「いい勉強法」をしている人はノートをどう使うか

「いい勉強法」をしている人はノートをどう使うか

「ノートを使う勉強法って、どうやればいいのかな?」
ノートをまとめるのに、もっといい方法はないかな?」

そんなあなたのため、ノート・ルーズリーフを使った勉強法をご紹介します。

ノートづくりは勉強の基礎。賢いノートテクニックを知っておくと、効率よく知識をインプットできますよ。

  • 資格試験に合格したい!
  • 独学でスキルアップしたい!
  • 読書で得た知識を身につけたい!

そんなあなたは、これからご紹介するノート術や勉強法を実践してみてください。

ノートを使った「いい勉強法」のポイント

まずは、ノートを使った「いい勉強法」のポイントを解説します。

未来の自分が読めるように

「自分が読めさえすればいいよね」という考えでノートをまとめていませんか? そのようなスタンスで書かれたノートは、自分でさえ読めない代物になってしまいます。

ノートを読み返すのは、勉強の記憶が薄れた「未来の自分」です。記憶が新鮮な「いまの自分」ではなく、数日~数週間後の「未来の自分」が理解できるかを考えてください

『東大家庭教師の結果が出るノート術』(あさ出版、2015年)を著した吉永賢一氏は、復習時に記憶が蘇りやすいノートのポイントをふたつ挙げています。

  1. 誰が読んでもわかる言葉で
  2. 丸写しせず、自分の言葉にかみ砕く

この2点を意識すれば、「未来の自分」に親切なノートができますよ。

書き方を統一

ノートを書くときは、一定のルールやフォーマットに従いましょう。

  • 文字の色分け
  • 文字の大きさ
  • 記号の使い分け
  • レイアウト

……などを統一すると、情報の位置づけ・重要性が明確になり、読みやすくなります

「テストに出る重要語句=赤」「補足情報=青」と決めておけば、どの箇所がどれくらい重要なのか、ひとめでわかりますね。「いまは赤で書きたいな」「デザイン的に、ここは青ペンにしよう」と気分で決めることは避けましょう

自分で決めたルールを忘れてしまいそうなら、最初のページや表紙の裏にメモしておくといいですよ。

「おもしろい!」と感じたことを書く

勉強中に「これ、おもしろいな!」と感じたら、ノートのすみや空きスペースにメモしておきましょう。

  • 関連する豆知識
  • 先生による脱線話
  • 講義中のハプニング

……など、「おもしろい!」と感じた話やエピソードの記憶は鮮明に残るもの。ノートに記録することで、そのとき学んでいた内容も一緒に覚えられます。

学習内容に関する豆知識は、そのテーマに興味をもつきっかけにもなるので、特に書き残しておく価値が高いですよ。筆者自身、世界史の先生に「シュメール人=宇宙人」という都市伝説を教えてもらったことで、古代メソポタミア史に興味をもった思い出があります。

情報の背景も書く

覚えたい情報だけでなく、その背景・理由もしっかりノートに書きましょう。単に事実を書くだけでは、なかなか記憶に定着しません

「SDGs=持続可能な開発目標」と暗記するだけでは、ふとした拍子に忘れてしまうかもしれませんよね。「SDGsはSustainable Development Goalsの略だから、訳すと “持続可能な開発目標” になる」とまで押さえておけば、忘れにくいでしょう。

「SDGsはなぜ必要なのか」「どんな経緯で提唱されたのか」といった背景も押さえておくと、知識が “自分が知っている物事” の文脈に位置づけられ、本質的な理解につながります。

それではいよいよ、ノートを使う勉強法を具体的に紹介していきますね。

ノートを使った「いい勉強法」のポイント

ノートを使った「いい勉強法」5選

ノートを用いた効率のいい勉強法として、5種類のテクニックをご紹介しましょう。

メモリーツリー

教育事業支援などを展開する株式会社カルぺ・ディエム代表で勉強法に詳しい西岡壱誠氏は、「メモリーツリー」というテクニックを推奨しています。共通・類似する情報を線で結びつけるやり方です。

ノートを使った勉強法「メモリーツリー」

上の例では、接頭辞ex-から始まる5つの英単語を線で結びました。こうすると、セットで覚えやすいですね。

これらの単語は、見た目が似ているだけでなく、意味も共通しています。接頭辞ex-には「外へ」という意味があるためです。知っていれば、ex-で始まる単語を覚えるのが楽になりますね。

  • expand:ex(外へ)+pand(広がる)
  • excite:ex(外へ)+cite(呼び出す)

一方で、接尾辞-spectの意味は「見る」です。

  • respect:re(振り返って)+spect(見る)
  • expect:ex(外を)+spect(見る)

上の図では、ex-と-spectの両方を含む「expect」を架け橋とし、ふたつのメモリーツリーを接続しました。このように関連づければ、単語を個別に暗記するよりずっと効率的です。もちろん、専門用語や試験に出るキーワードを覚えたいときにも役立ちますよ。

「英語の接頭辞と接尾辞、もっと知りたいな……」と思ったら、こちらの書籍をご参照ください。

反復練習ノート

覚えたいことをズラリと書き、間違えた回数を記録していく「反復練習ノート」。現役東大生にして医学部予備校の講師、片山湧斗氏が推奨する勉強法です。

ノートを使った勉強法「反復練習ノート」

このようにページを3分割。書き込む内容は以下のとおりです。

  1. 左側:覚えたい語句
  2. 真ん中:復習時に間違えたり、答えられなかったりした回数
  3. 右側:語句の意味・解説

左側と右側はオレンジのペンで書くと、赤シートで隠しながら復習できます。こうすれば、「これだけ妙に間違えまくってるな……」と一目瞭然ですね。単語カードとは違い、苦手な語句だけ復習できるので、勉強時間の節約にもつながりますよ。

ご紹介した「メモリーツリー」とあわせ、

  1. 「メモリーツリー」で知識を関連づける
  2. 「反復練習ノート」で知識を記憶する

……という流れで学習すれば、効率よくインプットできます。

間違いノート

問題演習の振り返りに役立つのが、資格講師の石川和男氏がすすめる「間違いノート」。間違えた/解けなかった問題だけを集めるノートです。

ノートを使った勉強法「間違いノート」

ノートには、次の項目を書きましょう。

  1. 出典(ページ数や番号)
  2. 問題文
  3. 正答
  4. 自分の誤答
  5. 間違えた原因
  6. 対策(正答を導くための考え方、注意点など)

「間違いノート」をベースに復習すれば、苦手な範囲を確実に潰せるため、実力がついていきます。

ただ初めて挑戦する問題集の場合、ほとんどを間違えてしまうことも。「あれもこれもノートに書かなきゃ!」とキリがなくなるため、「2回以上間違えた問題を記録」などのルールを設けましょう。

コーネル式ノート

ノートのまとめ方としては「コーネル式」が有名ですね。米コーネル大学の教育学部教授だった、故ウォルター・パーク氏によるテクニックです。ノートを3分割して使います。

  1. 見出し欄:単元の小見出し
  2. 内容欄:見出しに関する詳しい情報
  3. 要約欄:ページの要約

ノートを使った勉強法「コーネル式」

「見出し欄」のおかげで、どこに何を書いたかひとめで把握できるのがメリット。普段のノートにひと工夫加えるだけというシンプルさに加え、構造が明確な点も、「コーネル式」が支持されている理由です。

上の図では、見出し欄に「IoTとは?」「IoTで何が実現できる?」「IoTの4要素とは?」という3つの見出しがあり、その右側に、見出しに対応する解説が書かれていますね。「大見出し→小見出し→詳細」とページが階層化されているのです。

暗記ノート

知識の整理には「暗記ノート」も役立ちます。資格スクール講師・碓井孝介氏推奨の、3ステップで情報を整理するテクニックです。

ノートを使った勉強法「暗記ノート」

1. しぼる

まずは、メインとなるキーワードの概要を、1行ほどで簡潔に記入します。知識の「枝葉」を削ぎ落とし、「幹」だけ残すイメージです。些末な情報や冗長な言い回しを削り、本質だけスパッと表しましょう。

×冗長な文

IoTとはInternet of Things(インターネット・オブ・シングス)の略で「さまざまなモノがインターネットにつながること」「インターネットにつながるさまざまなモノ」を指す言葉である。

○本質を抜き出した文

IoTとは、モノをインターネットにつないで便利にする技術である。

2. まとめる

次に、キーワードに関する情報を、1本の線のように結びます。先述の「メモリーツリー」と同様、情報をセットにし、記憶の定着や想起を助けるのが狙いです。

以下のように、IoT→Internet of Things→モノのインターネット……と情報をつなげていくことで、あとから芋づる式に知識を引き出せます。

IoT
→なんの略?:Internet of Things
→意味は?:モノのインターネット
→具体的には?:家電、自動車、スピーカーなど
→これらがどう変わる?:遠隔操作、遠隔モニタリング、自動制御など
→どうやって?:モノ、センサー、通信手段、アプリケーション(IoTの4要素)

3. 図にする

最後に、情報を図に落とし込みましょう。碓井氏が特に推奨する方法をふたつ紹介します。

まずは「3点ピラミッド」。覚えたい項目・理由・覚え方の3つをピラミッド型に配置します。

ノートを使った勉強法「3点ピラミッド」

  1. ピラミッドの頂点に「覚えたい項目」を配置
  2. その下に、語句の背景にある「理由」と、自分なりの「覚え方」を記入

3つの情報をセットにすることで、重要点のみ端的に復習できます。

次は、論理関係や時系列を矢印で表現する「フローチャート」。作業マニュアルや工程表などで見たことがありませんか?

「Aが原因でBが起き、それによってCが起きた」ことをフローチャートで表現すると、「A→B→C」となります。より複雑な情報は、川の支流のように分岐させましょう。

ノートを使った勉強法「フローチャート」

「暗記ノート」は、「しぼる→まとめる→図にする」の3ステップでつくりましょう。複雑な知識がスッキリ整理され、頭に入りやすくなりますよ。

以上、ノートを使った5つの勉強法を紹介しました。「こんな使い方、したことないや」と違和感を覚えるかもしれません。ですが、試したことのない勉強法に挑戦することで、自分にピッタリ合ったノートの使い方がひらめくかもしれませんよ。

ノートをつくったあとは……

最後に、ノートをつくり終わってからの勉強法にも触れておきます。

ノートをつくることは勉強のゴールではなく、あくまでスタートです。ノートがすばらしくても、そこに書いた知識を自分のものにできなければ意味がありません。

「よし、ノートが完成した!」と満足せず、さっそく活用しましょう。前出の吉永氏によると、復習時のポイントは以下の3つ。

何度も口頭復元

ノートの内容を思い出しつつ、口頭でアウトプットしましょう。特に、体系的な知識を身につけたいとき役立ちます。

IoTについて復習するなら、ノートの該当ページを思い出しつつ、「IoTとは~である。IoTの4要素は~。注意すべきポイントは~」と要点を口頭で説明。どうしても思い出せないときを除き、ノートは開かないようにしましょう。

最初は難しいかもしれませんが、何度もトライするうち、スムーズに記憶を再現できるようになりますよ。

書き足していく

ノートを読み返していると、「ここ、説明が足りてないな」「あれ、ここってこういうことかな?」と気づきが生まれる場合も。空いている箇所にどんどん追記していきましょう。

「再読→発見→追記」を繰り返すうち、ノートの品質が高まっていきます。吉永氏によると、ノートにどんどん変化を加えていくことで、復習への “飽き” が防げるそうですよ。

間違いを消さない

「あ、ここ間違えてる!」と気づいても、消しゴムや修正液で消さず、線を引いて訂正したうえで正しく書き直しましょう。完全に消去してしまうと、「間違えた」という事実も忘れるためです。

過去の自分が間違えたということは、今後も同じミスをする可能性が高いということ。間違えた箇所はあえて残し、復習のたびに目に入れれば、ミスの再発を予防できますよ。

以上、ノートをつくってからの勉強法を解説しました。ノートをつくっただけで終わらせず、ご紹介した勉強法をぜひ実践してみてくださいね。

***
ノートを用いた勉強法を5つ紹介しました。「学んだことを整理しよう!」「学んだことを覚えなくちゃ」という方は、ぜひご活用ください。ノートづくりに関しては、以下の記事もおすすめです。

>>【社会人にも対応】勉強ノートのまとめ方
>>わかりやすいノートの取り方・6つのルール
>>自主勉強・読書に使えるノートの書き方3選

(参考)
吉永賢一(2015),『東大家庭教師の結果が出るノート術』, あさ出版.
片山湧斗(2021),『東大生のノートから学ぶ 天才の思考回路をコピーする方法』, 日本能率協会マネジメントセンター.
ログミーBiz|東大生は「記憶力がいい」のではなく「暗記の工夫」をしている『ドラゴン桜』でも実践された、“関連付け”の記憶術
臼井俊雄(2017),『由来とつながりがわかる 英単語語源マップ』, ベレ出版.
西川盛雄(2013),『英語接辞の魅力 ― 語彙力を高める単語のメカニズム ―』, 開拓社.
リクナビNEXTジャーナル|この「勉強法」は、やってはいけない
Learning Strategies Center|The Cornell Note Taking System
総務省|1-1 IoTとデータ利活用の全体像
碓井孝介(2016),『頭のいい人は暗記ノートで覚える!』, 三笠書房.

【ライタープロフィール】
佐藤舜
大学で哲学を専攻し、人文科学系の読書経験が豊富。特に心理学や脳科学分野での執筆を得意としており、200本以上の執筆実績をもつ。幅広いリサーチ経験から記憶術・文章術のノウハウを獲得。「読者の知的好奇心を刺激できるライター」をモットーに、教養を広げるよう努めている。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら