コラム

完璧主義・論理派・マイペース……9つの性格タイプ別「挫折パターン」と「続け方のコツ」教えます。

人それぞれに、持って生まれた性格タイプがあります。わたしはそれを「本質」と呼び、習慣化のコンサルティングをするときには、それらを変えようとするのではなく、上手に活かしてもらうように相手の性格タイプを見極めます。 性格タイプとは根源的欲求を示…

コクヨがアイデア出し会議を “7人以下” で行なう深いワケ。成果が出る会議はここが違った。

社会人になり、何度も会議に参加してきたビジネスパーソンであれば、一度は心の中でつぶやいたことがあるのではないでしょうか。 「この会議って意味あるのかな?」 「何の進展もないどころか、結局時間を浪費しただけだった」 「もっと有意義な会議ができれ…

紙とペンを用意するだけ! 「勉強する気がまったく起きない」ときに試してほしい3つのこと。

「仕事に役立てるためにやりたい勉強はたくさんあるのに、全然はかどらない」 「今日こそ家で集中して勉強しよう! と思っても、ベッドから出られずに1日が終わっていく」 このような悩みを抱えたことはありませんか? 仕事がデキる人になりたいなら、勉強す…

一流シェフが “道端の雑草” をみて新メニューを思いつくカラクリ。「発想のスパーク」はどうすれば生まれるのか?

仕事で成果を出すには「勘」「ひらめき」「感情」を重視することが大切――。かつて、ボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成(うちだ・かずなり)先生はそう語ります(『“ロジック頼り” では感動は…

集中力アップのための音楽活用法。勉強中よりも “休憩中” に聴いたほうがベター!?

音楽の起源は有史以前からと考えられています。それから今日まで、音楽については数多くの研究が行われてきました。そこで今回は、『The Final Push』の著者である Mayo Oshin 氏が、米経済メディアの「Quartz at Work」で紹介した数々の研究などをもとに、…

“飲んで忘れる” は逆効果。「恥かいた……」と感じたときにしてほしい9つのこと。

プレゼンテーションでの喋りがグダグダだった。得意気に発言したら間違っていた、ついつい感情的になってしまった、平坦な道で思いっきり転んだ! などなど、生きていれば恥ずかしい思いくらいしますよね。 でも、“恥ずかしい”という感情は、洞察力を強化し…

すぐ誘惑に負けるのは “前頭前皮質” が弱っているから!? 「自制心」を取りもどす3つの方法

スキルアップのための勉強やレポートの作成などで、集中して机に向かわなければならないとき。「今来ない?」という友人から誘いにのってしまったり、ついスマートフォンでゲームをしてしまったりと、誘惑に負けてしまうことはありませんか? この記事では、…

“ロジック頼り” では感動は生まれない。一流が「勘」と「ひらめき」をとても大切にする理由。

アイデアの正当性を裏づけるデータを求められる――ビジネスの場ではよくあることですが、その理由は、ビジネスの現場では「論理的思考」が大切だとされるからです。ところが、かつてボストン・コンサルティング・グループの日本代表を務めた早稲田大学ビジネ…

イギリス政府公認「読書療法」がすごい。ストレス6割減も期待できる『5分だけ読書術』

もっと本を読むべきだとは思うが、どうも、あまり読む気がしない……。ならば、「ミニ読書法」を試してみませんか? あなたが日々、仕事でストレスを抱えているなら、なおさらおすすめです。ほんの数分間読むだけでも、多大な本の恩恵にあずかるはず。さっそく…

パフォーマンスが上がらないのは “幸せではない” からかも。「幸福感」を高める3つの科学的アプローチ。

なんだか心が冴えなくて、どこかにストレスを抱えている。仕事あるいは勉強に関して、あまり順調だとはいえない状況だと思う……。ならば、日々の習慣を見直し、幸福感を高めていきましょう。あらゆるパフォーマンスが向上するはずです。その理由と、幸福感を…

1日 “たった30分” の勉強でライバルに6倍も差をつけられる。早起きが苦手ならば「就寝1時間前」の夜勉強に全力を注げ。

資格を取りたい、語学を身につけたい、仕事に役立つ知識をもっと蓄えたいなど、学生時代より社会に出てからのほうが勉強に対する意欲が高まる人も少なくありません。しかし、いつ勉強をすればいいのかわからない、うまく習慣化できないというビジネスパーソ…

普段は質素な一流たちに共通する「お金の使い方」。“常識にとらわれない” が彼らの常識だった。

経営コンサルティングやメガベンチャー企業のCEOなど、事業で大成功を収め、一般的な人よりはるかに多くの収入を得ている「一流」たち。金銭感覚も並外れているのかと思いきや、じつは普段の生活は “質素” という人も少なくないのだそう。しかし、ある特定の…

デキる人がプライベートも大事にするたったひとつの理由。「続きは家で…」だと脳は疲れる。

もっと仕事の成果を上げたい、評価が欲しい、デキるビジネスパーソンになりたい……! ならば、もっともっと頑張らなければ……! こう考えて、休日や夜のわずかな休息タイムまで仕事に費やしている人はいませんか? その熱意はたいへんすばらしいものですが、プ…

「本音で話せない会議」なんて時間のムダ。優秀な人は “このフレーズ” で議論を前進させている。

時間が進むにつれ話題がずれていくディスカッションや、発言者が少なく話が止まってしまう会議に、もううんざり……! そんなお悩みを抱えるビジネスパーソンのみなさんに、「行き詰まった議論を一歩前進させられる言葉」を3つご紹介します。あなたが会議中に…

英語をイメージでとらえ、英語の語順で読む。速読力が身に付き、90日でTOEIC®も930点に!

2015年の開校以来、たくさんのビジネスパーソンの英語力を伸ばしてきた、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を実践に落とし込み、専門性の高いトレーナーが英語のパーソナルトレーニングを行っ…

「言語能力が高い人」がやっている4つの習慣。“10歳児にもわかるように” 説明できますか?

みなさんは「話したいことや伝えたいことがまとまらない」と悩むことはありませんか? 話題が豊富で話し上手な友人や、理路整然とした説明ができる仕事仲間を見ては、「どうして彼らのように自在に言葉を操ることができないんだろう」と落ち込むことはありま…

やる気ゼロ状態から “たった5分で” さくさく行動にできるようになる方法。

大学のテストや資格試験のための勉強、仕事で必要な “ちょっと大変そうな” 資料の作成など、やらなければいけない大切なことがあるにもかかわらず、やる気が湧いてこず重たい腰が全然上がらない……そんなこと、ありませんか? そういうときは、「やる気を出す…

“個人主義” は損だらけ。仲間を集めたほうが高パフォーマンスを発揮できる脳科学的理由。

仕事熱心だし、よく勉強するし、何でも努力する自分は、結構優秀なほうだと思う。しかし、どうもいまひとつ突き抜けられない。 そう感じているあなたが、「大勢で作業するのは得意じゃない」「ひとりでやったほうが速いし確実」「足を引っ張られたくない」と…

名医がやっている超集中法。「見ざる、聞かざる、いわざる」で周囲をシャットアウトせよ。

社会人であれば、誰もがつねに持てる力を発揮し、最大限のパフォーマンスを上げたいと思っていることでしょう。それを阻害するものとはなんでしょうか? オフィスの環境、上司や部下との人間関係などが良くなければ、パフォーマンス向上の阻害要因となり得ま…

世界のスタンダードは「デザイン思考」だ。“まずはやる” 人が仕事で絶対に得をする3つの理由

「ある程度資料が完成してから、上司に見せようか」「考えがまとまっていないから、まだお客様に連絡できない」など、色々と考えてしまい、なかなか仕事が前に進まなくて悩んだ経験はないでしょうか? 悩みに悩んで、時間をかけて完成させたのに、「イメージ…

本は読破する必要はない。知識習得には「10秒」あれば充分だ。

皆さんは、本を購入した場合、最初から最後まで全て読もうとしていますか? 多くのインターネットコンテンツとは異なり、本は代金を支払って購入するものなので、「全て読まないともったない」という心理が働きやすいものですよね。 しかし、一冊の本の内容…

筋トレで鍛えられるのはカラダだけではなかった。「記憶力アップ」「メンタル改善」にも絶大な効果あり。

「資格試験のために専門用語をたくさん覚えたいが、なかなか覚えられない」 「仕事のことで悩みがあり、最近不安を感じる」 「たくさん寝ているつもりなのに、どうも疲れが取れない」 こうした学習・精神・睡眠に関するお悩みをお持ちのビジネスパーソンのみ…

一流外科医が「準備」に全力を注ぐ理由。成功を引き寄せられる人は何が違うのか?

仕事と切っても切れないもののひとつに、「準備」があります。出勤後、1日の仕事をスタートする準備にはじまり、会議の準備、商談の準備、プレゼンの準備……。仕事とは、準備の連続といっても過言ではありません。もちろん、誰もがその重要性は知るところでし…

目標達成のために継続できる人は1万人に1人!? 「続かない人」ができていない3つのこと。

なんとなく夢や志はあるものの、それを心に抱いているだけで、何もしない。あるいは、何か行動に移しても、結局は長続きしない。よく考えたら、いろんなことが続いていないかも……!? そんなあなたには、“あの行動”が足りていません。成功と深い関係がある「1…

脳をダメにする最悪習慣、賢い脳をつくる最高習慣。

20代からの生活習慣で「脳」は変わります。若いからまだ大丈夫という考えは大間違いですよ。あとで「しまったー!」と青ざめないよう、今すぐ「健康な脳をつくる生活習慣」を始めましょう。最新の研究をもとに説明します。 20代からの食事が認知機能に影響 …

これをやれば年間「463時間」もお得!? ムダな時間の節約術。

なかなか早く仕事が終わらない。どうも肝心な仕事以外に時間をとられている気がする。そんな方々に、ちょっと見なおしてほしいムダな時間があります。それらを削減すれば、年間約「463時間」の余裕が生まれるかも? さっそく説明しましょう。 1日「2.6時間」…

“手書き” で心をゆっくり整える。名医が教える2つの「休息の習慣」

仕事で成果を出すためにはなにが必要でしょうか。持って生まれた才能や環境、意志の強さ、努力の量――。それらもたしかに重要なものでしょう。でも、なによりも心身ともに健康でなければ、本来持っているはずのパフォーマンスを発揮するどころではありません…

あの「マンダラート」には意外すぎるデメリットがあった。“Webコンサル→採用責任者” のエース人材が指摘。

マンダラート——ご存じの方も多いのではないでしょうか。今やメジャーリーグで大活躍するまでになった大谷翔平選手が高校時代に作っていたことで話題を呼び、アイデア発想や思考整理のツールとしてビジネスの世界でも広く使われています。 改めて説明すると、…

「何を言っているのかわからない人」にならないための “ロジカルな伝え方” 2パターン。

面接で将来やりたいことを聞かれたとき。上司に業務改善案を提案するとき。プレゼンで企画の趣旨を説明するとき。話の内容をロジカルに伝えることが難しいと感じることはありませんか? 自分の頭の中だけで考えるのとは違い、誰かにわかりやすく説明するのは…

海外研究「賢い脳は “血” に飢えている」——脳血流を増やす最高の3習慣

脳がいかに血を欲しているか、脳の進化にはいかに血が必要かご存知ですか? 知的なビジネスパーソンを目指すなら、血に飢えた脳を満足させる「脳の血流・代謝アップ」習慣を取り入れましょう。ちょっとヴァンパイア的なタイトルで発表された研究とともに、説…

無意識のうちにやってませんか? 改善すべき3つの「成果がみのらない最悪な努力」

必死になって仕事に打ち込んでいるのに、なかなか結果が出ない。自分では頑張っているつもりなのに、イマイチ手応えを感じない。そんな状態に陥っている人はいませんか。それは努力の方向性を間違えているからかもしれませんよ。 皆さんは “成果がみのらない…

「口下手で寡黙」なのになぜか評価が高い人は何をしているのか?

「口下手で寡黙な人」は意思の疎通がうまくいかず、周囲から勘違いされたり、職場でやや孤立ぎみになったりする——これが、世間一般的な印象かと思います。しかし一方で、皆さんのまわりには、口数はあまり多くないにもかかわらず、なぜか上司から厚い信頼を…

朝の45分でできる。心を整えて幸福感を高める「最高のルーティン」のつくりかた。

先日、「古川さんがやっている朝の習慣に興味があるのですが、詳しく書いた本はありますか?」と聞かれました。結論からいうと、朝の習慣を詳しく書いた本は執筆しておらず、それらのことはブログや連載で書いてきました。 今回は、その質問にお答えする意味…

スタンフォード大学教授が教える、「やればできる」のマインドがとても大切な理由。

みなさんはこれまで頑張って取り組んできたことが壁にぶち当たった時、「自分には才能がないからもう駄目だ、頑張っても無駄だ」と諦めてしまうことはありませんか? 「努力をすれば報われる」という言葉もありますが、頑張ったのに成果が出なかった経験が一…

誰もが知る偉人たちが、成功のために “絶対にやらなかった” 4つのこと。

松下幸之助や豊臣秀吉、マーク・トウェインにスティーブ・ジョブズなど、誰もが知る偉人たちは、「あんなこと」や「こんなこと」を決してしません。もちろん、一度はそれを行い、失敗したこともあるでしょう。しかし、もう二度としなかったからこそ成功でき…

ジョブズのiPhoneプレゼンには “7秒の沈黙” があった。「えーと」が口癖ならば “沈黙の練習” をするべき理由。

企画のプレゼンテーションや式の挨拶など、誰しも人前で話す機会があると思います。そんなときに「あまりうまく伝わらなかったな」と感じたことはありませんか? もしかしたらそれには、多くの人の口癖になっているであろう“ある言葉”が大きく影響しているか…

知らず知らずのうちに脳を疲れさせている3つの最悪行動。“効率を重視しすぎ” はかえってキケン。

規則正しい生活を心がけているのに、いまひとつ気分が優れず仕事が捗らない。仕事に集中できず、考えもまとまらない……。 それは、脳が疲れているせいかもしれません。自分の脳に、無理なことを強いてはいませんか? いますぐ「脳を疲れさせる最悪行動」を改…

1日1時間の時短学習でTOEIC295点アップ。パーソナルトレーナーとの90日の軌跡

あなたの英語力を90日で変える、英語のパーソナルジム『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。高い専門性をもつ英語学習のプロフェッショナルが、第二言語習得研究の知見に基づく科学的トレーニングで、無駄を省いた効率的な英語学習を実現しています。 今回は、…

ストレスだらけのビジネスパーソンに20分間の「公園滞在」をすすめるワケ。

仕事にストレスはつきものです。ストレスは、抽象的な思考や集中力、ワーキングメモリーなどにかかわり、感情や衝動を抑制する、脳の「前頭前野」の支配力を弱めるといいます。ストレスが軽減すれば元の状態に戻りますが、慢性的なストレスにさらされると、…

なにかを「じっと見つめる」だけ!? たった10秒で集中力を取り戻す “びっくりするほど簡単な” 方法

「考えがまとまらない」「集中が途切れてしまった」というとき、パソコンから視線をずらし、たとえばデスクに置いた観葉植物を“まじまじ”と眺めてみたら、「あれ? こんなカタチの葉っぱだったんだ」と気づくことはないでしょうか。 また、そのあと仕事を再…

就寝前に「いまの悩み」と「翌朝の予定」を書き出そう。安眠を手に入れるための大切な習慣

布団に入ってもすぐに眠れない……そんなときにあなたはどうしていますか? 眠たくなるまで読書をしたり、延々と考え事をしたりする方が多いのではないでしょうか。特に、翌朝に大事な仕事を控えて不安なときや、日中上司に叱られて落ち込んでいるときなどは、…

仕事もプライベートも捗る手帳術。「2冊持ち」も意外と悪くない。

新年や新年度を迎えるタイミング、あるいは新しい環境に身を置くことになったときなど、手帳を新調する人は多いことでしょう。そのとき頭を悩ませるのが、仕事用とプライベート用の手帳を使い分けるべきかどうかということ。1冊の手帳で仕事とプライベートの…

伝え上手が “最初の3分30秒” に全力を注ぐのはなぜなのか。「伝える技術」基本3箇条

大人数を前にしたプレゼンや、転職や昇格のための面接、新規受注がかかった商談……。このような大事な場面で、緊張のあまりうまく話せなくなってしまったことはありませんか? しどろもどろになるうちについ話が冗長になり、自分が話すべき大事なポイントが見…

やみくもに話しても英語は話せるようにならない。「体系的」な学習が勝負を分ける

社会人になって、必要に迫られて英語学習をはじめる人はたくさんいます。でも、勉強しているのになかなか望むような成果が出なかったり、受験英語の知識も忘れてしまったりして頭を抱えている人も多いはず。英語を話せるようになるには、どのような英語学習…

外資系エリートが「手書きノート」をとても大事にするワケ。

大手外資系企業に勤めるようないわゆる「エリート」というと、スマートにパソコンを使いこなしているようなイメージがあります。でも、そんな人こそ「手書きを大事にしている」のだとか。そう語るのは、フリーライターの太田あやさん。「ノート術」に造詣が…

やりたいことなんて無理に見つける必要ナシ。9割の “夢がない人” のための「天職との出会い方」

みなさんは、ご自身のビジネスパーソンとしてのキャリアについてどのように考えていますか? 「やりたいことはこれだ」というはっきりした“行動の軸”を持ち、将来の展望は明るいと感じている方は素晴らしいですね。一方で、目の前の仕事を忙しくこなしてはい…

「年収800万円以上の7割が早起き」という事実。朝に慌てる人はなぜ仕事がデキないのか?

「朝はいつも時間ギリギリまで寝て、起きた途端に大慌てで支度する。遅刻はしていないから、問題ないよね?」――いやいや、それは大問題です。その日のパフォーマンスを、ドーンと下げている可能性がありますよ。早起きする人は高年収だというデータもあるの…

「君の頭は腐っている」と言われたエジソンが、それでもへこたれずに成功をつかめた深い理由。

すいぶん冴えない時代、どん底の時代を経て、後に大成功をおさめた人々がいます。彼らのエピソードは、現在「あまり評価されていない」と悩む人の励みになるだけではなく、成功するための大きなヒントとなるでしょう。今回は、19世紀、20世紀、そして21世紀…

記憶力が抜群に上がる「東大式ノート術」。蛍光ペンの使い方が普通とは全然ちがった。

将来のステップアップのため、普段の仕事のほかになんらかの勉強をしている社会人はたくさんいます。その勉強に欠かせない作業といえば、「暗記」です。そして、暗記に長けた人というと、東大合格生を思い浮かべる人も多いことでしょう。 東大合格生は暗記の…

仕事力の根幹「前頭前野」を鍛える3つの方法。脳は “知らない人との会話” で活性化しまくる。

集中力が続かない、最近なんだか忘れっぽい、注意力が散漫になる……。そのようなお悩みを持つ方は、ぜひ脳の「前頭前野」の機能を高める習慣を身につけてみませんか? 脳の最前部にある前頭前野は、島根大学医学部山口助教授らによれば「ヒトにおいて最も発達…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら