「まずやってみる」が理にかなっている脳科学的理由。“経験の蓄積” が小脳をブーストさせる!

「新しいことをやってみる勇気が出ない」「マニュアル通りに進まないとすくんでしまう」――そんな悩みをもつ自分自身に「まずはやってみよう」と言い聞かせるべき脳科学的な理由を説明します。 経営の神様も言った「まずはやってみる」 事前にあれこれ時間を…

優柔不断な自分を変えるための「10のしないこと」。“デスクの片づけ” が第一歩!?

「頼まれごとを引き受けるか迷っていたら、ズルズルと任されてしまった」「新しいプロジェクトに誘われたけれど、参加する決心ができない」 このように、優柔不断は仕事に悪い影響を及ぼすことがあります。みなさんのなかには、優柔不断なせいでチャンスを逃…

IQよりも重要! 成功に必須の「2つの能力」あなたには備わっている?

いまよりも仕事力を上げたいが、数あるビジネススキルのうちどれを高めればいいのか、正直よくわからない。そんなあなたが気にするべきなのは、「EQ(心の知能指数)」と「SQ(生き方の知能指数)」です。デキるビジネスパーソンになるために、このふたつの…

「口数が少ない」のに「信頼される人」がしている3つの工夫。彼らは “空気を読む” のが格段にうまい

自分は話すのが得意じゃないから、仕事で成功をつかめるはずがない……。そう思っている人、ちょっと待ってください。どちらかと言うと寡黙で口数が少ないタイプなのに、なぜか周囲から絶大な信頼を得ている――そんな人が身近にいないでしょうか。 他人に評価さ…

勉強中のイヤホンはOK? NG?

勉強中にイヤホンで音楽を聞くメリット&デメリット、勉強中のおすすめBGMを紹介します。

“天職” が見つかる自己分析法があった! 「好きなことを動詞で50個」書き出してみた結果

ビジネスパーソンとしてキャリアを重ねているが、「天職」がまだ見つからない。そんな方におすすめなのは、マーケティング戦略を用いて自己分析をすることです。今回は、自分の本当の強みを知る方法を紹介し、実際に試してみた感想を伝えます。 天職が見つか…

「働きすぎ」が脳機能を低下させている。“疲れているのに眠れない” 人がいますぐ生活を見直すべき理由

「仕事に追われてほぼ毎日残業している」「休む時間がなかなかとれない」こんなふうに、生活が仕事一辺倒になっている人は要注意。なぜならば、脳が悪影響を受けたり、そのせいで仕事の生産性が下がったりするからです。 今回は、働きすぎることの弊害を指摘…

もう丸暗記したくない人に朗報。「to不定詞と動名詞」使い分けのカギはこれだ!

「to不定詞と動名詞の使い分けがわからない……」「be to 不定詞の意味を5つも覚えるなんて……」そんなお悩みをもっていませんか? 英語を学ぶうえで欠かせないのが「to不定詞(to + 動詞原形)」。よく「動名詞(-ing形)」と比較されるため、学校で「to不定…

元パワポ事業責任者「失敗する資料と成功する資料は、決定的に “ココ” が違うんです」

ビジネスパーソンの労働時間のうち、大きな割合を占める業務のひとつが「資料作成」。でも、「どんな資料がいい資料なのか?」という疑問に対して、「これが正解だ!」と明確に答えられる人は少ないはずです。 そこでお話を聞いたのは、かつて日本マイクロソ…

「繊細で疲れやすい」はずなのに「心地よく仕事をしている人」には6つのヒミツがあった

HSPと呼ばれる「非常に敏感な人」のなかでも、不安な面持ちで仕事をする人と、リラックスした様子で仕事をする人がいます。このふたりの違いはいったいなんでしょう? じつは、ちょっとした秘訣があるのです。アメリカの心理学者 エレイン・N・アーロン博士…

いつも嫉妬してる人は脳に大ダメージ!? この2ステップで解放されよう

自分より仕事がデキる同僚がいると揚げ足をとりたくなる……。上司がひいきしている人に対して嫌がらせをしたくなる……。「嫉妬」という感情に振り回されている人はいませんか? 一度抱えてしまうと容易に消し去れないのが嫉妬というもの。結果、自分自身を苦し…

業務時間の43%を占める “あの” 無駄な仕事。省くには「45分設定」が最強だ

「日本の企業には『無駄な会議』が多い」――。メディア等を通じて頻繁にそう指摘されます。では、どんな会議が無駄で、どうすればその無駄な会議をなくせるのでしょうか。企業の働き方改革支援などで幅広く活躍する越川慎司(こしかわ・しんじ)さんがおすす…

もっと自然な英語が使えるようになる。「自動詞と他動詞」本質的な違いはこれだ!

みなさんは「自動詞」「他動詞」の違いを理解していますか。自動詞と他動詞があることはなんとなく知っていても、日本語の訳に当てはめて、間違った英語や違和感のある英語を使ってしまうこともしばしば。 じつは、日本語と英語では、自動詞と他動詞の使用傾…

「わかる」と「できる」は全然違う。“本当に使える知識” はインプットだけでは身につかない

みなさんは、とにかくたくさん本を読めば仕事のスキルが身につくと考えてはいませんか。あるいは、ビジネスに関連した動画を毎日観ているからといって、それだけで仕事がデキるようになると思ってはいないでしょうか。 たしかにインプットは大切です。しかし…

仕事の無駄をなくす方法。「1週間に15分○○する」だけで、労働時間が11%もダウン!

「働き方改革」によって労働時間の上限が定められたことで、多くの企業で進められている「時短」。時短の意味は、もちろん「労働時間を減らすこと」です。ところが、「ただ労働時間を減らせばいいわけではない」と言うのは、企業の働き方改革支援などで幅広…

「ビジネス書が好き」なのに「仕事はデキない」人がやっている、5つの残念な読み方

ビジネス書をたくさん読んでいるのに、仕事に活きてこない……本を読んだ直後はモチベーションが上がるけれど、時間が経つと結局いつも通り……。 ビジネス書が好きで、多くの本を読んでいるみなさんほど、こんな悩みを抱える瞬間があるのではないでしょうか。も…

あなたが「なぜかチームワークを苦手に感じる」3つの意外な理由

「ひとりでやる仕事は問題なくできるのに、チームだとなぜかうまくいかない」「チームで仕事をする際、協調性がおざなりになりがち」このように、チームでほかの人と一緒に仕事をすることが苦手な人はいませんか? チームで仕事をすることが苦手なのは、消極…

ミス激減のためのおすすめ新習慣。ヒヤリ・ハットを「真っ黒いノート」に記録すると効果的

「ヒヤリ・ハット」は仕事中の「うわ、いま危なかった……!」というようなヒヤリ、ハッとした心情を表す言葉ですが、その事例を集めて分析するとミスを減らす効果が生まれるそうです。一方で「真っ黒なノート」には、集中力や記憶力アップが期待できるのだと…

やっぱり “紙の本” は強かった! 大人が「独学」で勉強を続ける4つのコツ

「社会人になってからというもの、勉強に身が入らない」「新しいことを学びたいけれど、やる気が湧かない」「昔に比べて、記憶力や集中力が衰えた気がする」こう感じている人はいませんか? 普段仕事で疲れているせいか勉強に意欲を注げない、頭が働かない………

「9つの性格タイプ」あなたに当てはまるのはどれ? 仕事や人生が不調な原因もこれでわかる

みなさんは「エニアグラム」という言葉を聞いたことがありますか。エニアグラムとは、人間の性格タイプを9つに分類したもの。それぞれの性格タイプごとに、大切にしている考え方や思考の癖、行動パターンといった “傾向” が解析されています。 とはいえ、た…

「デキない人ほど自信たっぷり」という残念な事実。本当にデキる人は意外と「自信がない」

「あの人はいいなぁ。仕事ができて自信に満ちあふれている。私は自信がないから仕事もできない……」 いやいや、自信と実力は異なるものです。その人は内なる不安を隠し、自信があるように見せているだけかもしれません。あなたの自己評価もあてになりませんよ…

「開成流ロジカル勉強法」のノート術をやってみたら、短時間で理解度が爆上がりした話

毎日忙しいビジネスパーソンにとって、勉強にあてられる時間はとても貴重ですよね。「短い勉強時間でも、成果を出したい!」そんなみなさんのために、今回は「開成流ロジカル勉強法」をご紹介します。特にこの記事では、ノートの書き方について詳しく解説し…

【英語シャドーイング】“科学的に正しい” やり方と4つの効果

英語シャドーイングの効果を丁寧に解説し、第二言語習得研究に基づいた “科学的に正しい” 英語シャドーイングのやり方を紹介しています。おすすめの英語シャドーイング教材もピックアップしました!

“脳内物質のアンバランス” が頭の働きを悪化させている。「脳がさえる」4つの最高習慣はこれだ!

「なんとか仕事はこなしているけれど、頭は思うように働かないし、集中力がすぐ切れてしまう」なんて悩みを抱えていませんか?「SNSは暇さえあれば開くけれど、人に直接会うのは少し億劫だ」なんて気持ちになっていませんか? 心理療法セラピストで『脳が冴…

メラトニンとは? 効果&増やす方法まとめ

メラトニンとは何かわかりやすく解説。メラトニンの効果、セロトニンとの関係、メラトニンを増やす方法など。

脳を過信してると “うっかり忘れ” は永遠に続く。あなたが習慣にするべき「3つの忘れない努力」

「今日が資格試験申し込みの締め切りだったのに……」「頼まれていた仕事があったのに……」こんなふうに、予定や用事をうっかり忘れた経験がある人はたくさんいるはず。「忘れていた」というケースを放置していると、時に深刻な事態を引き起こしてしまいますよ…

なぜか信頼されない残念な人には、武士道「義・誠」の徳が欠けている

「大きな仕事を以前より任されなくなった……」「部下が自分の指示をあまり聞いてくれない……」こんなふうに感じている人は、周囲からの「信頼」をうまく得られていない可能性があります。 人と関わりながら仕事をするビジネスパーソンにとって、信頼されないの…

脳が働かない人は植物を育てるべき。「グリーンのすごさ」4つの科学的根拠

新型コロナウイルスの影響で、私たちの日常は大きく変わりました。家で仕事をするようになった、休日に外出する機会が減った、そんな人も多いのではないでしょうか。 自宅で過ごす時間が増えたことにはいい面もありますが、一方でストレスや不満の元凶になる…

ストレス対処法を「100個」書く→選ぶ→実行! これでイライラに強くなれる

「自分はストレスがたまりやすいタイプだ」「理由はわからないけれどイライラすることが多い」そう感じている人はいませんか? たとえ自分では気がつかないほどの小さなストレスでも、積み重なると心や体に大きな負担を与えてしまいます。健康やパフォーマン…

波の音で勉強に集中できるってホント?

勉強に集中するのに、波の音が役立つのはなぜ? 科学的に説明します。

「なぜか会話を続けたくなる人」は自然と “これ” ができている。話下手なら「話をさせれば」問題ナシ

「職場の人と、仕事のこと以外に何を話せばいいのかわからない……」「沈黙は怖いけれど、話すのが得意じゃない……」このように、自分の雑談力のなさを嘆いている人はいませんか? でも、明治大学教授の齋藤孝氏いわく、話下手な人でも「雑談上手」になれるとの…

超重要「7つの能力」を鍛えるならばこれをするべき! 脳科学的に考えてみた

仕事をするにも勉強をするにも、脳をうまく機能させることはとても重要です。「仕事で成果が上がらない……」「なぜか勉強がはかどらない……」という人には、脳に気を配った生活をおくることを提案します。 あなたの能力を鍛えるための “脳科学的アプローチ” を…

DMNとは? 創造力を高め、脳疲労を防ぐために知っておくべき9つのこと

デフォルト・モード・ネットワーク:DMNとは何かわかりやすく解説。DMNを活性化/非活性化させる方法も。

「結局、地頭ってどうすればよくなるの?」あなたの地頭力が高まる本、厳選4冊をご紹介

ビジネスパーソンが「読むべきだ」と言われる本は、世の中に数多くあります。読書に精を出すみなさんほど、どの本から読めばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。 そこで今回は、「これからの時代を生き抜くために必須の『地頭力』が高まる本」にテー…

他人思いの「優しいあの人」が成功に一番近い理由。“自己チュー” だと圧倒的に損する

「自分の作業ばかり優先してしまい、同僚になかなか協力できない」「自分と関わりの薄い人に優しくしても無駄だ」仕事やプライベートの場面で、親切な行動をとれていない人はいませんか? そのような人は、他人に優しくしても自分には利益がないと考えている…

「手で書きまくる人」がやっぱり強いワケ。記憶力・目標達成率で圧倒的に優位に立てる

パソコンやスマートフォンの普及により、手書きの機会は減少傾向にありますが……手書きにはさまざまなメリットがあることを忘れてはなりません。 「最後にペンで文字を書いたのはいつだろう……」という方に向けて、今回は手書きで期待できるメリットを4つご紹…

睡眠学者が提唱「快眠メソッド」を1週間やってみたら、仕事の生産性まで上がった話。

誰よりも勉強して、誰よりも真摯に取り組んでいるのに、どうも仕事がうまくいかない……。 そんなときは、まずご自身の「睡眠」から見直してみるといいかもしれません。睡眠が不十分だと作業効率が下がるだけではなく、ネガティブ思考になってしまうのだとか。…

テレワーク疲れを “脳” から解消する3つの秘策。「4-6-11の法則」で仕事効率アップ!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、ビジネスシーンではテレワークが急激に広がりました。そのなかで「テレワークに疲れた……」と感じる人が増えているという報道も目にします。 では、どうすれば「テレワーク疲れ」を解消できるのでしょうか。作業…

オキシトシンとは? メリット&デメリットまとめ

オキシトシンとは何かわかりやすく解説。オキシトシンの作用・効果や増やす方法、セロトニンとの違いなど。

マルチタスクによる脳への負担を減らす方法。「○○を正す」のが意外と効果的

仕事上のミスを減らすには、「覚えた情報を次の行動に反映させる」ことに役立つ「ワーキングメモリ」をうまく働かせなければならない――そう語るのは、作業療法士であり、脳の機能を生かした人材開発を行なっている菅原洋平(すがわら・ようへい)さん(『仕…

なぜか成長できない人は「学びのサイクル」を回せてない。“インプットして満足” は危険すぎる

仕事が「デキる人」と「デキない人」。その明暗は、“日頃から効果的に学び続けているかどうか” で分かれてきます。 自分のスキルに自信をもてていますか?日々の学びを仕事の成果に活かせていますか?手当たり次第に勉強していませんか? ビジネスパーソンと…

仕事のミスを誘発する「ワーキングメモリ」低下のサイン。あなたはいくつ当てはまる?

仕事のミスはないに越したことはありませんが、「気をつけているつもりなのに、どうもちょっとしたミスを続けてしまう……」「自分には注意力が足りないのかも……」と悩んでいる人も少なからずいるでしょう。 ただ、その原因は、注意力が低下していることではな…

「カバンの中がごちゃごちゃ」はやっぱり最悪。あなたが “真っ先に取り出すべき” 5つのもの

「いざというときに必要になるかも」「持っておいて損はないから」こんな理由で、カバンの中身の整理をおろそかにしている人はいませんか? カバンのなかがごちゃごちゃだと、物を取り出すのにもひと苦労。それどころか、あなたの集中力や創造力が奪われる危…

頼みを断れない「優しすぎる人」は、こうすれば楽になれる

頼まれ事をなかなか断れない――そんな人はいませんか。嫌われるのが怖くて……上手な断り方がわからなくて……理由はさまざまあると思いますが、時間も労力も限りがあるなか、あらゆる頼まれ事を引き受けるのは現実的ではありませんよね。 「断る」とは、すなわち…

英語の「音声変化」の特徴と効果的な学習方法

英語の音声変化のルール、および音声変化の効果的な学習法をご紹介します。

HSP気質とは? 特徴と付き合い方まとめ

HSPとは何か、特徴をわかりやすく解説。HSPの有名人やHSP診断テストの紹介も。

「不可能」を「可能」にする思考法があった! “一見無理そう” でも、諦めるのはまだ早い

「こうしたい」と思ったことを、「いや、できるわけがない」と諦めたことはありませんか? たとえば、成績を一気に上げたい。誰かを助けたい。夢を叶えたい。でも、いまの自分の実力では難しい、と。 実現不可能だ。そう割りきってしまう前に、考え方を変え…

「知性が高い人ほどスマホを使わない」という事実。デジタル頼みはあなたを “仕事のデキない人” にする

「スマートフォンは、常に手元に置いておく」「メールやSNSの通知があると、すぐにチェックする」「テレビを観ながらスマホチェックするなど、“ながら行動” が多い」現代人の多くが、1日中スマートフォンやパソコンと共に過ごしていることでしょう。 デジタ…

本を読んでも「へぇ」で終わる人におすすめ。 “読書×◯◯” の合わせ技が最強だった話

みなさんは、次のような読書をしているという心当たりはありませんか? 「本はいいものだから何冊読んでもいい」という、目的のない読書 「ベストセラーだから読もう」という、本選びに主体性がない読書 読み終わっても「へぇ」で終わってしまう、成長につな…

英語学習者を悩ませる「可算名詞」「不可算名詞」の区別。“これ” を知れば正体がわかる!

「可算名詞と不可算名詞の区別は難しい」「日本語では数えられる名詞が、英語だと不可算名詞になるのはなぜ? 」そんなお悩みや疑問をもっていませんか。日本語では区別がない「可算名詞」と「不可算名詞」。どうしたら両者を区別できるのでしょうか。 その…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら