やる気を出したければ “あの色” を見ればいい。医師も推薦「色の呼吸法」が心身に効く。

色の呼吸法-01

新しい環境や、新たな仕事、初めて取り組むプロジェクトなど、ビジネスパーソンには、緊張をともなう機会が数多くあります。「うまくいかないなぁ」と落ち込んだり、不安になったりすることもあるでしょう。 そんな気持ちを整えてくれる運動や瞑想もいいけれど、仕事のちょっとした合間に取り入れられる簡単な方法も知りたい、というのであれば、医師も推薦する「色の呼吸法」がピッタリです。

色は人間の心身と関係している?

内科・小児科・神経内科のほか、代替医療や東洋医療にも力を入れている「芦屋こころとからだのクリニック」の春田博之院長は、自身が体調を崩した際、体が大変になればなるほど【色】に敏感になると気づいたそう。やけに不快な色や、強く欲する色が出現したからです。

そこで、患者さんにアンケートをとり始めたところ、その人が好む色と、そのとき症状のある部位のチャクラの色が、一致しているとわかったのだとか。 チャクラとは、ヨガの世界でエネルギーの出入り口があると考えられている7つの部位のこと。

頭頂部は紫、眉間は藍、喉は青、胸の中心は緑、みぞおちは黄、下腹部はオレンジ、下半身は赤と言った具合に、それぞれ象徴となる色があります。

そこから春田院長は色と心身の関係をさらに探求し、診断やカウンセリングで活用するようになったのだとか。同氏は、「色と呼吸法の組み合わが、心身のケアに役立つ可能性は十分にある」と述べます。

色の呼吸法-02

呼吸の効果

【呼吸】は自律神経に作用する

首都大学東京・人間健康科学研究科の北一郎教授によれば、不安定な状態が続くと自律神経などの働きが変わり、呼吸が速くなるそう。逆をいえば、呼吸で気持ちを整えることも可能だということです。

たとえば緊張や不安で心臓がドキドキしてきたら、意識的に深くゆっくりと呼吸し、自律神経に働きかけるわけです。そうすれば、副交感神経(リラックスに関係する自律神経のひとつ)の働きが良くなり、気分が落ち着くとのこと。東京有明医療大学副学長の本間生夫教授は、「呼吸で感情はある程度コントロールできる」といいます。

それに、呼吸は情動(喜怒哀楽)をつかさどる脳の扁桃体にも働きかけるのだとか。深くて大きい、ゆったりとした呼吸が同調し、落ち着きを取り戻させてくれるそうです。

色の呼吸法-03

色の効果

【色】は心と体に作用する

日本成人病予防協会によれば、色(可視光)も電磁波の一種。目から入った色の刺激は、脳の視床下部に届くそう。視床下部は、体温の調節や、代謝、心臓血管、内分泌などの機能を調節する生命維持の中核。人の精神とも深くかかわっています。

たとえば、赤や黄色といった「暖色系」の色は交感神経(活動の自律神経)を、青や紫など「寒色系」の色は副交感神経(休息の自律神経)を活発にするとのこと。

赤で統一された部屋に入ったときのほうが、青で統一された部屋に入ったときよりも、脈拍数や体温が高くなるという実験結果もあるといいます。 だからこそ、気持ちが不安定になったときに色を役立てる「カラーセラピー」が存在するわけですね。

色の呼吸法-04

「色の呼吸法」のやり方

色の影響は、イメージするだけでも受けられます。たとえば自分が暖色系の部屋にいる想像をすると、なんとなく温かく感じる気がしませんか? 逆に、寒色系の部屋にいると想像すると、ひんやりするのではないでしょうか。

つまり「色の呼吸法」とは、こうした作用がある【色】を、【呼吸】そのものの作用を働かせながら、体内に取り入れる方法です。

実はこれ、1999年に刊行された『美しくなるカラーブリージング―美容と若返りと健康を実現する色の呼吸法』により、アメリカでは既に広く知られた方法なのだそう。著者でもあるイボンヌ・マーティンさんは、色の呼吸(Color Breathing)で見た目が20歳も若返ったのだとか。ビフォー・アフターの驚くような変化が、世間を驚かせています。

そんな、「色の呼吸法」のやり方を、春田博之院長のアドバイスをもとに説明していきます。いい空気を体内に送り込むために、まずは、体の中のネガティブな空気を先に吐き出してしまいましょう。

● ステップ1:ネガティブを吐き出す

1.胸にどんよりと滞る「真っ黒な空気」をイメージ
2.「真っ黒な空気」を、口からゆっくりと吐き出す
3.喉のあたりで「真っ黒」から「灰色」に薄まっていくのをイメージ
4.口から外に出た「灰色」から「虹色」になるのをイメージ
5.「虹色」がさらに薄まり、「空気に溶けて消える」までイメージ

これを何度か行うと、気持ちがスッキリするとのこと。

色の呼吸法-05

● ステップ2:ピンク色の空気で内臓ポカポカ

1.好きなピンク色をイメージ
2.ピンク色を吸い込むように鼻から息を吸う
3.ピンク色が体の中心を通って下にいくようイメージ
4.ピンク色ががゆっくり下に降りたら、下腹部に落ち着かせる
5.下腹部から温かさや幸福感が全身に広がっていくのをイメージ
6.息を吐くときは、口から毒素を体外に出すイメージで吐き出す
7.吐き出すとき、ピンク色はそのまま体内に残すイメージを

この呼吸を何度か繰り返していると、お腹が温まってくるとのこと。内臓が温まれば働きも良くなり、第二の脳ともいわれる腸の不調も改善されることが期待できます。

春田院長は、下腹部が温まり内臓の調子がよくなれば、肌のコンディションもよくなるといいます。これが、イボンヌ・マーティンさんを若返らせた要因ですね。

色の呼吸法-06

色で応急処置

少しでも不安定な要素を感じたときは、色で応急処置するのもおすすめです。衣服やハンカチ、小物などで補うもよし、移動時や外出先で目当ての色を探すのもよし、ネットで色検索をして素早くその色の光を視覚から取り入れるのもよし、頭の中でイメージするのもよしです。

不安定要素と、それに処方するといい【色】は次のとおり。

やる気、元気が出ない→【赤】:血行とやる気促進
イライラ、不安感→【ピンク】:女性ホルモンと優しさアップ
プレッシャーがある→【オレンジ】:内臓が活発になり積極性と自信が出る
孤独感・不安感がある→【イエロー】:明るい気持ちになって集中力アップ
緊張感・疲れ→【グリーン】:リラックス効果と安心感
イライラ、眠れない→【パープル】:リラックス効果と鎮静作用

***
日々の生活の中で、あるいは仕事の合間にさりげなく、「色」と「呼吸」で心身を整え、パフォーマンスをグンと上げてくださいね!

(参考)
ケンカツ!|【色と症状の関係とは】医師も太鼓判!心身ケアに役立つ呼吸法
NIKKEI STYLE|ヘルスUP|緊張の春、呼吸法で乗り切る カギは「ゆっくり深く」 
生活習慣病を予防する 特定非営利活動法人 日本成人病予防協会|健康管理情報(10/11)|ストレス解消法 ~カラーセラピー~ 
コトバンク|視床下部(ししょうかぶ)とは
クーリエ・ジャポン|「メンタル強化」から「免疫力アップ」まで、腸内細菌を制する者が肉体を制する! 
リンダ クラーク著,イボンヌ マーティン著,林陽著(1999),『美しくなるカラーブリージング―美容と若返りと健康を実現する色の呼吸法 (ヒーリング・ブックス) ,中央アート出版社.

【ライタープロフィール】
StudyHacker編集部
皆さまの学びに役立つ情報をお届けします。

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら