オキシトシンとは? メリット&デメリットまとめ

オキシトシンとは何かわかりやすく解説。オキシトシンの作用・効果や増やす方法、セロトニンとの違いなど。

マルチタスクによる脳への負担を減らす方法。「○○を正す」のが意外と効果的

仕事上のミスを減らすには、「覚えた情報を次の行動に反映させる」ことに役立つ「ワーキングメモリ」をうまく働かせなければならない――そう語るのは、作業療法士であり、脳の機能を生かした人材開発を行なっている菅原洋平(すがわら・ようへい)さん(『仕…

なぜか成長できない人は「学びのサイクル」を回せてない。“インプットして満足” は危険すぎる

仕事が「デキる人」と「デキない人」。その明暗は、“日頃から効果的に学び続けているかどうか” で分かれてきます。 自分のスキルに自信をもてていますか?日々の学びを仕事の成果に活かせていますか?手当たり次第に勉強していませんか? ビジネスパーソンと…

仕事のミスを誘発する「ワーキングメモリ」低下のサイン。あなたはいくつ当てはまる?

仕事のミスはないに越したことはありませんが、「気をつけているつもりなのに、どうもちょっとしたミスを続けてしまう……」「自分には注意力が足りないのかも……」と悩んでいる人も少なからずいるでしょう。 ただ、その原因は、注意力が低下していることではな…

「カバンの中がごちゃごちゃ」はやっぱり最悪。あなたが “真っ先に取り出すべき” 5つのもの

「いざというときに必要になるかも」「持っておいて損はないから」こんな理由で、カバンの中身の整理をおろそかにしている人はいませんか? カバンのなかがごちゃごちゃだと、物を取り出すのにもひと苦労。それどころか、あなたの集中力や創造力が奪われる危…

頼みを断れない「優しすぎる人」は、こうすれば楽になれる

頼まれ事をなかなか断れない――そんな人はいませんか。嫌われるのが怖くて……上手な断り方がわからなくて……理由はさまざまあると思いますが、時間も労力も限りがあるなか、あらゆる頼まれ事を引き受けるのは現実的ではありませんよね。 「断る」とは、すなわち…

英語の「音声変化」の特徴と効果的な学習方法

英語の音声変化のルール、および音声変化の効果的な学習法をご紹介します。

HSP気質とは? 特徴と付き合い方まとめ

HSPとは何か、特徴をわかりやすく解説。HSPの有名人やHSP診断テストの紹介も。

「不可能」を「可能」にする思考法があった! “一見無理そう” でも、諦めるのはまだ早い

「こうしたい」と思ったことを、「いや、できるわけがない」と諦めたことはありませんか? たとえば、成績を一気に上げたい。誰かを助けたい。夢を叶えたい。でも、いまの自分の実力では難しい、と。 実現不可能だ。そう割りきってしまう前に、考え方を変え…

「知性が高い人ほどスマホを使わない」という事実。デジタル頼みはあなたを “仕事のデキない人” にする

「スマートフォンは、常に手元に置いておく」「メールやSNSの通知があると、すぐにチェックする」「テレビを観ながらスマホチェックするなど、“ながら行動” が多い」現代人の多くが、1日中スマートフォンやパソコンと共に過ごしていることでしょう。 デジタ…

本を読んでも「へぇ」で終わる人におすすめ。 “読書×◯◯” の合わせ技が最強だった話

みなさんは、次のような読書をしているという心当たりはありませんか? 「本はいいものだから何冊読んでもいい」という、目的のない読書 「ベストセラーだから読もう」という、本選びに主体性がない読書 読み終わっても「へぇ」で終わってしまう、成長につな…

英語学習者を悩ませる「可算名詞」「不可算名詞」の区別。“これ” を知れば正体がわかる!

「可算名詞と不可算名詞の区別は難しい」「日本語では数えられる名詞が、英語だと不可算名詞になるのはなぜ? 」そんなお悩みや疑問をもっていませんか。日本語では区別がない「可算名詞」と「不可算名詞」。どうしたら両者を区別できるのでしょうか。 その…

“助けられ上手” は絶妙な言い回しでお願いしている。「催眠言語」の驚くべき効果

「ほかの人に頼むのは申し訳ない」と感じてひとりで仕事をたくさん抱えてしまったり、「どうお願いすればいいかわからない」と誰も頼れなかったりして、困ってはいませんか? 自分だけですべてをこなそうとするとストレスになりますし、仕事の進捗にも影響が…

セロトニンを増やす方法6選! 効果的な食べ物・活動は?

セロトニンを増やすにはどんな食べ物や活動が効果的なのでしょうか。セロトニンを増やす方法を6つ紹介します。

「人脈なし状態」の放置は本当にマズい。最高の人脈をつくれる “3ステップ” 教えます

みなさんは、「人脈づくり」と聞くと何を想像するでしょうか。「人脈があったほうがよさそう」なのはわかるが、実際に「どんな人脈をどうやってつくったらよいのか?」わからないと思う人が多いのではないでしょうか。 今後のキャリアについて考えると、人脈…

勉強や読書を重視するのは危険!? キャリアアップのための「しなくていい努力」とは

将来をきちんと見据えているまじめな人ほど、キャリアアップのため、勉強や読書などに熱心に取り組んでいるものです。一見、すばらしいことのように見えますが、「勉強や読書は、キャリアアップのための『しなくていい努力』になってしまう可能性もある」と…

「ほめられたい、認められたい」と願う人がしている大きな間違い。あなたは当てはまる?

仕事をする以上、その成果や仕事ぶりを通じて、周囲からほめられたり認められたり好かれたりしたいと思うのは当然のことです。そうして承認されることが、さらなるモチベーションにつながるという面もあると思います。 しかし、企業研修講師として活躍する堀…

アイデアがどんどんあふれる「16分割メモ」がすごい。空白のマスが脳をフル回転させてくれる

大きなことから小さなことまで、ビジネスパーソンが「新しいアイデア」を求められるのは日常茶飯事です。しかし、なかなか思うようにいいアイデアは浮かびませんよね。 もしもあなたがアイデア創出で苦労しているなら、アイデアがあふれてまとまる「16分割メ…

「理不尽だ!」と感じたら要注意。あなたは仕事で “しなくていい努力” をしているのかも

せっかく努力をするのなら、その努力をかたちにしたいものです。ところが、「実を結ぶはずもない『しなくていい努力』をしている人はたくさんいる」と語るのは、自身も若い頃に「しなくていい努力」を続けた経験があり、現在は企業研修講師として活躍する堀…

自尊心とは? 自尊心が低い人の特徴&原因が明らかに!

自尊心とは何か、意味をわかりやすく解説。自尊心が低い人の特徴、自尊心を高める方法も。

すぐ誘惑に負ける人はこの3つを心がけて。「自制心」はこうすれば保てる

「大事な試験が近いのに、気づけばスマートフォンを触ってしまっている」「仕事になかなか身が入らず、愚痴ばかり出てしまう」自分の行動を自分の意思でコントロールすることは、そう簡単ではありませんよね。 しかし、まわりを見回してみると、自分の行動を…

脳科学者が提唱「やる気を出す脳」の育て方。“4つの習慣” で脳の重要部位を刺激せよ

「勉強しようと一度は決めたのに、やる気が出なくて始められない」「自分で目標を決めたはずなのに、いつも三日坊主になってしまう」このように、勉強になかなか取りかかれず困っている方はいませんか? モチベーションは、気持ちだけでは決して維持できない…

「本音を引き出せる人」と「全然答えてもらえない人」は何が違うのか?

みなさんは、対話や議論の場で、相手からうまく意見を引き出せているでしょうか? 視野を広げ、発想を豊かにするのに有効なもののひとつが哲学です。議論がぐっと活発になる、哲学質問術をご紹介しましょう。 たいていの質問は「誘導尋問」 たとえば、同僚に…

「周囲に敏感すぎて苦しい人」がしてはいけない5つのこと。もっと自分を優先してもいい

HSP(Highly Sensitive Person)とは、どの社会にも2割は存在するという、生まれつき「非常に敏感な人」のこと。感受性が強く、ストレスを処理する脳の領域(扁桃体)が活発なので、不安や恐怖を感じ取りやすいそうです。 だから、本当はとても疲れ、傷つき…

頑張りすぎな人にこそ平日5分の「好きなこと時間」が必要。たまにはブレーキをかけて

休憩時間を惜しんで仕事をし続けている。休日も仕事のことばかり考えている。このように、焦ったり頑張りすぎたりしてはいないでしょうか。 いつもアクセル全開だと、かえって生産性は上がらないもの。一度立ち止まったりきちんと休息をとったりしたほうが、…

上手な目標設定には「5つのゴールデンルール」あり。これでもう挫折に悩まない

「何かを始めるときに目標を立てるものの、いつも達成できずに終わってしまう」「長期的な目標を立てたいが、無理なく続けられるかどうかわからない」このように、勉強や仕事を進めるとき、目標の上手な立て方がわからなくて困っている人はいませんか? 目標…

「7つの悪癖」無意識のうちにしてませんか? 直したいならこうするべき

誰にも「ついやりがちな癖」や「何も考えずにしている習慣」というのはあるはず。でも知らないうちに、それらがあなたに悪影響を及ぼしているかもしれませんよ。見直すべき「7つの悪癖」と改善策を提案しましょう。 【NG1】大音量のアラーム音で起きている …

「自己研磨」の意味とは? 自己研磨に励む人必見!

「自己研磨」の意味や例文、自己研磨に励む方法を紹介します。

自宅勤務で「やる気が出ない」ときはどうすべきか。ダメダメ思考を強制終了できる方法があった!

「家で仕事をしていると集中がすぐに途切れてしまう」「家でWeb会議をしていても身が入らず、時間を無駄にしているような気がする」自宅勤務を続けるなかで、このような悩みにぶつかった人は多いはず。リラックスするために過ごす「家」という空間で、やる気…

「PREP法」なら誰でも論理的な文章が書ける!

PREP法のやり方・具体例・練習法をわかりやすく解説。就活やプレゼンで役立つ文章術です。

あなたは知らぬ間に「無能」になっているかも。限界を打破するために実行すべき3つのこと

一生懸命働いているけれど、なかなか結果が出ない。自己評価とまわりからの評価が一致しない。 あなたがもしそんな状態に陥っているのだとしたら、それは、気づかないうちに「無能」になっているサインかもしれません……! 今回は、人が無能化するメカニズム…

大事な場面で迷いまくる人は “この3点” に問題あり。完璧を目指すと決断はかえって遅くなる

「優柔不断な自分を変えたい」「決断力を高めたい」「大事な場面でよりよい決断ができるようになりたい」 このように、優柔不断で物事がいつも決められなかったり、自分の決断に自信がもてなかったりする方は、多いのではないでしょうか。今回は、優柔不断に…

あなたの頑張りは「つらいもの」「楽しいもの」どっち? “健全な努力” はどんどんするべき

心のエンジンをフル回転させ、意気揚々と仕事や勉強に精を出していたら、「そんなに無理しないほうがいいよ」「頑張りすぎないで、よい加減でね」と周囲に言われ、気持ちがなえてきた。 頑張ることは、そんなによくないことなのだろうか……。 いえいえ、そん…

キャリア・アンカーとは? 自分のタイプを診断してみよう!

キャリア・アンカーとは何か、シャインの理論に基づきわかりやすく解説。自己診断の方法やおすすめ本の紹介も。

「記憶力日本一」が提唱する2つの記憶術をやってみた結果。脳が覚えてくれるのも納得!

「参考書を読むのは好きだけれど、読み終わると内容をたいてい忘れている……」「試験勉強をしているときは覚えていても、いざ本番になると思い出せない……」このような悩みを抱えていませんか。せっかく勉強するなら、その内容をずっと覚えていたいもの。 そん…

“いい声” は圧倒的にお得。一流に近づける「話し方のキモ」ここにあり!

「意見を求められたものの、うまく答えられず印象を下げてしまった」「質問の答えになっていない話し方をしてしまった」会議や面接などで、自分の発言にいつも後悔してしまう人はいませんか? うまく話すことができれば、相手からの評価はきっと高まるはず。…

1日5分の「4行日記」で潜在能力を最大化! 自分の可能性に気づける超おすすめノート習慣

もしもあなたが、「いまはまだ見えていない自分の力を信じている」「潜在能力をフルに発揮して目標を達成したい」と考えるなら、経済学・教育学・組織心理学の専門家によるノウハウを取り入れた、「4行日記」を始めてみてはいかがですか? 1日5分の習慣で潜…

自分を犠牲にする「優しい人」がもっとラクになる方法。その “我慢” はやめてもいい

なんとなく心が晴れなかったり疲れがたまりやすかったりするみなさん。「我慢」しすぎてはいませんか? 「仕事を抱えすぎてしまう……」「人間関係で疲れやすい……」「オフの日なのに休んでいる感じがしない……」こんなふうに感じるのであれば、過剰な「我慢」が…

「なるようになる」の意味とは? ケセラセラ心理になれる2つの方法

「なるようになる」の意味やことわざ・四字熟語を紹介。「なるようになる」心理の重要さも解説します。

「あとでやる…」という厄介な癖。足踏みせず「すぐやる」には3つの “賢い仕組み” をつくるべし

目の前にあるタスクを、「面倒くさい」「あとでやればいい」という心理でつい先延ばしにしがちな人はいませんか。いろいろなものの先延ばしが積み重なって、「あれもこれもしないといけないのに時間がない……」という事態になるのは絶対に避けたいところ。 誰…

ストレスまみれだと思考能力も落ちて当然。“3つの方法” でイライラ状態から抜け出そう

仕事やプライベートでのストレスに頭を悩ませている人はいませんか。 プレッシャー、緊張、不安感――精神的ストレスを放置すると、頭痛や不眠など体調面に影響が出てしまうのはもちろん、頭がうまく働かなくなって思考能力が落ちてしまうことも。こまめにスト…

好奇心旺盛だけど傷つきやすい、刺激を求めるけど疲れやすい――矛盾だらけの「HSS」がラクになるコツ

アメリカの心理学者が見いだした、HSPと呼ばれる非常に敏感な人々のなかには、一見するとHSPとは思えない外向的なタイプ「HSS型HSP」が存在します。 「とても傷つきやすいのに、刺激を求めずにはいられない」という方は該当するかもしれません。じつはいつも…

「勇気のない人」から「勇気に満ちた人」に変わる6つの方法。“あえて弱音を吐く” といいらしい!?

たとえ周囲からの猛烈な反発を予測できても、倫理的に正しく、自分が正しいと信じることのために行動を起こせたなら、人々はあなたを「勇気がある人だ」と称賛するでしょう。必要だけれども複雑で難しく、誰もやりたがらないプロジェクトを引き受けた場合な…

気遣いができない残念な人には「想像力」が足りてない。この2つの方法で空気も未来も読めるように!?

ビジネスパーソンにとって必要不可欠な能力のひとつが「想像力」です。「想像力をもって仕事をしろ」と指導されることも多くありますが……「想像力とは具体的に何を指すのか?」「どうすれば向上させられるのか?」など、よくわからない方は多いかと思います…

対人関係に悩んでいる人には、武士道「仁・礼」の徳が欠けている可能性。

「職場での対人関係がどうしてもうまくいかない……」「余裕がなくて他人に優しくなれない……」「意図せず相手を不機嫌にさせてしまうことが多い……」このように、思い通りのコミュニケーションができず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんなときは『…

【机が汚い人に朗報】「片づけられない」は脳を鍛えれば克服可能。あなたはどの脳部位を鍛えるべき?

散らかったデスクまわりを目の前に、「いまは片づける意欲が湧かないから無理」「整理整頓の能力がないから無理」などと逃げてはいませんか? あなたの片づけられない脳を、片づけられる脳=「片づけ脳」にしてしまえば問題は解決です。脳内科医が提唱する「…

認知的不協和理論とは? 豊富な例で即理解!

認知的不協和理論を豊富な例でわかりやすく解説。認知的不協和の解消を仕事・日常で活かす方法や、おすすめ本の紹介も。

「なぜか疲れてる」その原因は脳の酷使にあり。1日10分で可「脳の回復方法」教えます

「やる気が出ない……」「いつも疲れている……」「仕事が面倒くさい……」このように、エネルギー不足が続いている感覚はありませんか。 その原因は、毎日脳ばかり稼働させて、体をほとんど使っていないから。パソコンで仕事をする、スマートフォンに夢中になる――…

「英語を教わるならネイティブから」はキケン!? 彼らには説明できないこともある

「英語はやっぱりネイティブに教わったほうがいいの?」「自分に合っている英語講師の選び方が知りたい!」そんな方はいませんか? 語学の学習において、先生選びはとても大切。効率よく学ぶためには、ネイティブと日本人、どちらの講師を選ぶべき? いまの…

「休日はいつも○○」は時代遅れ。デキる人になるための “イマドキの休み方” はこれ!

「なんとなくダラダラ過ごすのが定番」「いつもお決まりのメンバーでどこかに出かける」もしこんな休日を過ごしているのなら、少し時代遅れかもしれません。あなたの休み方は大丈夫でしょうか? 今回の記事では、いますぐやめるべき休み方について解説し、代…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら