無理に “手放さなくていい” 3つのもの。あなたの「捨てたくない」という感覚は正しかった

メンタルヘルスの改善や学習の効率化のために「無駄なものは捨てるべき」「断捨離しよう」とよく聞きますが、「そう言われても捨てられない……」と思う人もいますよね。 「無理してでも捨てなきゃ……」と焦らなくても大丈夫。ものを捨てられない・捨てたくない…

「専門知識とこれまでの人生経験を活かせる」幅 珠紀さんが語る「英語パーソナルトレーナー」として働く魅力

英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』では、英語学習のスペシャリストたちが、高い専門性と豊富な指導経験に基づき、受講生ひとりひとりに最適な英語学習サービスを提供しています。 今回は、そんなスペシャリストのひとりである幅 珠紀さん…

転職前の勉強は必要? 何を学ぶべき? おすすめ資格14選

転職してみたいけど、いまのままで大丈夫なのかな? 何か勉強しておいたほうがいい? そんな疑問にお答えします。転職前に勉強すべきおすすめの資格を14種類紹介!

「どこに行っても人間関係がうまくいく人」の思考習慣3選。人間関係で消耗する人とは “ここ” が違う

「上司のことが苦手で、一緒にいるのがつらい……」「いつも同僚に気を使っていて、疲れてしまう……」「他人の嫌なところがどうしても目につく。ひとりで仕事ができれば楽なのに……」 このように、人間関係が原因でストレスを抱えている大勢の方のために、今回は…

“勉強ハイ” に振り回されてない? 勉強が「超はかどる日」と「全然ダメな日」のムラをなくす3つのコツ

「今日は集中して勉強できたぞ!」と手ごたえを感じた翌日、今度はまったく頭が働かず、勉強に全然集中できなかった……。こうした “勉強の波” を経験したことはありませんか? 脳科学的に見れば、この状態は自然なことであるようです。 とはいえ、いつでも安…

「やりたいこと」がわからないなら「やりたくないこと」をやめてみて。行動を起こすための “余白” をつくろう

「自分が好きなことに意欲を燃やしたい。そして、自分らしく生きたい」 ――道に迷いながらそう願うとき、人は “自分がやりたいこと” を模索し始めるかもしれません。しかし、そこから始めるのは意外と難しいそうです。最初に行なうべきなのは「自分がやりたく…

「この人には仕事を任せられない」と思われてしまう人の5つの特徴。すぐ “これ” 言うのはダメ!

「もっと仕事を振ってほしいのに、なかなか任せてもらえない……」「同僚のあの人は、周囲から頼られている。自分と何が違うんだろう……」 このような悩みを解決するにはどうしたらいいのでしょう? 今回の記事では、「こんな人には仕事を任せられない」と思わ…

「英語のプロ」としてさらにスキルを磨いていく。永野彰史さんが目指す「英語のコンサルタント」としての使命

英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』と英語学習コーチングサービス『STRAIL』。ここでは英語学習のスペシャリストたちが、高い専門性と豊富な指導経験に基づき、受講生ひとりひとりに最適な英語学習サービスを提供しています。 今回は、ENG…

「楽なほうに流されて勉強できない」という悩みを “たった10秒” で解消する方法。

「仕事が終わったら本を読んで勉強しようと思ったけど、疲れたから明日でいいや......」「資格試験のために参考書を買ったけど、勉強はやっぱり面倒くさいな......」 日々の忙しさにかまけて、楽な選択肢にいつも流されてしまう人は多いのではないでしょうか…

うまい文章を書くために「あえて減らすべき」4つのもの。

書類やメールに書く文章。頑張って書いているのに、どこか “うまくない” 感じがする……。もっと読みやすく、理解しやすい文章を書けたらいいのに……。 文章力に自信がないのであれば、今回ご紹介する4つの “あるもの” を、文章から “減らして” みましょう。き…

意見を通すために “あえて引き下がる” べき理由とは? 仕事で使える「心理テクニック」4つ集めました

仕事のモチベーションが上がらない…… 作業がはかどらない…… 仕事上のコミュニケーションが苦手…… などなど、仕事に関する悩みは尽きないもの。今回ご紹介する4つの「心理テクニック」が、あなたの仕事上の問題を解決するヒントになるかもしれません。 仕事に…

「手っ取り早く仕入れたネタで、教養をつけた気になっている人」が注意すべき2つのこと

めまぐるしい変化を見せる現代のビジネスシーンにおいて、何かと即効性が求められるのは当然のことです。しかし、教養にまで即効性を求めるのは危険かもしれません。本来の教養を掘り下げつつ、最近増加した “即効性のある教養” について、注意すべきことを2…

物静かなあの人が、なぜか職場で愛される3つの理由。“内向型” は意外と交渉がうまい。

「事前に相当準備してからでないと話せない。口下手で頼りない人だと思われているかも……」「自分をアピールするのが苦手だから、仕事の成果も評価されにくいのかな……」 自分自身のことを “どちらかといえば物静かで、内向的なタイプ” だと思っている人のなか…

起き抜けの “疲れた感じ” をサクッと解消できる3つの方法。たった20秒からできる!

朝起きたとき、前日の疲れが残っている感覚はありませんか? そんなときでもサッと疲労回復して、気持ちよくその日の仕事をスタートできたらいいですよね。 そこで今回は、前日の疲労を引きずりがちな人へ、朝のたった数分で疲れがとれる習慣を3つご紹介しま…

学習計画を「マインドマップ」で立ててみたら、勉強がとてもはかどった2つの理由。

「学習計画を立てても、思うように進まなくて完遂できない」「つい勉強スケジュールを忘れてしまう」 このような悩みがある人は、マインドマップを使ってみませんか? 今回は、マインドマップを活用した学習計画の立て方とそのメリットをご紹介します。筆者…

“時短” で効率が上がるとは限らない? トップ5%社員が自然にやっている「時間術」の超基本

人手不足によりビジネスパーソンひとり当たりの仕事量が増加していると言われる昨今、それにともなって労働時間の増加も大きな問題となっています。社会人にとって、いかに効率的に仕事を進めて労働時間を減らすのかは大きな課題のひとつでしょう。 延べ17万…

「トップ5%リーダー」は部下のやる気をあてにしない。代わりに “2つの仕組み” で仕事の質を上げている

チームを率いる「リーダー」は、もちろんメンバーのなかで優秀な人が選ばれます。ただ、リーダーたちのなかにもトップレベルの優秀なリーダーもいます。そんなエリートリーダーにはどんな特徴が見られるのでしょうか。 延べ17万3,000人のビジネスパーソンの…

各社の「トップ5%」がしている特徴的な3つの行動。優秀な人が “ゆっくり歩く” 理由とは?

優秀なビジネスパーソンは、自分とどこが違うのだろう——。多くの人が、一度はそんなふうに考えたことがあるはずです。 お話を聞いたのは、延べ17万3,000人のビジネスパーソンの行動分析を行なってきた、株式会社クロスリバー代表取締役の越川慎司(こしかわ…

3つのシチュエーション別「伝える力」をもっと高めるコツ。“PREP” が適さない場面とは?

「部下に『同じミスはもうしないように』と注意したが、部下の行動が変わらない。こちらの意図が伝わっていないのだろうか……」「話し方に関する本をいろいろと読んで勉強しているのに、説明するのがずっと苦手なまま……」 今回の記事では、多くのビジネスパー…

一流は「メンタル管理」もすごかった。イチローが “打率を見ない” 深いワケとは?

ストレスを抱えやすい ちょっとしたことで落ち込みやすい モチベーションが安定しない こういった「メンタルのブレ」に振り回され、仕事の生産性が落ちることもあるもの。そんなときは、各界の “一流” たちの「メンタル管理術」をまねてみるといいかもしれま…

【いますぐできる】勉強のモチベーションを上げる方法7つ×アプリ9選

社会人になり、勉強のモチベーションを上げるのが難しくなったと思いませんか? モチベーションアップに効く具体的な方法やアプリ、本、名言を多数紹介します。

私の本当の長所って何……? たっぷりの付箋を使い「自分の強み」を丁寧に探ってみました。

自己評価が過度に低く、仕事に行き詰まりを感じている。 弱点の克服ばかりに目が向いて、長所を伸ばせない。 このような悩みに思い当たる人は、自分の強みを知ることから始めてみましょう。そうすれば、自己肯定感が高まり、仕事で成果を上げられる可能性が…

なぜ、あの人を余計に怒らせてしまったのか? 絶対に “やってはいけない” 謝罪4選

真摯に謝ったつもりなのに、なぜか相手に許してもらえない。それどころか、さらに相手を怒らせてしまった……。そんな苦い経験はありませんか? それはあなたの謝り方が間違っていたからかもしれません。 どんなに深く反省していても、表現の方法を間違えば謝…

“デスクが汚すぎる人” は仕事ができない? 効率&印象アップのための「簡単整理術」3つ

デキる人・デキない人の差を生むスキルのひとつ――それは「デスクの整理」。デスクの上や引き出しのなかがぐちゃぐちゃだと、後述するデメリットが生じ、仕事がデキない「ダメ社員」に近づいてしまう恐れがあります。 デスクが散らかっていて、生産性が悪い気…

脳を休めるには “ほんの数秒” あればいい。瞬間的「脳の休憩法」5選

『種の起源』を書いたチャールズ・ダーウィン氏も、フランスの天才数学者アンリ・ポアンカレ氏も、イギリスの大文豪チャールズ・ディケンズ氏も、シリコンバレーの経営者や創業者たちも、成功したいからこそ労働時間を制限し、休息を大事にしていた(いる)…

あなたもきっとやっている「因果関係の誤った思い込み」。防ぐには “この問い” が有効だ

「因果関係」を把握することは、よりよい仕事をするために欠かせません。たとえば、なんらかの業務上の問題が起きたなら、その問題が起きる原因を正しく特定できなければいつまでたってもその問題は起こり続けるということになってしまうでしょう。 しかし、…

勉強家ほど要注意? “知識があるほど間違える” という問題は「遅く考える」ことで回避せよ

知識があるほど間違える——。そう聞くとどう思うでしょうか。「知識がないほど間違えるのでは?」と思った人も多いかもしれません。 しかし、最新刊『遅考術』(ダイヤモンド社)を上梓した関西大学総合情報学部教授の植原亮(うえはら・りょう)先生が言うに…

本当に頭のいい人はあえて「遅く考える」。下手に速く考えないほうがいい2つの理由

海外と比べて生産性の低さが指摘されることも多い日本のビジネスシーンにおいては、スピードが強く求められています。「スピード仕事術」「高速仕事術」とうたうビジネス書も多く、「速読」ならぬ「速考」といったテーマもよく見られます。 「速く考えられれ…

世界的経営者がやっている3つのワークハック。Netflix創業者が挙げた「成功の条件」とは?

非凡な業績を成し遂げ、世界を大きく動かし続けるトップ経営者たち。彼らが膨大な仕事量をさばき、コンスタントに結果を出せているのはなぜでしょうか? その仕事術や思考法には、私たちの仕事に役立つヒントもきっと隠れているはずです。 イーロン・マスク…

勉強できる大人は、勉強以外に “〇〇” している。勉強力を上げてくれる3つの日常習慣

「ずっと椅子に座って勉強しているが、一向に成果が出ない」「プライベートを犠牲にして資格勉強に励んだものの、合格できなかった」 これらに思い当たる人は「勉強ができるようになるには、一日中ずっと勉強しなければならない」と考えているかもしれません…

【頭の整理整頓術】カオス状態の頭のなかを “書いて” スッキリ片づけるコツ2選

やりたいことも、やらなければならないこともたくさんあるけど、いろいろありすぎて何から始めていいのかわからない……。 それなら、仕分ける・要約するなどして書き出す、シンプルな方法で頭のなかをスッキリさせませんか? さまざまな根拠をふまえて紹介し…

誰でもできる「心を動かす言葉」のつくり方。オバマ元大統領とジャパネットたかた創業者の伝え方の共通点とは?

「言葉で説明するのが苦手……」「心を動かすプレゼンやスピーチをしたい……」 そんなあなたは、「レトリック」を学んでみましょう。レトリックは「言葉を巧みに操る技法」であり、言いたいメッセージをより的確に、かつ印象的に伝えるうえで重要なスキルです。…

朝に「5分」とれたらぜひやってほしい6つのこと。あなたが朝のルーティンにしたいのはどれ?

メンタルを安定させて、いつもいいパフォーマンスを発揮したい。何かしら、自分にとって “いいこと” を朝のルーティンにしたい。そんなあなたへ、「5分」あればできる朝の良習慣をご提案します。 「朝はどうしてもテンションが上がらない」「頭が働かず、行…

複雑なフレームワークを使いこなせなかった人へ。シンプルな「5W1H思考」が仕事にかなり使える!

「仕事のやり方・進め方を考えて」「この課題の解決策を考えて」「何かアイデアを考えて」 ……そんな指示を受けたものの、何からどう考えればいいのか全然わからない。 思考の助けになるはずのフレームワークも、種類が多すぎてよくわからないし、使いこなせ…

スキマ時間で勉強できない人が絶対知るべき「勉強するしかない状況のつくり方」3選

勉強がうまくいっている人がその理由について語るとき、「スキマ時間に勉強しているから」という話がしばしば聞かれます。 たとえば、資格・勉強コンサルタントで、800以上もの資格をもつ資格取得家の鈴木秀明氏はそのひとり。また、東大入試や司法試験とい…

「先延ばし癖」を直すための脳科学的アプローチ。まずは “身近なストレス” を減らすことから始めよう

「先延ばし癖を直すためにいろいろ試してみたが、どれも効果がない」「学生の頃から先延ばし癖が直らず、どうすればいいかわからない」 このように、先延ばし癖を克服できず悩んでいませんか? あなたの先延ばし癖が直らないのは性格や意志の弱さのせいでは…

“純ジャパ” の私がハーバードで得た4つの学び。MBA留学をする意味は学位だけじゃなかった

STUDY HACKERの読者のみなさま。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 今回は、大手広告…

「仕事が速いだけの人」と「仕事が速くクオリティも高い人」を分ける、決定的な4つの差

どんなに仕事が速くても、クオリティの低さはマイナス要素になります。少しでも思い当たるならば、「仕事が速いだけの人」と「仕事が速くクオリティも高い人」の差を知っておきましょう。識者のアドバイスとともに4つ紹介します。 1. スピード主義より「正確…

仕事を通じて幸せになりたい人が、まず目を向けるべきは「これ」だった。

みなさんにとっての「幸せ」とはなんでしょうか? 幸せに対する考え方はさまざまですから、回答も千差万別でしょう。ただ、「仕事における幸せ」と限定したなら、「成果を挙げて評価され、最終的に収入を上げること」と回答する人も多いはずです。 しかし、…

「先の先を読む」ための2つの日常習慣。大切なのはあえて “アウェイ” に行くことだ

時代が変わるスピードが上がり「予測不能な未来」といった言葉もメディアをにぎわすいまだからこそ、「『先の先を読む』ことが重要だ」と言うのは、まさに「未来を予測するプロ」と言ってもいい投資家の藤野英人(ふじの・ひでと)さんです。 そんな藤野さん…

10年後に大きな成果を出す人が “いま” やっていること。「先の先を読む」方法とは?

仕事で成果を挙げるためには「未来を予測する」ことが重要な鍵となります。たとえ多くの人が思いつくようなアイデアだったとしても、誰よりも先んじて思いつくことができたなら、大きな成果につながることは間違いないでしょう。 そこでお話を聞いたのは、「…

週1回たった15分の「振り返り⇒軌道修正」が、仕事の質を上げてくれる納得の理由。

「毎日忙しく作業しているのに、仕事がいつまでも終わらない……」「頑張っているのに、目標までの道のりが遠い気がする……」 こんな悩みがある人には、振り返りの時間を設けることをおすすめします。振り返りをしないと、長期的に見て仕事の効率が落ちたり成果…

“能動的” に学べば楽しくなる&覚えやすい! 「疑問ノート」で勉強して感じた確かな効果

「上司に促されて、興味がない分野を勉強している。まったく楽しくないし、内容もなかなか頭に入らない……」「資格試験に合格する必要があり、知識をひたすら詰め込んでいるけど、覚えが悪い……」 そんな人は、受動的に学ぶ癖がついてしまっているかもしれませ…

「仕事が苦手」でもなぜか「周囲から好かれる」人の4つの特徴。謝罪よりも大切なのは……?

「仕事の進捗が遅くて、まわりに迷惑をかけてばっかり……」「自分のせいで仕事が滞っている気がして、謝ってばかりいる……」 こんなふうに “周囲と比べて仕事ができない” ことで悩んでいませんか? 能力の伸び方は人それぞれ。仕事のスキルは、容易には高まら…

「一流の伝え方」9個の特徴。あなたができるようになりたいのはどれ?

あいさつや雑談、報告に、会議での発言やプレゼンテーション、アドバイスやミスの指摘など……、あらゆる場面で一流の人々は、上手に物事を伝えています。彼らが何かを伝えるときに大切に守っていることは、うまく伝えられないと悩む人にも、伝える力を伸ばし…

「よかれと思って頑張るのに評価されない人」の3つの残念な仕事習慣。

「会社やチームのためと頑張っているのに、報われない」「上司の指示に従い、懸命に働いているが、一向に評価が上がらない」 仕事で、自分の頑張りが認められないと落ち込みますよね。しかし実際は、「よかれと思って」やったことが、かえってあなたの評価を…

3人の成功者に学ぶ “黄金のルーティン”。孫正義氏が日課にしていた「1日15分の発明」とは?

ビジネスの世界で活躍する成功者の多くは、何かしら独自のルーティンをもっていることが多いもの。 判断の迷いがなくなり、時間を有効活用できる。勉強や努力もルーティンに組み込んでしまえば、「自然で当たり前の行動」として楽に継続できるようになる――そ…

“脳と心に悪い” 3つのNG習慣。充実した毎日を送っていても、脳の働きが落ちてしまうワケとは?

以下のうち、あなたに当てはまるものはありませんか? 意欲が低下し惰性で働いている 悲観的な思考が続いている 心動くような楽しいアイデアがひらめかない もしひとつでもあるなら、心や脳に深刻な影響が及んでいる可能性大……! 悪い習慣を手放し、脳の元気…

4万人超の実験で効果実証済み! 習慣化メソッド「タイニー・ハビット」をやってみた

「本を毎日読もうと決めたのに、また三日坊主で終わってしまった……」「朝の勉強習慣を定着させたいのに、なぜかいつも1週間と続かない……」 このような習慣化に関する悩みをもつ人に試してほしいのが、4万人以上を対象とした実験で効果が実証された「タイニー…

マッキンゼーでは当たり前。仕事では「問い」のうまい人が圧倒的に強い納得の理由

外資系大手コンサルティング企業であるマッキンゼー・アンド・カンパニーでは、「問い」というものを重視すると言います。 その理由について、マッキンゼー勤務を経てエグゼクティブコーチとして活躍する大嶋祥誉(おおしま・さちよ)さんは、「仕事の質が上…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら