カリスマの言葉

自らの経験から導き出した人生の答え――。正しく努力すれば、必ず幸運に恵まれる【野村克也『カリスマの言葉』第13回】

「運命」とは、本人の意志にかかわらず人に訪れる巡り合わせのこと。つまり、本来の意味においてはその人自身が変えられるものではありません。 受験や就職など人生の節目で、努力の甲斐なく希望とはちがう道に進まざるを得なくなったり、なんらかの不幸な出…

本当の「適材適所」実践のためだけでなく、自己評価の際にも先入観を捨てるべし【野村克也『カリスマの言葉』第12回】

「適材適所」という言葉は、ビジネスの場で頻繁に聞かれるもののひとつです。部下や後輩を抱え、多くの外注先と仕事をするような立場にあるビジネスマンなら、誰もが肝に銘じていることでしょう。 しかし、あらためて周囲の人間の顔と能力を思い起こしてみて…

変化することは恐怖ではなくよろこびである。進化を望む大人に必要不可欠な「感覚」【野村克也『カリスマの言葉』第11回】

思春期の中高生や20代の学生にとって、自身がどんどん変化していくことはとても楽しいものです。日々、学校で学習することで知識を蓄積し、目にするあらゆるものが新鮮に映る。体もぐんぐん大きくなり、トレーニングをすればスポーツのスキルは目に見えて向…

才能がないこともある種の才能。自分の短所すらも長所ととらえる【野村克也『カリスマの言葉』第10回】

「天賦の才」という言葉があるように、才能とは生まれながら持っている能力のこと。英語では「gift(贈り物)」という単語でも表されます。つまり、生まれたあとの努力でどうこうできるものではないのです。 では、才能を持って生まれた者には、才能を持たざ…

不安を抱いていることはマイナスではない。逆転の発想で日々の学びにより集中できる【齋藤孝『カリスマの言葉』第10回】

以前から興味があったというような理由で、いわば趣味としてなにかを学んでいる人であったり、先行きが不安なためにスキルアップやキャリアアップを目指して勉強に励んでいたりするという人も多いはずです。 不安とは、文字どおり安らいでいない状態です。不…

自分も含めてすべての人間を疑うことで、どんな局面にも冷静に対処できる【小林弘幸『カリスマの言葉』第8回】

人は、「社会」という他者との関わりのなかで生きています。どんなに孤高に見える人だって、けっしてひとりでは生きていけません。ましてや、周囲の多くの人たちと協力・協働しながら仕事を進め成果を出していく社会人であればなおさらでしょう。 大きなプロ…

「時間=人生」ととらえれば、ムダな使い方はできなくなる【齋藤孝『カリスマの言葉』第9回】

「自分だけ1日の時間が長くなればいいのに」。仕事や勉強、家事に追われる人たちのなかには、こんなSF映画のような願望を抱いたことがあるという人もいるでしょう。しかし、残念ながらどんな人間にも平等に1日は24時間という事実は変わりません。 では、その…

年齢を重ね肉体的な衰えを感じることを、ポジティブにとらえる発想転換法【小林弘幸『カリスマの言葉』第7回】

「わたしは体力には自信があります!」。 学生時代のアルバイトの面接時や、まだ社会人になって間もない20代のころ、そうやってあり余る体力をアピールした人も多いでしょう。ただ、残念ながら……年齢を重ねると体力が落ちてしまうのが生身の人間です。30代以…

「やりたいこと」への執着を取り払い、自分の幅を広げるという幸せのかたち【齋藤孝『カリスマの言葉』第8回】

一般社会に出る直前に、就職活動をおこなう学生たちが希望の企業を絞る際には、待遇や企業の将来性などさまざまな要素を考慮します。そのなかで、多くの人が優先するのはその仕事が「やりたいこと」であるかどうかではないでしょうか。 それこそ、ファッショ…

帰宅後の過ごし方が翌日のパフォーマンスを左右する。心身に十分な休息をもたらす「リセット法」【小林弘幸『カリスマの言葉』第6回】

社会人であれ学生であれ、日々の仕事や勉強に追われ多くの人が多忙な毎日を送っていることでしょう。帰宅したときには疲労困憊。お風呂にも入らず寝てしまい、翌朝にバタバタとシャワーを浴びる……。そんな人も少なくないのではないでしょうか。 しかし、それ…

中原誠 なにが起きても動じることなく、 強くしなやかに生きるための秘訣【棋士たちの言葉 第8回】

勝負事にかぎらず、世の中にはときに「想定外」とでも言うべき出来事が起こります。そんな思いもよらないことが起こったときにどのような行動をとるかによって、その人の考え方や生き方が如実に表れます。 今回は、棋士・中原誠さんの座右の銘とでもいうべき…

渡辺明 運を信じるも信じないも自分次第 自信に裏打ちされた合理的な手を積み重ねよ【棋士たちの言葉 第7回】

一流と呼ばれる人たちは、自分だけのルーティーンをとても大切にしています。どんなときでも習慣化した振る舞いを繰り返すことで、集中力を最大限に高めて勝負に臨んでいるのです。なかには、一見合理的でないように見えるルーティーンを行う人もいます。 一…

米長邦雄 勝ち続ける人には理由がある 覚悟の強さが生み出す「勝者の思考」【棋士たちの言葉 第6回】

誰よりも勝利を望む気持ちが強い者だけが生き残るのが、プロフェッショナルの世界。どんな分野でも「勝負強い」人というのは、並大抵ではない覚悟を持って戦いの場に臨んでいると、かつて米長邦雄さんは言いました。 今回は、将棋界に数々の伝説を打ち立てた…

加藤一二三 選択に迷ったときほど役に立つ!? ひふみんが頼りにする究極の「決断力」【棋士たちの言葉 第5回】

なにかを選択するときに迷ってしまうのは、誰しもが経験することです。試験でも解答するのに迷いに迷って、いろいろ考えた末に選んだ答えが間違っていた……そんな経験をしたことがあるかもしれません。 そんなとき、棋士の加藤一二三さんはある指針に従って判…

藤井聡太 幸運を幸運のままで終わらせない 運の活かし方こそが成長の行方を決める【棋士たちの言葉 第4回】

勉強や仕事の成果があらわれるのはもちろん普段の努力によるものですが、それに加えてときに「運」がその結果を左右します。そして、そうした運をどのように捉えるかによって、今後の成長が左右されるといっても過言ではありません。 今回は、棋士の藤井聡太…

藤井聡太 史上最年少棋士を駆り立てる 強烈なまでの勝利へのモチベーション【棋士たちの言葉 第3回】

公式戦での史上最年少優勝や公式戦29連勝などの新記録を打ち立て、将棋界に彗星のごとく現れた棋士・藤井聡太さん。天才たちがひしめく棋界において快進撃を続ける藤井さんは、毎回の戦いになにを考え、どのような姿勢で挑んでいるのでしょうか。 今回は、成…

羽生善治 テクノロジーが進化し続ける時代に、 変わることなく存在するプロの「競争原理」【棋士たちの言葉 第2回】

テクノロジーの発達によって、勉強や仕事の環境は変化し続けています。世の中には目標達成のためのプロセスを助けてくれるツールや情報、ノウハウがあふれ、それらを上手に活用できれば、驚くほどのスピードで望む成果をあげることもできるでしょう。 しかし…

羽生善治 後悔に囚われることなく前へ進むために、 覚えておきたい天才棋士の言葉【棋士たちの言葉 第1回】

過去の失敗をいつまでも悔やんで引きずってしまう人がいます。たしかに勉強や仕事では「勝負どころ」があり、そのときに致命的なミスや失敗を犯してしまうと大きなショックを受けるのも仕方がないかもしれません。しかし、棋士の羽生善治さんは、そんな若者…

人はひとりで勝つことはできない。一流選手だけが持つ「運」を引き寄せる力【野村克也『カリスマの言葉』第9回】

実力は折り紙つきなのになぜか勝利に恵まれなかったり、運に見放されてしまったりするプロ野球選手はたくさんいると野村克也さんは言います。これはスポーツに限らず、仕事の場面でも同じかもしれません。周囲から応援される人や、どういうわけか運がいい人…

ノウハウやメソッド以上に大切なものがある。大きく成長するために欠かせない「基本姿勢」【野村克也『カリスマの言葉』第8回】

なにかを新しくはじめるときに大切になる「基礎体力」は、ノウハウやメソッドだけでは養うことはできません。むしろ、良質なノウハウやメソッドを存分に活かすためにも、基礎となるべき知識や技術があると野村克也さんは考えています。 今回は、まさに独自の…

専門バカになるな! どんな世界でも通用する「地頭の良さ」を身につけよ【野村克也『カリスマの言葉』第7回】

あなたのまわりには「地頭がいい」と感じさせる人はいますか? 地頭と聞くと、努力とは関係のない生まれ持った素質のように思えますが、地頭の良さの本質を理解できると、それを養うこともできると野村克也さんは考えています。 今回は、さまざまなジャンル…

競争社会で勝ち残るために、口にしてはいけない「3つの禁句」【野村克也『カリスマの言葉』第6回】

プロ野球選手であろうとなかろうと、競争社会にいる以上は口にしてはいけない3つの禁句があると野村克也さんは言います。とくに自分のことを、「才能に恵まれているわけではない」と感じている人はなおさら、その禁句を封印する必要があるそう。 野村さん自…

最初の印象だけで決めてはいけない! 「サイコパス」な仕事相手を見分ける手段【中野信子『カリスマの言葉』第14回】

最初の印象はとても良かったのに、いざ一緒に仕事をしてみると「前に話していたことと全然ちがう!」「期待し過ぎたのかもしれない……」とがっかりしたことはありませんか? 脳科学者の中野信子さんによると、このようなことを平気で行う「サイコパス」と呼ば…

あの人、本当はお金持ち? 脳科学的に理にかなった「経済力」の見分け方【中野信子『カリスマの言葉』第13回】

「あの人はどのくらいお金を稼いでいるのだろう……?」と、つい他人の経済力が気になったことはありませんか? 脳科学者の中野信子さんによると、身体のある部分に注目すると、その人の経済力がわかる可能性があると言います。 今回は、脳科学の知見をもとに…

人の認知に訴えかけるとうまくいく、不調をきたした人間関係を改善する意外なコツ【中野信子『カリスマの言葉』第12回】

「人間関係が最近あまりうまくいっていない」と感じながらも、さしたる原因も見当たらない……というとき、もしかしたら意外なところに原因が潜んでいるかもしれません。 脳科学者の中野信子さんによると、それはあなた自身の「外見」が原因である場合があるそ…

調子が悪いときほど役に立つ、努力を無駄に終わらせない勉強法の「王道」【中野信子『カリスマの言葉』第11回】

勉強を続けていると、大きく成績が伸びるときもあれば、なかなか思うように結果が伴わない時期もあります。そうしたときにも、自信やモチベーションを落とすことなく、勉強を続けていけるいい方法があると脳科学者の中野信子さんは言います。 勉強で大切なの…

やっぱり類は友を呼ぶ!? 成功を引き寄せるために心がけたいこと【中野信子『カリスマの言葉』第10回】

「自分の人生を変えよう!」と意を決して勉強や仕事に打ち込みはじめても、「成功」というものは一昼夜にはやってきません。脳科学者の中野信子さんによると、世の中で大成功を果たした人には、ある共通した姿勢と行動があると言います。 それは、「小さな成…

毎日聞くのが苦痛な自慢や説教――。そんな困った人から「自分を守る方法」とは【中野信子『カリスマの言葉』第9回】

日ごろの人間関係においては、どうしても自分と性格が合わなかったり、言動がいちいち気に触ったりする人もいますよね。特に組織の場合には、毎日顔を合わさなければならないこともあり、我慢しているとどうしてもストレスが溜まっていきます。 でも、脳科学…

人は正しく考えるからこそ、正しく行動できる。 そして、考える前にもやるべきことがある【野村克也『カリスマの言葉』第5回】

「考える」こと。そして、その考えにもとづいて「行動する」こと。このふたつのステップは人が成長していくために欠かせない要素ですが、野球評論家の野村克也さんは、考えることの前にもうひとつ、とても大切なステップがあると考えています。そしてこの力…

何歳になっても輝き続けるための さびないキャリアのつくり方【野村克也『カリスマの言葉』第4回】

現役選手時代に輝かしい記録を打ち立てた後も、名解説者として、また4球団にわたって名監督として活躍した野球評論家の野村克也さんは、人は何歳になっても年齢に適した活躍をすることができるといいます。 今回は、野村さんが持ち前のマネジメント力を存分…

なぜ人は学び続けなければならないのか? 「知ること」の真の意味とその効用【野村克也『カリスマの言葉』第3回】

なにかを知ったり学んだりすることは、単純に「知識や情報を得ること」だと考えていませんか? じつは、「知ること」の効用はもっと深いもので、自分の成長や進歩にとって欠かせない営みだと野球評論家の野村克也さんはいいます。 謙虚な姿勢で学びを続けて…

仕事で壁にぶつかり行き詰まったときに、 ひとり立ち戻るべき場所とは――【野村克也『カリスマの言葉』第2回】

仕事で壁にぶつかったときや行き詰まったときに、それでもしっかりと前へ進んでいく力を得るためには、「自分らしさ」という要素にヒントがあると野球評論家の野村克也さんはいいます。 行き詰まっているのは自分なのに、そんな自分自身へと戻っていくのは勇…

他人からの評価を見つめて、成長につなげよ。一流になるための最強ノウハウ【野村克也『カリスマの言葉』第1回】

5人目のカリスマは、プロ野球人生62年──野球評論家の野村克也氏。 人は感じるからこそ考え、その考えに基づいて行動する。「考え抜く」ことで道を切り開いてきた野村氏は、「思考を変えれば人生は劇的に変わる」と言う。人生を変える『カリスマの言葉』とは…

目を背けず、少しずつ向き合う練習を! 大きな失敗をしたときに知っておきたいこと【尾木直樹『カリスマの言葉』第5回】

みなさんは、仕事や勉強、また生活において大失態を演じたことがありますか? どんな人でも、多かれ少なかれそんな失敗をしたことがあるものですが、その後あなたは一体どんな事態に陥ったでしょうか? いまこれを読んでいるということは、少なくともあなた…

「優柔不断」は役に立つ。 未知なるアイデアや可能性を引き寄せる姿勢とは【尾木直樹『カリスマの言葉』第4回】

人生は選択の連続であり、仕事や生活において、決断力やスピーディーな決断の重要性が叫ばれています。一時の迷いや優柔不断が仕事や学びの結果を大きく左右する場面もあることを思うと、一見うなずく面もありますが、本当に「迷い」はただのネガティブな姿…

教育評論家・尾木ママを支え続ける、 母から受け継いだ人生のモットー「負けて勝ちとれ」【尾木直樹『カリスマの言葉』第3回】

「勝とう、勝とう」と思うと、かえってものごとがうまくいかなくなることがありますよね。みなさんのなかにも、目の前の勝ちにこだわり過ぎたことで思わぬタイミングで足をすくわれたり、周りの人たちと摩擦を起こしてしまったりしたことはありませんか? 一…

あなたが叶えたい夢はなんですか? 何歳になっても夢をもつことが大切な理由【尾木直樹『カリスマの言葉』第2回】

あなたが子どものころに夢見た、将来の仕事や未来の光景はどのようなものでしたか? 先行きに不透明感が増す現代においてこそ、このような子どもが自由に描く「夢」がもつ力が必要だと、教育評論家の尾木直樹さんはいいます。 でも、「夢は叶うとは限らない…

学歴が通用しなくなる社会で、これから必要になる真の「学びの力」とは【尾木直樹『カリスマの言葉』第1回】

今回のカリスマは、教育評論家の尾木直樹氏。 確かな教育論と親しみやすいキャラクターで多くのファンを持つ “尾木ママ”。優しく、そして時に厳しい『カリスマの言葉』が、あなたを幸せへと導いてくれますように。 *** 来たるべき超高齢化社会や平均寿命…

午後にどうしても眠くなる人へ――。 生産性を下げずに乗り切れる、賢い時間の使い方【小林弘幸『カリスマの言葉』第5回】

せっかく午前中に高い集中力でがんばっていても、ランチの後や午後の早い時間帯にどうしても眠くなってしまう人は多いと思います。これは自律神経の働きのリズムから考えても自然な現象ですが、だからといって「仕方ないか」とあきらめるわけにもいきません…

気合や根性だけでは結果は出ない! 高い集中力を持続させるタイムマネジメント法【小林弘幸『カリスマの言葉』第4回】

勉強や仕事はなるべく高い集中力を持続しながら取り組みたいものですが、長時間となるとどうしても集中力が続かなかったり、効率も落ちてきたりしますよね。でも、これは人間の体にとっては仕方がないこと。それを気合や根性で乗り切ろうとしても、かえって…

勉強や仕事のパフォーマンスが劇的に上がる。「動」のゴールデンタイムとは?【小林弘幸『カリスマの言葉』第3回】

自律神経のバランスを理想的な状態に変えていくには、まず朝の時間を「ゆっくりはじめる」ことが大切だと自律神経の専門家である医師の小林弘幸さんはいいます。これはもちろん心身の健康を保つためですが、じつはそうした行動を続けることで、勉強や仕事の…

睡眠を制するものが人生を制す。質の高い睡眠をとって、1日を気持ちよくはじめよう【小林弘幸『カリスマの言葉』第2回】

勉強や仕事で忙しい毎日を送っていると、毎日早寝早起きをすることはなかなか難しいですよね。規則正しい睡眠をとっている人は、実際はかなり少ないのではないでしょうか? とくに、日本人は世界的に見ても平均睡眠時間が短く、みなさんのなかにはときに徹夜…

1時間早く起きるだけで心身が整い、頭も冴えわたる。自律神経のメカニズムに沿ったパフォーマンス向上法【小林弘幸『カリスマの言葉』第1回】

3人目となるカリスマは、国内における自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部教授・小林弘幸氏。 心と体を健康にすることで、人生はもっと豊になる。ストレスフルなこの時代を幸せに生き抜くための、自律神経が整う『カリスマの言葉』とは……? ***…

自分の限界を上手に超えていく、シンプルで強力な成長法則【中野信子『カリスマの言葉』第8回】

仕事でも趣味でも、もちろん勉強でも、みなさんには良きライバルたちと切磋琢磨しながら成長した経験がありますか? 逆に、「自分ひとりで頑張ってやる!」と思いながら、ついサボってしまった経験もあるかもしれませんね。 でも、ついサボったり休んでしま…

目標を確実に達成するために最初にはっきりさせるべきこと【中野信子『カリスマの言葉』第7回】

ある目標を達成するには、自分なりの「時間の戦略」が必要です。でも、この「時間」というものほど、見積もりを誤りがちですよね。「たくさんある」と思って見積もりを見誤ると、時間がないのにやることだけがどんどん増えていく状況に陥ってしまいます。 同…

自分の思いを伝えたいときに試してみるべき交渉の基本テクニック【中野信子『カリスマの言葉』第6回】

相手に自分の思いが伝わらないとき、あなたはどのような行動を取っていますか? 思いを伝えたいという気持ちが強ければ強いほど、うまく伝わらないことにイライラしてしまいがちですよね。でも、そんな状態になれば、ますます相手に伝わりにくくなってしまう…

もしあなたがリーダーになりたいのなら、実力よりも大切なことがある【中野信子『カリスマの言葉』第5回】

あなたが所属する組織やチームのリーダーはどんな人ですか? いつも仕事に対して情熱を持ったエネルギーに満ち溢れた人でしょうか? それとも頭の回転が早く、能力がずば抜けている人でしょうか? 一見リーダーというと能力やスキルが優れた人を思い浮かべが…

高圧的で苦手な相手をうまくコントロールする心理戦略【中野信子『カリスマの言葉』第4回】

会社や所属する組織で、上司や同僚から嫌がらせを受けているなどの人間関係に悩んでいませんか? とくに、近年は職場でのパワーハラスメントが社会問題になっており、政府が提言を取りまとめて有識者の検討会を設置するなど、防止に向けた動きも活発化してい…

「妬み」の感情に囚われたときは、自ら環境を変えていく賢い戦略を【中野信子『カリスマの言葉』第3回】

ネガティブな「妬み」の感情はすぐに手放すことが大切――。世間でよくいわれるように、たしかにそうした面はありますが、脳科学的に考えると必ずしもすぐ手放せばいいというものでもないようです。むしろ、「妬み」の感情をうまく利用することで、自分を変え…

理解していないのに「理解した」と勘違い!? 「知識の錯覚」から逃れるには?【中野信子『カリスマの言葉』第2回】

前回は「記憶力」がテーマでしたが、今回は「理解するということ」について。脳科学者・中野信子氏の格言は、がむしゃらな努力とサヨナラさせてくれます。 *** 頑張って勉強しているのに、なかなか結果がついてこない……。そんな悩みを抱えていませんか? …

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら