「話が極端にわかりづらい人」3大あるある

話が下手な人の3つのNGポイント01

すべてのビジネスパーソンにとって、「話術」は大切なスキルです。プレゼンや商談ではもちろん成果に直結しますし、普段の雑談や会議などでも、話がわかりやすくおもしろい人のほうが得ですよね。

そもそも、ほとんどの仕事は人とのコミュニケーションで成り立っています。たとえば、物を売るということは、商品の良さを、なるべく魅力的にわかりやすく伝えるということ。また、会社組織が結束し、ひとつのビジネスに向かっていくためには、メンバーどうしでアイデアや理念を共有することが欠かせません。

今回は、「なんだか伝わらない」「おもしろくない」話し方をする人のNGポイントを3つ取り上げ、どのような点に気をつけて改善すべきなのか、詳しく解説していきます。

1.「主題がわからない」のはNG

1つめのNGは、「主題」がわかりにくい話し方です。主題とは、その話におけるメインのテーマのこと。これがまず共有できていないと、どれだけ言葉を尽くしても相手に話が伝わらない、ということが起きてしまいます。

まずは、以下の「伝わらない」例文をご覧ください。

大きくて枝が広がっている、すごくきれいなイチョウの木がありました。

いったいどこがダメなのでしょうか? 元NHKアナウンサーの松本和也氏によると、その答えは、「イチョウの木」という単語が出てくるタイミングが後ろすぎるという点です。

この例文は、「イチョウの木」について説明していますよね。「大きくて」も「枝が広がっている」も「すごくきれいな」も、すべて「イチョウの木」を説明(修飾)しています。したがって、「イチョウの木」こそがこの文の主題である、ということになります。

しかし、この「イチョウの木」という主題が文の後ろにあることで、何について話しているのかわからないまま、話が進んでいくことになります。結果として、理解しにくい話し方になってしまうのです。

より伝わりやすい話し方にするには、ひと言めに「イチョウの木がある」と主題を示し、その後で説明を重ねていくという順番にするのがよいですよ。

「○○で、××で、……△△なイチョウの木
× 最後まで聞かないと主題がわからない

 ↓

イチョウの木は○○で、××で、……△△である」
◎ ひと言めで主題がわかる

したがって、「イチョウの木(主題)がありました。これは大きな木で、枝も広がっていて、すごくきれいだったんです」という順番で話すのがベター。まず「イチョウの木」という主題が最初に示され、その後に説明文が従属する、という関係性を明確にすることができます。文章としても読みやすいですが、話し言葉として聞くと、さらにその差は歴然とするはずです。 

話が下手な人の3つのNGポイント02

2.「間(ま)がない」のはNG

2つめのNGは、「間(ま)」がない話し方

たとえば、「おいしいコーヒーを淹れるためには、お湯の温度は85℃がよい」ということを伝えたいとします。もちろん、このまま伝えても情報としては過不足なく伝わるでしょう。しかし、相手を惹きつけられる話し方ではありません。「間(ま)」がないためです。

「間」とは、話の結論に至るまでにかける時間、つまりクイズで言う「シンキングタイム」のようなものにあたります。シンキングタイムが長いほど、聴き手はクイズの答えについて深く考え、「答えを知りたい」という気持ちがかき立てられます。反対に、出題されたそばから答えが明かされてしまうクイズなんて、おもしろくもなんともありませんよね。

この例の場合は、「お湯は85℃がよい」という答えをストレートに教えるのではなく、少し焦らしてから答えを伝えることで、より興味を持ってもらうことができるのです。

松本氏は、「間」のあるよい伝え方の一例として、以下のものを挙げています。

コーヒーをおいしくしたい(問い)。何を一番大切にしますか? 豆ですか、水ですか? 水からいきましょう。お湯は何度にしたらいいと思いますか?  85度です(答え)

(引用元:プレジデントオンライン|話をおもしろくするアナウンサー話術5 ※太字、()の文章は筆者が施した)

この例では、「コーヒーをおいしくしたい(問い)。……<間>……85度です(答え)」という具合に、問いと答えの間に言葉を挟み込み、たっぷりと間を取っています。それにより、聴き手が「コーヒーをおいしくする方法は何だろう?」と考えるシンキングタイムが生まれ、より引き込まれる話し方になっているのです。

話が下手な人の3つのNGポイント03

3.「比較」と「数字」がないのもNG

NGの3つめは、聴き手に量などのイメージが共有されにくい話し方です

ある物の大きさや数の多さなどを伝えたい場合には、その量感を明確に伝える必要があります。その際に役立つのが「比較」と「数字」です

たとえば、ある人の身長が190cmあると聞くと「大きいなあ!」と驚きますよね。私たちは、日本人男性の平均身長が175cmくらいであることを知っているため、それと「比較」して15cmも大きいことに驚くのです。

しかし、「全国に歯科医は7万件ある」という情報ならどうでしょうか。この「7万件」という数字は、「身長190cm」と違い、多いのか少ないのかいまいちピンときません。それはなぜか? 比較対象がないために、数字の持つ意味が伝わらないのです。

ビジネススクールのグロービス経営大学院教員である鈴木健一氏は、以下のように解説しています。

人間は常に比較をして生きています。目に入るものも大きいか小さいか、美しいか美しくないか。何かを選択するときも、どちらを選べば自分にとって有利か不利か、損か得か。逆にいえば比較をしないと意味の抽出ができない。この比較を端的に行えるのが数字なのです

(引用元:プレジデントオンライン|孫正義、ジョブズ、鈴木敏文……数字で語る!「スピーチの心理学」[2] ※太字は筆者が施した)

先の歯科医の例に、「コンビニは全国に5万件ある」という比較対象を加えてみましょう。すると、聴き手は「あんなにたくさんあるコンビニよりも、さらに多いなんて!」と、すごさを理解してくれるはずです。コンビニがいかにたくさんあるか、ということは誰もが共有しているため(自宅の周りだけでも5件あるなど)、「物件数の多さ」という量感の基準になるのです。

  • この200日で売れたiPhoneは400万台。 → 1日あたり2万台が売れた
    (※アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのプレゼンより)
  • 人間の脳細胞をすべて直列につなげると16万km → 地球4周分の長さ
  • 地球の直径は12000km、月の直径は3400km → 地球がメロンなら、月は梅の実

このように、比較対象と数字を設けることで、より具体的にイメージを共有することができるようになりますよ。

***

  • 主題を最初に示す
  • 間を取る
  • 比較対象と数字を示す

話し上手になるための、3つのコツを解説しました。すぐにでもまねできるものばかりなので、プレゼンや日常会話の中に取り入れてみてくださいね。

(参考)
プレジデントオンライン|話をおもしろくするアナウンサー話術5
プレジデントオンライン|孫正義、ジョブズ、鈴木敏文……数字で語る!「スピーチの心理学」[2]
プレジデントオンライン|孫正義、ジョブズ、鈴木敏文……数字で語る!「スピーチの心理学」[1]
ナショナルジオグラフィック|人間の脳の神経線維は地球何周分?
ダ・ヴィンチニュース|地球がメロンの大きさだったら…? 科学の世界のスケール感を知ろう

【ライタープロフィール】
佐藤舜
中央大学文学部出身。専攻は哲学で、心や精神文化に関わる分野を研究。趣味は映画、読書、ラジオ。人生ナンバーワンの映画は『セッション』、本は『暇と退屈の倫理学』。好きな芸人はハライチ、有吉弘行、伊集院光、ダウンタウン。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら