常に平常心を保つ方法3選

常に平常心を保つ方法はあるのでしょうか? 平常心のコツや平常心に関する名言を紹介します。

趣味に没頭すると頭がよくなる!? IQより重要な「ワーキングメモリ」を鍛える3つの方法

「頭がさえなくて、仕事に集中できない」「新しいことを学んだり覚えたりするのが億劫だ」「資料を読むのに時間がかかる」このように、仕事にまつわるタスクを困難に感じている人は、ワーキングメモリの働きが低下しているかもしれません。 ワーキングメモリ…

勉強が続かない人は「◯◯」を紙に書いて貼りなさい――勉強のお悩み解決 “心理テク” 教えます

勉強の必要性は重々理解しているのに続かない……集中できなくて困っている……暗記が苦手……。勉強に関する悩みは枚挙にいとまがありませんよね。でも、それらを解決できるかもしれない心理学的方法があることをご存じですか? 今回ご紹介するのは、「プライミン…

「記憶を操る」というアプローチで自律神経を整える。心を穏やかにする、過去への向き合い方

みなさんは自分の心をコントロールできているでしょうか? 「かんしゃくを起こすような子どもじゃあるまいし、当たり前じゃないか」と思った人もいるかもしれません。でも、よく振り返ってみると、ストレスフルな通勤電車のなかでも、仕事上の付き合いのなか…

視点を変えるのに効果ありすぎな3つの方法。キモは「色」と「なりきり」

物事を考えるとき、「視点を変えよう」「多角的な視点で考えたほうがいい」とよく言われるけれど、どうすれば視点を変えられるのだろう……。 あなたは、このように悩んだことはありませんか? 「普段の自分とは違う視点をもつ」ということは、意識するだけで…

穏やかな心は「上機嫌」から。怒りやイライラを募らせても、いいことはなにもない

「時代の流れが加速度的に増している」とも言われるいま、ビジネスシーンにおいては、誰も考えもしなかったビジネスモデルが一気に広まることもあれば、思いがけない出来事によってこれまでのビジネスモデルが崩壊するようなこともあります。先が見えないこ…

生活リズムが崩れてきたら危険のサイン。「規則正しい生活」で仕事も勉強もデキる人になる!

「気づけばいつも、就寝時間が遅くなってしまう......」「毎日の起床時間がまちまちで、生活リズムが安定していない......」日々の生活について、このように悩んでいる人もいることでしょう。 規則正しい生活を送ることは、そう簡単ではないかもしれません。…

心を落ち着かせる方法8選

スマートフォンの使い方や呼吸法、食事など、心を落ち着かせる方法を8つ紹介します。

「コミュ力がない」は性格の問題ではなかった! コミュ力がない人に “致命的に欠けている” 3つのこと

相手と話が通じていない気がする……自分の考えをチームメンバーや上司にうまく伝えられない……説得力ある主張ができない……こんなふうに悩んでいる人はいませんか? 「コミュニケーション能力」がビジネスの世界で必須のスキルだということは、さまざまな場所で…

あなたの思考を狂わせる4つの「認知の歪み」。当てはまっていたら要注意!

「自分はいつも偏りなく冷静に物事を考えられている」胸を張ってこう言える方は、はたしてどれくらいいるでしょうか? 人間というものは、時として「認知の歪み」に陥ってしまいます。いわば思考を狂わせるバイアスであり、怖いのは、誰もが “無自覚のうちに…

モチベーションが下がっても続けられる!? 科学的根拠あり「英語学習の習慣化」3つのコツ

「将来のキャリアのために英語をきちんと勉強していきたい」「あの芸能人のように英語をペラペラ話せるようになりたい」こう思い立ったとき、多くの人は「毎日200単語覚えるぞ!」「毎週オンライン英会話を続けるぞ!」と最初に気合いを入れることでしょう。…

「散らかった勉強机」は脳に最悪。まず排除するべき5つのもの

「勉強中にすぐ気が散ってしまう……」「集中できなくて勉強がスムーズに続かない……」資格や学校の試験を控えて、いざ勉強しようと机に向かったものの、そんなふうにつまずいたことはありませんか? もしそうだとしたら、勉強机の上を一度確認してみてください…

落ち込んだときの立ち直り方4選

落ち込んだときの立ち直り方を4つご紹介します。泣いたり笑ったりするのにおすすめの本・映画など。

ワーキングメモリの無駄遣いはもうしない! 書類・フォルダのラクラク整理術

書類が整理されていないと、仕事に集中できない可能性があります。脳のメモ帳と呼ばれるワーキングメモリの負担を増やす要因になるからです。 集中力を高めたいなら、ワーキングメモリを無駄遣いしない整理術を始めましょう。整理・時短ワザのプロフェッショ…

ストレスだらけの人に足りないのは “この3つ”。「素直になれない人」は、もうやめよう

「些細なことでイライラする。自分はいつもストレスだらけだ……」と、お悩みではありませんか? もしかしたら、あなたは「人一倍ストレスを感じやすい人」なのかもしれません。ストレスを感じやすい人ほど、抱えるストレスの量は多くなるものです。 今回の記…

【科学的根拠あり】チャートですぐわかる、あなたに最適な「夜の過ごし方」

「夜はダラダラとSNSばかり見て過ごしてしまう……」「夜時間をもっと有意義に使いたいが、何をすればいいのかわからない……」こんなふうに、夜の過ごし方について悩んでいませんか? もし、自分に本当に合った習慣がわかったら、時間を有効に使えるのはもちろ…

【英語聞き取りコツまとめ】リスニング力が確実にアップする超効率的な学習法

英語の聞き取りにはいくつかのコツがあります。リスニング力が必ずアップする“超効率的”英語学習法をまとめました。英語聞き取り力アップに効果的な映画・ドラマや、リスニング力を伸ばすためのアプリも紹介。アメリカ英語とオーストラリア英語の違いについ…

プレゼンの名手ふたりが語る、「妄想」できる人こそがプレゼンの勝者になる理由

「日本人はプレゼンがどうもうまくない」。これは、ビジネスシーンにおいて頻繁に見聞きする言葉です。実際、みなさんのなかにも「プレゼンは苦手で……」と悩んでいる人は多いでしょう。そこで気になるのが、「プレゼンのスペシャリストと呼ばれる人たち」は…

難しい言葉ばかり覚えるのは逆効果? 真の語彙力を鍛えるには◯◯◯を捨てなさい

みなさんは、語彙力に自信はありますか。なんでも「すごい」「やばい」で済ませてしまってはいないでしょうか。 今回は、ビジネスパーソンに語彙力がないとどうなるのか、そして語彙力を鍛えるためにはどうしたらよいのかをお伝えします。 語彙力とは「言葉…

仕事がうまくいかないのは論理的に考えられていないから! デキる人の絶対条件「ロジカルシンキング」の基本

みなさんは、物事を論理的に考えることができますか? 仕事で「会話の筋が通らない」「企画がなかなかまとまらない」といったことが多いようだったら、できていない証拠かもしれません。 今回は、仕事をうまく進めていくための「ロジカルシンキング」につい…

「決断できない人」に欠けている3つの考え方

難関資格に挑戦したい、キャリアアップのために転職したい、海外留学したい――こんなふうに大きな夢や目標を思い浮かべながらも、最初の一歩を踏み出せずにいる人はいませんか? 何も行動を起こさなかったばかりに、気がつけばいたずらに歳を重ねていた……こん…

「繊細すぎて疲れやすい人」が楽になるノート術。“心の声” を正直に言葉にしてみて!

生まれつき、他人や物事に対して非常に敏感な人を「HSP(Highly Sensitive Person)」と言うそうです。とても傷つきやすくて疲れやすい性質なのだとか。 もしもあなたが「自分はHSPかも?」と感じているなら、敏感すぎるゆえの生きづらさを少し改善してくれ…

イマイチな二流ビジネスパーソンには、武士道「7つの徳」が欠けている可能性

仕事のスキルはあるはずなのに、なかなか評価を得られない……。まわりの人と良好な人間関係を構築するのが苦手……。そう悩んでいる人は、仕事の心得を名著から学び取ってみてはいかがでしょうか。 参考にしてほしいのは『武士道』。思想家の新渡戸稲造が1899年…

「孤独」の意外なメリットが研究で明らかに。“ひとり時間” が仕事やメンタルにもたらす重要なこと

最近は「テレワーク」「オンライン授業」が一般的になりつつあり、ひとりで在宅勤務や勉強をしている人も増えてきています。他者とのコミュニケーションが減ってしまい、作業中に孤独を感じることも多いかもしれませんね。 しかし、孤独な環境は悪いことばか…

暗記が苦手ならば◯◯をすればいい。記憶力アップに効く身近すぎる習慣

みなさんは、暗記や記憶力に自信はありますか。「子どもの頃は暗記が得意だったのに、いまはなかなか記憶に定着しない……」という人も多いはず。 記憶をつかさどる脳の海馬は、1年に1%ずつ小さくなっていくのだそう。しかし、この海馬の萎縮を止め、記憶力を…

「ミラーリング」はどうやればいい? 心理学的な効果も詳しく解説!

日常やビジネスで人間関係をうまく構築するのに役立つ、心理学における「ミラーリング」の実践方法を詳しくご紹介します。

国によって全然異なる英語の発音……どうすれば聞き取れるようになる?

「話し手によって英語の理解度が左右される」「イギリス英語やオーストラリア英語、ニュージーランド英語が聞き取れない」そうお困りの方はいませんか。どうすれば、国ごとに違うさまざま英語を聞き取れるようになるのでしょう? そんなお悩みを解消すべく、…

睡眠にも「マネジメント」が必要だ! “睡眠効率85%未満” ではいつまでも一流にはなれない

スケジュール管理を徹底したり、目標を設定して作業効率化に励んだり。ビジネスパーソンなら、仕事中にさまざまなマネジメントを行なっていることでしょう。しかし、睡眠のこととなると完全オフモードになり、なんのマネジメントもしていない人が多いのでは…

あなたの頭の働きが鈍っているのは “この4つ” が原因だった。「認知機能の低下」どうすれば防げる?

「自分はあまり集中力がないほうだ」「最近、仕事のミスが多い」「複雑なことを考えるのは面倒」「難しい問題には目を背けたくなる」 仕事や勉強へのやる気はあるのに、いざ向き合おうとすると集中力が発揮されなかったり、複雑な問題に直面すると投げ出した…

「キレやすい人」はキレる代わりに◯◯を伝えるべき。自分も相手も損しない “怒り” の賢い対処法

仕事も人生も、なかなか思うようには進まないもの。ついイライラして、周囲に不機嫌な態度をとってしまうこともあるでしょう。 そんな感情をもて余しているなら、まずは「怒り」を理解することから始めてみませんか。アドラー心理学によれば、怒りの構造を知…

「書く&話す」勉強術の極め方。アウトプットの目的は“理解の確認と再インプット”にあり!

名門・開成高校から現役で東大に進学し、経営コンサルティング会社を経て起業した小林尚(こばやし・しょう)さん。その著書『開成流ロジカル勉強法』(クロスメディア・パブリッシング)では、勉強の効率をアップさせるには、「『読む』『聞く』『書く』『…

趣味を学びに! 「洋楽×英語学習」3つのメリットと秘伝の勉強術

「洋楽が好きでよく聞いているけれど、英語学習に効果はある?」「英語の歌を使った効果的な勉強法が知りたい」そうお考えの方はいませんか。 音楽ファンで、洋楽もよく聞いている。せっかくだから英語の勉強につなげたいけれど、具体的に何をすればいいかわ…

インプットの精度が上がる! 勉強の深い理解に役立つ「開成流・ロジカルに読む&聞く」方法

勉強の効率をアップさせるには、「『読む』『聞く』『書く』『話す』という『4技能』のポイントを押さえて、その精度を上げていくことが大切」だと語るのは、著書『開成流ロジカル勉強法』(クロスメディア・パブリッシング)が話題となっている小林尚(こば…

思考停止は “脳のクセ” が原因だった。この「3つのフレーズ」で思考がぐんぐん前進する!

「いつもやっているから」という理由だけで、同じ施策をずっと続けている……。「なぜそれをやるのか」という意味を考えないまま、ルーティンワークをこなしている……。そんな人はいませんか? これは、いわば「思考停止」の状態。いままでのやり方で良しとし、…

“開成流ロジカル勉強法”の提唱者が語る「○○を意識すれば、勉強の効率は劇的に高まる」

ビジネスパーソンとして成長していくには、日々の勉強が欠かせません。新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅ワークが推奨されているいまなら、自宅で勉強に励んでいる人も多いでしょう。通勤していたときより多少の時間的余裕があるとはいえ、効率化を…

なぜ私たちは「自分探し」をしたくなるのか

「自分探し」中の人に試してほしい方法と、おすすめの本を紹介します。

「自分を信じる」とは? 自分を信じるための方法4選

自分を信じるとは何を意味するのでしょうか。自分を信じる方法、名言や四字熟語を紹介します。

ポジティブ思考になるための「10のしないこと」――自分を追い込まず、肩の力を抜いてみて

「また失敗するかも」「頑張ってもどうせ報われないだろう」 ……仕事でうまくいかないと、ネガティブ思考に陥りがち。加えて最近は、コロナ・ショックによるストレスや不安のせいで、ネガティブ思考に拍車がかかっている人もいるのではないでしょうか? そこ…

どんどん短くなる英語との上手な付き合い方(スラング編)

「ネイティブのスラングについていけない」「海外ドラマやSNSで目にする英語表現がわからない」そうお困りの方はいませんか? せっかくテキストや英単語帳で語彙を増やしても、日々刻々と変化する英語圏の最新スラングには対応できません。ネイティブと話す…

エビデンスとは? ビジネス用語の意味&使い方を完全理解!

「エビデンスって何?」という方に、エビデンスとは何か、意味と使い方を詳しく解説。エビデンスベースな考え方を知り、ビジネスに役立てましょう。

「辛抱強い人」と「そうでない人」の決定的な差。

猛烈なスピードでテクノロジーが進化する予測不可能な社会、いまはどうにも解決しがたい問題、未知のウィルスなど……不確実性を持つ要素は、世にあふれかえっています。 不確実性は人々を不安に陥れ、不十分で焦った判断や行動を促進させますが、すぐには答え…

1日 “たった20分” で心が軽くなる。ハーバード大教授が提唱「downtime」のすごい効果

「気分が落ち込んでしまい、仕事がなかなか手につかない……」「毎日ストレスだらけで、ふさぎがちになってしまう……」このように、精神的な疲れを感じている人はいませんか? この現代社会、ストレスは付き物。しかし、そのストレスに左右されて仕事や体の調子…

「思考のクセ」をひもとこう。ビリーフチェンジを実践してみたら “思い込み” に気づけた話

「私は価値のない人間だ」「どうせ自分にはできない」「頑張ってもうまくいかないだろう」このようにネガティブな考えをもっていませんか? 仕事で失敗してしまったとき、職場の人間関係がうまくいかないとき、上司に怒られたときなど、落ち込むことは多々あ…

英語音読の効果を最大限に引き出す練習方法【英文つき】

英語音読の効果を最大限に引き出す学習方法を紹介しましょう。「必ず音声付きの教材を使う」「単語や文法を確認しておく」「英語は頭から意味をイメージする」など、“科学的に正しい”音読練習方法をステップごとに説明しています。「英語の音読は効果がない…

意外と言ってる……あなたの◯◯を下げる「最悪な口癖」4つ。あの表現、多用してない?

起床して大忙しで支度をしながら「遅刻してはいけない……」と言う。出勤して最初に「お疲れさまです。今日も一日よろしくお願いします」とあいさつをする。 こんな言葉を、日頃頻繁に言っていませんか? もしそうだとしたら、これらの言葉はあなたにとても大…

「読解力」の欠如はビジネスパーソンにとって致命的。“この3つ” で読み解く力を鍛えよう

インターネットによる情報収集が当たり前になっているいま、若いビジネスパーソンの「読解力低下」が問題視されています。あなたは、日々のニュースを確認するときや新型コロナウイルスに関する制度について調べたいとき、次のような行動をとっていませんか…

“あの7文字”を言えるか言えないかで、ビジネスパーソンとしての未来が変わる

ビジネスパーソンとして成長していくために重要なものはなんでしょうか? その答えは「教えてください」という言葉だと語るのが、自己実現法「宝地図」によって人生を大きく変え、ビジネス書や自己啓発書でヒット作を生んでいるベストセラー作家でもある望月…

「退屈」と向き合うと人生が好転する。あえて “何もしない時間” をつくるべき理由

やるべきことはたくさんあるのに、毎日がぱっとしないと感じていませんか? 私たちは「退屈」を嫌い、せかせかと忙しく過ごして「充実しているふう」を演出しがち。しかし、ふとしたときに虚しさが湧いてきたり、「自分の人生は本当にこれでいいのだろうか?…

英語学習者は知らないと損!「U字型発達曲線」で伸び悩みの理由がわかる

「英語学習に伸び悩んでいる」そんな方はいませんか? 勉強しているのに、前ほど学習の成果を感じられない。むしろ前よりもできなくなっているような気がする――じつはこれ、英語学習者によくある悩みです。 せっかく英語の勉強を続けているのに成長を実感で…

「0.2秒の脳の判断」が目標実現の邪魔をする。“行動できない自分”を変える2つの方法

私たちが生き物として生命を維持できるのも、ほかの動物にはない高度な知能をもっているのも、すべては脳のおかげです。人間を人間たらしめているものこそ、脳だと言えるでしょう。ところが、その脳の働きに対して注意を促すのが、自己実現法「宝地図」によ…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら