勉強できる場所12選【2020年版】

勉強できる場所12選1

勉強できる場所は、自分の家だけではありません。図書館やカフェ、自習室、ファミレスなど、さまざまです。

それぞれ勉強場所のメリットとデメリットを知り、環境を使い分ければ、集中しやすくなり、勉強がもっと楽しくなりますよ。今回は、「無料で利用できる」「友達と使える」など4つのカテゴリーに分け、勉強できる場所としておすすめの施設を12種類紹介します。

なお、記事中の情報は2020年3月時点のものです。紹介した施設で勉強する際は、施設の管理者やほかの利用者の迷惑にならないよう、ご自身の責任においてご利用ください。

無料で勉強できる場所

自宅以外で勉強できる場所を探すうえで、お金がかからない場所がいいという人も多いはずです。もちろん、お金をかけなくても勉強の能率を上げられる場所がありますので、ひとつずつ解説していきましょう。

図書館

図書館は学生でも社会人でも利用しやすく、静かで勉強に適した場所です。もちろん、資料探しにも最適。そして、図書館で勉強するメリットは、ほかにもあります。

図書館では、誰もが静かに集中して読書や勉強をしていますよね。このとき、脳内の「ミラーニューロン」という神経細胞が働きます。鏡(ミラー)に映った像を自分だと思いこむように、集中している他人を目にすると、自身も集中して作業に取り組めているように感じるのです。図書館は、周囲の人々が集中しているため、自分も集中しやすい環境というわけ。

一方で、静かさゆえのデメリットもあります。静かだと、ほかの人のちょっとした動きや音が気になってしまうのです。

また、多くの図書館では、館内の飲食が禁止されています。長時間勉強したいのに、エネルギーや水分の補給ができないのは困りますよね。そのため、空腹を感じたら、いったん図書館を出る必要があります。

大学の空き教室

学生であれば、勉強できる場所としておすすめなのが、空いている教室です。大学側から禁止されていないのであれば、昼休みや、自分の時間割が空いているときに、使われていない教室で勉強するといいでしょう。

筆者も、空き時間に教室で勉強していたことがあります。すると、「ほかの人が勉強していないときに、自分はきちんと勉強をしている」という気分になれて、勉強へのモチベーションがさらに上がりました。

もちろん、ほかの人も別の場所で勉強しているかもしれません。ですが、友人といっしょにやるのではなく、教室という「勉強専用」の場所にひとりでいるだけで、「他人よりまじめに頑張っている」という特別感を得られるのです。

また、空き教室で勉強していると、その教室が次の授業で使われる時間までに退室しなければいけないので、必然的に使用時間が制限されます。すると、「限られた時間で勉強しなければ」という緊張感が生まれ、集中力が高まるのです。

ただし、空き教室には人がほとんどいないため、「ピアプレッシャー」が生まれません。ピアプレッシャーとは、周囲に同調しなければと感じる圧力のこと。授業中なら「ほかの人が集中して授業を受けているから、自分も集中しなければ」とピアプレッシャーを感じられるのですが、空き教室にはピアプレッシャーがないのです。

そのため、すぐに気が散ってスマートフォンをいじりがちな人には、空き教室での勉強はおすすめできません。また、前述したように、空き教室の使用が禁止されている場合場合もあるので、事前に確認してください。

電車

電車に乗るには運賃が必要とはいえ、通勤・通学中の「スキマ時間」に勉強するなら、わざわざ勉強するためにお金を払っているわけではありません。電車内は、実質的に無料の勉強場所ともいえるでしょう。

駅や車内には騒音があるため、勉強に集中しづらいと思うかもしれませんね。しかし、雑音には、むしろ集中力を高めてくれるメリットがあります。

産業カウンセラーの大野萌子氏によると、人間は、ある程度の雑音があったほうが集中しやすいとのこと。それに、無音状態での勉強に慣れてしまうと、試験本番で、ほかの人が書いたり紙をめくったりする音が気になってしまい、集中しにくくなるのだそうです。

『学力低下は錯覚である』(森北出版、2008年)など多くの著書をもつ神永正博教授(東北学院大学)も、特に集中できる場所として、電車を挙げています。人が多くて適度な雑音がある電車内のほうが、集中して勉強できる場合も多いのだとか。

ただし、車内は混んでいることが多いため、大きいノートやパソコンを開いて周囲に迷惑がかからないよう、注意が必要です。単語帳を使った暗記や、イヤフォンをつけてのリスニングなど、場所を取らない勉強をしましょう。

公園

勉強していると、開放的な気分を味わいたくなることもあるでしょう。そんなときには、ベンチやテーブルがある公園で勉強するのも手です。

生産性などを研究しているラヴィ・メータ准教授(米イリノイ大学)によると、自動車が通り過ぎるときに発生する70デジベル程度の雑音は、脳を適度に刺激して活発にするため、集中力の向上に寄与するのだとか。そして、適度な雑音がある環境こそが、公園なのです。

それに、屋外で太陽光を浴びると、脳内物質「セロトニン」の分泌が促進。セロトニンは脳を活発に働かせるため、やる気がアップし、頭の回転もよくなります。

ただし、真夏や真冬、悪天候時は、公園での勉強は困難です。また、公園のベンチやテーブルは、勉強を意図して設計されたわけではないので、ノートと参考書を広げて長時間座りつづけるのも難しいですね。本やノートを読み返したり、単語帳を使って暗記したりなど、手軽なスタイルでの勉強に限られます

そして、公園で勉強をする際は、ほかの利用者の邪魔にならないよう、注意してください。一応は勉強できる場所とはいえ、公園は、あくまで運動したり遊んだりする場所。遊びに来た人や子どもを連れた人がいたら、ベンチやテーブルを使いたがっていないか気を配りましょう。

以上、無料で勉強できる場所を4つ紹介しました。

勉強できる場所12選2

朝から勉強できる場所

早めに起きて勉強したいけれど、自宅だと二度寝したくなるし、学校や図書館は空いていない……と困っているなら、早朝から勉強できる場所を利用しましょう。

自習室

自習室とは、勉強や仕事を快適に行なえる場所を提供するサービスです。多くの場合、月額の会員料金を支払って利用します。

都内で展開する「アレイ自習室」は、24時間365日利用可能なので、どんなに朝早くからでも快適に勉強できます。有料オプションとして無線LANもあるので、インターネットを利用しての勉強も可能。勉強に使わない荷物はロッカーに置いておけるため、自宅と違って、集中の妨げになるものがいっさいない理想的な環境で勉強できます。

「アレイ自習室」に限らず、東京には自習室が多いので、学校や仕事の前に立ち寄りやすいでしょう。一方、地方には少ないため、地元で営業している自習室を自分で探さなければなりません。

自習室は、たいてい個室ではなく、ほかの利用者と共用のスペースなので、配慮が必要です。たとえば、「アレイ自習室」では飲食が可能ですが、カップラーメンのように匂いのするものは食べられません。また、空調の操作もできないので、上着やブランケットを持参しましょう。

コンビニのイートインスペース

多くのコンビニには、買った商品を座って食べられる「イートインスペース」が設けられています。そのため、朝早めに家を出て、授業や仕事の前に少しだけコンビニで勉強することも可能です。

コンビニには食べ物・飲み物が豊富で、本格的なコーヒーマシンが設置されているため、朝食を取るついでの勉強に向いています。また、席は窓際にあることが多いため、明るい自然光が差し込み、セロトニンが分泌されて気分がよくなるはずです。

「ファミリーマート」の場合、Webサイトでイートインスペースの有無を確認できます。友人や商談相手との約束の前など、よく知らない土地で少し時間が空いたとき、イートインスペースのある近くの店舗を探せるので便利です。

ただし、イートインスペースの席は少ないため、注意が必要です。朝はコンビニの利用客が多いので、イートインスペースの席が埋まっていることもしばしば。

また、イートインスペースは、買った物を飲んだり食べたりするスペースなので、利用の際には必ず商品を購入してください。そして、勉強は、その日の講義の予習やノートを読み返しての復習など、15~30分の短時間にとどめ、長居せずに店を出るようにしましょう。

マクドナルド

ハンバーガーチェーンとして定番の「マクドナルド」は、24時間営業の店舗があるほか、朝の6時や7時から営業する店舗も多いため、朝の勉強が可能です。全国的に店舗数が多く、駅前や郊外といったさまざまな場所に店舗があるため、通勤・通学前に通いやすい店舗を見つけられるでしょう。

マクドナルドのコーヒー(Sサイズ)は、税込100円と安価なので、勉強のおともに最適。周知のとおり、カフェインには脳を覚醒させる効果があるため、朝からの勉強にはぴったりです。脳科学者・茂木健一郎氏も、“朝活” の際にコーヒーを飲んでいるそう。コーヒーを飲むと脳内物質「ドーパミン」が増え、やる気が向上するとのことです。

マクドナルドには、コーヒーだけでなく、軽食や甘いものもあります。朝から脳を働かせて勉強するのに便利なメニューがそろっているのです。

ただし、マクドナルドは朝でも混雑しているときがあるので、にぎやかな環境だと集中しにくい人は、なるべく空いている店舗を見つける必要があります。筆者も、マクドナルドで勉強や執筆を行なった経験がありますが、集中を要する作業にかかると、普段は気にならない程度の音をうるさく感じることがありました。

以上、朝から勉強できる場所を3つ紹介しました。

勉強できる場所12選3

年末でも勉強できる場所

開館・開店時間がイレギュラーになりがちな年末でも勉強できる場所を紹介します。

インターネットカフェ

インターネットカフェの多くは、大みそかも含め年末に利用可能です。最近のインターネットカフェには、パソコンを使ったり漫画を読んだりするだけでなく、さまざまな利用スタイルがあるので、勉強目的でも利用できますよ。

筆者は、昔からインターネットカフェを利用しており、お店による雰囲気や仕様の違いを感じてきました。その経験からいうと、特に勉強におすすめのインターネットカフェは「快活CLUB」です。

「快活CLUB」は、明るくて入りやすい雰囲気のチェーンです。特に注目したいのが、「オープンシート」という、通常のカフェのように開放的な席。インターネットカフェというと、店内が暗かったり、パソコンが置かれているため机が狭かったりという印象があるかもしれませんが、「快活CLUB」のオープンシートなら問題ありません。

オープンシートは個室でないため、利用料金が安いだけでなく、受付を終えてすぐに席につけるというメリットがあります。ドリンクを取るなどの目的で席を立つときも、いちいちドアを開閉する必要がありません。

ただし、すぐ横でほかの利用客が漫画を読んでいる様子が目に入るため、周囲の様子が気になってしまう人は、勉強に集中しづらいかもしれません。また、オンラインゲームをしたり漫画を読んだりして楽しむ環境が整っているため、誘惑に負けると、勉強を放棄して遊びに熱中してしまう可能性があります。

喫茶店

大みそかまで営業している喫茶店もあります。勉強しやすい喫茶店としておすすめなのが、「珈琲所コメダ珈琲店」です。

筆者もよく利用する「コメダ珈琲店」は、店内が明るくて広く、テーブル席が多いのが特徴。ほかのカフェチェーンに比べ、テイクアウトで利用する客が少ないため、テイクアウト利用者がレジに列を作って店内が騒々しくなる、ということがないように思います。

「コメダ珈琲店」の椅子は柔らかく、適度な高さのパーテーションで視界が遮られているため、勉強しやすい環境だといえます。テーブルが広く、60分間ずつ接続できる無料Wi-Fiもあるため、パソコンを使っての勉強も可能です。

非常に快適な「コメダ珈琲店」ですが、ほかのカフェチェーンに比べて駅前の店舗が少ないため、駅から多少歩く場合があります。また、時間帯や店舗によっては、入店までに並ぶ必要があるので、待たずに勉強できる場所でないと嫌だ、という人は、注意が必要です。

勉強できる場所12選4

友達と勉強できる場所

図書館や自習室では静かにしないといけないため、友達と勉強できる場所は見つけづらいですよね。仲間といっしょに勉強したい人のため、複数人で利用でき、私語もOKな勉強場所を紹介します。

公民館

地域にある「公民館」や「地域交流センター」と呼ばれる施設は、住民の交流や学習の場として利用できるものです。筆者は、友人と勉強するのに公民館を利用していたことがあります。思い返すと、公民館のような恵まれた環境は、なかなかありません

公民館には、広い机と椅子だけでなく、地域によっては自習用の部屋や図書室もあります。もちろん無料で使えるうえ、友達と話しても周囲に迷惑がかからないので、筆者は快適な環境で楽しく勉強できていました。

公民館は、全国に約14,000も存在しています。普段は気づかないだけで、あなたの近所にもあるはず。飲食店や学校と違って人が少なく、周囲の目を気にする必要がないため、ラフな格好のまま、徒歩や自転車で向かえます。

公民館は、机と椅子を使用して勉強するだけなら、住民でなくても利用できる場合がほとんど。そのため、いっしょに勉強したい友達と住所が離れていても、集まりやすい場所の公民館で勉強することも可能です。

勉強場所としての公民館のデメリットは、椅子がパイプ椅子だったり机が傷ついていたりすること。気になるようであれば、ほかの施設を利用したほうがいいでしょう。また、公民館は早朝や夜は入れないうえに休館が多いので、利用時には注意してください。

ファミリーレストラン

ファミリーレストランは、飲食店としては比較的にぎやかなので、遠慮なく友達と会話できます。それに、椅子もテーブルも広いので、4~5人のグループでの勉強も可能です。近年は、無料Wi-Fiや卓上電源といった環境を整え、パソコンを持ち込んで仕事するビジネスパーソンを受け入れるファミリーレストランが増えているため、ほかの利用客に迷惑をかけないよう気をつければ、勉強するうえで不自由しません。

筆者も、勉強や仕事のためにファミリーレストランをよく利用します。ドリンクバーがあるので、喉が乾いたときにとても便利です。食べ物の価格がリーズナブルなこともあり、勉強に必要なエネルギーを補給しやすい環境だといえるでしょう。

数あるファミリーレストランのなかで、勉強におすすめなのが「デニーズ」と「ジョナサン」です。ほかのチェーンに比べて静かだと感じますし、24時間営業の店舗が多いため、早朝や深夜も勉強できます。

勉強場所としてのファミリーレストランのデメリットは、時間帯や立地によっては騒がしいことです。特に、安い価格帯のチェーンは、にぎやかだと感じることが多いかもしれません。

そして、ファミリーレストランで勉強するうえでの注意点は、満席時は勉強を中断して店を出るようにすることです。あくまで飲食店なので、自分の勉強よりも、席が空くのを待っている人たちを優先しましょう。

カラオケ店

友達と勉強できる場所として最後に紹介するのは、カラオケ店です。カラオケ店の個室は音漏れしづらいので、複数人で会話しながら勉強できます。

それに、カラオケ店では部屋を丸ごとひとつ借りられるので、周囲の目が気になりません。飲食店よりも大きいテーブル・椅子を使えるうえ、空調の設定を変えられるので、自分たちにとって過ごしやすい環境を整えることもできます。

また、外国語などを勉強するうえで音読練習したいときも、カラオケ店は便利です。声を出して練習するのは、自宅以外では難しいですし、自宅ですら困難な場合もありますが、カラオケ店なら気にする必要はありません。「勉強しても忘れてしまう記憶力が悪い人は、○○のタイミングを見直せばいい。」でも紹介したように、音読は大脳の神経細胞と脳の「聴覚野」を活性化させるため、勉強の能率を上げる効果があるので、たまには周囲を気にせず音読したいところです。

カラオケ店で勉強していて疲れたら、息抜きとして歌ってみましょう。精神科医・樺沢紫苑氏によると、腹式呼吸による発声はセロトニンを活性化するため、カラオケはストレス発散に効果的だそうです。カラオケ店なら、勉強も休憩もその場でできるのですね。

カラオケ店で勉強するメリットは、これだけではありません。利用時間を最初に決めるので、制限時間を意識して、勉強に集中できます。また、多くの場合、終了時間前に店員が知らせてくれるので、「気づいたらとっくに時間が過ぎていた」ということにならずに済みます。

このように、カラオケ店での勉強には多くのメリットがあります。とはいえ、ほかの部屋からの音は聞こえてくるため、人によっては騒がしいと感じるかもしれません。また、友達と歌うのに熱中してしまい、勉強がおろそかにならないよう注意しましょう。

以上、友達と勉強できる場所を3種類紹介しました。

***
勉強できる場所はいくつもありますが、メリット・デメリット・注意点はそれぞれ異なります。自分に合った勉強場所を見つけて、状況や気分に応じて使い分け、勉強の効率アップを目指しましょう。

(参考)
StudyHacker|晴れた日は外で勉強しよう! 東大生が「ソト勉」を試してみた。
StudyHacker|勉強しても忘れてしまう記憶力が悪い人は、○○のタイミングを見直せばいい。
プレジデントオンライン|勉強のお悩み別解決法[効率アップのコツ]
プレジデントオンライン|集中のコツ、上手な時間の使い方
プレジデントオンライン|30年続ける「バッティングセンター健康法」極意
WIRED.jp|他者と自己の区別をしない神経細胞:ミラーニューロン
文部科学省|公民館の振興
東洋経済オンライン|「やる気スイッチ」を簡単に入れる方法がある
東大家庭教師友の会(2014), 『現役東大生が実践している「勉強法」のきほん』, 翔泳社.
医療法人社団 平成医会|セロトニンの増加が心身に及ぼす効果
アレイ自習室
マクドナルド公式サイト
全日本コーヒー協会|エッセイ*茂木健一郎【初めてのコーヒーと最良のドーパミン】
快活CLUB
珈琲所コメダ珈琲店
すかいらーくグループ|ジョナサン
デニーズ
人と仕事研究所|【第31回】手詰まり状態から抜け出すための「ピアプレッシャー」
ファミリーマート

【ライタープロフィール】
武山和正
Webライター。大学ではメディアについて幅広く学び、その後フリーのWebライターとして活動を開始。現在は個人でもブログを執筆・運営するなど日々多くの記事を執筆している。BUMP OF CHICKENとすみっコぐらしが大好き。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら