覚えやすさ抜群のシンプルな勉強法。記憶に残すカギは「○○する努力」にあり!

ノーカーボン便箋で東大生をまねて勉強してみた

どうも最近、学んだことを覚えられない。もしかしたら学習スタイルがマンネリ化しているのかも。ちょっとした変化があって、意欲も湧いてくる、効果的な学習法はないだろうか……?

そんな方々に、ぜひ試していただきたいことがあります。東大生が考えた学習法からヒントを得た、複写用紙を使って勉強する方法です。実践を交えて紹介しましょう。

【ライタープロフィール】
STUDY HACKER 編集部
「STUDY HACKER」は、これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディアです。「STUDY SMART」をコンセプトに、2014年のサイトオープン以後、効率的な勉強法 / 記憶に残るノート術 / 脳科学に基づく学習テクニック / 身になる読書術 / 文章術 / 思考法など、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを、多数紹介しています。運営は、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を手がける株式会社スタディーハッカー。

シンプルで合理的な “穴埋め” 暗記学習法

覚えたい箇所をカラーマーカーでなぞる・ペンで書くなどしたあと、赤や緑のシートをかぶせてその部分を隠し、自分だけの穴埋め問題をつくる――このような暗記学習法をやったことがある人は多いでしょう。

この勉強法はよく知られたものであるだけでなく、脳が記憶をする仕組みにも合ったものです。心理学者の竹内龍人氏によると、

教科書や参考書をただ読んで覚えるよりも、テストを利用して自分で思い出す努力をするほうが、ずっと効果的

だとのこと。これを「テスト効果」と呼ぶそうです。

(カギカッコ内および枠内引用元:ベネッセ教育情報|科学的な実証に基づいた「効率のよい勉強法」とは? ※太字は編集部にて施した)

先に述べた暗記学習法は、隠した部分を思い出すというテスト形式での勉強法。私たちは自然とこのテスト効果を利用していたのですね。

しかし、この暗記学習法にはちょっとした難点も。みなさんにもこんな経験はありませんか? 隠しすぎて覚える部分がやたら多くなってしまったり、マーカーが裏抜けして読みづらくなったり、隠れた部分しか覚えなくなったり、隠したはずの部分がうっすら見えてしまったり……、といったことです。

そうしたなか、ある東大生は上記のデメリットを解消しうる、シンプルかつ合理的な学習法を考えたそう。手順はこうです。

  1. ノートや教科書、配布プリントなどをコピーする
  2. コピーしたほうの、覚えたい箇所を太い黒ペンで塗りつぶす
  3. あとは穴埋め問題を行ない、わからなければ答えを確認して、しっかり覚えるまで繰り返す

(参考元:学研プライム研究所|【東大生の勉強法カタログ】- 暗記編- ノートまとめよりも手軽 白黒コピー問題集

これなら原本そのままなので、必要に応じてまたコピーすれば改善できるし、別バージョンの穴埋め問題もつくれるし、インクが裏抜けして見えにくくなることも、うっすら見えてしまうなんてことも起こりません。

しかしながら、学校でコピー機を自由に使える学生とは違い、仕事以外で職場のコピー機を使えない社会人にとっては、少し面倒な作業かもしれません。自宅にコピー機がなければ、コンビニや図書館等に出向かなければならないからです。

コピー機でコピーをとるビジネスパーソン

オリジナルの穴埋め問題をつくりながら勉強してみた

そんなときふと、ノーカーボンなら複写できるし、裏に黒いカーボンインクが塗布されていないので手を汚す心配もなく、ノートのように使えそうだと思いつきました。

ちなみにカーボンインクなしで複写できるのは、紙にそれぞれコーティングされた薬剤が、筆圧等の圧力によって接触し、化学反応を起こして発色するからなのだそうです(参考元:製本のひきだし・東京都製本工業組合|ノーカーボン、ノンカーボン)。

そこで、勉強によさそうなノーカーボンを探してみたところ、こちらが見つかりました。ノーカーボン便箋とでも呼びましょうか。

コクヨのNC複写簿(ノーカーボン) 便箋(横罫)

コクヨ NC複写簿(ノーカーボン) 便箋(横罫) B5タテ型 25行40組(ヨドバシ.com

このツールを使い、さっそく勉強してみようと思います。まずは、1ページ目にある下敷用厚紙をミシン目に沿って切り取り、(2枚1組なので)2枚下に敷きます。

2枚めくって下敷用厚紙を敷く

そして、普通に勉強します。

ノーカーボン便箋を使ってメンタルヘルス用語を勉強

(ノーカーボン便箋内の中身参考元:公益財団法人日本生産性本部|メンタルヘルス用語集 ※以降、便箋の中身はすべて同じ参考元)

確かめてみると、しっかり複写されていました。なんだか嬉しいし、楽しい……! 気分が上がり、勉強がはかどりそうな予感です。

勉強したあと、1ページめくると下に複写されている。

次に、複写されたページの、覚えたい箇所を塗りつぶします。

これで、オリジナルの穴埋め問題が完成です。

複写された紙のほうの覚えたい箇所を塗りつぶし、穴埋め問題をつくる。

ただ、これだと複写は1枚しかできないので、あとで穴埋め箇所を変える場合を考慮して、マーカーではなく2Bの鉛筆を使って塗りつぶしました。

1枚めと2枚めの裏と表にコーティングされた薬剤が、接触したうえで圧が加わらなければ発色しないので、複写されたほうだけに消しゴムを使っても紙は汚れません。

消しゴムを使い、鉛筆で塗りつぶした箇所を消している。

ただし、そのあとのページに影響が出ないよう、消しゴムを使う際にも必ず下敷用厚紙を下に挟んでおきましょう。

下の紙が汚れないように、消しゴムを使う際にも必ず2枚目の下に厚紙を挟んでおく。

あとは、穴埋め問題をやったり、答えを確認したりを、覚えるまで繰り返します。

勉強と問題づくりが同時にできて学習効果アップ!

こうやって、実際にノーカーボン便箋を使い勉強してみたら、以下のメリットを感じることができました。

  • 複写されている様子を見るだけで楽しくなり、学習意欲が高まる
  • 複写を意識して力強く筆記したので、より脳への刺激を感じた(手書きは脳を活性化するという)
  • 勉強すると同時に “穴埋め問題集のもと” がどんどんつくられていくので効率的
  • 手書き&複写、塗りつぶす、消すなどの工程が学ぶ情報をより印象深くする
  • 前のページですぐ答え合わせができる

一番最後の「前のページですぐ答え合わせができる」という部分は、脳の活動を高め続けることにも貢献するかもしれません。なぜならば、公立諏訪東京理科大学工学部教授・脳科学者の篠原菊紀氏が、次のように述べているからです。

――思い出そうとすれば瞬間的に脳活動は高まる。しかし、手がかりもヒントもないままずっと考えていても、脳の活動は落ちてしまう。わからないときは早々に答えを確認して、「なるほど、そうか」などと思っているほうが、脳活動は高まる。

(参考元:日経Gooday|スマホに頼って、自力で思い出す努力をしないと脳の機能は衰える?

言ってみれば、答えは前のページにあるというだけですが、パッと確認する際にはとても便利だと感じました。

ちなみに複写したものは、ミシン目に沿ってきれいに切り離せるので、勉強ノートと穴埋め問題集に分けることもできます。よろしければ、ご自身の使いやすいようにカスタマイズしてみてくださいね。

***
ノーカーボン便箋で東大生をまねてみたら、覚えられない、意欲の低下、マンネリ化といったいくつもの悩みを解決できそうなうえ、穴埋め問題もどんどん製造されました。仕事と勉強の両立を目指すみなさまの、勉強法アイデアのひとつに加えてもらえたら嬉しいです。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト