Young woman paying at a fast food restaurant

勉強、どこでしますか?

自宅、図書館、自習室、カフェ。いろいろな場所が挙げられますが、今回オススメしたいのが、マクドナルド。かの有名なファストフード店です。うるさいし、すぐ追い出されるし、椅子は硬い。勉強とはかけ離れたイメージのマクドナルド。でも、本番ギリギリ、時間がない時。ここぞ!という時に利用するならば、これほどぴったりな環境はないのです。

マックで勉強をおすすめしたいのは、ズバリこんな時。
・「やばい、終わらない!」期限ギリギリの作業を抱えている時。
・「あと一時間だけ!」短期集中で一気に詰め込みたい時。
・「30分で終わらせる!」タイムアタックしたい時。

今日は、ここぞ!の時のギリギリ勉強マニュアルです。

badge_columns_1001711短時間なら、マックは最高の環境

マックで勉強。当然ですが、ギリギリの状況で勉強する時、長時間は滞在しません。すると重要になってくるのがコストパフォーマンス。当然コスパの面で、マクドナルドは優れていますね。席料はかかりませんし、単価も安い。短時間だったら追い出される心配もありません。椅子が硬いのも、少しの間なら気になりません。
さらに、一見ネックになる周囲の雑音。最近では、適度な雑音が集中力を高めることも明らかになっています。ストックホルム大学のSöderlund氏らによる研究によれば、普段集中力が足りない生徒に「ホワイトノイズ」と呼ばれる不規則な雑音を聞かせると、学習効果が上がったんだとか。マックでの周囲の話し声、なんてまさに「不規則な雑音」そのものですよね。実は勉強に最適な空間だったのかもしれません。

長時間学習からの脱却。多忙な就活生が短時間でTOEIC®855点獲得した、科学的理由。
人気記事

badge_columns_1001711小さな机だからこそ。効率良くスリムな勉強を。

でも、マックの机って勉強しにくい……。
そんな声も聞こえてきそう。でも、考えてみてください。短時間でタイムアタック。集中してがっつり詰め込む。こうした時に必要になるのが、「的を絞って勉強する」ということ。
TOEICのテスト前日に、「単語も熟語もリスニングもやらなきゃ。あ、リーディングのテキストも終わってない……」なんて「あれもこれも」状態になったら、良い成績は残せません。時間がない時は、スリムに勉強することが必要なのです。机が小さければ、一つに絞って勉強するしかありません。時間が限られている時。締め切りが迫っている時。邪魔になるものがない「小さい机」は、逆に余計なものをそぎ落としてくれる効果があります。

Friends At The Mall

badge_columns_1001711ジャンクフードは脳にいい!?マックに隠されたまさかのメリット

環境だけではありません。マックが勉強に効く理由は、フードにもあります。ご存知の通り、脳の栄養になるのはブドウ糖。摂取には二種類の方法があると言われています。一つ目が、甘いものを食べる方法。甘いものにはブドウ糖がそのまま含まれていますから、即効性があります。
二つ目が、炭水化物をとる方法。炭水化物は消化してからブドウ糖になりますから、即効性はありません。即効性があるなら、甘い物でいいじゃん…と思ったあなた。ちょっと待ってください。人間の体は、血糖値を一定に保とうとしています。
甘いもので一気に血糖値が上がっても、体はホルモンを大量に放出、一気に血糖値を下げてしまいます。これでは意味がありませんね。脳の働きを高めても、すぐに元に戻ってしまいますから。
そこで大切なのは、甘いものと炭水化物をバランスよく食べること。炭水化物は時間が経ってからブドウ糖に変わるため、甘い物が切れた頃に威力を発揮します。徐々に血糖値を上げ、継続して脳を活性化させるのです。マックのメニューならそれが可能。コーラなど糖分を含んだドリンクに、ポテトやハンバーガーなど、炭水化物豊富なフードメニュー。健康に悪そうに見えて、意外にも脳を働かせるためには良いのです。毎日という訳ではないので、ギリギリの頑張りフードと考えてください。

***
いかがですか?マックで勉強なんて、ありえない!そんな風に思わずに、ギリギリの状況で勉強したい時には、ぜひ利用してみては?

参考:Söderlund, G. B., Sikström, S., Loftesnes, J. M., & Sonuga-Barke, E. J. (2010). The effects of background white noise on memory performance in inattentive school children. Behavioral and Brain Functions, 6(1), 55.
勉強方法と試験対策のコツ|受験生と食事


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。