インタビュー

強いのは「経験×リスキリング」で相乗効果を生み出せる人。AI時代のキャリアアップに不可欠な思考習慣

非IT企業の非IT部門で働く人にとって、「AI」はどんな存在でしょうか。なかには、「自分には関係ない」と考えて傍観している人もいるでしょう。でも、「業種や職種を問わず、これからのキャリアアップに重要な鍵を握るのがAIだ」と言われたらどうですか? そ…

「AIに仕事を奪われるかもと心配する人」と「AIの進化とともに成長できる人」のたったひとつの違い

これだけAIが注目を集めるなかでも、勤務先がIT企業でもなければ所属部署も非IT部門という人なら、「AIは自分には関係なさそうだ」と考えてもおかしくありません。 しかし、非IT企業の非IT部門で働く人であっても、「AIを活用できる人こそが強い」と語るのは…

「発想力には自信がない……」と悩む人でも「いいたたき台」がつくれる意外なコツ。あえて○○するといい

営業資料、会議資料、企画書、提案書など、仕事においてなにをつくるにもよく登場するのが「たたき台」です。しかしながら、そのつくり方について解説した書籍や記事がほとんどなく困った人もいるでしょう。 まさに、そのたたき台のつくり方についての著書『…

「質の高いたたき台」を最速でつくるための5つの基本。“隙だらけ” なほうがいい理由とは?

会議資料、営業資料、企画書、提案書などを作成する過程において、頻繁につくったり使ったりするのが「たたき台」です。 そのたたき台には、「いいたたき台もあれば駄目なたたき台もある」と言うのは、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)を経てコ…

「仕事ができる人」がつくる「最高のたたき台」の特徴。ダメなたたき台とは “ここ” が違う

「『たたき台』でいいから資料をつくってみてよ」。若手のビジネスパーソンであれば、上司からよく言われる言葉のひとつではないでしょうか。「とりあえず、なんとなくそれっぽいものをつくればいい」と多くの人が考えるかもしれませんが、じつはたたき台に…

今度こそ「仕事が速い人」になれる3つのテクニック。「行動分析学」で仕事はどんどん前に進む

人手不足が大きな問題となっているいま、仕事の効率化やスピード向上はビジネスパーソンの重要課題です。そこでアドバイスをお願いしたのは、「行動分析学」を活用し、ビジネスパーソンの行動上の問題の解決を試みている明星大学心理学部教授の竹内康二先生…

専門家が解説「先延ばしせず勉強できる人」になるための強力な方法。大切なのは「○○の振り返り」

「学び直しをするぞ!」「読書量を増やしたい!」などやる気はあるものの、なぜか「あとでやろう」と考えてしまう「先延ばし」。そんな行動をやめて自分を動かす方法を、「行動分析学」の専門家である明星大学心理学部教授の竹内康二先生に聞きました。大切…

疲れていて30%の集中力しかないときでも「やるべきことに確実に着手できる」科学的方法

仕事や勉強など、やらなければいけないことがあるのになかなか着手できない——。そんなビジネスパーソンにとっての「あるある」はどうして起こり、そのような事態にどう対処すればいいのでしょうか。 お話を聞いたのは、明星大学心理学部教授の竹内康二先生。…

「発想が斬新!」と評価される人の “最高の思いつき” を生む思考法【戦略コンサルタント・山本大平さん】

「ラテラル・シンキング」というものを知っていますか? 「ラテラル(lateral)」は一般的には「側面の」「横からの」という意味ですが、このラテラル・シンキングこそが、思考を深めたり視野を広めたり斬新な発想を生んだりするのに有効だと言うのは、トヨ…

トヨタ・アクセンチュア出身の経営者が語る「本当に意味のある情報」を効率よく得る方法【戦略コンサルタント・山本大平さん】

インターネットの普及もあり、「情報社会」と言われるようになって長い時間が過ぎました。ビジネスにおいてなんらかの判断をするには、そのための情報量は多ければ多いほどいいと考えられることもあります。 しかし、「それらの情報にはほとんど意味がないか…

「圧倒的なインパクトを出せる人」がしている頭の使い方とは?【戦略コンサルタント・山本大平さん】

ビジネスにおいて有効とされる思考法にはじつにさまざまなものがありますが、その代表格というとやはりロジカル・シンキングではないでしょうか。しかし、トヨタ自動車、TBS、アクセンチュアを経て戦略コンサルタントとして活躍する山本大平さんは、「ロジカ…

「頭がいい人」は「聞く」スキルが高い。コンサルタントが当たり前にやっている3つの聞き方

新刊『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)がベストセラーとなっているコンサルタントの安達裕哉さんは、「頭がいい人」=「コミュニケーション能力が高い人」と位置づけています。 さらに、「コミュニケーション能力が高い人」は、優れ…

頭がいい人の3つの特徴。「賢いふり」ではなく「○○なふり」をする人こそが本当に賢い

「頭がいい人」と聞くと、どんな人をイメージするでしょうか。 新刊『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)が好評を得ているコンサルタントの安達裕哉さんは、「頭がいい人」=「コミュニケーション能力が高い人」と定義しています。そし…

「頭がいい人」とは「一緒に仕事がしたいと思われやすい人」。目指すなら “これ” を心がけよ

「あの人は頭がいい」「私は頭がよくないから……」。人の評価基準としてよく使われる「頭のよさ」ですが、そもそも「頭がいい」とはどういうことを指すのでしょうか。 お話を聞いたのは、新刊『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)が好評…

「やることが多くて仕事が回らない!」と悩む若手リーダーを救う「人に任せる」3つの基本

チームを任されたばかりの若手リーダーのなかには、「やることが多くて仕事が回らない」と悩んでいる人もいるでしょう。そういう人は、「なかなか人に仕事を任せられない」「自分がやったほうが早い気がする」と思っていませんか? それこそが、仕事が回らな…

優秀なチームをつくれる人が大事にしていること。「この人がいれば安心だ」という感覚は危なすぎる

「この人に任せれば安心!」と思える人がチームにいる——。リーダーの立場からするととても心強い状態かもしれません。 ただ、こうしたチームには問題点があると言うのは、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティングや研修を行ない、新…

一見すごいのに出世できない人の大きな特徴。意外にも評価されるのは “歯車” 的な人だった

仕事において「すごい人」「デキる人」というと、どんな人をイメージしますか? なかには、ほかの誰にもできないことを実現できる「替えの利かない人」を思い浮かべた人もいるかもしれません。 しかし、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コン…

暗記ではなく「印象に刻む」。本の内容を確実に頭に残せる「多重マーキング」という読み方

せっかく本を読んだのだから「内容を覚えておかなくちゃ」と考えたり、「内容を忘れてしまう」と悩んだり……。多くの人に共通する「あるある」かもしれません。どうすれば、本の内容を「頭に残す」ことができるでしょうか。 新刊『ちゃんと「読む」ための本』…

ベストセラー作家が「人からすすめられた本は読まなくていい」と語る納得の理由

ビジネスパーソンであれば、「これは勉強のために読まなければならない」「上司にすすめられたから読まなければならない」といった、義務感をともなう読書をした経験が多くの人にあるはずです。 しかし、「そんな読書には意味はないし、するべきではない」と…

「本当に読むべき本」はどうすれば見つかるのか? ベストセラー読書本の著者に聞いてみた

多忙な毎日のなか、「読書をする時間がない」人のほか、「どんなものを読むべきかわからない」といった人もいるかもしれません。 そこでアドバイスをお願いしたのは、新刊『ちゃんと「読む」ための本』(PHP研究所)を上梓した著作家の奥野宣之さん。『読書…

強いチームの特徴は「自分はそうは思わない」と誰もが言えること。心理的安全性を高めるための “2つの基本”

近年、企業において成果を挙げるために重要な要素として、日本のビジネスシーンでも「心理的安全性」という言葉がよく聞かれるようになりました。その重要性はどんなところにあり、どうすれば高められるのでしょうか。 モルガン・スタンレーやGoogleを経て経…

Googleの社員は、なぜ社内の雑談を重視するのか? Google出身の経営者に聞いてみた

ビジネス書では「雑談力」といった言葉もよく見られますが、その効果はどんなところに表れるのでしょうか。 お話を聞いたのは、モルガン・スタンレーやGoogleを経て経営コンサルタントとして活躍するピョートル・フェリクス・グジバチさん。Googleでは社員ど…

「仕事ができる人」はいい人間関係を築くのもうまい。その秘訣は「雑談」にあった

「雑談」とは、「とりとめのない話」のことです。しかし、コミュニケーションが重要だとされる仕事において、雑談を単なるとりとめのない話にとどめておいていいものでしょうか。 モルガン・スタンレーやGoogleを経て経営コンサルタントとして活躍するピョー…

評価や信用が上がるのは「期待値を超えたとき」。そのためにぜひもちたい “3つの視点”

仕事においては数多くの「考える」場面が訪れます。しかし、ただ漫然と考えるのではなく、「提案性のある考え方をする」ことこそが重要だと語るのは、電通勤務を経てストラテジックプランナーとして活躍する筧将英さん。 そもそも「提案性のある考え方をする…

優秀な人は日頃どんな「インプット」をしているのか? おろそかにしがちだからこそやれば差がつく

「考える」ことが苦手だと自覚し、考えるためのテクニックや思考法というものを学ぼうとしている人もいるでしょう。ただ、電通勤務を経てストラテジックプランナーとして活躍する筧将英さんは、それ以前にまずは「インプットこそが重要」と説きます。 その重…

“これ” ができるとビジネスパーソンとして優位に立てる。「考えるのが得意な人」が手書きしているもの

仕事において「考える」という行為は欠かせません。しかし、モヤモヤと考えらしきものが浮かんだとしても、そこからいいアイデアに結びつけるのは簡単ではないものです。 そこでお話を聞いたのは、電通勤務を経てストラテジックプランナーとして活躍する筧将…

「『感謝』と『野心』を忘れない」マリアさんが掲げる「英語教育のプロ」として不可欠なふたつの柱

英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』では、英語学習のスペシャリストたちが、高い専門性と豊富な指導経験に基づき、受講生ひとりひとりに最適な英語学習サービスを提供しています。 そんなスペシャリストのひとりである、英語パーソナルト…

人間関係に疲れやすい内向型のあなたが、大事な仕事に最大限のエネルギーを注ぐためにやるべきこと

人付き合いが得意ではない内向型の人にとって大きな壁となるのが、「人間関係」です。でも、人といっさい関わらない仕事など存在しないもの。内向型の人は、どのように人間関係と向き合えばいいのでしょうか。 自身の経験をもとに内向型の人のキャリア支援や…

【ジル・チャン氏】「内向型だから仕事ができない」という思い込みを捨て、パフォーマンスを高める方法

「自分は内向的な人間だ、だから仕事ができない」——そんなふうに考えている人はいませんか? たしかに、多くの人と関わりながら仕事を進めるビジネスパーソンにとっては、外向的であることはひとつの能力と言えるかもしれません。 しかし、「内向的だから仕…

『「静かな人」の戦略書』著者が解説。内向的なあなたがまだ気づけていない「内向的だからこその強み」

あなたは外向的ですか、それとも内向的ですか? むかしからコミュニケーション能力が重要だとされるビジネスの場においては、とかく外向的であることこそすばらしいと評価されがちです。でも、本当にそうなのでしょうか。 自身の経験をもとに、内向型の人の…

「受講生さまおひとりおひとりに最適な英語学習法をご提案したい」熊澤 彩香さんが語る英語パーソナルトレーナーの価値

英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』では、英語学習のスペシャリストたちが、高い専門性と豊富な指導経験に基づき、受講生ひとりひとりに最適な英語学習サービスを提供しています。 そんなスペシャリストのひとりである、英語パーソナルト…

「普通の人」を抜け出して「成長できる人」になる方法。“○○する時間” を徹底的に増やす

ごく普通に働くだけの人から、周囲から「あの人はすごい!」と一目置かれて成長していける人になるためには、どのようなことが重要になるでしょうか。 大手企業300社以上の広告宣伝・PR・マーケティングの支援実績をもつ、株式会社トライバルメディアハウス…

「ビジネスパーソンとしての価値を高めたい」と思う人がまず満たすべき “大事な条件” とは

仕事に対する姿勢や意識は人それぞれですが、これから先に長い人生を歩んでいく若い人であれば、「ビジネスパーソンとしての自分の価値を高めたい」と思っている人も多いでしょう。そのためにはどうすればいいのでしょうか。 大手企業300社以上の広告宣伝・P…

「スペシャリストにならなければ意味がない」は誤解。いま目指したいのは “こんな人材” だ

終身雇用制も年功序列制も崩壊したとされるいま、「人材市場での評価が高そう」「フリーランスになりやすそう」といった考えから、スペシャリストを志向する傾向が強まっているとも言われます。 しかし、そんな風潮に警鐘を鳴らすのは、大手企業300社以上の…

周囲に差をつけるために重要なのは「特定のスキル」ではない。本当に磨くといいのは「○○」だ

「本当に成長したい、活躍の場を広げたい」と考えるビジネスパーソンは、これからの時代にどんなスキルを身につけたらいいでしょうか。 お話を聞いたのは、元日本マイクロソフト業務執行役員で現在は株式会社圓窓代表取締役の澤円さん。しかし、その答えは、…

「ChatGPTで仕事がなくなる」は本当か? ビル・ゲイツ氏の名がついた賞をとった澤円さんの答え

2022年末頃からビジネスシーンに限らず大きな話題となっているのが、人工知能チャットボット「ChatGPT」。ITに明るくない人のなかには、「ChatGPTってなんだかすごそうだけど、自分に関係あるのかな?」と思っている人もいるかもしれません。 一般のビジネス…

元日本マイクロソフト業務執行役員に聞いた。「英語ができるビジネスパーソンは強い」と言える3つの理由

ビジネスパーソンにはさまざまな能力が求められます。以前から変わらず重要だとされるものだとコミュニケーション能力はその代表格ですし、近年で言えばITスキルも入ってくるでしょう。 そういった能力のなかで「英語」の重要性を説くのが、元日本マイクロソ…

「英語のプロとして歩み続ける」中川 亜弓さんが目指すパーソナルトレーナーとしてのさらなる成長

英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』では、英語学習のスペシャリストたちが、高い専門性と豊富な指導経験に基づき、受講生ひとりひとりに最適な英語学習サービスを提供しています。 そんなスペシャリストのひとりである、英語パーソナルト…

「この人のためなら本気で頑張ろう」と部下に思われるリーダーが自然とやっていること

組織のなかのリーダーともなれば、担当する仕事の幅が広がると同時に、求められる能力の幅も広がります。そんな多様な能力のうち、「自分や相手の感情をうまく管理し、活用する能力」を指す「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」こそが最重要だと言うの…

仕事のパフォーマンスが高い人に備わる「EQ」8つの能力。まず伸ばしたいのは “この力”

「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」という言葉を知っていますか? 「知能指数」である「IQ(Intelligence Quotient)」に対して「心の知能指数」とも訳され、一般的には「自分や他者の感情をうまく管理し、活用する能力」を意味します。国内トップク…

成長したいビジネスパーソンが「EQ」を高めるべき理由。○○を言語化できる人は成功しやすい

近年、子ども教育の場やビジネスシーンにおいて、「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」という言葉を見聞きすることが増えてきました。そもそもEQとはどういうもので、ビジネスパーソンにどんな影響を与えるものなのでしょうか。国内トップクラスのEQカ…

「受講生の悩みに応じて柔軟にアプローチができる」鏑木 周平さんが語る「英語パーソナルトレーニング」の魅力

英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』から生まれた、高校生向けの『ENGLISH COMPANY 大学受験部』(以下、大学受験部)では、英語学習のスペシャリストたちが、高い専門性と豊富な指導経験に基づき、受講生ひとりひとりに最適な英語学習サー…

ジョブズも毎朝やっていた。脳科学者が教える「脳内トーク」のすごい力――行動も人生も変えられる!

ビジネスパーソンにとってコミュニケーション能力が重要だということは、みなさんも飽きるほど見聞きしてきたはずです。ただ、仕事で関わる他者ではなく、自分自身とのコミュニケーションについて考えたことがあるでしょうか。 脳科学者としての知見を活かし…

やる気が出ない・覚えられない・成績が伸びない。勉強のお悩みに効く「認知バイアス」活用法

昇進のため、資格取得のため、業務に役立てるために、忙しいなかでも勉強に励んでいる人も多いでしょう。しかし、勉強には悩みがつきものです。 「やる気が出ない」「記憶できない」「伸び悩みを感じる」——そんな悩みの解決策として、脳科学者としての知見を…

脳科学者が明かす! 「仕事がうまくいく人」と「いかない人」の差は「認知バイアス」の扱い方にあった

「仕事がうまくいく人」と「いかない人」、両者の違いはどんなところにあるでしょうか。その問いに対し「認知バイアス」と答えるのは、脳科学者としての知見を活かして企業や個人のパフォーマンスをアップさせ続けている西剛志(にし・たけゆき)さん。 そも…

「幸せなキャリアを築ける人」がもつ「巻き込む力」。伸ばすためのシンプルな心がけとは

「ビジネスパーソンとして幸せなキャリアを築きたい」誰にも共通する思いではないでしょうか。 ではそのためにはどうすればいいでしょう。たくさんお金を稼ぐ? 自分ひとりの力でプロジェクトを成功させる? どちらも考えつきそうな答えですが、日本における…

「なぜかうまくいく人」と「何もうまくいかない人」。決定的違いは「夢の見方」にあった

活躍が止まらない同僚やキラキラした友人を見て、「うまくいっていてうらやましい」「どうすれば自分も “うまくいく人” になれるのかな……」と感じることはありませんか? SNSなどでさまざまな成功談について見聞きする機会も多いもの。 つい成功者と自分を比…

「自分のキャリア、どうすれば?」とモヤモヤする人に何より必要な「○○性」の磨き方

若手のビジネスパーソンであれば、先の人生が長いだけに自分の「キャリア構築」について悩んでいる人も少なくないはずです。 「自分のキャリアはこれからどうなるのだろう。どんなキャリアを歩むのが正解なのかまったくわからない……」そんなモヤモヤを抱える…

「この人の頼みならぜひ聞こう」と相手に思われる人が、会話の始まりに添える “たったひとこと”

仕事においては、「この人の言うことはいちいちカチンとくるから、話を聞くのが嫌だな」と感じる相手もいれば、逆に「この人の言うことはなぜか素直に聞きたくなる」と思う相手もいるものです。後者のような印象を周囲からもってもらうには、どうすればいい…

人は “こう” 言われると動きたくなる。3つのタイプ別、ただお願いするより「確実に相手に響く」言葉

「部下にはあれこれ言葉を尽くして説明しているけれど、なかなかミスを減らしてもらえない」「チームの業務効率が悪い気がしていて上司に改善を提案してみたいが、私だと説明がうまくないからスルーされちゃうかな」。こんな思いを抱えたことがある人はいま…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト