「定量的」と「定性的」とは? 正しい意味や違いを知っていますか?

teiryo-teisei01

 

ビジネスシーンでよく登場する「定性的」「定量的」という言葉。よく耳にするけど、実はよくわからないという声が挙がっているそうです。元々理系の分野で使われていた言葉なので、文系の人だと分からなくても仕方ないかもしれませんが、これらの言葉を理解し使い分けることが出来るようになれば、様々なメリットがあります。

というわけで、今回は「定量的」と「定性的」の違い、そして何故知っていると良いのかということについてお話ししましょう。

 

「定量」と「定性」の意味

 

Wikipediaの「定量的研究」という項目には以下のような記述がされています。

定量的研究(ていりょうてきけんきゅう、英: quantitative research)は、対象の量的な側面に注目し、数値を用いた記述、分析を伴う研究。

(引用元:Wikipedia|定量的研究

定性的研究とはこの対概念であり、「対象の質的側面に注目する」という特徴があります。

もっと噛み砕いて言えば、定量的な表現とは具体的な数値を使った表現のこと。一方、定性的表現とは抽象的な表現のことを意味します。

例を挙げて考えてみましょう。

・課題の進捗が悪い時 定性的:「まだ全然終わってないよ。1日中やってもしばらくかかりそう」 定量的:「まだ1/3しか終わってないよ。1日8時間かけたとしても3日間かかる」

・食べ物の栄養について 定性的:「○○は身体によいのでそれを多く含む△△を毎日食べると良い。ただし食べ過ぎには注意」 定量的:「○○は1日6mg毎日摂取すると身体によいので1本当たり4mg含む△△を食べましょう。ただし、15mg以上摂取してはいけません」

どうでしょうか。この例だけを見ると、定量的説明の方が優れているように感じますね。しかし、定性的な説明にもメリットはあります。数字で説明するより早かったりイメージしやすかったりするヒトの情緒や雰囲気など、定量的には表すことのできないことも表せるのが定性的表現のメリット。定性的にしか表現できないことも数多くあるので、どちらが優れているとは言えません。

 

センター理系は定性的問題

 

定量的、定性的について理解しておくことが何故良いのか、筆者の経験からお話ししましょう。

私は高3の夏に受けたマーク模試の物理で17点(100点満点中)をとった苦い思い出があります(名誉のために言っておくと本番では無事9割近くとれました)。

勉強不足ももちろんありますが、この危機的点数には「定性的」に考えることが出来なかったという原因があります。

難関大志望でもセンターは形式に慣れておいた方がいいとよく言いますが、これはマーク形式に慣れろなどということではなく、センター試験の理系科目は定性的問題が多く出題されるからなのです。

定量的問題は数式や計算を用いて解く問題で、2次試験ではこちらの方がより多く出題されます。それに対して定性的問題は、化学であれば物質の性質についての正誤判定、物理なら物体の動く方向を選ばせるなど、知識や公式を元に正しく答えられるかを試す問題が主です。これらの中には計算で解けるものもありますが、計算が面倒だったり必要な値が与えられていなかったりして、ドツボにはまる罠が仕掛けられていることが大半。

定性的に考えることに慣れていない為に間違えたり、罠にかかって計算ミスをしたりしたために、私は17点という考えられない点数をとったわけです。

センターの出題形式に慣れるとは定性的問題に慣れること。また、定量的な問題であっても先に定性的に考えて、最終的な答えの目安(値の正負や位など)を立てておくと、ケアレスミスによるズレなどに気づくことが出来るようになります。

 

teiryo-teisei02

 

情報の見極めは定量的であるかどうかがポイント

 

先ほど、「○○は身体によいのでそれを多く含む△△を毎日食べると良い」という定性的説明の文章例を挙げました。インターネットで様々なハックが共有されている昨今、こういう書き方をした記事を目にすることも少なくありません。

定性的な説明は確かにイメージしやすく、すんなり納得出来ます。しかし、その効果がどれほどのものであるかなどを明示していない場合には、ほんの少しの効果しかないにも関わらず大々的に取り上げていたり、虚偽の情報を本当らしく装っているひどい記事である可能性もあります。ですから、情報の真偽を見極めたりするときには、定量的に考えることを心がけましょう。

 

*** いかがでしょうか。

この記事では説明や問題について述べましたが、定量的調査や定性的目的、定量的情報など、あらゆる分野において用いられる言葉です。この違いをしっかり把握し使い分けできるようになることが、ビジネスや日々の生活をよりスマートにする第一歩かもしれません。

 

(参考)

Wikipedia|定量的研究 マイナビニュース|システムの評価、できてますか?(2)定性的と定量的って? 株ちゃお|定性的情報・定量的分析

 


京都大学農学部森林科学科所属。岐阜県立岐阜高校卒業。高校時代は剣道部、大学では体操部に所属。大の神社好き。年間60社以上参拝している。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら