「スキルはある」のに「評価してもらえない」人の特徴3つ。話すときの “あの癖” はかなりマズい

スキルはあるのに誤解されやすい・評価されにくい人の特徴01

「社会人経験を積み、スキルが高くなってきたと実感する」
「個人での実績を着実に出しているし、自信もついてきた」
——なのに、それほどいい評価は得られていない……。

実力はあるはずなのに、「上司や同僚などから十分に認められていない」と感じてしまうのは、あなたが誤解を生む言動をしているせいかもしれません。

今回は、スキルはあるのに誤解されやすく、評価してもらえない人の特徴を3つ取りあげます。思い当たる点がないか、ご確認ください。

1.「正論」を鋭く言いがち

たとえ正論でもストレートすぎる言い方をすると、評価してもらえなくなるかもしれません。

株式会社クレディセゾン取締役の小野和俊氏は、「何かを変えようと思うなら、正論を振りかざすのはNG」だと言います。

こんなシーンを思い浮かべてみてください。

――対面での会議を好む上司に対してあなたが、「対面での会議は非効率です。オンラインを導入すべきですよ」と、会議のデジタル化を主張する――

このようなコミュニケーションは、相手の考えを完全に無視している点と、言い方が強すぎる点でNG。仮に意見が通ったとしても、上司や周囲はあなたに対し不快感を抱き、「今度からあの人の意見には賛成したくない」と思いかねません。いくらあなたが、知識や実力のある人材であったとしてもです。

スキルはあるのに誤解されやすい・評価されにくい人の特徴02

株式会社グロービスで論理思考系科目の講師経験がある御代貴子氏によると、正論を突きつけて相手を追い詰めることを「ロジカルハラスメント」と呼ぶのだそう。

ただし意見を論理的に述べること自体は、ハラスメントではありません。むしろ論理的な意見は、ビジネスコミュニケーションを円滑にするうえで重要なもの。問題なのは、相手の感情や状況に配慮せず、正論で圧力をかけることなのです。

たとえば、後輩から対人関係の悩みを相談されたとき、「要するにあなたの問題点は頼みを断れないことでしょ。アサーティブに断れば解決する」などと言ったらどうなるでしょう? 後輩はあなたの話を頭では理解できても、「そう簡単には……」と感情面では納得しないかもしれません。

御代氏によれば、会話をする前提条件は「相手の感情を否定しない」こと。正論を述べる前に、相手の立場や感情を想像してみてください。「あなたはそう考えているのですね」と理解した態度を示すように心がけましょう。

スキルはあるのに誤解されやすい・評価されにくい人の特徴03

 

2.「批判」する癖がある

自分に自信があるがゆえ、「部下は何かと問題が多くて困る」「上司は本当に融通が利かないよな」などと人を批判する癖がある人は、周囲から「面倒くさい人」だと認定されてしまう――心理カウンセラーの石原加受子氏は、こう指摘しています。

もちろん、部下が行なった業務へのフィードバックや、改善が目的の建設的な批判であれば、問題ないことも多いでしょう。

注意が必要だと石原氏が言うのは、仕事とは関係のないダメ出し。たとえば、同僚のSNS投稿を見て「もっとこうしたらいいのに」などと、本人の前であら探しをするような行動が、それに当てはまります。

スキルはあるのに誤解されやすい・評価されにくい人の特徴04

では仕事上のダメ出しであればどう行なってもよいかと言うと、そうではありません。ぜひ知っておきたいのが、「本人のいないところで批判する」という行為には大きなリスクがあるということ。

産業・組織心理学者の山浦一保氏が、社会人300名を対象に実施した調査があります。それによれば、「職場での信頼関係崩壊を経験したことがある」と答えた194名が、信頼が壊れた理由として挙げたもののうち、最も多かったのが「辛辣でネガティブな言動を人づてに聞いた」というものでした。

山浦氏によると、これは「ウィンザー効果」によって説明がつくそうです。ウィンザー効果とは、面と向かって聞く「直接的な情報」よりも、第三者を通して伝わる「間接的な情報」のほうをより信頼する、という心理的傾向のこと。

たとえば、もしもあなたが第三者を通じて「〇〇さんが、あなたのミスが多くて使えないと言っていたよ」と伝えられたら、とても失望するでしょう。「どうして陰で言うんだろう。直接言ってくれたらいいのに」と、不信感も募らせるはずです。それと同じようなことを他者へしてしまわないよう、注意しなければなりません。

仕事仲間との信頼関係を崩さないために、批判の仕方には注意を払いましょう。前出の石原氏によれば、批判や意見を述べるべきタイミングは、アドバイスを求められてから。相手は自分の意見を欲しがっているのかどうか、先に確認する癖をつけるとよいとのことです。

スキルはあるのに誤解されやすい・評価されにくい人の特徴05

3.「自分の成果」に目が向きすぎている

経験を重ねるうち「もっと実績を上げて高い評価をもらおう」と、より強い向上心をもつようになる人も多いでしょう。その向上心は間違っていませんが、「自分の成果」しか見ていないようだと、周囲から敬遠されてしまうかもしれません。

多摩大学大学院名誉教授の田坂広志氏は、仕事ができる優秀な人が突き当たる壁として「感情の壁」を挙げています。これは、「実績を上げたい!」という感情に支配され、周囲の心がわからなくなってしまう状態のこと。以下のような状況がその一例です。

  • 企画会議で、自分の案を通したい気持ちが強く、他人の意見に耳を傾けない
  • 商談で、商品の魅力を伝えたいあまり、客の気持ちを考えず一方的に商品の説明をする
  • リーダーが「チームの成績を上げたい」と考え、無理なスケジュールをメンバーに要求する

田坂氏によれば、「感情の壁」に突き当たるビジネスパーソンは、仕事に対する意欲も責任感もあるとのこと。ところが、「評価されたい」「早く実績を上げたい」という向上心が強いあまり、自分のことしか見えず、周囲への配慮が欠けてしまうというのです。

スキルはあるのに誤解されやすい・評価されにくい人の特徴06

また、コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子氏によれば、ビジネスで成功するには “有能さ” よりも “好感度” のほうが重要とのこと。その根拠は、2005年に『Harvard Business Review』に掲載された調査です。行動心理学者が10,000件に及ぶデータをもとに、組織内にいる以下4タイプのうち、どのタイプが「一緒に働きたい」と思われやすいかを調べたそう。

  1. 「愛されるスター」……好感度が高く、仕事もできる
  2. 「無能で嫌な人」……好感度が低く、仕事もできない
  3. 「愛される愚か者」……好感度は高いが、仕事はできない
  4. 「有能で嫌な人」……好感度は低いが、仕事はできる

「愛されるスター」が好かれ、「無能で嫌な人」が避けられるのは、言うまでもありませんが……驚くことに、残り2タイプを比べると、「有能で嫌な人」より「愛される愚か者」のほうが、一緒に働きたいと思われやすいことがわかったのです。

この結果が示唆しているのは、いくら実績がよくても対人関係能力がいまひとつだと、なかなか評価は得られないということ。これをふまえ岡本氏は、ビジネスの成功には「人たらし力」が鍵になると言います。

たとえば会話は、自分の知識を披露するよりも、相手の考えや関心事に耳を傾け “相手主役” で進めるといいとのこと。自分が発言する中身は、「相手に関することを8割:自分に関することを2割」にするのが目安だと言います。そして、やっぱり笑顔が重要だそうですよ!

***
今回の記事を参考に、コミュニケーションを工夫してみてください。経験を積んだあなたが、本来の評価を得られることを願っています。

(参考)
ダイヤモンド・オンライン|「意識は高いけど、品質が低い人」の残念な習慣
GLOBIS CAREER NOTE|相手を追い詰めるロジハラが起きる原因と、ロジハラをされた時の対処法
Precious.jp|「面倒くさい人」認定されるのでやめた方がいい発言&行動7選
ダイヤモンド・オンライン|職場で信頼されなくなってしまう人の何気ない行動【リーダーのための心理学】
KAKEN|23730593 研究成果報告書
ダイヤモンド・オンライン|「悪口」は本人の耳へ必ず入るもの!それは「ほめ言葉」も一緒
ダイヤモンド・オンライン|「仕事はできるが、人の気持ちが分からない人」はいつか必ず転ぶ
東洋経済オンライン|頭の良さより「好感度」で人生が決まる納得理由
Harvard Business Review|Competent Jerks, Lovable Fools, and the Formation of Social Networks
東洋経済オンライン|孫社長の卓越した「コミュ力」の秘密とは?

【ライタープロフィール】
青野透子
大学では経営学を専攻。科学的に効果のあるメンタル管理方法への理解が深く、マインドセット・対人関係についての執筆が得意。科学(脳科学・心理学)に基づいた勉強法への関心も強く、執筆を通して得たノウハウをもとに、勉強の習慣化に成功している。

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら