Study Hacker編集部

ホリエモン主宰「ゼロ高」と英語ジム「ENGLISH COMPANY」がタッグ! 『プレゼン英語3ヶ月速習プログラム』がすごそう。

「高校は時間割の通りに3年間毎日通うもの」「英語の習得には何年も時間がかかる」 そんな既成概念を覆した新しい教育の形を実現する、時間割から解放された高校「ゼロ高等学院」。そして、入会待ち続出の “3ヶ月で結果を出す” 時短型英語ジム「ENGLISH COMP…

「孤独を愛する人」が強い8つの理由。“ひとり好き” は無理に友だちを作らなくていい。

「孤独」という言葉には、ネガティブなイメージがつきまといます。それゆえに、新しい環境に足を踏み入れる際は、「溶け込まなければ」「友達をつくらなければ」と、プレッシャーを感じる人も多いのではないでしょうか。 あまり社交的ではない人には、大きな…

「趣味ナシ」だとお金も仕事も損だらけ。デキる人が趣味時間を死守する納得の理由。

多くの時間を仕事に費やし、自分の趣味を“ないがしろ”にしてはいませんか? 「今は仕事の成果をあげることだけで精一杯。のんびり趣味を楽しむのは引退してからでいい」と考えるのは間違いかもしれません。むしろ趣味に没頭するほうが、仕事のパフォーマンス…

やる気を出したければ “あの色” を見ればいい。医師も推薦「色の呼吸法」が心身に効く。

新しい環境や、新たな仕事、初めて取り組むプロジェクトなど、ビジネスパーソンには、緊張をともなう機会が数多くあります。「うまくいかないなぁ」と落ち込んだり、不安になったりすることもあるでしょう。 そんな気持ちを整えてくれる運動や瞑想もいいけれ…

精神科医がすすめる「完璧主義」を直す方法。“あのフレーズ” を口癖にするだけで心が楽になる。

目標や理想が高い。ササっとやってみよう、ができない。生真面目で完璧さへの執着心が強く、常に自分を追い詰めている。周囲の “頑張らない人” が許せない。失敗に対し過度な心配がある。人からの評価がやたら気になる……。 ほとんど自分に当てはまるかも? …

【法人様ご導入事例】90日の「時短」英語研修。科学的トレーニングで英語人材をスピード育成!

「第二言語習得研究」の知見をベースにした、本格的な指導を行い多くの実績をあげたことで、パーソナルスタイルでの短期集中型英語コーチングのムーブメントを引き起こしたStudyHacker ENGLISH COMPANY。 今回は、ENGLISH COMPANYの法人向け英語研修を導入さ…

「直観力が乏しい人」「人受けが悪い人」が鍛えるべきは脳の “あの部位” だった。

どうも直観が働かず、瞬時にいい判断ができない。 すぐ誘惑に負けてしまい、仕事も勉強もガタガタだ。 感情に乏しく魅力がないのか、どうも人受けが悪い。 本を読んだり勉強したりしても、ほとんど覚えられない。 ――いろんな悩みがありますが、こうした悩み…

相手を逆なでする最悪な謝罪には “6つのステップ” が欠けている。「ごめんなさい」は最初に言わないのが吉。

私たちは様々なことを学び、多かれ少なかれ日々成長していますが、「謝罪の仕方」について深く学ぶ経験は少ないかもしれません。何かしらのミスを犯し、「どう謝罪すればいいのだろう?」と悩んだ挙句、結局うまく謝ることができず、その相手との関係がギク…

「寡黙なのに結果を残せる人」がこっそりしている3つのこと。内向型人間は “思考の整理” がうまい。

「あの人は、別に喋りがうまいわけではないし、バリバリ仕事をしている感じでもない。あまり目立たない、“おとなしめ”な印象の人だ。でも、なぜか結果だけは、常にしっかりと残している。どんな秘訣があるのだろう?」そう感じてしまう対象となる人が、こっ…

“3つの質問” でEQ(感情的知性)の高低がまるわかり。「自分の弱点」言えますか?

AI 時代を迎えた今、ますます感情的知性(EI)の必要性が高まっています。しかし、たとえば採用面接時などに、その能力の高低を判断するのは難しいのだとか。 そんななか、専門家が感情的知性を評価するための“3つの質問”を考案したそう。採用担当者のみなら…

「引っ越し、手伝おうか?」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「引っ越し」。春は、入社や転勤に伴い、引っ越しの機会も増えますね。引っ越しの周知から荷造り、引っ越し業者への依頼に関する表現をはじめとして、この季節にぴったりのフレーズを集めました。動画を見ながら発音を…

夜ではなく朝にこそ休息をとるべき理由。心身が整う「3つの朝習慣」で1日が変わる。

仕事や勉強が忙しい人は、なかなか疲れがとれないことも多いでしょう。早く寝たり、リラックスしたりしても、効果がいまひとつ現れないときは、ぜひ心身を整える「朝習慣」をお試しください。 休息は、夜だけにするものだと思っていませんか? ちょっとした…

目標がいつも “机上の空論” になる人に欠けている2つの視点。

上司から「目標を決めて」と言われてとりあえず決めてみたものの、これが妥当なのかよくわからない。いつも目標を達成できずモヤモヤしている。そもそも、目標を立てることに意味なんてあるのだろうか……? そんな考えが頭のなかでグルグルと回っているビジネ…

「お花見、どこ行こうか?」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「お花見」。会社の歓迎会を兼ねて、お花見に行くこともあるでしょう。毎年、満開の桜の下で、仲間と楽しい時間を過ごせるのを楽しみにしている方も多いのでは? お花見の場所決めに便利な表現をはじめとして、様々なシ…

「頭が働かない…」の原因は空気の悪さにあった。注意力や記憶力を下げる “低酸素習慣” を今すぐ回避せよ。

正常な脳機能を維持するために、酸素は必要不可欠です。それを重々承知していながら私たちは、無意識のまま「低酸素習慣」を持ち続け、仕事や勉強のパフォーマンスを低下させています。低酸素が及ぼす影響と、その悪影響を回避するコツを紹介します。 酸素が…

「花粉症なんです」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「花粉症」。この時期、くしゃみが出ちゃう、目がかゆい、鼻水が止まらない……。そんなお悩みを抱えている方はいませんか? 会話のアイスブレークとしても使える、この季節にぴったりのフレーズを集めました。動画を見な…

コクヨがアイデア出し会議を “7人以下” で行なう深いワケ。成果が出る会議はここが違った。

社会人になり、何度も会議に参加してきたビジネスパーソンであれば、一度は心の中でつぶやいたことがあるのではないでしょうか。 「この会議って意味あるのかな?」 「何の進展もないどころか、結局時間を浪費しただけだった」 「もっと有意義な会議ができれ…

集中力アップのための音楽活用法。勉強中よりも “休憩中” に聴いたほうがベター!?

音楽の起源は有史以前からと考えられています。それから今日まで、音楽については数多くの研究が行われてきました。そこで今回は、『The Final Push』の著者である Mayo Oshin 氏が、米経済メディアの「Quartz at Work」で紹介した数々の研究などをもとに、…

“飲んで忘れる” は逆効果。「恥かいた……」と感じたときにしてほしい9つのこと。

プレゼンテーションでの喋りがグダグダだった。得意気に発言したら間違っていた、ついつい感情的になってしまった、平坦な道で思いっきり転んだ! などなど、生きていれば恥ずかしい思いくらいしますよね。 でも、“恥ずかしい”という感情は、洞察力を強化し…

「担当者におつなぎいたします」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは前回に引き続き「ビジネス」。お客様への受け答えや、社内での伝達に使える表現など、社会人としてぜひ知っておきたいフレーズを集めました。動画を見ながら発音をまねして練習してみてくださいね。 Thank you for call…

イギリス政府公認「読書療法」がすごい。ストレス6割減も期待できる『5分だけ読書術』

もっと本を読むべきだとは思うが、どうも、あまり読む気がしない……。ならば、「ミニ読書法」を試してみませんか? あなたが日々、仕事でストレスを抱えているなら、なおさらおすすめです。ほんの数分間読むだけでも、多大な本の恩恵にあずかるはず。さっそく…

パフォーマンスが上がらないのは “幸せではない” からかも。「幸福感」を高める3つの科学的アプローチ。

なんだか心が冴えなくて、どこかにストレスを抱えている。仕事あるいは勉強に関して、あまり順調だとはいえない状況だと思う……。ならば、日々の習慣を見直し、幸福感を高めていきましょう。あらゆるパフォーマンスが向上するはずです。その理由と、幸福感を…

「売上高が増加した」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「ビジネス」。上司への報告や社内でのミーティングで使える、便利なフレーズを集めました。動画を見ながら発音をまねして練習してみてくださいね。 We are trying to break into a new market. 新たな市場に参入しよう…

英語をイメージでとらえ、英語の語順で読む。速読力が身に付き、90日でTOEIC®も930点に!

2015年の開校以来、たくさんのビジネスパーソンの英語力を伸ばしてきた、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を実践に落とし込み、専門性の高いトレーナーが英語のパーソナルトレーニングを行っ…

「言語能力が高い人」がやっている4つの習慣。“10歳児にもわかるように” 説明できますか?

みなさんは「話したいことや伝えたいことがまとまらない」と悩むことはありませんか? 話題が豊富で話し上手な友人や、理路整然とした説明ができる仕事仲間を見ては、「どうして彼らのように自在に言葉を操ることができないんだろう」と落ち込むことはありま…

“個人主義” は損だらけ。仲間を集めたほうが高パフォーマンスを発揮できる脳科学的理由。

仕事熱心だし、よく勉強するし、何でも努力する自分は、結構優秀なほうだと思う。しかし、どうもいまひとつ突き抜けられない。 そう感じているあなたが、「大勢で作業するのは得意じゃない」「ひとりでやったほうが速いし確実」「足を引っ張られたくない」と…

「自動運転車」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「テクノロジー」。IT技術がどんどん進化するこの時代、ビジネスにおいても日常生活においても、登場する頻度の多いトピックを集めました。動画を見ながら発音をまねして練習してみてくださいね。 Bluetooth is becomin…

目標達成のために継続できる人は1万人に1人!? 「続かない人」ができていない3つのこと。

なんとなく夢や志はあるものの、それを心に抱いているだけで、何もしない。あるいは、何か行動に移しても、結局は長続きしない。よく考えたら、いろんなことが続いていないかも……!? そんなあなたには、“あの行動”が足りていません。成功と深い関係がある「1…

脳をダメにする最悪習慣、賢い脳をつくる最高習慣。

20代からの生活習慣で「脳」は変わります。若いからまだ大丈夫という考えは大間違いですよ。あとで「しまったー!」と青ざめないよう、今すぐ「健康な脳をつくる生活習慣」を始めましょう。最新の研究をもとに説明します。 20代からの食事が認知機能に影響 …

これをやれば年間「463時間」もお得!? ムダな時間の節約術。

なかなか早く仕事が終わらない。どうも肝心な仕事以外に時間をとられている気がする。そんな方々に、ちょっと見なおしてほしいムダな時間があります。それらを削減すれば、年間約「463時間」の余裕が生まれるかも? さっそく説明しましょう。 1日「2.6時間」…

あの「マンダラート」には意外すぎるデメリットがあった。“Webコンサル→採用責任者” のエース人材が指摘。

マンダラート——ご存じの方も多いのではないでしょうか。今やメジャーリーグで大活躍するまでになった大谷翔平選手が高校時代に作っていたことで話題を呼び、アイデア発想や思考整理のツールとしてビジネスの世界でも広く使われています。 改めて説明すると、…

海外研究「賢い脳は “血” に飢えている」——脳血流を増やす最高の3習慣

脳がいかに血を欲しているか、脳の進化にはいかに血が必要かご存知ですか? 知的なビジネスパーソンを目指すなら、血に飢えた脳を満足させる「脳の血流・代謝アップ」習慣を取り入れましょう。ちょっとヴァンパイア的なタイトルで発表された研究とともに、説…

誰もが知る偉人たちが、成功のために “絶対にやらなかった” 4つのこと。

松下幸之助や豊臣秀吉、マーク・トウェインにスティーブ・ジョブズなど、誰もが知る偉人たちは、「あんなこと」や「こんなこと」を決してしません。もちろん、一度はそれを行い、失敗したこともあるでしょう。しかし、もう二度としなかったからこそ成功でき…

知らず知らずのうちに脳を疲れさせている3つの最悪行動。“効率を重視しすぎ” はかえってキケン。

規則正しい生活を心がけているのに、いまひとつ気分が優れず仕事が捗らない。仕事に集中できず、考えもまとまらない……。 それは、脳が疲れているせいかもしれません。自分の脳に、無理なことを強いてはいませんか? いますぐ「脳を疲れさせる最悪行動」を改…

1日1時間の時短学習でTOEIC295点アップ。パーソナルトレーナーとの90日の軌跡

あなたの英語力を90日で変える、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。高い専門性をもつ英語学習のプロフェッショナルが、第二言語習得研究の知見に基づく科学的トレーニングで、無駄を省いた効率的な英語学習を実現しています。 今回は、…

ストレスだらけのビジネスパーソンに20分間の「公園滞在」をすすめるワケ。

仕事にストレスはつきものです。ストレスは、抽象的な思考や集中力、ワーキングメモリーなどにかかわり、感情や衝動を抑制する、脳の「前頭前野」の支配力を弱めるといいます。ストレスが軽減すれば元の状態に戻りますが、慢性的なストレスにさらされると、…

なにかを「じっと見つめる」だけ!? たった10秒で集中力を取り戻す “びっくりするほど簡単な” 方法

「考えがまとまらない」「集中が途切れてしまった」というとき、パソコンから視線をずらし、たとえばデスクに置いた観葉植物を“まじまじ”と眺めてみたら、「あれ? こんなカタチの葉っぱだったんだ」と気づくことはないでしょうか。 また、そのあと仕事を再…

「年収800万円以上の7割が早起き」という事実。朝に慌てる人はなぜ仕事がデキないのか?

「朝はいつも時間ギリギリまで寝て、起きた途端に大慌てで支度する。遅刻はしていないから、問題ないよね?」――いやいや、それは大問題です。その日のパフォーマンスを、ドーンと下げている可能性がありますよ。早起きする人は高年収だというデータもあるの…

「君の頭は腐っている」と言われたエジソンが、それでもへこたれずに成功をつかめた深い理由。

すいぶん冴えない時代、どん底の時代を経て、後に大成功をおさめた人々がいます。彼らのエピソードは、現在「あまり評価されていない」と悩む人の励みになるだけではなく、成功するための大きなヒントとなるでしょう。今回は、19世紀、20世紀、そして21世紀…

口呼吸を「鼻呼吸」に変えれば記憶力が上がる!? 海外研究で明らかに。

【記憶術】には、思い浮かべた場所に記憶したい対象を置いて覚える「場所法」や、物語に記憶したい対象を登場させる「物語法」、記憶したい対象の頭文字を取り出して覚える「頭文字法」に、別のものに置き換えて覚える「置換法」など、様々なものがあります…

AI時代に大活躍できるのは「心の動き」を読める人。建前に惑わされないための大切な思考習慣

有識者は「すべてのビジネスが、“人間の心”を対象としたものだ」といいます。そんななか、感情を読みとる AI の基礎にもなっているエクマン理論が、日本人において通用しないことが明らかになりました。その事実からも、「心奥(心の奥底)に秘めた思いを感…

「脳の活性化」の方法を徹底的に考えてみた。効果的な食べ物は、みんな知っている〇〇だった。

「脳の活性化」とは何でしょう? 知らずに使っている表現かもしれません。この記事では、「脳の活性化」の意味、脳を活性化させる食べ物・体操・ゲームなどの方法とその効果を科学的に解説します。

脳科学が警告。勉強効率を大きく下げる4つの最悪習慣。

限りある時間の中で、いかに無駄なく効率的に勉強ができるかーー。この問題は、多くの大学生やビジネスパーソンにとって悩みの種になっているはずです。もちろん「自分は効率重視で勉強の計画を立てて実行している」と自信をもって言える人もいるでしょう。 …

1日10枚 “A4用紙へのメモ書き” で「地頭力」のベースが鍛えられる。

「同じ課題をこなしているのに、どうして“あの人”は誰よりも処理能力が速くて正確なんだろう」 「問題解決に向けて議論しているとき、的確な解決法を提案するのはいつも同じ“あの人”」 このような人たちは『地頭が良い』と言われているはずです。 一般的に、…

休日の朝寝坊や海外出張による “時差ボケ” を「運動」で解消できる可能性。

2018年は京都大学・本庶佑特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞が話題になりましたが、2017年の同賞は、体内時計のメカニズム解明に功績を残した3人の米研究者に授与されました。この受賞で、体内時計の重要性が広く知られるようになったといいます。 しか…

「成功をつかめない人」は、この “4つの基本” ができていない。

テレビでよく見るあの人は、ネットで話題のあの人は、ベストセラー作家のあの人は、想像以上に出世した友人は、なぜそこまで成功できたのだろう。彼らと自分は、いったい何が違うのだろうか……? その違いは、あることを“している”か、“していない”か、かもし…

「集中できない…」と悩むのならば “心の知能指数” を高めよう。そのためにできる8つのアドバイス。

感情的知性、心の知能指数とも呼ばれる EI(EQ)は、企業・教育機関・公共機関など、さまざまな教育環境で活用されています。この概念を広めた心理学博士のダニエル・ゴールマン氏によれば、心の知能指数が高い管理者ほど成功を収めているそう。 また EI は…

「100億ドル」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「大きな数字」。「100億ドル」「1000万人」などの大きな数字、英語に訳せますか? 使い慣れていないと瞬時に英語に変換するのは難しいものです。 今回はそんな「大きな数字」を含めた例文をご紹介します。動画を見なが…

なんでも迷いたがる人は「ウィルパワー」を無駄に消費して脳を疲れさせている。

集中力がないと悩んでいる方は、もしかして、ウィルパワーを浪費しているのかもしれません。選択の機会や、選択肢を減らしていけば、グンと集中がアップするはず。その理由と、無駄な選択を減らす方法を紹介します。 集中力のカギは「ウィルパワー」にあり …

ウォーレン・バフェットの “確実に知識が積み上がる” 情報収集術がすごい。

――日々、情報収集に明け暮れているが、うまく仕事に活かせていない気がする―― それは、もしかして、期限が短い最新情報ばかりを追いかけているせいかもしれません。まずは一息ついて、世界で最も成功した投資家といわれる、ウォーレン・バフェット氏に学んで…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら