一流は “平日の夜” を大切にする。仕事が捗る「夜の習慣」

朝に勉強や運動に励む「朝活」に注目が集まっています。しかし、日々忙しく働くビジネスパーソンにとって、朝に時間を確保することは容易ではないはず。

ならば発想を変えて、「夜時間」に焦点を当ててみませんか? 今回は、仕事が終わってから寝るまでの時間を有効に使うコツをご紹介します。

「夜」時間の重要性

翌日フルパワーで働くために

『日経ウーマン』のアンケートによると、仕事が終わってから寝るまでの時間は平均でおよそ6時間。終業~就寝の時間から、移動・食事・入浴などの時間を引いたものが、自由な「夜時間」です。1日の夜時間は少ないかもしれませんが、それを5倍にするとかなりの時間になるのではないでしょうか。

1日の夜時間が1時間であれば、1週間の夜時間は5時間ということです。5時間もあれば、いろいろなことができそう。有効活用しないのはもったいないですね。

ところで、近年、朝活がブームなのは先述したとおり。『残業3時間を朝30分で片づける仕事術』の著者・永井孝尚氏は、「朝は夜の6倍、生産性が上がる」と伝えています。脳科学者の茂木健一郎氏も、「朝目覚めてからの3時間は、脳にとって1日で最も生産性の高いゴールデンタイム」と様々なメディアで述べています。

しかし同時に、茂木氏は「仕事ができる人は朝時間を貴重なものと捉えているため、その前日の夕方から寝る前までの時間を重視している」とも話しています。つまり、生産性が高まる朝にフルパワーで臨むためにも、「夜時間」はとても重要なのです。

仕事ができる人は「夜」何してる?

朝活の第一人者として知られる池田千恵氏や、起業家の小川晋平氏、マーケティングコンサルタントの新井庸志氏は、翌日の仕事をはかどらせるため、「夜時間」を大切に過ごすことを実践・提案しています。その内容には共通点が多く、まとめると以下のとおり。

  • リラックスする
  • 好きなことをする
  • 簡単に翌日のToDoを書く
  • 翌日の服装や持ち物を準備する
  • しっかりと睡眠をとる

小川氏は、疲れがたまっていると感じた日は、あえて作りかけの書類や返信していないメールといった「やりかけ」を残しておくことで、翌朝の仕事の動機づけを行うそうです。

shigotoikiru-yorusyuukan-02

夜時間の活用を「習慣化」する方法

上で紹介した「夜時間」の過ごし方や、ちょっとしたテクニックは、どれもすぐ実践できるものばかり。それらを参考に「夜習慣」を身につけたいものですが、“こう過ごそう”と考えていても、突然用事が入って計画が狂うこともあります。

しかし、「時間デザイナー」のあらかわ菜美氏は、「何も考えないで使っていると、どんどん無駄遣いする時間は、お金と似ている」と言います。「しかも時間は使わなくても減っていくので、お金以上にどう使うかを考えなければならない」とのこと。そこで、あらかわ氏のアイデア「時間簿」が役立つのです。

「時間簿」のつけ方は簡単。日曜日の夜に、月~金曜の夜に何をするかを決め、ザックリとテーマを書き込むだけ。「飲み会」や「とにかくリラックス」、あるいは習い事ならば「スクール」といったものです。「フリー」というテーマも入れておけば、突然の用事やお誘いがあっても予定を入れ替えられるので、調整しやすくなるはず。ただし、「仕事」は絶対に持ち込みません。

夜の予定が決まっているだけで「何となく時間を消費する」ことを防げるので、時間を有意義に使えるようになるのだとか。「時間簿」という名前、スケジュールをかっちりと組むことが目的ではないのです。

仕事に活きる「夜習慣」まとめ

これまで見てきた「夜習慣」についての情報をまとめましょう。まず、「夜時間」にはリラックスして、好きなことを楽しみ、しっかりと睡眠をとること。なおかつ翌日のToDoを簡単に箇条書きし、翌日の服装や持ち物を準備すること。

また、そのような「夜習慣」を実行するために必要なのは、フレキシブルに使えるフリーの時間も含めた、「平日夜の時間簿」を日曜の夜につくることだと分かりました。

なお、あらかわ氏は1週間の天気を記入しておくことや、毎日30分を夢の実現に使う、といったことなども、夜時間を充実させるルールとして伝えています。ぜひ取り入れてみてくださいね。

***
受験アドバイザーで精神科医の和田秀樹氏は、寝る前に10分でもリラックスして読書をすると「1日を安心して終われる」という精神的効果が生まれると述べています。実はこれ、筆者も強く感じること。眠くなったら無理をせず本を手放して寝ると、不思議とグッスリ眠れます。記憶の定着にも効果的ですよ!

(参考)
THE21オンライン|理想の「朝時間&夜時間」の過ごし方とは?
THE21オンライン|朝からフルパワーな人の「朝時間&夜時間」の過ごし方
J-WAVE NEWS|仕事の効率6倍UP? 「朝残業」のススメ
日経ウーマンオンライン|成長できる夜時間の過ごし方&ルール
All About|For M|翌日の仕事が捗る! “5つの夜習慣”とは?
和田秀樹(2011),『「寝る前の30分」が自分を変える! ――朝から気持ちよくスタートダッシュするための習慣』, 新講社.
茂木健一郎(2013),『脳を最高に活かせる人の朝時間 頭も心もポジティブに』, すばる舎.

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら