求められるのは、「英語指導のプロフェッショナル」であること。英語パーソナルトレーナー・町田和樹さんが語る仕事の魅力。

【ENGLISH COMPANY】町田トレーナー TOP画像

ここ最近、スポーツジムのように一人一人にパーソナルトレーナーがつく、短期集中型の英語スクールが人気を集めています。そこでは、「英語のパーソナルトレーナー」と呼ばれるスペシャリストたちが、短期間で多くの受講生の英語力アップを実現しています。

今回は、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』のパーソナルトレーナーへのインタビューをお届けします。お話を聞かせてくださったのは、町田和樹さん。塾講師として経験を積んだ彼が現在に至るまでのいきさつや、パーソナルトレーナーの仕事などについて詳しくうかがってきました。

英語はずっと得意

——今日は色々とお話を聞かせてください。よろしくお願いします。

町田トレーナー:よろしくお願いします。

——では早速、町田トレーナーの経歴と現在のお仕事の内容について大まかに教えてください。

町田トレーナー:英文学科を卒業後、学習塾で早稲田、慶應などの難関大学を目指す高校生の指導をしていました。その後、ENGLISH COMPANYへ転職し、現在はトレーナーとしてパーソナルトレーニングとグループトレーニングを担当しています。

——それでは詳しくお話をおうかがいしたいと思います。はじめに、英語との出会いについて教えてください。

町田トレーナー:小学生の頃に近所の英語教室に通い始めたことです。私自身はあまり覚えていないのですが、身近にあるものを英語で教えてくれるようなアットホームな教室だったそうです。そこで英語を好きになり、あとは中高とずっと得意科目でした。英語の勉強だけは苦に感じたことがありません。

——その後、大学の英文学科に進学されていますね。

町田トレーナー:高校時代に通っていた塾の英語講師に憧れていたのですが、彼が会社を辞め、改めて大学で言語学を学び始めたことに強く影響を受けました。そして、私も英語を専門に学んでみたいと思ったのです。

——町田トレーナーも、言語学を専門に学ばれたのでしょうか?

町田トレーナー:そうです。統語論やチョムスキーの生成文法について学びました。

【ENGLISH COMPANY】町田トレーナー 授業風景

教えることに集中したかった

——卒業後は学習塾に就職されたということですが、その頃のお話を聞かせてください。

町田トレーナー:「英語を教える」ということが好きで選んだ仕事でした。専任講師時代は好きなことを仕事にできる喜びを感じながら、楽しく働いていました。しかし教室長になると、授業以外の業務が増え、いつの間にか教えることに専念できなくなってしまいました。もちろんそれらの業務も経営上必要なことだと理解していましたから葛藤はありましたが、やはりどうしても「英語を教える」ということに集中したくなり、転職を決意しました。

——英語を教える仕事はたくさんありますが、どうして「英語パーソナルトレーナー」を選ばれたのですか?

町田トレーナー:「英語を教える」ということに思う存分打ち込める仕事だと思ったからです。1対1でじっくりと生徒さんと向き合えること、大学の頃に学んだ専門知識や先進的な方法を駆使しながら個々にカスタマイズしたトレーニングを行えること、そして生徒さんの成長をつきっきりで見続けることができること、そうした点はパーソナルトレーナーだからこそ経験できることだと思いました。

——そうして、実際にパーソナルトレーナーとして働き始めた当初はどのように感じましたか?

町田トレーナー:まず驚いたのは、専門性と確立した指導方法です。ENGLISH COMPANYには英語教育を大学などで学んだ方が多くいます。面接の際、大学で言語学を学んだことを伝えたら、そこで得た専門的な知識がきちんと評価され、活かせる環境が整っていると言われましたが、入社してみると本当にその通りでした。また、それまで現場での経験を積んで自分なりの指導経験を身につけてきた私にとって、ENGLISH COMPANYでの科学的裏付けを持った指導法はスマートなものに映りました。

新人研修の内容は非常に濃密でした。第二言語習得研究について学び直す良い機会になりましたし、その理論がどうカリキュラムに落とし込まれ、どんな風にトレーニングするのかを実践形式で身につけることができました。これまで第二言語習得研究について学んだことがない人でも、この研修期間中に基礎から学ぶことができると思います。

——求めていた「教えることに集中できる環境」についてはどうですか?

町田トレーナー:今はその通り、理想の環境で働けています。ENGLISH COMPANYにおいてトレーナーが求められるのは、「英語指導のプロフェッショナルであるか」ということです。つまり、仕事上の最優先事項は英語教育の専門性を高め、指導力を高めることであり、全力で目の前の生徒さんの英語力を伸ばすことに集中できます。さらに、各種研修・テスト、留学支援制度やシニアトレーナーなどの社内資格認定制度でトレーナーの成長をサポートしてくれる体制も整っています。

【ENGLISH COMPANY】町田トレーナー ソロ画像

一人でも多くの人の英語力を伸ばしたい

——今では多くの受講生を担当されていますが、何か印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

町田トレーナー:これまで担当した受講生の中には、英語力を伸ばせたことでニューヨーク転勤の夢を叶えたり、仕事でチャンスを掴んだ方がたくさんいらっしゃいます。

また、英語力が伸びたことで自分に自信が持てるようになったと言ってくださった方もいます。その方は、当初、旅行や仕事で少し英語を使うという理由で受講を開始したとおっしゃっていました。しかし、トレー二ングが進むにつれ、厳しい労働環境で働く辛い心境と、本当はそうした現状を変える突破口を開きたい一心で英語学習を決意したという心の内を明かしてくださったのです。90日間で大きくTOEIC®スコアを上げることができ、自信を持って次のキャリアに挑戦する後押しができたことをとても嬉しく思います。

——素敵なお仕事ですね。

それでは、町田トレーナーの今後の目標を教えてください

町田トレーナー:まだまだ学びたいこと、実践したいことがたくさんあります。今はそれらに思う存分打ち込む日々を送っています。そうして自分が成長していくことで、一人でも多くの生徒さんの英語力を伸ばすことができるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

——最後に、これからパーソナルトレーナーとして働いてみたいとお考えの方にメッセージをお願いします。

町田トレーナー:英語を教えることが好き、その一点に集中して情熱を注ぎたい、と考える私のような人にとって、英語のパーソナルトレーナーはぴったりの仕事だと思います。ここではトレーナー全員が英語教育に対する高い専門性と熱い気持ちを持っており、日々切磋琢磨しながらお互いを高め合っていける環境が整っています。

www.youtube.com

***

「目の前の生徒さんを全力でサポートしたい」と語ってくれた、町田トレーナー。生き生きとしたその姿からは、好きなことを仕事にできている喜びが伝わってきました。

ENGLISH COMPANYでは、パーソナルトレーナーを募集しています。ご興味を持たれた方は、ENGLISH COMPANY 採用サイトで募集要項をご確認の上、お気軽にご応募ください。 

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら