社会人・学生向け理想的モーニングルーティン9選

理想的なモーニングルーティン

モーニングルーティンとは「朝の習慣」のこと。一般的に、「起床してから家を出るまでの毎朝の流れ」を意味する言葉です。芸能人やYouTuberによる「モーニングルーティン動画」がブームになり、「理想的な朝の過ごし方」を模索する人が増えています。

モーニングルーティンは、心身のコンディションを整え、仕事や勉強のパフォーマンスを高めるために重要です。社会人・学生向けに、一日を気持ちよくスタートできるモーニングルーティンをご紹介します

モーニングルーティンの目的

まずは、モーニングルーティンの目的を確認しておきましょう。

身体を目覚めさせる

モーニングルーティンによって身体を動かし、刺激することで、心身が覚醒します。シャキッとした気分で元気よく一日をスタートできるでしょう。

一日の準備をする

モーニングルーティンには、着替えなどの身支度や家事も含まれます。一日の計画を立てたり、仕事や勉強の準備を整えたりすることも同様です。

自己投資をする

最重要と言ってもいいモーニングルーティンの目的は、将来のための自己投資です。脳科学者の茂木健一郎氏によると、朝は脳が最もさえており、外から邪魔が入らないため、ひとりでの活動に最適なのだとか。自分の将来についてじっくり考えたり、夢の実現に向けて勉強したりなどの「自分磨き」に取り組むのも有意義です。

これら3つの目的を意識しつつ、どんなモーニングルーティンを行なうか、次の章から考えていきましょう。

モーニングルーティンの目的

社会人・学生向けの理想的ルーティン

社会人・学生におすすめのモーニングルーティンとして、9つご紹介します。あなたはどれを取り入れますか?

ベッドで準備運動する

「モーニングルーティン以前に、眠すぎてなかなかベッドから出られない」という方には、ベッドの上で準備運動をするルーティンがおすすめです。腕や脚を動かすことで血行がよくなり、身体が覚醒します。以下は、精神科医の保坂隆氏がすすめる「脳をフル回転させる」準備体操です。

  1. 仰向けになって両腕を上げる
  2. 両手を10回ほど振る
  3. 両膝を立て、大きくゆっくり回す。左回りと右回りで10回ずつ
  4. 四つんばいになり、両手足を直角に立てる
  5. 息を大きく吸いながら胸を突き出し、背を反らす
  6. 息を吐きながら、へそをのぞき込むように背を丸める
  7. 4~6を5、6回繰り返す
  8. 四つんばいで背を伸ばし、深呼吸しながら首をゆっくり左右に大きく振る。尻をのぞき込むイメージ
  9. 四つんばいのまま姿勢を低くし、全身の力を抜く。そのまま10秒

朝起きるのが苦手な方は、この体操をぜひ実践してみてください。

水を飲む

起床後は、水を500mlほど飲みましょう。脳科学者の池谷裕二氏によると、寝ているあいだに身体から多くの水分が失われるため、朝は軽い “脱水状態” なのだとか。体内の水分が少しでも足りないと、頭痛や吐き気が生じるだけでなく、記憶力や認知能力が低下する恐れすらあるそうです。

イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学による2013年の共同研究でも、知的作業の前に500mlの水を飲んだ被験者は、飲まなかった被験者より14%も反応時間が速かったと判明しました。体調不良を防ぎ、脳を働かせるため、起きたら水を飲む習慣をつけましょう。

朝日を浴びる

ベッドから出たら、カーテンを開けて朝日をたっぷり浴びましょう。精神科医の樺沢紫苑氏によれば、目の奥にある網膜が太陽の光をキャッチすると、神経伝達物質・セロトニンが分泌されるそう。セロトニンは、精神の安定や脳の覚醒に深く関わっています。セロトニンが増えることで心身が目覚め、すがすがしい気分で一日をスタートできるのです。

また、朝日を浴びれば、睡眠ホルモン・メラトニンの分泌がストップします。作業療法士・菅原洋平氏によると、メラトニンの分泌を止めるには、1,500~2,500ルクスの明るさが必要だそう。窓から1m以内であれば、室内でも3,000ルクス程度の光を浴びられるとのことです。

カーテンを開けるためにベッドから出ることすらつらい方は、光式の目覚まし時計を使うのも手です。時間が来ると数万ルクスの強力な光を照射し、起床を促してくれます。

散歩する

セロトニンを分泌させるには、散歩も効果的です。前出の樺沢氏によると、「リズム運動」でセロトニンが活性化するそう。

樺沢氏は、起きてから1時間以内に15~30分散歩することを推奨しています。晴れた日は、近所や公園を歩き回ってみましょう。セロトニンが分泌されるだけでなく、自律神経のバランスが整うそうですよ。

朝食をとる

朝食をとることも、基本的かつ重要なルーティンです。2010年に発表された東北大学と大塚製薬の共同研究では、

  • 栄養調整食品(400kcal)
  • 糖液(400kcal)
  • 水(0kcal)

という3種類の朝食を用意し、それぞれの条件下で被験者にテストを行なわせ、脳活動を測定したそう。「栄養調整食品」の条件では、ほかの条件に比べて以下のような結果が得られました。

  • 疲労感が弱い
  • 集中度が高い
  • 脳の前頭前野が活発に働く

つまり、朝食をとるのはもちろん、朝食の栄養バランスを考慮することで、脳のパフォーマンスを高められるのです。最低でも、以下に挙げる栄養を朝食に取り入れましょう。ひとり暮らしの場合、特に意識してみてください。

ブドウ糖

ブドウ糖は、脳と身体を動かすのに不可欠です。主にパンやお米などの主食を通じて得られます。

管理栄養士・大島菊枝氏によると、朝のおすすめは「米食」。消化・吸収のスピードがゆるやかで、ブドウ糖が長時間供給され続けるためです。いわゆる “腹もちがいい” ということですね。脳研究者の瀧靖之氏は、白米よりさらに吸収がゆるやかだとして、玄米をすすめています。

◆おすすめの食品

  • 玄米
  • 五穀米 など

ビタミンB群

ブドウ糖をエネルギーとして使うには、ビタミンB群が必要です。ビタミンB群が不足すると、せっかくのブドウ糖を活用できず、エネルギーが足りなくなってしまいます。主食だけでなく、ビタミンB群が豊富な食品を食べましょう。

◆おすすめの食品

  • 納豆
  • 豚肉
  • 玄米 など

タンパク質

タンパク質は、身体の組織をつくったり機能させたりするのに欠かせません。

◆おすすめの食品

  • 大豆
  • 牛乳 など

3種類の栄養素を軸に、バランスのいい朝食をとりましょう。糖分とビタミンB群の両方を含む玄米、ビタミンB群とタンパク質を含む卵・納豆・豚肉は、特におすすめです。

◆おすすめの朝食メニュー

  • 玄米+目玉焼き+ツナサラダ
  • 玄米+納豆+焼き魚
  • 五穀米+ハム+鮭フレーク

柑橘類を食べる

可能であれば、柑橘系のフルーツも朝食に取り入れてみましょう。精神科医の西多昌規氏によると、柑橘類、特にレモンは、心を落ち着かせる物質「GABA」の働きを弱めて脳を目覚めさせるそうですよ。

◆朝におすすめの柑橘類

  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • レモン
  • レモン系飲料

ToDoリストをつくる

仕事や勉強に取りかかる前は、その日やるべきことをToDoリストにしましょう。一日をムダなく過ごし、実り多いものにするために欠かせません。行動科学コンサルタントの冨山真由氏は、以下のようなつくり方をすすめています。

  1. その日やるべきことを、期限が近い順に書き出す
  2. 必ずその日にやるべきことに「○」、翌日以降でもいいことに「×」をつける
  3. 午前・午後前半・午後後半に一日を3分割し、タスクを割り振る

このようにToDoリストをつくれば、タスクに手をつける順序が明確になり、仕事・勉強を効率よく進められます。

「書く」ことで頭を整理する

なんだか心が落ち着かない。頭がモヤモヤしている……。そんな朝には、思考や感情を紙に書き出し整理してみましょう。「朝イチ業務改革コンサルタント」の池田千恵氏は、以下に挙げる5つの項目を、週に1度ほど書き出すことをすすめています。

  • 締切が近い課題は何か?
  • 読むべき・読みたい本や資料は何か?
  • 連絡しないといけない人はいないか?
  • やりかけたままの計画はないか?
  • 手つかずの目標や夢はないか?

いますべきことは何か、将来に向けてどう準備すべきかなど、大局的に把握できます。思考や感情を整理する手段としては、思いつくままに言葉を書き出す「ジャーナリング」もおすすめです。詳しくは「頭に浮かぶことを “紙に書く習慣” 始めませんか? 科学的に証明された『ジャーナリング』のすごさ。」をご参照ください。

重要な仕事や作業に取り組む

朝は脳がフレッシュな状態で、邪魔が入りにくいため、何かに集中するには最適の時間帯です。以下のように集中力・創造力を要するタスク、特に重要性が高いタスクは、朝の時間帯に回しましょう。

「朝に30分だけ作業する」というモーニングルーティンを続ければ、大きな成果を得られます。

社会人・学生向け理想的モーニングルーティン9選

モーニングルーティンをさらに学ぶ本

モーニングルーティンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の本も参考にしてみてください。

『ストレスが消える朝1分の習慣』

精神科医の西多昌規氏による『ストレスが消える朝1分の習慣』。医学的な知見に基づき、心身のコンディションを整えるモーニングルーティンの具体例を紹介してくれます。この記事で紹介した以外にも、

  • 冷水で顔を洗う
  • 鏡の前でつくり笑いをする
  • 通勤電車で音楽やラジオを聴く

などの簡単なルーティンが多数掲載されているので、朝の習慣を改善したいならまず手に取ってみてください。

『脳を最高に活かせる人の朝時間』

脳科学者・茂木健一郎氏が合理的な朝の過ごし方を解説する『脳を最高に活かせる人の朝時間』。身体的な刺激によって脳を活性化させるテクニックや、

  • 達成感を積み上げる
  • ポジティブな言葉を発する
  • 「歩行禅」を行なう
  • 「好奇心のサイクル」を回し、やる気を高める

など、精神的なアプローチも多く紹介されています。

『朝1時間ですべてが変わる モーニングルーティン』

「朝イチ業務改革コンサルタント」・池田千恵氏による『朝1時間ですべてが変わる モーニングルーティン』。池田氏によると、朝の1時間は「将来への種まきの時間」なのだとか。この時間を活用すれば、あらゆる悩みや問題が解決できるそうです。

具体的には、朝1時間のうち30分を「その日の計画」に、残り30分を「将来に向けた計画・活動」に当てます。『朝1時間ですべてが変わる モーニングルーティン』は、その詳しいやり方を解説してくれるほか、以下のような基本テクニックも教えてくれますよ。

  • 早起きのコツ
  • 朝活を継続するコツ
  • 朝の1時間を捻出するコツ

モーニングルーティンや朝活を始めたい方にぴったりの入門書です。

***
どんなモーニングルーティンをするか迷っている方は、ご紹介したものをぜひ実践してみてください。

(参考)
THE21オンライン|「朝の3時間」は、最速で仕事がはかどるゴールデンタイム
Precious.jp|生涯現役の頭を手に入れる!簡単で続けられる「脳を老化させない朝習慣」5選
NewsPicks|脳科学的に考える、朝を最強にする方法
WIRED.jp|水を飲むと脳が活性化する:研究結果
mi-mollet|名医が教える「朝、1杯の水を飲む」だけで健康でいられる理由
Precious.jp|「朝型が得する4つの理由」を、時間術に詳しい精神科医の先生に聞いた!
すやすや部|毎日を充実させる睡眠の法則5
BEST TiMES|「朝散歩」が健康に役立つ最強ルーティンの理由
東洋経済オンライン|うつが「すぐ治る人」「重症化する人」の決定的差
大塚製薬|朝食の質で脳活動が変わる(東北大学 川島隆太教授と大塚製薬 佐賀栄養製品研究所の共同研究)
農林水産省|農林水産省/朝ごはんを食べないと?
東洋経済オンライン|「朝食メニューと成績」の意外に密接な関係
リバーシティクリニック東京|低GI値の食品がおススメ
サーブコープブログ|【管理栄養士監修】ハイパフォーマンスを出したい時に意識したい、栄養素と朝食メニュー
ITmedia ビジネスオンライン|朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
西多昌規(2015), 『ストレスが消える朝1分の習慣』, フォレスト出版.
新R25|朝「よし!始めよう」と声に出すだけで、仕事スイッチが入る科学的な理由
池田千恵(2016), 『朝の余白で人生を変える』, ディスカヴァー・トゥエンティワン.

【ライタープロフィール】
佐藤舜
大学で哲学を専攻し、人文科学系の読書経験が豊富。特に心理学や脳科学分野での執筆を得意としており、200本以上の執筆実績をもつ。幅広いリサーチ経験から記憶術・文章術のノウハウを獲得。「読者の知的好奇心を刺激できるライター」をモットーに、教養を広げるよう努めている。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら