少しまとめながら、自分の言葉で書いていきます。確認のため本をパラパラめくってもいいし、必要ならば書き直してもよしとしますが、ここでは考え込みません。

読書ノート-08

頭を疲れさせずに、感覚的に必要なもの、不要なものを振り分けながら枠内に書いていきます。枠内に入らなければ切り捨てます。

そして、とうとう「4. まとめ」に入ります。

筆者の場合は目的の「What・Why・How」に返答するかたちにしてみました。プラス「★全体的にまとめた言葉」です。ここでやっと、読んだ内容を思い出しながら、印象や書き殴ったラフを見ながら、再度本をパラパラとめくりながら、少しだけ考えをめぐらせます。

ただし、決して深くは考えこみません。読書ノートは継続してこそ価値が生まれるので、負荷がかかることはいっさい避けましょう。

読書ノート-09
これで完成です!

「読書ノート」をやってみた感想

本を読み進めている途中、時おり数字の具体的な活用例を難しく感じ「うーん」と立ち止まってしまうこともありましたが、目的を思い出しては先を急ぐ意識が生まれ、ずいぶんと助けられました。自分にとって重要なことにフォーカスすることが、いかに大切か実感できます。読書ノートに限らず、基本的なことかもしれませんね。

今後、読書ノートを継続していくことで「備忘録になる」「情報の鮮度や、時流の認識力を高める」「記憶が定着しやすい」といった効果を感じることでしょう。

ちなみに、たった1冊分の読書ノートをつくっただけでも強く感じたのは、以下の効果です。

  • 書くと自分の考えを整理できる
  • 要点を押さえて効率よく読書できる

なお、筆者独自の読書ノートフォーマットを開発するためにかけた時間は「1.5時間」ほど。ラフな書き出し(レポート用紙3枚)を含めた、自分にとって重要なことだけにフォーカスした読書時間が「5時間」ほど。読書ノートの作成は「1.5時間」ほどでした。つまり、

  1. 初回の学びの時間はトータル「8時間
  2. フォーマットができれば以後はトータル「6.5時間」
  3. 読書時間を別と考えれば「1.5時間」
  4. ラフを書き出した時間30分ほどを加味するとトータル「2時間」
  5. 不慣れを30分ほど差し引いて結局は「1.5時間」

となります。本の価格は「¥1,600+税」なので、何とも効率がいい、お金のかからない学びではないですか。

ちなみに、『「数字で考える」は武器になる』を読み、読書ノートでまとめた内容は、

  • 数字で考えるとは、「数字+想像力+思考法」である。
  • 数字で考えることがいいのは、問題が明確になるから、適切に判断できるから、人の信頼を得られやすいから。
  • 数字で考えるようになるには、いろいろと数字で表現、気がついたら四則演算。企業の売り上げや統計など数字のストックを増やす。

全体的な感想は

この本は、数字の活用について、感覚的に学べる本です。

となりました。皆さまも、ぜひお試しください!

***
今回読書ノートを書くにあたって、目的を明確にする、ランダムに書く、まとめを簡潔に書く、といった部分は、浅田すぐる氏が提唱する「20字インプット学習法」を大いに参考にさせていただきました。『“紙1枚” で学びが圧倒的に深まる! 「20字インプット学習法」がすごい』 で実際にやってみた内容を紹介しているので、よろしければ一緒にご覧くださいね。

(参考)
ダイヤモンド・オンライン|読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]|なぜ、読書ノートは続かないのか?継続できる簡単で効果的な3つの方法  
ブックオフオンラインコラム|読書ノートの作り方・書き方【実例紹介】  
STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア|『読書記録ノート』の作り方・書き方とは?おすすめの読書管理アプリも徹底解説!  
中尾隆一郎著(2019),『「数字で考える」は武器になる』,かんき出版.

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら