Study Hacker編集部

繊細なHSPは雑談がちょっと苦手。この “4つの方法” で会話がもっとラクになる

雑談や世間話は苦手。深くて意義のある会話のほうが好き。集団のなかにいると自分の考えがわからなくなり、意見を言えなくなる……。 そんなあなたはHSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれる、人一倍「繊細で敏感な人」かもしれません。今回は、そんなHSPさ…

英文法は難しい? 簡単に感じるとっておきのアプローチを伝授!

「英文法は難しい」イメージを打破する効果的なアプローチをご紹介します。

脳が疲れたら口にするべき6つの言葉。すーっとクールダウンできる!

デスクワークなのにとても疲れている。考えがまとまらないし、イライラする。なんだか希望がもてず、どんどん自信がなくなる……。 もしかして、それは脳の疲れかもしれません。可能であれば休みをとって、自分が好きなことだけに時間を使い、脳を喜ばせてあげ…

「誰かのために」で「自分が大儲け」の科学的根拠。優しくすると脳が “自然に” 鍛えられる!?

誰かのために何かすることを「時間のロス」だと考える人と、「その人が困っているなら当然のことだ」と考える人がいます。どちらがお得かと言えば、だんぜん後者がお得なのだとか。 親切で正直な生き方を “損するだけ” と揶揄されモヤモヤしていませんか? …

『英熟語の鬼100則』出版記念ウェビナー ネイティブの気持ちから読み解く「熟語のヒミツ」【参加者特典つき】

英語ジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」を運営する株式会社スタディーハッカーにてコンテンツ戦略企画部シニアリサーチャーを務める時吉秀弥さんの著書『英熟語の鬼100則』(明日香出版社)が11月に発売されました。その出版を記念し、時吉さんが登壇する…

上司と部下の間で活躍できる人は “この2つ” を身につけている

「部下にとっては立派な上司でありたいし、上司にとってはいい部下でありたいし……」こんなふうに、部下と上司のあいだに挟まれて悩んでいる若手リーダーは多いはず。そんなあなたに必要なのは「リーダーシップ」と「フォロワーシップ」。今回は、これら2つを…

医師推奨「自己モニタリングノート」のすごい効果。“メタ認知” でスッと冷静になれる

緊張してプレゼンを大失敗。不安で考えがまとまらない。イライラして失言した。失敗を後悔していたら、もっと大きな失敗をしてしまった……。 時に私たちは感情に振り回され、自ら状況を悪くしてしまうことがあります。もしもそんな経験があり、感情をコントロ…

中学文法から始めた「1日1.5時間」の英語学習習慣。着実な実力アップでTOEIC®は880点に!

短期集中型英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年の開校以来、高い専門性をもつパーソナルトレーナーが言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づくトレーニングを提供し、多くのビジネスパーソンの英語力を伸ばしてきました 現…

自分の本当の気持ちに気づける “1日10分” のノート習慣。いつもモヤモヤしてる人は「手を動かして」

「会社の方針だから……」「上司から命じられたから……」こんなふうに “言われるまま” 仕事をこなす日々が続き、自分を失ってモヤモヤしている人はいませんか? チームの一員として働いている以上、時に自分を押し殺す必要があるのは仕方のないことかもしれませ…

誰もが陥る「8つの認知バイアス」に要注意。あなたの思考は気づかないうちに “偏っている”

私たち人間には、「認知バイアス」という思考や判断の偏りがあるそうです。いつのまにかそのワナにはまり、振り回されているかもしれません。ビジネスシーンで気をつけたい、8つの認知バイアスを紹介しましょう。 なぜ認知バイアスがあるの? 東京大学薬学部…

英語学習で「品詞」を意識してますか? 品詞の理解が重要な2つの理由

英文が長くなればなるほど、理解するのにどうしても時間がかかってしまうこともありますよね。そんな方におすすめなのが「品詞」の学習。「品詞」とは、名詞や動詞、形容詞といった “単語の種類” のこと。単語は品詞によって、文のなかで異なる役目を果たし…

東大生直伝「コスパがいい勉強」と「コスパが悪いクセ」。東大生は勉強前に◯◯している

なぜ東大生は効率よく知識を吸収できるのでしょう? それは、時間対効果・費用対効果に優れた勉強をしているからです。みなさんが頑張っている勉強がムダにならないよう、東大生直伝の「コスパがいい勉強」と「コスパが悪いクセ」をお伝えします。 東大生が…

他人の勉強法を “なんとなく” まねしてはいけない! 英語学習には「順序」がある

「英語が得意な有名人の学習法を『なんとなく』まねたら、英語力が伸びそう」「シャドーイングをすすめられたから、『とりあえず』シャドーイングしてみよう」こんなふうに考えている人はいませんか? 自分よりも英語ができる人の学習法は、ついまねしたくな…

「時間はかかる」けど「覚えたらすごい」のがHSP。この “3つの方法” で勉強がもっと快適に!

些細な違いや細かいことが気になり、深くじっくり考えてしまう。見られているとすごく緊張し、他人の気分にも影響される。そして、とにかくよく疲れ、よく傷つく……。 これはHSPと呼ばれるとても敏感な人の特徴です。もしも思い当たるなら勉強で悩むこともあ…

【英文法のプロが解説!】数えられそうな「チョーク」が不可算名詞なのはナゼ?

時短型英語ジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」でシニアリサーチャーとして活躍する “英語職人” 時吉秀弥さんが、JTF(日本翻訳連盟)主催のウェビナーに登壇いたしました。表題は「冠詞aを通すと見える、英語話者の「モノ」の見え方」。 日本人英語学習者…

単語や文法がわかっても英文をスラスラ理解できない原因。◯◯も吸収すべし!

英文を読んだり聞いたりするときに「語彙や文法は難しくないはずなのに、文全体の意味が理解しづらい」と思ったことはありませんか? じつは、背景知識の差が理解度に大きく関わっているのです。今回は、背景知識が英文理解を有利にする根拠と、背景知識を活…

やってみたら勉強が楽しくなった!? 超重要「効率的な勉強のための4条件」をあなたは満たせているか?

次々と新しいものが生み出され、めまぐるしい速さで変化を続けるビジネスの世界。今後は「いつでも新しいことが学べる」よう備えておく必要があるのだとか。 そうしたなか、神経科学を活かしたリーダーシップ開発の実現を目指すNLI(NeuroLeadership Institu…

目標がテキトーではほぼ無意味。デキる人は “この3つ” を意識して最高の目標を立てている

日々の仕事で努力を重ねているのに業績が上がらない、または目標を立てても途中で挫折してしまうと悩んでいる方はいませんか。仕事で高いパフォーマンスを出せるかどうかは「目標設定」で決まります。しかし、あまり深く考えず「これくらいを目標にしよう」…

繊細で疲れやすいHSPは「一度にたくさん」が苦手。この “3つのルール” で仕事が少しラクになる

HSPと呼ばれる「非常に敏感な人」は、とにかく細かいことによく気がつきます。だから、急を要する仕事やいっぺんに頼まれた仕事を処理していくのが苦手。そんなHSPさんをラクにする「仕事の単純化」を紹介しましょう。 HSPは「一度にたくさん」が嫌い HSP(H…

英語力を飛躍的に伸ばす「暗唱」。その2つの効果とは

「英語をもっと正確に話せるようになりたい」「リーディングとリスニングのスキルをもっと効率よく伸ばしたい」 そう思っている方はいませんか。そんな方に実践していただきたいのが、英文を暗記して何も見ずに声に出す「暗唱」。英文を目で追いながら声に出…

5分もあれば余裕でできる「脳が覚える勉強法」

「資格を取得したい。キャリアアップやスキルアップを図りたい。でも忙しくてなかなか勉強できない!」という方は、脳のワーキングメモリを活用してはいかがですか? 忙しいビジネスパーソンが効率的に勉強するための「ワーキングメモリ活用法」 を紹介しま…

デキる人は「フィードバックのもらい方」がうまい。相手からの助言に素直に耳を傾けられますか?

「インプットもアウトプットもたくさんしているはずなのに仕事で成果が出ない……」「これ以上どうすればいいかわからない……」こんなふうに悩んで諦めモードになっている人はいませんか? そんな人に足りないのは他者からの「フィードバック」です。なぜなら、…

頭が働かなくて困ってない? 小学生にはおなじみの “アレ” が前頭前野を活性化させる

音読は大脳の約70%を活性化させ、脳機能を高めると研究で明らかにされているそうです。そのため「音読で頭がよくなる」などと言われていますが、じつは書写だって負けていないのです。 「脳のエンジンを全開にして仕事や勉強に取り組みたい」「脳が活性化す…

書くだけで集中力も意欲もアップ! 作業をぐいぐい進めたくなる魔法の「タスク管理ノート」

仕事や勉強に集中できないと悩む人は多いですよね。作業時間を細かく分割すれば改善できますが、その際に「実行&完了リスト」を用いると、集中力・やる気・自信の向上などが期待できます。タイマーなしでも実践可能ですよ。人間の特性とともに説明しましょ…

知識と経験から得た専門性を最大限に発揮したい。【STRAIL】銀座スタジオ所属・須藤拓さんインタビュー。

2015年の開校以来多くのビジネスパーソンの英語力を短期間で向上させてきた、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。その新ブランドとしてリリースされたのが英語学習コーチングサービス『STRAIL』です。そこでは「英語コンサルタント」と呼…

なぜかついていきたくなる「デキるリーダー」は “これ” をしている。

後輩や部下を率いる「リーダー」的な立場にいるみなさん。「デキるリーダー」と「デキないリーダー」の違いについて考えたことはありますか? プレイヤー時代の優れた成績を評価されてリーダーを任される――これが昇進の自然な流れですよね。しかし、「プレイ…

「映画」は英語学習にうってつけの教材! でも “わからないのに聞き流す” のは絶対NG

「英語学習にもっと楽しく取り組みたい」と思っている人はいませんか? そんなみなさんにおすすめなのが「映画」の活用。最近はNetflixやAmazon Primeといった動画配信サービスも充実し、幅広いジャンルの映画を気軽に楽しめるようになりました。しかし、た…

【悲報】休日に仕事しまくってる人は大事な “この3つ” を失っている

ビジネスパーソンとして忙しい日々を送るなか、休日に仕事をすることが定番化してはいませんか? もしもそうであれば注意が必要です。気づかぬうちに大切な3つのことを失っているかもしれません。 本当はあれがしたい、これがしたいを封じ込め、休日返上で仕…

学びの中核「アウトプット」してますか? “知識が使い物にならない” を防ぐ超重要5つの習慣

本を読むなど十分なインプットをしている、日々いろんな情報を仕入れている、でも仕事でなかなか成果を出せない……その理由は「アウトプット」が足りていないからかもしれません。 グロービス経営大学院経営研究科研究科長の田久保善彦氏は、自分の頭に取り込…

「なぜか勉強する気にならない」ときに自分に言い聞かせてほしい5つのこと

どうしても勉強する気にならない。勉強を始めても集中できない。でもどうにかしたい! という方に、思わず勉強がしたくなる「5つの判断」を紹介します。ごく自然に勉強へと導かれるはずですよ。さっそく説明しましょう。 【判断1】:私たちは自由に勉強でき…

「英語を読むのが遅い人」が知らないリーディングのコツ。厄介な “返り読み” のクセ、どうすれば防げる?

「リーディングテストの問題が時間内に解き終わらない」「英文を読むのに時間がかかりすぎる」 そんな悩みはありませんか。TOEICなどの資格試験やビジネスにおいては、限られた時間のなかで大量の英文を処理していく場面が頻繁にあります。どうしたら英語を…

クヨクヨし続けないために。傷ついたときに “すっと心が軽くなる” 思考法

自分はとても傷つきやすい人間だと思う。人にいろいろ気にしすぎだと言われる。こんな弱い自分はもうイヤだ。どうにかできないだろうか――などとお考えの方、ちょっと待ってください。「傷つきやすさ」イコール「弱さ」ではありません。 思考を選択すれば、弱…

最新研究が証明「空腹だと勝負強くなる」――ランチ前には “これ” をするべき

「腹が減っては戦はできぬ」という言葉は、私たちが仕事の手を止めて「食べること」を正当化してくれます。ところが、どうやら腹が減っても戦うことはできるようです。それどころか、負け知らずになる可能性もあるのだとか。 意外な最新研究をもとに、ランチ…

糖分が勉強に及ぼすメリット&デメリットを調べてみた。

糖分が勉強に及ぼすメリットとデメリットを解説。勉強に役立つ太らないお菓子の紹介も。

「欠点だらけのあの人」がなぜか好かれるヒミツ。彼らの魅力は “欠点を素直に認めていること” にあり

「あーもう、またAさん間違ってる」「Bさんはすぐカッとなるよね」などと口々に言われながら、なぜか人に好かれる人物がいます。彼らの魅力とは、いったいなんでしょう? ――私は誰よりも失敗がないよう注意を払い、誰よりも働いて、誰よりも努力している。そ…

「繊細すぎて疲れている人」の脳に「音楽」がとてもいい理由

繊細で敏感な人にとって、この世のなかはどこもかしこも刺激だらけ。絶え間ない刺激のせいでいつもぐったり疲れていますが、音楽との相性はとてもいいそうです。 音楽は、ストレスのない社交活動を実現し、癒やしを与えてくれるのだとか。今回は、いつもぐっ…

インプットから「1しか得られない人」と「10も得られる人」の決定的違い。 “振り返り” できていますか?

「せっかくセミナーに参加したのに、仕事で実践できなかった……」「これまでの経験を新しい仕事に活かせずミスばかりしている……」みなさんにも思い当たる節があるのではないでしょうか。 グロービス経営大学院経営研究科副研究科長の村尾佳子氏は、たとえ質の…

もう一度英語を基礎から。今では、苦手な文法を楽しめるまでに。英語アナウンスも聞き取れる!

英語力を90日間で一気に伸ばせると話題の英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。その最大の特徴は大学・大学院で言語学や英語教授法、またその周辺領域を学んだ指導経験豊富なトレーナーたち。その専門性の高さは数あるスクールの中でも群を抜…

ひどく落ち込んだときにしてほしい5つのこと。すぐ立ち直れる人は「自己分析」がうまい

もしもあなたが「書類を忘れて上司に怒られた」「プレゼンがグタグタだった」など、仕事の失敗体験で頻繁に気持ちをへこましているなら、ビジネスパーソンが落ち込んだときに効く5つの行動を紹介しましょう。 ストレスを受けたあとの心理メカニズム 明治学院…

【法人様ご導入例】TOEIC®300点台からスタート、上司も認める英語力の伸びを実現!

2015年の開校以来、多くのビジネスパーソンの英語力を伸ばしてきた英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。その最大の特徴は在籍するトレーナーの高度な専門性。大学・大学院で言語学や英語教授法、またその周辺領域を学んだ指導経験豊富なト…

『英文法の鬼100則』著者の時吉秀弥氏が登壇! ネイティブの感覚を体感できるウェビナー開催

ベストセラー『英文法の鬼100則』(明日香出版)著者であり、時短型英語ジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」でシニアリサーチャーとして活躍する “英語職人” 時吉秀弥氏が、JTF(日本翻訳連盟)主催のウェビナーに登壇します。 題目は『冠詞aを通すと見える…

読書の質を左右する超重要「黄金の方程式」ここにあり! “この3つ” 意識できてますか?

「仕事がデキる人は読書を怠らない……」「ビジネスパーソンにとっては良質な書籍との出会いが大事……」「頭のいい人はインプット量が違う……」このようなことを一度は聞いたことがあるはず。とはいえ、「まねしたいけれども具体的な方法がわからない」という方…

優秀な人こそ意外と「心配性」なワケ。“考えすぎる” は尊重すべき才能だ

もしも、あなたがなんでも気になる心配性な自分にウンザリしているならば、違う観点から自分を眺めてみてはいかがでしょう。その特性は、うまく活かせば大きな強みになるはずです。 あらゆることを成し遂げた優秀なリーダーたちには、意外と心配性な人が多い…

勉強の集中力を左右する超重要「5つのエレメント」――デキる人は “このルーティン” で集中している!?

「よし、勉強しよう!」とスマートフォンを違う部屋に置き、続きが気になる漫画はしまい込む。それでも「やっぱり集中できない!」と悩むあなたに、集中力を左右する「5つのエレメント」を紹介します。 1. 集中の順番 ミズノ株式会社在職中にサメ肌水着など…

英語の音とつづりのギャップを埋める「発音記号」――知っておくとかなり便利なワケ

みなさんは、英語の発音記号を学んだことがありますか? 英語の発音記号には、日本語で見慣れないものも存在するため、つい敬遠してしまうでしょう。しかし発音記号は、正確な発音を身につけるためにも、知っておくと便利ですよ。今回は、発音記号を学ぶメリ…

仮定法にひそむ過去形の秘密。「過去形=昔のこと」とは限らない

みなさんは「仮定法」をどのように学びましたか? 仮定法と言えば、「現在のことを言及するときは現在形ではなく過去形を使う」「過去のことを言及するときは過去形ではなく過去完了を使う」などのルール。なんとなく複雑に感じますよね。 仮定法の攻略ポイ…

8つの性格タイプ別「オフ」スイッチの入れ方。脳を守るために心がけて!

デジタルの普及で私たちの生活は驚くほど便利になりましたが、どこにいても常に誰かとつながっている状況は、人々の「オン」と「オフ」の切り替えを曖昧にしてしまいました。 ビジネスパーソンのあなたは常時「オン」の状態に置かれ、知らず知らずのうちにス…

ピンク色ノートに書く「3行日記」がイライラ解消に効果大! 自律神経を整えてくれる

仕事もプライベートも、なかなか思うようには進まないもの。加えて新型コロナウイルス感染拡大の影響で、あらゆる状況にストレスを感じてイライラしている人も多いことでしょう。 もしもあなたが、イライラする気持ちに集中力を奪われて仕事にまで悪影響が出…

ここで差がつく「コロナ禍に勝つ人と負ける人」――あなたは “自分軸” をもてているか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、私たちの日常は大きく変わりました。それまで当たり前だったことが当たり前でなくなり、働き方にもさまざまな変革が求められてきています。このコロナ禍のなか、私たちはどう変わっていけばいいのでしょうか。そして、…

「まずやってみる」が理にかなっている脳科学的理由。“経験の蓄積” が小脳をブーストさせる!

「新しいことをやってみる勇気が出ない」「マニュアル通りに進まないとすくんでしまう」――そんな悩みをもつ自分自身に「まずはやってみよう」と言い聞かせるべき脳科学的な理由を説明します。 経営の神様も言った「まずはやってみる」 事前にあれこれ時間を…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら