仕事がうまくいくのは「紙に書き続ける人」。思考を整理できEQも高まる「書く瞑想」とは

頭のなかが、やるべきことや心配事などでごちゃごちゃしている。周囲とうまく協調して仕事を進めるのが難しい。これらの悩みは一見まったく別のものですが、ある共通の方法で解決できます。それは「書く瞑想」。 「瞑想」と聞くと、どのような印象をもつでし…

嫌味を言われたら○○をもらえばいい。コミュニケーション上手な人の “動揺しない” 伝え方

「会議で想定外の質問をされてしまい、動揺して頭が真っ白に……」「職場の対人関係でついカッとなり、相手と口論してしまった」 仕事では冷静な対応が求められますが、感情をコントロールできずに失敗してしまった経験はないでしょうか。 そんな出来事が今後…

勉強の努力を続けるカギは “達成感”。「努力が報われない」と感じても勉強を諦めないための小さなコツ

「勉強しなければ、まわりの有能な人に差をつけられてしまいそう……」「AIが台頭する時代、勉強して思考力を鍛えないと、私の仕事はAIに奪われてしまう」 まじめな読者のみなさんなら、勉強する必要性は十分にわかっているはず。ですが、 「勉強しなければ」…

チームの成果を最大化できるマネージャーが「人に仕事を任せる」とき大切にしている3つのこと

マネージャーの重要な仕事のひとつが “メンバーに業務を任せること”。適切なメンバーに適切なタイミングでタスクを振ることで、チーム全体の成果を最大化することができます。 一方で、メンバーに仕事を任せることを難しく感じている方が多いのも現実。仕事…

「勉強を先延ばしにしない人」になるための3つの基本。やる気に頼らず勉強する方法とは?

「勉強をしなくちゃいけないのはわかっている。でも、忙しくて……」「毎日疲れているので、つい勉強を先延ばしにしてしまう」 やろうと思ってはいるものの、何かと理由をつけて勉強を後回しにしてしまう人は多いのではないのでしょうか。 そこで、今回は “先…

「必ず活躍できる若手人材」の3つの特徴。早く○○できる人は成長の見込みあり!

一見ビジネスと関係なさそうなことから、仕事のヒントを得たことがありますか? 仕事をよりよくすることに役立つ要素は、じつは意外なところにあるもの。そのひとつが、ヒップホップです。 ヒップホップの世界に、“フックアップ” という行為があります。有名…

人間関係のトラブル解決には「○○しない」ことが効果的。意地悪な人ともスムーズに働くコツ

仕事の悩みのひとつとして、職場での人間関係を挙げる方は多いのではないのでしょうか。 雑誌『プレジデント 2024年3月1日号』にこんな調査結果が掲載されています。1,080名を対象に「あなたの悩みの種は誰か?」を尋ねたところ、「同僚」と答えた人が最も多…

「結果を出せる人」の3つの思考習慣。「結果から距離をとる」ほうがうまくいく理由とは?

「思うように結果が出ない」「いまひとつ成長実感がない」といったもやもやした思いを抱いている場合、もしかしたら自分のなかにある「常識」がそうさせてしまっているのかもしれません。 こう指摘するのは、アスリートや会社経営者のメンタルサポートを行な…

「理想の成長」3つの条件。どんどん大きくなる “綿菓子のような” 成長を遂げるのはこんな人

みなさんが「現状維持でいい」と思っているならともかく、ビジネスパーソンとして「成長したい」という思いをもっているのなら、ある要素を身につけなければなりません。その要素とは「コーチャブル」というものです。 アスリートや会社経営者のメンタルサポ…

どんな変化が起きても成長できるビジネスパーソンが、自然と実行しているあるひとつのこと

ビジネスパーソンとして自分を成長させたいけれど、なかなかうまくいかない……。そう感じる人は多いかもしれません。そもそも、成長するにはなにが必要でしょうか。 業種や職種により求められるスキルや経験も大切ですが、アスリートや会社経営者のメンタルサ…

物流業界が「再配達率」を削減した方法とは? 探ってみたら「仕事のムダ」の減らし方が見えてきた

「チームの成果が上がらない……。作業の効率が悪いのだろうか」「頑張って働いているのに、いつも仕事が終わらなくて残業ばかり……」 上記のようなお悩みを抱えている方は、物流業界における “再配達率の改善方法” を参考にすると、ヒントが得られるかもしれま…

苦手な人ともいい関係を築きやすくなる「2つの思考法」。まずは自分の○○を可視化しよう

「誰とでも円滑にコミュニケーションをとりたいのに、あの人とだけは関わるとどうしてもイライラする」「人間関係に神経を使うことが多く、仕事の効率まで落ちてしまう」 苦手な人と関わって感情が乱され、仕事に100%の力を発揮できなかった経験はありません…

「無駄な会議」を「理想の会議」に変えるための3つのヒント。会議時間は○分がベスト

業務時間のほとんどが会議で占められていたり、オンライン会議がすきまなく続いて自分の業務にとりかかれなかったりと、会議の多さに困っていませんか? 「会議時間がもっと短ければ……」「効率的なミーティングがしたい」と、誰でも一度は感じたことがあるの…

「短い時間」で「たくさんの知識習得」ができる効率的勉強法。○○にこだわらないのがコツ!

仕事で毎日忙しく過ごしていると、「時間が全然足りない」と感じてしまうもの。「勉強もしたいし、本も読みたいけど、そんな時間はない」と悩んでいるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。 たくさんの知識を習得したいのに、勉強時間がない――という…

仕事の速い人になれる “少し意外な” 3つの習慣。「○○心」で仕事のスピードが上がる

いくら頑張っても仕事が終わらず、残業続きで「自分は仕事が遅い……」とお悩みではありませんか? 仕事が速くなる秘訣を知りたいですよね。 仕事が速くなる方法について調べてみると、無駄を省いて作業を効率化する仕事術はたくさん出てきます。しかし、心の…

英語の雑談がうまい人は相手の○○を理解している。押さえておきたい日米の文化の違い2選

「英語を話すこと自体はできるのに、外国籍の同僚とのコミュニケーションが、どこかうまくいっていない……」と悩んでいませんか? その悩みの原因は、相手の文化について十分理解できていないことにあるかもしれません。 外国籍の社員がいるチームで仕事を円…

新入社員の離職を防ぐ3つのヒント。大切なのは社員を “顧客” として見ること

「新しく入社した社員が、会社に馴染んでいない気がする……」「社員の離職率が高い。どうすれば会社にフィットした人が入社してくれるだろう……」 このように悩んでいる方の役に立つのが、PMF(プロダクト・マーケット・フィット)という概念です。ベンチャー…

Z世代の社員を早期離職させないための3つの対策。大切なのは「○○の量」を増やすこと

突然ですが、新卒の新入社員をひとり採用するためのコストがどれぐらいか、ご存じでしょうか? 業種や企業によって差はありますが、株式会社リクルートの就職みらい研究所が2019〜2020年に行なった調査によれば、平均93.6万円かかっているそうです。(参照:…

参加者が「出てよかった」と感じる会議で、ファシリテーターが大事にしている3つのこと

会議の流れ次第では、参加者どうしで意見が対立するなどして、喧嘩腰の荒れた空気になることもあるでしょう。そこでファシリテーターは、そういった会議もうまくまとめて協力体制を築いていくことが求められます。 そうするためのコツを、自身が運営する「フ…

「こんな会議」なら誰もが自然と意見を言える。ファシリテーターが最初に伝えるべき5つの言葉

会議でよく見られる問題に、参加者がなかなか発言してくれず議論が盛り上がらないというものがあります。そういった会議になってしまう原因はどこにあり、ファシリテーターの立場としてどのような対策ができるでしょうか。 自身が運営する「ファシリテーショ…

「一流のファシリテーター」3つの特徴。大切なのは議論をリードできるかではなく○○できるか

議論をリードするのが苦手で、上司から「次の会議のファシリテーション、よろしく」と言われると途端に気が重くなる……。そんな人は多いと思いますが、「ファシリテーターの本来の役割」を知れば、その気持ちは少し和らぐかもしれません。 ビジネスにおける「…

楽しく勉強できて成果も出せる! ぐいぐい進めたくなる「ゲーム感覚で楽しむ」勉強法2選

「勉強は正直好きじゃないけれど、必要だからやっている」「楽しく続けられて、効果もある勉強法はないかな……」 そんなふうに勉強にハードルを感じているなら、ゲーミフィケーションを取り入れてみるのはいかがでしょうか? ゲーム感覚で勉強を楽しめて、学…

自然と意欲が湧いてくるカレンダーの新しい使い方。「予定」ではなく「○○」で埋め尽くす!

「すべて中途半端」「結局、何もできていない」 こんなふうに “できていないこと” ばかりに目を向け、落ち込んだ経験はありますか? 筆者はたまにそうなることがあります。でも最近、少しでも “できていること” に注意が向くと、物事がスムーズに運びやすく…

DXが浸透しないのは「社員が○○を嫌う」から。DXの前にやるべき “社員のマインド” を変える方法

すっかりDXという言葉が浸透した昨今。DXに取り組んでいる企業の担当者の方は多いのではないでしょうか。 しかし、このDXが目的ではなく手段になっているために、うまくいっていないケースもあるようです。 実際、独立行政法人情報処理推進機構によるDX白書…

英会話 “だけ” じゃ英語力は伸びない! 英語研修の効果を倍増させる秘策4選

社員への英語研修で「英会話」を取り入れている企業は多いのではないでしょうか。しかし、「英会話メインの研修で、いまいち社員の英語力が上がっていない」という声も多く聞かれます。 今回は、英会話研修をより効果的に活用する方法を具体的に紹介します。…

仕事ができる人は「○○の前」に「下書き」をする。仕事効率が確実に上がる3つの下書き術

「書類やメールなど、文章を書くのが苦手……」「スライドづくりにいつも時間がかかる。もっと手早くできるようになりたい」 このような悩みをもつ人は、日々の業務に “下書き” を取り入れてみてはいかがでしょうか? できるビジネスパーソンのなかには、下書…

相手にちゃんと響く「フィードバック」の方法。5つのステップに当てはめるだけ!

日々の業務のなかで、同僚や後輩へフィードバックすることの難しさを感じる機会は多いのではないでしょうか。ミスや問題点を指摘する場合など、フィードバックする内容がネガティブな場合は、特に気を使いますよね。 近年では海外人材の採用を積極的に進めて…

生産性が低いのは○○できていないから。社員の生産性を上げるための “小さな習慣” とは

「社員の生産性を高めたいのに、なかなかうまくいかない……」「仕事が終わらなくて残業ばかりしている。生産性を高めて効率よく働きたい……」 このように、仕事の生産性について悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 日本の一人あたりの労働生産性は、OEC…

「学びをキャリアに活かせる人」と「活かせない人」。違いは○○の意識があるかどうか

社会人として「学び」が重要であることは理解しているものの、なにを学べばいいのかわからない人もいるでしょう。そこでお話を聞いたのは、主にフリーランス女性と企業との仕事のマッチングなどによって女性のキャリア支援を行なう、株式会社Warisの共同代表…

自分の意外な強みが見つかる。キャリアの専門家も実践「強みを知る」ための手書きメソッド

よりよいキャリアを築いていくには、自分の「強み」を認識したうえで活かしていくことが大切だとよく言われます。ところが、なかには「自分の強みがわからない」という人も少なくありません。 そもそも強みとはどのようなもので、自分の強みを見つけるにはど…

雑誌記者→資格取得→起業。「キャリアの専門家」が「働きながら学ぶ」うえで大切にしてきたこと

主に、フリーランス女性と企業との仕事のマッチングなどによって女性のキャリア支援を行なう、株式会社Waris。その共同代表のひとりである田中美和さんは、キャリアコンサルタントの国家資格も有する「キャリアの専門家」ですが、もともとは雑誌『日経ウーマ…

記憶に残る「スキマ時間勉強法」。まとまった時間がとれないなら “薄い記憶を塗り重ねて” いけばいい

「まとまった時間をとるのが難しく、短いスキマ時間に勉強するしかない。でもスキマ時間に少しずつ勉強するぐらいでは、記憶に残らなさそう……」 と思っていませんか? 筆者もそう考えていたひとり。ですが「薄い記憶を塗り重ねる」という勉強法のメリットを…

新人研修と管理職研修だけでは会社全体の生産性は上がらない? いま必要なのは○○研修

みなさんが勤めている企業では、どのような研修が行なわれていますか? 新入社員研修はあるが、それ以外の研修は行なわれていない。全マネージャーに、管理職研修が必修で課されている――など、企業によってさまざまでしょう。 このように研修は “階層別” に…

自ら考えて動ける新入社員の育て方。最初に「○○○管理」を教えるのが効果的!

新入社員の入社日が近づくと、社内では受け入れや研修のための準備が忙しくなるもの。新人研修を任された人や、自分の部署に新入社員を迎える予定の人のなかには、これから入社する後輩たちにいったい何から教えたらいいのか、戸惑っている方もいるかもしれ…

仕事が速い人は “これ” を手で書いている。仕事のスピードと質を上げるメモの技術3選

「前に打ち合わせで出た話の内容をもう一度確認したいのだけど、どこにメモしたんだっけ」「書くのが遅いので、相手が話す速さにメモを書く手が追いつかない」 このような状況に陥りがちで、仕事のスピードが上がらない方はいませんか? デジタルツールの活…

自信のあるメンバーがそろった強いチームのつくり方。マネージャーはメンバーの○○を高めよ

管理職のみなさんにとって切っても切れないものが、メンバーのマネジメント。 マネジメントをするのと、プレイヤーとして働くのとでは、求められるスキルが違います。プレイヤーだった頃には高い成果を挙げていたのに、マネージャーとしては苦労している……と…

いい記憶で満たされて意欲も上がる「朝と夜のノート習慣」。たった5つ○○を書くだけ!

物事の嫌なところばかり目についてストレスをためがち……。仕事や将来のことですぐ不安になり、気持ちが暗くなる……。 こうしたネガティブな感情に悩むことが多く、仕事や勉強に十分に打ち込めていない人は、「感謝のリスト」をつくってみるといいかもしれませ…

英語は話せるのに、なぜか英語だと意思疎通がうまくいかない理由。「暗黙の了解」は通じない?

英語でビジネスをするため、「英語力の向上」だけにフォーカスしている方は多いのではないでしょうか? もちろん、英語力を上げることは重要ではありますが、コミュニケーションは人間どうしが行なうもの。仕事相手や仕事仲間の国や文化について理解すること…

社員が受けたがるのは「タイパのよい研修」。受講完了率の高い社員研修づくりのポイント

社員研修を担当される方にとって、「いかに社員に研修を続けてもらうか」ということは、大きな悩みのひとつでしょう。たとえば、 英語研修を実施したけれど、社員が所定のレッスン回数を受講しなかった eラーニングの研修を導入したが、受講率が想定よりかな…

成果を出し続ける人が押さえている「5つの基本動作」。仕事の質と精度が自然と上がる

時間も労力もかけた仕事が無駄になることほど、むなしいことはありません。せっかく仕事をするなら、なるべく高精度で質の高い仕事をしたいものです。 そんな仕事をするためのアドバイスをお願いしたのは、世界最大級のグローバル経営コンサルタント企業であ…

確実に仕事の成果につながる「目的」設定のコツ。意外にも “あの習慣” が大事だった

あなたがいま携わっている仕事は、なんのためにやっていますか? 意外と即答できない人もいるかもしれません。この問いに対する答えは、仕事における「目的」です。 その目的こそが仕事で成果を挙げるには不可欠だと言うのは、世界最大級のグローバル経営コ…

「必要最小限の労力で成果を出せる人」になるための超基本。まず考えるべきは「○○」だ

頑張っているつもりなのに仕事がうまくいかないというのは決して珍しくなく、特にまだ経験が浅い若手の社会人にとってはよくあることかもしれません。その原因はどんなところにあるのでしょうか。 世界最大級のグローバル経営コンサルタント企業であるデロイ…

「文章を書けて、仕事もできる人」になるためにやってみるといいこと。大切なのは2つのスキル

「文章力や発信力があって、かつ仕事もできる人に憧れる。でも自分は文章を書くのが苦手……」と悩んでいませんか? ビジネスにおいて “書くスキル” は重要。わかりやすい文章を書ければ、コミュニケーションが円滑になり、「この人とは仕事がしやすい」という…

リスキリングが浸透しないのは「社員が○○を嫌う」から。社員に「学びたい」と思わせる2つのヒント

2022年に岸田内閣が「骨太の方針」において、重点投資分野の第一に「人への投資」を掲げてから、「リスキリング」という言葉が注目されるようになりました。 リスキリングとは、新たな分野や職務にて新しいスキルを習得すること。このリスキリングについて、…

「社内の英語公用語化」何から始めるべき? 英語公用語化プロジェクトの全6ステップ

「グローバル市場への進出を目指し、社内の英語公用語化を検討したい」とお考えの、経営者のみなさま。あるいは、「英語を社内の公用語にしたいから、やるべきことを整理して」と経営者から指示を受けた、担当者のみなさま。 「英語公用語化って、いったい何…

勉強ができる人は “○○” を防いでいる。「脳を活性化させる勉強法」を試してみた

「毎日机に向かっているけど、いまいち勉強に身が入らない」「頑張って勉強しているのに、覚えが悪くなってきた」「努力に見合った成果が挙がらない」 そんなお悩みの原因は、もしかすると勉強の “マンネリ化” にあるかもしれません。 マンネリ化を防ぐため…

効率よく学ぶための “2つの要素” を満たせる! 「方眼罫」の「付箋」で勉強してみた

ビジネスパーソンとして学び続ける重要性はよくわかっているけれど、勉強は苦手……。そんなあなたに、無理なく・楽しく・効率よく学ぶのに役立つツールを紹介しましょう。学びを促進してくれそうな「5mm方眼罫入りの付箋」です。 勉強に少し苦手意識があり「…

「英語公用語化」はいきなり全社でやらなくてもいい。スムーズな導入のコツは○○!

楽天やファーストリテイリングなどで実施され10年以上が経過した「英語公用語化」について、自分の会社もそろそろかな……とお考えの、経営層や担当者のみなさま。以下のようにお悩みではありませんか? 海外展開を加速させるために英語公用語化を検討している…

社員の英語力を上げ続けるため「英語研修のあと」にやるといい4つのこと

社員に英語研修のプログラムを受講させたあとで、以下のような疑問を抱えたことがある企業の研修担当者は少なくないでしょう。 「英語研修の効果は、本当にあったのだろうか?」「社員は英語学習を継続してくれているだろうか……?」「学んだことはどれぐらい…

本当に説得力のある「研修の提案書」を効率よくつくるコツ。“あのフレームワーク” を使うだけ!

社員研修を外部の研修業者に依頼するとき、避けて通れないのが、社内の意思決定者への提案ですよね。 「社員の業務スキルを上げて、会社全体の生産性を高めたい」「部署内のメンバーをスキルアップさせ、売上/利益を向上させたい」と思ってはいるものの、 …

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト