「やりたいことを仕事にする」は本当に正しいのか? 仕事を選びすぎると大損する可能性あり。

今の仕事が好きというわけではない。かといって明確にやりたいことがあるわけではないから、別にキャリアチェンジする必要もない。仕事において特に努力しなくても解雇されることもないし、与えられた仕事をこなすだけでも生きていける。でも、はたしてこれ…

「ゆっくり動く」だけで前頭前野が活性化する!? 海外心理学者が提唱。

脳や体にいいらしいことは知ってるが、どうも瞑想やマインドフルネスをやろうという気にならない。経験がない自分にとっては難しそうだし、面白そうでもない。もっと気軽に取り入れられて、ものすごーく短い時間で、簡単で、なおかつ同じような効果があるも…

覚えたければ「いったん忘れる」のが吉。記憶力向上に効く “ちょっと意外な” 4つのこと。

もしも、朝日が昇れば起きて、本能のまま食べて飲んで、日が沈めば寝て……、を繰り返すだけならば、「生命にかかわることだけを記憶しやすい脳」の特性に任せておけばいいでしょう。しかし、高度に発展した人間社会に身を置いて暮らしていくには、意図的な記…

昇進が早い・就職に有利――「楽観主義者」が大きく得をする8つの場面

慢性的なストレスは、コルチゾールというホルモンを過剰に増やし、記憶などに関わる脳の海馬を萎縮させるといいます。しかし、心理学研究者によれば、楽観主義的なマインドセットを培うことで、慢性的なストレスから抜け出すことは可能なのだそう。あらゆる…

「超エリート」はどんな本を読んでいるのか? 愛読書を知れば思考がわかる。

メガベンチャー企業の社長や金融コンサルタントなど、自力で成功を収めた人々の多くが読書家だということは有名ですよね。そんな成功者たちの間で定番の愛読書になっている本が多数存在します。これらの本は、発売から月日が経過しているにもかかわらず、内…

「口数の多すぎる人」が信頼されない深刻理由。話す前にやるべきことがある。

職場や学校で「よくしゃべるね」「口数が多いな」と言われがちな方はいませんか? 話すという行為は、自分の気持ちを伝えるための有効な手段ですが、言葉が多すぎると相手からの信用を失うことがあります。今回は、口数が多いことを指摘されがちな方に、その…

脳力を最高に活かせる人は「朝の過ごし方」が違う。

「早起きは三文の徳」ということわざもあるように、朝から活動することは大変良いと昔から言われてきました。脳科学者の茂木健一郎氏が「朝の3時間は脳が最も良く働くゴールデンタイムである」と語っているとおり、朝の過ごし方は脳の活性化に多大な影響を及…

脳と心身をダメにする3つの最悪「夜習慣」。“バタンキュー” は危険な兆候。

仕事や学校を終えて家に帰ってから眠りに就くまでの時間は、自由になれるひとときです。そんな「夜の過ごし方」は、人によってさまざまなのではないでしょうか。 でも、日中の活動を終えて心身ともに疲れきった夜時間にしてしまいがちな “あの習慣” が、脳や…

1日4時間「スマホ中毒」だった私が “スマホ断ち” して思った5つのこと。

皆さんは、1日にどのくらいスマートフォンを使っていますか? 2018年のMMD研究所の調査によると、1日3時間以上使っている人は実に全体の47.5%だとか。かくいう筆者も、つい最近まで平均4時間ほどをスマートフォンに費やしており、ひどい日には使用時間が8時…

10連休後の五月病も防げる。最高の「ひとりゴールデンウィーク」の過ごし方。

2019年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休。旅行やレジャーの計画を立てている方がいる一方で、特に予定がないというビジネスパーソンの方も多いのではないでしょうか。旅行サイトを運営する株式会社エアトリの調べによると、2019年のGWの過ごし方として最…

ヘヴィメタルは「不安解消」に効く! 手術中の外科医も好んで聴く “残酷な音楽” の力

せっかく勉強していても、ここぞというときに実力を発揮できなければその努力も実りません。とくに、ネガティブな思考や過度の不安感があると集中力が下がり、認知力まで落ちてしまうことも……。でも、そんなときに「へヴィメタル」(以下、メタル)を聴くこ…

受験勉強のアセットを活かして「練習」にフォーカス。90日間でTOEIC® 910点を獲得!

わずか90日であなたの英語力を大きく変える、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年の開校以来、高い専門性をもつトレーナー達が言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づく科学的トレーニングを提供し、これまで多くのビジネ…

頭が良くなる音楽はモーツァルトではなく「ヘヴィメタル」だった!? 脳科学からいえるこれだけの理由

「クラシックを聴くと頭が良くなる」。そんな意見を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、脳科学者の中野信子さんは、一般的にマイナスのイメージを持たれる「ヘヴィメタル」(以下、メタル)を聴くほうが、むしろ頭は良くなる可能性があ…

なぜ優秀な人はメモを取りまくるのか? こだわりの “2冊持ち” で得られるメリットがすごい。

ビジネスやスポーツの世界には、多くの優秀な人材を育て上げた「一流の指導者」が存在します。彼らが的確な指導を行なうことができた要因が、手書きのメモにある場合が多いことをご存知ですか? 社会人になり年月が経過すると、教えられる立場から教える立場…

自分の可能性を狭めかねない3つの最悪口癖。「ヤバい」で何も考えられなくなる。

どんな人にも、多かれ少なかれ「口癖」があります。その口癖が、知らず知らずのうちに “あなたの可能性を狭めている” のかもしれないのです。 ナポレオン・ヒルの世界的名著『思考は現実化する』には、そのタイトルが表しているとおり、「目標を自らが口に出…

“失敗を恐れる人” に表れる3つの危ない思考習慣。「成功か失敗か」だけの判断は偏りすぎている。

「失敗が怖くて思い切って動けません……」という悩みは、大人であっても非常に多いものです。実際、習慣化コンサルタントとして活動していると、そのような悩みを耳にします。 会社組織で見た場合、社会人の先輩の観点から「失敗を恐れるな! 失敗は成功の元…

“本気の勉強” を再開したい大人のための4つのモチベーション維持術。勉強場所はときどき変えなさい。

文部科学省の勉強に対する意識の調査によると、高校3年生の時点で「勉強が好きだ」という問いに「そう思う」と答えたのは、わずか4.6%だったとのこと。「確かに自分も学生のころはあまり勉強が好きではなかった……」という大人の方も多いのではないでしょう…

「頭が切れる」の正体は『質問力』だった。“最高の質問術” には3つの重要原則がある。

入社して数年経ち、後輩もできて指導をする立場になったけれど、なかなかうまくいかないなと感じているあなた。最近、同期に営業成績や上司からの評価で差をつけられ始めていると感じているあなた。「自分は不器用だから」「アイツは頭が切れるから」と嘆き…

ホリエモン主宰「ゼロ高」と英語ジム「ENGLISH COMPANY」がタッグ! 『プレゼン英語3ヶ月速習プログラム』がすごそう。

「高校は時間割の通りに3年間毎日通うもの」「英語の習得には何年も時間がかかる」 そんな既成概念を覆した新しい教育の形を実現する、時間割から解放された高校「ゼロ高等学院」。そして、入会待ち続出の “3ヶ月で結果を出す” 時短型英語ジム「ENGLISH COMP…

スキルのない凡人でも「自己ブランディング」で大化けできる可能性。4ステップで唯一無二の人材へ。

日々仕事に励んではいるけれども、自分には何ら秀でたスキルはない。やっぱり、大きな仕事を任せてもらうには、MBAの学位や高い英語力がないとダメなのだろうか……。 自分とスキルのレベルにそう変わりない同期が、大プロジェクトのメンバーに抜擢されたのは…

アマゾン流「最強の仕事人」は “同意できない決定” にも全力を尽くす。文句ばかり言い続けるのは二流の証だ。

仕事はチームで進めるもの。自分はその歯車のひとつにすぎないから、“突き抜けた人材になる” ことなど到底できるはずはない……。そうお思いの方は、個人的な成果ばかりを追い求めることから、チームへの貢献度合いを上げることへとシフトしてはいかがでしょう…

「孤独を愛する人」が強い8つの理由。“ひとり好き” は無理に友だちを作らなくていい。

「孤独」という言葉には、ネガティブなイメージがつきまといます。それゆえに、新しい環境に足を踏み入れる際は、「溶け込まなければ」「友達をつくらなければ」と、プレッシャーを感じる人も多いのではないでしょうか。 あまり社交的ではない人には、大きな…

やる気のもと「ドーパミン」を脳内で増やす4つの方法。“やる気が出ない” は科学的に改善可能。

課題の提出、会議の書類の作成……。「大事なことをやる必要があるのに、やる気が出ない」という経験をされたことはありませんか? やる気とは、人間の脳の側坐核という部位から分泌される「ドーパミン」という脳内物質がもたらしていることが科学的に実証され…

“1粒の涙” のストレス解消効果は1週間続く!? 慌ただしい大人こそ積極的に涙を流すべきワケ。

何かと慌ただしくてストレスがたまりやすい現代社会。休日明けは憂鬱な気持ちで職場や学校に行くという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、そんなストレスを一気に解消できるかもしれない「ある行為」が、いま話題になっています。 その行為とは…

社会人の4割は “月に読書0冊” ……1日1時間だけでもスマホを「本」に持ち替えるべき3つの理由。

大学生もビジネスパーソンも読書離れが深刻化しています。全国大学生協連によると、“1日の読書時間が0分” という大学生は53%と半数を超えているそう。そしてマイナビ調べの「社会人の読書量」によると、“1か月に読む本は0冊” というビジネスパーソンが約4割…

勉強が続かない人の意外な盲点。“あたりまえに” 勉強ができる人は必ず「時間」と「場所」を決めている。

今後のキャリアのためや、業務知識の向上のため。あるいは、資格を取得するため、大学で良い成績を得るため、希望の企業に就職するため。人それぞれ理由は異なれど、「勉強しなければならない」人は多いはず。 そして、「勉強しなければならないことを頭では…

「趣味ナシ」だとお金も仕事も損だらけ。デキる人が趣味時間を死守する納得の理由。

多くの時間を仕事に費やし、自分の趣味を“ないがしろ”にしてはいませんか? 「今は仕事の成果をあげることだけで精一杯。のんびり趣味を楽しむのは引退してからでいい」と考えるのは間違いかもしれません。むしろ趣味に没頭するほうが、仕事のパフォーマンス…

「自己肯定感の低い人」が夜にするべき大切な習慣。“過小評価” 思考はペンと紙で克服できる。

あなたは普段、人から褒められたときや何かのプロジェクトで成功を収めたときに、どのように感じますか? 「たまたま運が良かっただけ」「自分は何もしていない」と謙虚に受け止める人が多いかもしれません。 謙虚でいることは良いことですが、さらに「自分…

“落書き” するだけで脳血流が増える!? 賢い脳をつくる3つの習慣。

賢い脳ほど、血に飢えている――。そう聞くと訝しく思う人もいるかもしれませんが、実はこれはれっきとした事実。『海外研究「賢い脳は “血” に飢えている」——脳血流を増やす最高の3習慣』で伝えられている通り、2016年に発表された海外研究において、人間は進…

やる気を出したければ “あの色” を見ればいい。医師も推薦「色の呼吸法」が心身に効く。

新しい環境や、新たな仕事、初めて取り組むプロジェクトなど、ビジネスパーソンには、緊張をともなう機会が数多くあります。「うまくいかないなぁ」と落ち込んだり、不安になったりすることもあるでしょう。 そんな気持ちを整えてくれる運動や瞑想もいいけれ…

長時間残業を生み出す「10の最悪習慣」。効率を40%も落とす “あの癖” は今すぐやめるべき。

年度始めは、引き継ぎや新しい仕事に慣れるためになにかと忙しい時期。そんな繁忙期こそ、残業を圧縮する習慣に取り組んでみてはいかがでしょうか。 連載第14回目は、長時間残業を生み出す「10の悪い習慣」について説明していきながら、それらにまつわる38の…

精神科医がすすめる「完璧主義」を直す方法。“あのフレーズ” を口癖にするだけで心が楽になる。

目標や理想が高い。ササっとやってみよう、ができない。生真面目で完璧さへの執着心が強く、常に自分を追い詰めている。周囲の “頑張らない人” が許せない。失敗に対し過度な心配がある。人からの評価がやたら気になる……。 ほとんど自分に当てはまるかも? …

【法人様ご導入事例】90日の「時短」英語研修。科学的トレーニングで英語人材をスピード育成!

「第二言語習得研究」の知見をベースにした、本格的な指導を行い多くの実績をあげたことで、パーソナルスタイルでの短期集中型英語コーチングのムーブメントを引き起こしたStudyHacker ENGLISH COMPANY。 今回は、ENGLISH COMPANYの法人向け英語研修を導入さ…

勉強が捗らない言い訳にしてはいけない。じつは “年齢のせいではない” 4個のこと

仕事力を上げたりキャリアアップを狙ったりするうえで、私たち大人はいつまでも勉強し続けなければなりません。でも、なかなか勉強が捗らないときってありますよね。そんなとき、その原因を年齢のせいにしてはいませんか。「集中力や記憶力が悪くなったのは…

日本の会社員の94%は「やる気がない」!? その原因は “4つの悪習慣” にあった。

世論調査や人材コンサルティングを手がけるアメリカのギャラップが、世界各国の企業を対象に「従業員の仕事への熱意度」を調べたところ、日本では「熱意あふれる社員」が6%しかいなかったのだそう。これは、調査した139カ国中132位と下位にあたる結果とのこ…

「直観力が乏しい人」「人受けが悪い人」が鍛えるべきは脳の “あの部位” だった。

どうも直観が働かず、瞬時にいい判断ができない。 すぐ誘惑に負けてしまい、仕事も勉強もガタガタだ。 感情に乏しく魅力がないのか、どうも人受けが悪い。 本を読んだり勉強したりしても、ほとんど覚えられない。 ――いろんな悩みがありますが、こうした悩み…

相手を逆なでする最悪な謝罪には “6つのステップ” が欠けている。「ごめんなさい」は最初に言わないのが吉。

私たちは様々なことを学び、多かれ少なかれ日々成長していますが、「謝罪の仕方」について深く学ぶ経験は少ないかもしれません。何かしらのミスを犯し、「どう謝罪すればいいのだろう?」と悩んだ挙句、結局うまく謝ることができず、その相手との関係がギク…

“ちょっと失敗しても許す” のが続けるコツ。習慣化できない人が陥る「どうにでもなれ効果」を防ぐには?

早朝学習の習慣をつけるために朝5時半に目覚ましをかけたのに、目が覚めたのは5時37分。本来ならばすぐに起き上がって活動を開始するべきなのに、「5時半に間に合わなかったしもういいや」とまた眠りについてしまった…… このような経験をしたこと、ありませ…

人々はなぜシェアしたがるのか。“感情トリガー” から考える「バズるコンテンツ」のつくりかた。

何万リツイートもされる宣伝や、思わず目を引くPR……。企画を考えたり商品をPRしたりする立場にある人の多くは、そんな「バズる」コンテンツを生み出すべく、日々アイデアを練っていることと思います。 では、魅力的なコンテンツを創造するには、どのようなポ…

「寡黙なのに結果を残せる人」がこっそりしている3つのこと。内向型人間は “思考の整理” がうまい。

「あの人は、別に喋りがうまいわけではないし、バリバリ仕事をしている感じでもない。あまり目立たない、“おとなしめ”な印象の人だ。でも、なぜか結果だけは、常にしっかりと残している。どんな秘訣があるのだろう?」そう感じてしまう対象となる人が、こっ…

“6つのタスク” を優先順位づけ。生産性向上に効く「アイビー・リー・メソッド」がすごい。

仕事の量が多すぎて毎日残業。帰宅が遅く、平日の夜は自分の時間が全く取れない。定時退社なんて夢のまた夢。そんなビジネスパーソンの方は多いことでしょう。 なるべく早く仕事を切り上げられれば、その分の時間を自身のスキルアップや趣味に当てられ、より…

成功のために必要なのは才能よりも「やり抜く力」。“絶対に諦めない人” は何が違うのか?

華々しい営業成績を上げている先輩。自分にも、あの人のようなセールスパーソンになれる素質はあるだろうか? 上司やクライアントから絶大な信頼を得ている同期。平凡な自分に比べて才能に溢れた彼がうらやましい。 仕事では他人との比較はどうしても付いて…

脳を活性化させたいならば、1日10分 “ゆるめの運動” をするだけでいい。

「運動」と「脳の活性化」。一見なんのつながりもなさそうですが、じつは深い関係性があることが近年の研究でわかってきています。しかも運動といっても、アスリートのようなハードなものは不要。1日10分 “ゆるめの運動” を行なう程度でも効果が期待できるの…

“創造力の才能” を持つのはたった5%!? だからこそ95%の凡人は「アート」を学ぶべきだ。

周囲よりも一歩進んで一目置かれたいという思いや、革命的なアイデアをどんどん思いついてみたいという思いは、成長意欲の高いビジネスパーソンの方なら誰にでもあると思います。 驚くべき発想をどんどん生み出すには、当然のことながら創造性が必要です。し…

“週末寝だめ” は心身に最悪。休日朝の「整える習慣」で人生が劇的に変わる。

忙しい仕事から解放される休日の朝は、まさに至福の時間です。いつもの習慣で早朝に目覚めたとしても、そのまま二度寝してしまう方も少なくないのではないでしょうか。しかし、その二度寝が大きな損になっているかも。 今回は、ちょっとだらけてしまいがちな…

“3つの質問” でEQ(感情的知性)の高低がまるわかり。「自分の弱点」言えますか?

AI 時代を迎えた今、ますます感情的知性(EI)の必要性が高まっています。しかし、たとえば採用面接時などに、その能力の高低を判断するのは難しいのだとか。 そんななか、専門家が感情的知性を評価するための“3つの質問”を考案したそう。採用担当者のみなら…

“耳かきの音” が人気急上昇中!? 「ASMR」動画が2019年のトレンドになりそうな予感。

2019年の一大流行! 「ASMR」とは ・ 「ASMR」とは、耳かきの音を聞いたときなどに、脳がとろけるように気持ち良くなる現象のことを指す。どんな音を聞いたときにASMRが起きるかは個人差があり、人によってはASMR動画の音で不快になる場合もある。ASMRとは「…

悩みが少ない人に共通する「鈍感力」。イヤなことを “さらっと受け流す” には大事なコツがある。

悩みとひとことでいっても、その内容は人によってさまざまです。なかには、「悩みが多いことが悩み」という禅問答のような悩みを抱えている人もいるかもしれません。 そんな人に向けてアドバイスをくれたのは、「目標実現の専門家」であるメンタルコーチの大…

「引っ越し、手伝おうか?」は英語でなんて言う?【20秒動画で学ぶ、きょうの英語フレーズ:引っ越し】

きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「引っ越し」。春は、入社や転勤に伴い、引っ越しの機会も増えますね。引っ越しの周知から荷造り、引っ越し業者への依頼に関する表現をはじめとして、この季節にぴったりのフレーズを集めました。動画を見ながら発音を…

二流は「やらないこと」を決められない。“コトの断捨離” で時間はいくらでも生み出せる。

「今日は朝からメールを確認して、午前中いっぱいは打ち合わせ。午後は取引先を訪問して、夕方帰社したら夜まで資料作り……」ビジネスパーソンの1日は、このように仕事の予定でいっぱいなことでしょう。それらをすべてこなすだけでも大変ですよね。 しかしな…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら