Study Hacker編集部

「嫌なこと」は放置するな! 書きなぐる&対策を考える『嫌なことノート』で何倍も成長できる。

誰でも、“嫌なこと” は “なかったこと” にしてしまいたいもの。「飲んで忘れよう」「運動で汗を流して忘れよう」「でっかいチョコレートパフェでも食べて忘れよう」などと、さまざまな方法で “嫌なこと” を忘れようとする人は多いでしょう。 しかし、世の中…

専門性を直接仕事に活かせる場を求めて。【THE CONSULTANT】大宮スタジオ所属・土井幹生さんインタビュー。

短期間で英語力を大きく伸ばせると話題の英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』から、2018年12月に新ブランドとしてリリースされた英語学習コーチングサービス『ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT』。そこでは「英語コンサルタント」と呼ばれる英…

「付箋ノート」はもう試した? 脳力アップと情報整理に役立つ “最強ノート術” のやり方

いろいろな情報を集め、知識をインプットしているが、 整理できない 覚えられない 仕事に活かせない とお悩みなら、付箋ノートを活用してみるといいかもしれません。各専門家の意見やアドバイスを参考に、付箋ノートの効能や方法などを紹介します。筆者も挑…

「すごい」「やばい」が口癖だと意外と得する科学的理由。“語彙力が乏しい” と馬鹿にしてはいけない。

きちんとした日本語を話そうと心がけている人は、「すごい」「やばい」と言っている人々に対し、“語彙力が足りない” と呆れているかもしれません。でも、じつは「すごい」「やばい」を口癖にしていると、意外と得するらしいのです。 キーワードは【知的好奇…

「電話対応最悪」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:クレーム】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「クレーム」。皆さんは、クレームをつけたこと、または受けたことはありますか? 海外旅行の際など、何か問題や不満があったときに、はっきり伝えるための表現を知っていると便利ですね。今回は、そんな「クレーム」に…

「ペットは一生の家族」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:ペット】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「ペット」。皆さん、動物は好きですか? ペットを飼っている、または飼ったことがありますか? 私たちを癒してくれるペットの存在は大きいですよね。今回は、そんな「ペット」についての英語フレーズをまとめました。…

効率的に弱点を補強し、最短ルートで英語力アップ。科学的英語コーチングのリアルを聞いてきた。

話題の短期集中型英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年の開校以来、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づいた科学的トレーニングを高い専門性を持つトレーナーが提供し、多くの受講生の英語力をアップさせてきました。 今…

ネガティブ思考を続けると脳がホントに毒される。ポジティブになるヒントは身近にいる “あの人”

親子ほど歳が離れた上司とあなたが、商談の帰りに会話をしているとき、あなたが「さっきの会社との取引は難しそうですね」と言ったのに対し、上司が「いや、 そうでもないぞ。先方はうちの資材調達力について評価していたし、新しい提案にも念入りに質問して…

「英語コーチング」という英語学習の新しい形。【THE CONSULTANT】大宮スタジオ所属・中馬剛さんに聞く、英語コンサルタントという仕事。

第二言語習得研究×短期集中型英語スクールのブームを作った、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2018年12月にはその別ブランドとして、自習型コンサルティングサービス『THE CONSULTANT』をリリースし、大きな話題になっています。そこ…

脳の前頭前野を活性化させる “意外すぎる” もの。大人にこそ「創造体験」が必要だ。

クラシエフーズの「知育菓子®」は、お菓子づくり体験で、子どもたちの豊かな創造力を育てるために生まれました。実際はお菓子なのに、見た目は「タコ焼き」「ラーメン」「お寿司」などもあるので、子どもはもちろんのこと、大人も十分に楽しめます。 最近の…

自分の感情に巻き込まれないための、「手書き」&「自分との対話」という習慣。

マインドフルネスは、集中力や記憶力の向上に役立つといわれています。 2007年から米グーグル社の社員研修に導入され、アップル社やゴールドマン・サックス社など有名企業のほか、日本でも初めてSansan株式会社が2018年に導入しました。多くのメディアで実践…

「方眼ノート1冊に何でも書き留める習慣」のすごい効能。“思考の足あと” が刻まれてゆく

「なるほど」と思ったこと、「おやっ?」と思ったこと、「おぉ、これは役に立つ」と感じたこと、「そうだ、こうしよう!」と思いついたこと、など――うまく活かしていきたい知識や情報、まだ形になっていないアイデアの種を、みなさんはどう保管していますか…

SECIモデルとは? 初心者でもわかるマネジメント理論

SECIモデルとは何か、初心者にもわかりやすく解説。実際にSECIモデルを利用した企業の事例も紹介します。

多くの人が嫌う「根性論」が、それでも成功に必要かもしれない理由。

「根性論を押しつけられるのは、もうウンザリ」 「いまどき根性論なんて古い」 「根性論には具体性がなくバカげている」などなど、根性論はすっかり否定的な見方をされるようになりました。しかし、なかには世代を飛び越え、根性論が必要だと考える人もいる…

脳科学が証明した、緊張がほぐれる “意外すぎる” 行動

プレゼンなどの際に緊張しても、普段通りのパフォーマンスを発揮できる人がいる一方で、緊張とプレッシャーでパフォーマンスが低下してしまう人がいます。 後者かもしれないと感じている方に、その差を明らかにした最新の研究と、興奮や緊張を制御してくれる…

「せっかくここまでやったから」は危険。人は手間暇かけたものを変に過大評価してしまう。

「せっかく時間をかけたから」「せっかく頑張ったから」と、本当は見直しが必要な作業を続行し、あとで後悔することが多い……。部下やチームメンバーが、いまひとつ意欲を燃やしてくれない……。そんなふうに頭を抱える人に、「イケア効果」について説明しまし…

最後に心から笑ったのはいつ? 「笑顔が全然ない人」は仕事でも人生でも損してる。

以前より、「笑顔」は健康にいいと知られています。最近の研究では、笑いの度合いが高いほど、効果も高まるとわかりました。笑いの効果が医学的に検証されている今、ビジネスパーソンが「自分の笑いのツボを探るべき理由」についてお話しします。 ビジネスシ…

【著書出版記念特別編!】“英語職人” 時吉秀弥氏による、ネイティブの感覚を体感できる英文法セミナーを開催します!

英語を勉強しているものの、文法でつまずいてしまう。知識だけ頭に詰め込んだものの、正直理解はできてない……。このような悩みを抱えている英語学習者の方、必見のお知らせです。 わずか3ヶ月で受講生のTOEIC®スコアを400点も上げるなど、多数の実績を残して…

怒りを見える化「アンガーログ」をやってみた。不要な怒りが鎮まり、賢くキレられるようになる!

人は、自分が「何」に対して怒りを感じやすいのか、意外と理解していないそうです。だからこそ、“怒り” を見える化する「アンガーログ(怒りのメモ)」が役立つのだとか。 また、人はたとえ対等でも、搾取する側と、搾取される側になってしまう可能性がある…

「通勤時間はどれぐらい?」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:通勤】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「通勤」。あなたは普段どのように職場まで通っていますか? 通勤時間には何をしますか? 毎日のことなので、意外に重要な通勤時間。今回は、そんな「通勤」についての英語フレーズをまとめました。動画を見ながら発音…

内向的でも会話が弾む! スタンフォード式「スモールトーク」がかなり使えそう。

多様な人々が集まるパーティで、どんどん人脈を広げられる人と、そうでない人がいます。後者は恐らく内向的な人が多いのではないでしょうか。じつは筆者もそのひとり。 そこで今回は、パーティに呼ばれると憂鬱になってしまう内向的なあなたに向け、ハフポス…

「ハマってる」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:趣味】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「趣味」。スポーツにアート、音楽に語学、映画に読書......。あなたの趣味はなんですか? 今回は、私たちの人生をより豊かなものにしてくれる「趣味」についてまとめました。動画を見ながら発音をまねして練習してみて…

「相手に心を開いてもらいやすい人」10の特徴。あなたはいくつ当てはまる?

あの人と会話をすると、なんだか心地よく、受け入れられていると感じる。つい、普段は職場でいわないようなことまで話してしまった……。 そんなふうに、他者が思わず心を開いてしまう人を、心理学では「オープナー」と呼びます。上司や部下に同僚、先輩や後輩…

“いつも不機嫌なあの人” を華麗にかわす賢い方法。「なんとかしよう」と思ってはいけない。

職場の「イライラさん」に悩まされている人は,、決して少なくありません。 もしも、あなたがそうした状況であれば、心理カウンセラーが教えてくれる「イライラさんの真実」について説明します。ちょっとした対処法も紹介しましょう! 何をそんなにイライラし…

頭の中を見える化して「ゴミ情報」を断捨離すれば、いいアイデアがふってくる。

「〇〇の件どうしよう」「〇〇にいろいろ書いてあるらしい」「そういえばネットで読んだ記事が……」「あ、LINE通知が……」「えー! これは耳寄りな情報だ!」 そんな毎日を過ごすあなたの脳にある情報の中で、いったい何割が有効活用されているでしょう。頭の…

マーケティングの4Pとは? 基本のメソッドを理解してスキルアップ!

マーケティングの4Pを理解すれば、商品・サービスの販売戦略を立てやすくなります。マーケティングの4P分析の方法を、どこよりもわかりやすく解説!

頭が冴えないときに見るべきは○○の写真!? 脳が刺激されて記憶力と意欲が高まる

食べ物を見たときにわきあがる感情の神経メカニズムを解明した最近の研究は、仕事や勉強に「食べ物の画像」が役立つ可能性を示唆しています。 その理由は、記憶や意欲と関係が深い脳領域に影響を及ぼすから。 なんとなく記憶力が鈍っている、いまひとつ意欲…

「よく見える席がいいな」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:コンサート】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「コンサート」。クラシックにジャズ、ポップスに洋楽......。様々なジャンルのコンサートが開催されています。生の音楽は心を癒してくれますよね。今回はそんな「コンサート」についてまとめました。動画を見ながら発…

頑張って「バカを見る人」と「見ない人」の決定的違い。“4つのコツ” で正しい頑張りができるようになる。

いつも頑張っている人が、「なぜ頑張らなきゃいけないの? 適当にやっている人が得をする世の中で、どんなに頑張ったってバカを見るだけ」と考える人に対して “頑張る必要性” をうまく説明するのは難しいかもしれません。 でも、本当に「頑張る人はバカを見…

「家では集中できません」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:勉強場所】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「勉強部屋」。あなたはどこで勉強するのが一番はかどりますか? カフェ、図書館、自室、リビング......様々な空間がありますよね。今回はそんな「勉強部屋」についてまとめました。動画を見ながら発音をまねして練習し…

【THE CONSULTANT】 コンサルタントの的確な課題発見で「いますべきこと」に集中。2ヶ月で英語力が大幅にアップ。

短期間で英語力が伸ばせると話題の英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。第二言語習得研究×短期集中型英語スクールのパイオニアとして、英語教育界で確固たる地位を確立しています。 今回は、そのセカンドラインとして2018年12月にリリースさ…

「話しベタ」でも会議で活躍できる方法が5つあった! 会議前に○○しておくと怖くなくなる。

人前で話すことが苦手なあなたは、今日も会議を前に胃をキリキリさせているかもしれません……。 そんな皆さまの、「どんなタイミングで、どう発言したらいいのかわからない」「自信が持てない」といった悩みに答えつつ、苦しさを少しでも和らげられるよう、会…

エンハンシング効果とは? やっぱり「褒める」のが一番大切だった

エンハンシング効果とは、「報酬などの外発的動機によって結果的に内発的動機づけが高められること」。部下や後輩の指導に悩むビジネスパーソンや学生は、ぜひ知っておくべき効果です。エンハンシング効果の意味と活用方法、エンハンシング効果と対照的なア…

多忙なあなたに一番必要なのは「光」だった。“オフィスにこもりきり” がマズい理由。

秋から冬にかけて、やけに炭水化物や甘いものが食べたくなったり、気分が落ち込んだりすることはありませんか? じつはそれ、「冬季うつ」とも呼ばれる「ウィンターブルー」の症状です。多忙なビジネスパーソンに現れることも多いそうですよ。 今回は、ウイ…

「音楽の趣味が変わったんだ」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:音楽】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「音楽」。楽しい時も悲しい時も、そばにいて私たちを支えてくれる、素晴らしい楽曲の数々。誰しも好きなアーティストがいることでしょう。今回はそんな「音楽」についてまとめました。動画を見ながら発音をまねして練…

“負け” から成長できる人とできない人の決定的な差。一流営業パーソンは失敗しても○○を言わない。

営業職のノルマ達成におけるプレッシャーは、とても大きいと言われています。そんな状況下で、常に優秀な成績を残しているトップ営業パーソンには、どんな共通点があるのでしょう。 いま営業成績の伸び悩みを感じている、あるいは営業職を目指している、とい…

仕事選びで「お金」ばかり見てるとたいてい失敗するワケ。

「また仕事選びに失敗してしまった……」 「転職は失敗だった……」 こんなセリフを繰り返しているなら、仕事選びに失敗する理由を、有識者の言葉をもとに探ってみましょう。 なぜ仕事選びに失敗するのか? マンパワー・グループのチーフ・タレント・サイエンテ…

「私の心は絶対に折れません」は逆にキケン。心の “ちょうどいい強さ” は感情ラベリングで身につけよ。

ビジネスや教育の場では、逆境に負けない心=「レジリエンス」が注目を浴びています。くじけず何度でも立ち上がる心は、強ければ強いほどいい印象ですが、じつは強すぎるのも問題なのだそう。 何があってもへこたれないよう頑張ってはいるが、一向に状況が好…

「テストで8割取る」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:資格】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「資格」。学生の時も社会人になっても、資格のために勉強する機会は多いもの。自分が勉強している内容や目的を英語で話すことができたらかっこいいですよね。動画を見ながら発音をまねして練習してみてください。 This…

“失敗続きの人” の残念すぎる思考。「運が悪い」と思い込むとホントに運が悪くなる。

失敗したり、チャンスを見逃したりしている自分の隣に、「やったー! ラッキー! ツイてるなぁ」などと喜んでいる他人がいたら、「あーあ、どうせ自分は運が悪いから」と言いたくなりますよね。 でもあえて、「自分は運がいい」と考え直しましょう。決して損…

ミスが激減する「ヒヤリ・ハット」ノートが超おすすめ。ミスしない人は必ず “記録” をつけている。

あわや重大な事態を引き起こしそうになり、全身から血の気がひいてしまったことはありませんか? 医療を中心とした仕事の現場では、そうした事象を「ヒヤリ・ハット」と呼んでいます。 一般のビジネスパーソンでも、このヒヤリ・ハットをノートにつけておく…

【中級者向けグループコース】25年ぶりの学び直し。わずか60日の短期集中コースでTOEIC®も自己ベスト更新!

第二言語習得研究×短期集中型英語スクールのブームを作った、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年の開校以来、高い専門性をもつパーソナルトレーナーが言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づく科学的トレーニングを提供…

「我慢の限界!」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:怒り】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「怒り」。マイナスの感情を表すための具体的なフレーズは、学校の授業ではなかなか習う機会がないものです。でも、時には自分の気持ちに正直になることも必要ですよね。今回はそんな怒りにまつわるフレーズをまとめま…

他人からの「迷惑な先入観」があなたの可能性を潰している。この “すごい一言” で相手を目覚めさせろ。

上司「AさんにはA案件が、BさんにはB案件が合っているね」 Aさん「ハイ! ありがとうございます!」 Bさん「……。あ、ハイ……」 自分の感覚と上司の見立てが合致しているAさんは喜々としていますが、Bさんのほうは疑問で頭がいっぱい。上司の認識と自身の意向…

英語学習には最短ルートがある。パーソナルトレーナーの道案内でTOEIC®は自己最高の940点にまで上昇。

話題の短期集中型英語パーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年の開校以来、高い専門性をもつ英語指導のプロフェッショナルが、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づくトレーニングで、多くのビジネスパーソンの英語力をアップさせ…

“もう二度と忘れない” とウワサの「関連づけ記憶」やってみた。お絵描きのパワー恐るべし

現役東大生の西岡壱誠さんいわく、「東大生の記憶力が優れているのは、関連づける能力が優れているから」とのこと。 ならば関連づけて覚えてみようと、チャレンジする人がいる一方で、「どう関連づけるのか、いまひとつイメージがわかない」といった人もいる…

セルフ・ハンディキャッピングとは? やってはいけない言動例と克服法

セルフ・ハンディキャッピングは、失敗しても傷つかないよう、あらかじめ言い訳をしておくこと。誰でもやりがちですが、大きなデメリットがあります。セルフ・ハンディキャッピングの内容や克服方法を紹介。

お絵描きのようなマインドマップで「来年の目標」をまとめてみた!

中央にメインテーマを書き、そこから放射状に枝を伸ばしてキーワードやイメージを広げ、さらに細かく分解していくマインドマップは、ビジネスや日常において役立つ思考ツールです。 今回は、マインドマップでこんがらがった思考を整理し、来年の目標をまとめ…

クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンの違いは? どう使い分ける?

クローズドクエスチョンとは何か、オープンクエスチョンとの違いを解説。それぞれのメリット・デメリットと使い分け方も紹介します。

ローボール・テクニックで「断れない状況」作れます。悪用厳禁のズルい手法とは

「ローボール・テクニック」は、心理学を利用して、相手にとって断りづらい状況を作る手法です。ローボール・テクニックの意味や、活用法、ローボールテクニックを使われたときの対処法をご紹介しましょう。

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら