重ければ「ナイフで解体」すればいい。分厚い本を読むための “読書前の工夫” が斬新すぎる。

日々さまざまな読書術を実践していくなかで、「読んでいる最中」のテクニックや「読後」のアウトプットに工夫をしている人は多いと思います。では「読書前」に工夫をしている人はというと、意外と少ないのではないでしょうか? じつは、一流の読書家と呼ばれ…

仕事で成果を出せる人は “この3つ” をやっている。「ToDoリスト」いつ書いてますか?

「1日のはじめに計画を立てたけれど、予定通りに仕事が進まなかった」「職場で集中するのが難しい」「重要な仕事を後回しにして、重要度の低い仕事に手をつけがち」このように、充実した効率的な働き方ができない、という悩みを抱える人も多いのではないでし…

「疑う習慣がない人」がずっと二流止まりなワケ。

いつも “最適解” にたどり着けないまま、妥協して判断を下し、「うまくいかない」と嘆いてばかりいる人はいませんか。なかなか成功にたどりつけないのは、「クリティカル・シンキング」ができていないからかもしれません。 クリティカル・シンキングが欠けて…

「月曜午前のタスク」を書き出すだけでサザエさん症候群から抜け出せるワケ。

1週間の仕事を頑張り、楽しく過ごした週末。今週も日曜日の夜、『サザエさん』のエンディングテーマがテレビから流れてきます。「サザエさんは愉快だな~♪」と朗らかに歌うサザエさんは、じつに愉快そうですね。 しかし日曜の夜には、前の週にやり残していた…

脳が疲れている人は体を全然動かせていない。“いつも本気の脳” を休ませる本当に正しい方法。

集中力を維持できないときや、やる気が起きないときなどに、「脳はすぐ飽きるから」「脳は怠け者だから」などと決めつけてはいませんか? けれど、集中できなかったりやる気が起きなかったりする理由は、じつは「体」のほうが怠けているからなのかもしれませ…

本1冊を “たった30分” で読む裏ワザ。これなら年100冊だって余裕!

時間がなくて本を読めない、という悩みを抱える人は多いでしょう。 きちんと本を読もうと思えば、どんなに薄い本でも最低2~3時間、ものによっては何日もかかります。平日忙しい方ならば、読書の時間を確保するのは大変ですよね。 今回は、およそ30分で1冊の…

「いつも挫折する人」が知らない3つの重要原則。なぜ目標は絶対に紙に書くべきなのか?

計画を立てたものの、すぐ挫折してしまう……という悩みをお持ちの方は多いかと思います。「継続は力なり」と言いますが、継続をきちんとできている人は一握りです。 しかし、「努力が続かないのは根気がないせいだ」と諦めるのはまだ早いかもしれません。根気…

家で座りながらできる! 脳の疲れをとる「夜の習慣」がとってもお手軽。

ストレス発散や健康維持などを目的に、運動を習慣づけたいと考えている人は少なくないはず。しかし、早朝のランニングや仕事帰りのジム通いが続かず、挫折した経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 運動が続かないという人は、夕方から夜の時間帯に…

ストレスまみれの大人こそ絵を描くべき理由。“30分ぬりえ” のリラックス効果がすごい。

あなたは最近、絵を描きましたか? 小さい頃は誰もがよく描いていた絵。高校生までは美術の授業で絵を描いていた人もいるかもしれませんが、大学生・社会人になると趣味でもない限り絵を習慣的に描く人はかなり少ないのではないでしょうか。 すっかり遠ざか…

人間関係に「悩む人」「悩まない人」4つの大きな違い。話すべきは武勇伝ではなく “失敗談” だ。

「職場の人とうまくコミュニケーションをとれていますか?」「同僚と楽しく話し、上司や部下と信頼関係が築けていますか?」こう聞かれて、迷わず「はい」とうなずける人は多くないはずです。 職場の人間関係がうまくいかずに悩んだり、人付き合いが苦手で孤…

たった3回 “合計17分”! 記憶が1ヶ月も続く「最高の復習タイミング」があった。

「直前に覚えないと忘れてしまうから」「前日までやる気が起きなかった」このような理由で、一夜漬けをしてはいませんか? 翌日のテストではかろうじて点数が取れるかもしれません。しかし一夜漬けでは、記憶を長期的に定着させるのは難しいですよ。 せっか…

「結婚式のドレス買いに行かなきゃ」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:結婚式】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「結婚式」。ジューンブライドの季節、6月になりました! 6月に結婚する花嫁は幸せになれるという言い伝えのためか、この時期には結婚式が開かれることも多いですよね。今回は、結婚式にまつわるフレーズを集めました。…

“あの同僚” がサボる理由を「ゲーム理論」で考察してみた。

誰かに手伝ってもらわないと仕事ができない同僚に困った経験はありませんか? たとえば、翌日に大きなイベントが控えているとき。資料作成やら会場のセッティングやらやることがたくさんあるなかで、自分から「私、会場のセッティングに回りますね」と言える…

「断れない」がもたらす負の連鎖が恐ろしすぎる。どうすれば「NO」と言えるのか?

忙しいのに急な差し込み案件を頼まれた。上司から無理難題を課せられた。こんなとき、なかなか「NO」と断れず、自分を追い込んでしまう人はいませんか。 断る勇気を持つこと、そして実際に断ることは、決して悪ではありません。今回は、他者からの無理な頼み…

あえて “普通から外れる” とデキる人に見られる可能性(※やりすぎ注意)

職場で、大学で、大事な取引先や初対面の人に会ったとき……あなたは自分をどんなふうにアプローチしていますか? 今回は、セルフプロデュースに役立ち、あなたの成功を後押ししてくれそうな「赤いスニーカー効果」と、取り入れるコツを紹介します。 賢く成功…

「なでしこジャパン」歓喜の優勝から8年。佐々木則夫氏 “ゆるゆるマネジメント” のすごさを振り返る。

2019年の女子ワールドカップが開幕しました。初戦のアルゼンチン戦はスコアレスドロー。第2戦以降の日本代表の活躍に期待です。 さて、時はさかのぼって8年前の2011年。「なでしこジャパン」がアジア勢初の女子ワールドカップ優勝を成し遂げた、あの歓喜の瞬…

読書習慣ほぼなし→年間100冊。とあるベストセラー作家の「本を読み続ける方法」が地味にすごい。

「本を読むことがいいのはよくわかっているんです。わかっているけど時間がないんですッ!」というあなたが、今日から本を読み始める方法を紹介します。 “時間がない” は言い訳? カリフォルニア大学サンディエゴ校が2009年に発表した報告書によると、2008年…

“本当は良くない” 4つの夜習慣。「ソファでダラダラ」はやっぱり最悪だった。

みなさんは平日の夜、どのように過ごしていますか? 特に意識していなくても、気づけば同じような「夜の過ごし方」をしているのではないでしょうか。 いつのまにか習慣化している夜の行動は、翌日の仕事や勉強のパフォーマンスに直結します。今回は、無意識…

就寝前のイライラ脳に効く「アナログ習慣」教えます。用意するのはノートと本!

「疲れているはずなのに、いろいろなことが気になってなかなか寝つけない」「起きたときに、疲れが全然とれていない」このように、睡眠の悩みを持つビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。あなたが睡眠に満足できない原因は、就寝前の過ごし方にある…

「ムダに文章が長くなる人」はどこがいけないのか? 書く前に “何もしない” のが絶対NGなワケ。

「つい長文メールを書いてしまう……」「2枚にまとめる予定の資料が5枚を超えていた……」というように、長い文章を書く癖がある人は、ビジネスシーンで2つの損をしています。ひとつは、文章の要点を相手に伝えられないこと。もうひとつは、仕事がデキない人と評…

「運動習慣」で年収が左右される科学的根拠。スクワットで成績も5割増しに!?

失敗の原因ははっきりしていた。 走り込みの不足、走り込みの不足、走り込みの不足。 これに尽きる。 (引用元:村上春樹(2007),『走ることについて語るときに僕の語ること』, 文藝春秋.) これは、世界的作家・村上春樹氏が「走ること」をテーマにして書…

「やる気が出ない」を3分で解消する脳の再起動プログラム。

「急ぎの仕事があるのに、どうしてもやる気がわかない……」「なぜか勉強する気が起きない……」 このように、やる気が出ないということは誰にでもありますよね。すんなりやる気が起きることのほうが少ないかもしれません。 とはいえ、気が進まない仕事や、好き…

「気がついたら休日が終わっている」のはなぜなのか。

1週間働き続けて、ついに待ちに待った休日。貴重な休日だったはずなのに、気がついたらあっという間に日曜日の夜。「心も体も休まっていないのに、もう仕事に戻らなければならないのか……」と、がく然とした経験はありませんか? 気がついたら休日が終わって…

南キャン山里亮太が「劣等感」をパワーに変えた2つの方法。

「劣等感」は、誰の心にも起こる自然な感情です。自分の容姿が嫌い、運動が苦手、勉強ができない、コミュニケーションが下手、仕事でなかなか成果が出ない……。人それぞれ、何かしらの悩みを持っているかと思います。 しかし、悩みを持っているのは、仕事で成…

「脳トレ」って本当に効果あるの? 最新研究で真実が明らかに

かつて、クロスワードパズルや数独などの認知トレーニング(脳トレ)が、記憶力や思考力の改善に役立つと考えられ、一世を風靡(ふうび)したことがありましたね。しかし2018年には一転、脳トレには記憶力・思考力を改善する効果がないという研究が発表され…

雑談のプロがやっている「5Sの相槌」テクニックがすごい。

あなたは「雑談」が得意ですか? 「おはようございます!」「よろしくお願いします!」とあいさつしたものの、あいさつのあとに会話がつながらない……と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 雑談力は、仕事仲間とよい関係性を保ったり、組織の中でうま…

「全部教えてしまう上司」はなぜ二流なのか? いい上司ほど “考えさせる質問” をする。

皆さんは、自分の「教え方」に自信はありますか? 職場で部下を指導する立場にある方は多いはず。適切な指導をすれば優れた人材が育つはずですが、「適切な指導」とは具体的にどのようなものなのでしょう。 今回は、「正しい指導方法を知りたい!」というビ…

「週3でジム通い」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:スポーツ】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「スポーツ」。だんだんと気温が上昇する季節になりました。暑くてクーラーをつけたまま薄着で寝ていたら、風邪をひいてしまった。そんな経験のある方はいませんか? さらに、入社したばかりで新しい環境に慣れず気疲れ…

デキる人が絶対に「オールA」を狙わない理由。リターンが小さすぎるタスクは後回しにしてもいい。

あなたの周りには「驚くほど仕事が早い人」はいますか? 例えば、ほとんど残業をしないのにいつもトップクラスの営業成績をあげる人や、同じ時間の中であなたの倍近くの仕事量をこなしてしまうような人など。仕事の早すぎる彼らを見て、「きっと特別な才能が…

ほめるべきは「行動直後」「1日後」どっち? ほめ効果が高まる絶好タイミングがあった!

近頃、部下や後輩が仕事で成果を挙げられていない。部下・後輩のモチベーションを上げるにはどうしたらよいのだろう……。もしもあなたが、上司や先輩として部下・後輩のモチベーションに悩んでいるなら、「あなたが “ほめ下手” であること」が原因のひとつか…

大人気英語パーソナルジムENGLISH COMPANYから、コスパ最強「中級者向けグループコース」が登場!

英語教育に関する高い専門性を持ったパーソナルトレーナーのもと、第二言語習得研究(※)の知見に基づいた科学的トレーニングで受講生の英語力を短期集中で伸ばしていく、英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」(以下、ENGLISH COMPANY)。2015…

「一生懸命なのに評価されない人」4つの盲点。頑張りすぎて “上から目線” になってませんか?

「あなたの仕事の頑張りは、きちんと成果として実っていますか?」——努力と成果の関係を問うこの質問に対して、迷わず「実っている!」と答えられる人は、はたしてどれくらいいるでしょうか。 「必死にたくさん仕事をこなしているのに、誰も頑張っていると認…

いつも “誰かと話したがる” 人は要注意。「ひとりでじっくり思考する時間」がとても大切なワケ。

仕事をしている際、「コミュニケーションが大事だ!」と過剰に他人と話そうとしたり、みんなでわいわいアイデアを出すべきだと思ったりしてしまいがちなビジネスパーソンは多いのではないでしょうか? じつは、コミュニケーションを取ることにこだわりすぎる…

「病欠の電話入れなくちゃ」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:風邪・五月病】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「風邪・五月病」。だんだんと気温が上昇する季節になりました。暑いと思って、クーラーをつけたまま薄着で寝ていたら、風邪をひいてしまった。そんな経験のある方はいませんか? さらに、入社したばかりで新しい環境に…

全部「白黒」つけたがる人がマズイ理由。

仕事や人生において、白黒つかないからと立ち止まってばかりでは、一向に前へ進めません。前に進むのに必要なのは、白黒つけることではなく、曖昧さを受け入れることです。 だからこそ、社会では「曖昧さ耐性」が求められています。楽しく人生の駒を進めるこ…

あの福沢諭吉も夜に読んでいた!? 「夜の読書」がもたらすメリットがすごい。

朝活ブームの昨今、「早起きして本を読もうと思ったけれど、睡魔に負けた……」という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。なかには、早起きできない自分に対して自己嫌悪を抱く人もいるかもしれませんね。 人間が、早起きを苦にしない「朝型」…

「無口」なのに評価が高い人は “この3つ” をやっている。

口数が極端に少ない、いわゆる無口な人は、相手に自分の意思をうまく伝えられず、誤解を招いてしまうことがあります。急に性格を変えたり口数を増やしたりするのは難しいもの。今回は、無口なままで他人とうまく付き合う手段をお伝えしましょう。 外見を明る…

上司から気に入られない「残念な部下」に欠けている4つのスキル。

ほとんどの社会人には、上司や先輩といった目上の存在がいますよね。しかし、“自分の上に立つ人” から評価を得ることができずに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 ビジネスパーソンが努力を実らせて出世していくためには、上司や目上の人から「優秀…

あなたのアイデアが却下されるのは〇〇が原因? 覚えておくべき3大原則。

新しい企画や提案など、普段の仕事で何かしらのアイデアをお持ちの方も多いはず。しかし、どんなに良いアイデアを考案したとしても、他者から承諾されなければ元も子もありません。 今回は、アイデアが受け入れられやすくなる方法をお伝えします。 「驚きを…

「弁護士の読書」と「医師の読書」が異なる興味深い理由。“多く広く” と “少なく深く” の違いはなぜ生まれるのか?

ビジネスパーソンの皆さんがこれまで散々見聞きしてきたであろう「読書の大切さ」。しかし、読書の大切さを理屈では分かっていても、実になる読書を実践するのは難しいもの。 本の読み方にしろ選び方にしろ、読書法は人それぞれで正解がないものです。でも、…

「家族の集まりがあるんだ」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:旅行】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「旅行」。皆さんは今年、旅行の予定はありますか? たまには海外や遠方に観光に行くのもいいですが、家族と近場に小旅行に行くだけでも十分楽しいですよね。今回は、旅行にまつわるフレーズを集めました。動画を見なが…

結果を出しまくる「ハイパフォーマー」こそ “よく休み” “よく眠る” のはなぜなのか。

成果を維持するハイパフォーマーとは、一般的な人・ローパフォーマーと何が違うのでしょう。人事・組織コンサルタントの相原孝夫氏は、ハイパフォーマーは好循環の、ローパフォーマーは悪循環のなかにいるといいます。しかし、さまざまなハイパフォーマーを…

「文章が下手な人」ができていない4つの大事なこと。“文を書く前” にやるべきことがある。

文章の上手・下手は、才能や頭のよさによるものだと思い込んでいませんか? よい文章を書くのに必要なのは、ちょっとしたテクニックとコツです。テクニックさえ使えば、誰でも一定水準を超える文章を書くことが可能だといえるでしょう。 今回は「どうしても…

「落ち込みすぎて意欲ゼロ」から立ち直る脳科学的方法があった。

仕事を頑張れば頑張るほど、成果が出なかったり、ミスをして怒られたりしたときのショックは大きいですよね。 真面目に外回りの営業を頑張っているのに、全然契約がとれない。苦労して作り上げた新商品案を上司に提出したら、致命的な欠点を指摘された。努力…

一流は「無駄なヒマ」を嫌う。“たった5分” の過ごし方で明暗が分かれる可能性。

仕事や勉強に追われる毎日。仕事・勉強以外に使える “自由な時間” を手にできると、つい何も考えず怠惰に過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、自由な時間をどのように使うかで、社会人としての成長度合いに差が出てきます。「朝は必要以上…

「いつも何を買ったらいいか、わかんないんだ」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:母の日】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「母の日」。大切な家族の一員、お母さんに、感謝の気持ちを伝えたい。普段そう思っていても、なかなか「ありがとう」と言うタイミングを逃してしまう......。そんな方も多いのではないでしょうか。母の日は、お母さん…

スランプ脱出法を徹底解説! 仕事・勉強で悩むあなたへの処方箋

仕事や勉強のスランプで困っているあなたへ。スランプとは何か、スランプになってしまう原因、スランプを脱出・克服する方法を教えます。

仕事は結局ひとりじゃできない。このAI時代に最も合理的なのは「協働」という働き方だ。

社会が変化していくにしたがって、今後は仕事においても求められるスキルの中身が少しずつ変わっていきます。ただ、社会学者の鈴木謙介先生は、そんな先の見えない状況のなかでも仕事でしっかりと成果を出し、イノベーションさえ生み出せる合理的な「働き方…

“日本一熱い男” 松岡修造はかつてネガティブだった。自分をポジティブに変える「3つの自己暗示術」

「ちょっとしたことに思い悩んでしまう」「失敗をいつまでも引きずってしまう」ネガティブな自分がイヤになることってありませんか? じつは、「日本一熱い男」松岡修造さんも、以前はネガティブな自分に対する悩みを抱えていたそうです。そもそも、どうして…

週 “数千件” の情報収集を20年「学び続けることは最高の自己投資になる」

これからの時代では、ただひとつのスキルに特化してそれを磨いていれば安心できたり、ある資格を取れば「一生大丈夫」などと考えたりすることが難しくなっていきます。そういったことを踏まえ、社会学者の鈴木謙介先生は、自分がやっていて「楽しい」と感じ…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら