コラム

傲慢さは大切な “あのチカラ” を奪う。仕事終わりの「ノート習慣」で謙虚になれるワケ。

「傲慢症候群」という言葉をご存知でしょうか? 傲慢症候群とは、権力を手にしたことによって陥る一連の人格障害を指す概念です。一般に、人は権力を持つとわがままになったり、視野が狭くなったりすることが多いとされています。童話「裸の王様」にも、権力…

「先延ばし癖の放置」が最悪な3つの理由。気づかずに脳に負担をかけているかも。

「まだ納期まで時間があるから後回しにしよう」「今は忙しいから、この資料は後で読もう」など、誰もが先延ばしをしたことがあることでしょう。なかには、先延ばしがすっかり癖になっており、先延ばしばかりの自分を変えたいと悩んでいる人もいるかもしれま…

大人こそ「絵本」を読むべき4つの理由。“右脳が鍛えられる” という意外な事実。

かわいらしい絵とわかりやすい文章が綴られた絵本は、子どものための読み物……。そうイメージする人は多いことでしょう。しかし、絵本は大人にこそメリットが多い読み物なのです。 絵本が大人に与える効果は、絵による癒やし効果だけではありません。なかには…

結果を出せない人が陥る「頑張りすぎる」というワナ。“残念な努力” を変える4つのヒント。

仕事や勉強をせいいっぱい頑張っているのに、思うように結果が出なかったら、焦りやイライラが募りますよね。今の状態が続いたら、ますます自信が持てなくなりますし、将来に対する不安が先走りしてしまうかもしれません。「努力しているのに結果が出ない」…

【シニアトレーナー 60-day program】英語のプロトレーナーによる課題発見で学習生産性が向上。TOEIC®も自己ベスト905点にまで上昇。

2015年5月のオープン以来、多くの方の英語力をアップさせてきた『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。第二言語習得研究の知見に基づくトレーニングを、高い専門性をもつトレーナーがマンツーマンで提供しています。その成果は英語教育の世界に大きなインパクト…

12球団でコスパ最強なのは「広島カープ」だった。逆にコスパが悪いのは……?

日本の国民的スポーツのひとつ「野球」。テレビや球場でただ観戦するだけでなく、プロ野球球団を財務的な「効率性」の視点からちょっと分析してみませんか? 興味深いことがわかりますよ。 コスパ最強の球団はどこだ!? ここでは、各球団の所属選手の年俸総…

あなたは1日2時間半も「メール」に奪われている。ムダが激減する4つの方法

1日の勤務時間のうち28%が「メール業務」に奪われている――そんな衝撃的な事実が、大手コンサルティング会社であるマッキンゼーの調査により明らかになりました。 時間に換算すると、1日あたり2時間半ほどがメールに充てられている、ということになります(※…

根気にはセロトニンを、記憶力にはイリシンを。仕事力に直結する「4つの脳内物質」を増やす方法。

わたしたちの心と身体のパフォーマンスを左右しているのは「生理活性物質」です。ビタミンやミネラルのほか、脳内物質と呼ばれている「ホルモン」や「神経伝達物質」も生理活性物質のひとつ。 今回は、自分に足りない力を補うには、どのような生理活性物質(…

「ストレスは感染する」は本当だった。他人のイライラに毒されないための3つの方法。

あなたの周りには、いつもイライラと不機嫌そうな人はいませんか? じつは「ストレスは人から感染する」ということが、最近の研究によってわかっています。「もらい泣き」ならぬ「もらいストレス」。イライラしている人がいると、イライラしている人の近くに…

服装で “なりたい自分” を演出する「外見戦略」について考える

夏の間を軽装で過ごす「クールビズ」はすっかり定着しましたが、大企業では職場の服装規定を通年でカジュアルな方向に見直す動きが相次いでいるそうです。 総合商社の丸紅では、2018年4月から各自の判断で仕事に適した服装にする「セルフビズ」を開始。これ…

なぜ “ボス猿タイプ” は危険なのか。 これからは「謙虚で気取らないリーダー」が必要とされる。

いま企業にとって、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)が重要だといわれています。また、その文化を受け入れ、企業が成功するには、インクルーシブ(包括的)・リーダーの存在が不可欠なのだとか。インクルーシブ・リーダーの特徴と、「包括的な文化を…

【人事担当者必見】英語人材は採用から育成へ。90日でTOEIC400点UPも生んだ時短英語のヒミツ

ビジネスシーンにおける英語の必要性は日増しに大きくなり、英語のできる人材の確保が急務となっています。一方、ただでさえ人材難である昨今、英語が堪能な人材を採用することはそうそう簡単ではありません。企業で採用や人事を担当されている方の中には、…

ミスが多すぎる人は「メタ認知能力」が低い。元ANA整備士に学ぶ “ミス回避” の心得。

人間はミスを犯す生き物。とはいえ、仕事ではなるべくミスを起こしたくないと誰もが思うことでしょう。 俗に「ヒューマンエラー」と呼ばれる人間の判断ミスは、時として大きな事故や問題を引き起こす危険性があります。プロジェクトの進捗に悪影響を与えたり…

iPhoneはいつまで売れるのか。「製品ライフサイクル」を使えば “ブームが終わる時期” を予測できる!?

2018年秋に、iPhone新シリーズ(XS、XS Max、XR)の発売が開始されたことは記憶に新しいでしょう。首を長くして待ちわび、発売とほぼ同時に購入に走ったという人も多かったのではないでしょうか。 アップルはiPod、iPhone、iPad、Apple Watchと常に新しい製…

ストレス対策はやっぱり「言語化」が最強だった。“自分のキモチ” を言葉にできますか?

仕事や家庭内での些細なことで感情的に怒ってしまったり、上司や同僚から嫌なことを言われて気分が落ち込んだりすることは、誰もが日常的に経験していることでしょう。 ですが、仕事や勉強に毎日のように追われている現代のビジネスパーソン・学生にとって、…

英語リスニングのトレーニングに効果抜群! 『シャドーイング』のすすめ。

第二言語(いわゆる外国語)を学習するときに、「シャドーイング」が効果的だとよく言われます。 シャドーイングとは、耳から入ってきた文章をなるべく遅れることなく復唱する勉強法のこと。プロの同時通訳者の訓練法としても使われています。 なぜシャドー…

記憶力をアップする方法5つ。今日から変えられる生活習慣

仕事や学業に役立つ、記憶力がアップする方法をお教えします。簡単なトレーニングを日常に取り入れてみましょう。

なぜ一流は “手帳の質” にまでこだわるのか? 倍以上の予算をかける深すぎる理由。

突然ですが、皆さんは手帳にこだわりがありますか? 「予定さえ書ければ良いから特にこだわりはない」という方もいるかもしれませんね。しかし、実は一流のビジネスパーソンが使う手帳にはある共通点があるのです。 皆さんも、これまで何気なく使っていた手…

長時間労働がもたらす3つの弊害。デスクまわりの “あの文房具” が仕事の生産性を下げていた!?

ここ数年、政府主導による働き方改革などの影響から、残業時間の削減や休日の増加といった、いわゆる「時短」が各企業で実施されていますよね。しかし、この流れに乗れずに「残業しなくては」と毎日残業してしまって疲弊しているビジネスパーソンも多いので…

さくっと勉強を始めるための3つのアプローチ。「2分ルール」がシンプルだけど効果絶大!

必要であると頭ではわかっていても、勉強に取りかかるのは意外と難しいことです。「○時から○時まで勉強しよう!」「夜ご飯を食べ終わったら勉強だ!」と心の中で決めていたとしても、いざとなると重い腰が上がらない……なんて人も多いのではないでしょうか。 …

「断るのが下手な人」は大切なものを2つ失っている。

食事や飲み会に誘われたとき、無理をすれば行けなくもないけれどできれば行きたくない……ということはありませんか? 相手に悪い印象を与えたくないからと無理して参加した結果、翌朝の大事な仕事に万全の状態で臨めなかったり、家でゆっくりする時間を確保で…

自分の可能性を狭めるダメな思考習慣。「“運命頼り” だと成功しにくい」というエビデンスあり。

大きな挫折を経験したとき、あまりにも悲しいことが起きたとき、前に進むため「これが運命なのだ」と受け入れることもあるでしょう。それは、仕方がないことです。 しかし、たとえば仕事や勉強などで多少の努力が必要なときに、「運命だから無理に変えようと…

本番前に「頭が真っ白」になったときにするべき3つのこと。

試験当日まで必死に勉強をした、あるいはプレゼン当日まで完璧に準備を行ったにもかからわず、いざという本番で頭の中が真っ白になってしまった……。 そんな経験がある方は、決して少なくないでしょう。なぜならば、ストレスと記憶には切っても切れない複雑な…

脳の “あの部位” が弱っていると「選ぶ力」が途端に低下する。鍛えるための2つの習慣

「眼窩前頭皮質(Orbitofrontal cortex:OFC)」(読み:がんかぜんとうひしつ)という脳の領域をご存知ですか? 思考や創造性を担う脳の最高中枢・前頭前皮質の表面にあり、 眼球が収まっている、眼窩という頭蓋骨の空洞のすぐ上に位置します。 最近の研究…

「朝型」「夜型」は遺伝子レベルで決まっている!? 早起きが苦手ならば夜を充実させればいい。

1日を有意義に過ごすために、早起きして勉強や趣味などに励む “朝活” がはやっています。しかし、その一方で、何度早起きに挑戦しても挫折するという人も少なくありません。じつはそれ、単にあなたが夜型体質であるだけかも。最近の研究では、朝型と夜型は遺…

なぜ人は “未完成なパズル” を埋めたくなるのか? 「ザイガニック効果」で勉強のモチベーションが上がる。

勉強しようと机に向かったものの、やる気が出ない……。そんなことってありますよね。じつはその悩み、「ザイガニック効果(別名:ツァイガルニク効果)」を利用することで解消できるかもしれませんよ。 この心理効果、物事への興味を掻き立てるのに効果的であ…

一流に「メモ魔」が多い納得の理由。“4つの工夫” で行動力がぐっと上がる!

「要領が悪い」「商談相手に好印象を残せていない」「情報を敏感にキャッチできない」「言いたいことを言葉で表現するのが苦手」……仕事でこんな悩みを持っていませんか? 実はこれらの悩みを全部、メモが解決してくれるんです。 手頃なノートを用意して、課…

「心の乱れ」につながる3つのNG習慣。“デスク周り” 整えていますか?

あなたがしている朝ごはんを食べない習慣や、机の上にいろいろなものを置きっぱなしにしてしまう癖は、意外にも「心の乱れ」に繋がっているかもしれません。心の乱れと言われてピンと来ないあなたの習慣の中にも、もしかしたら心を乱す原因になっているもの…

年齢を重ねると脳の得意分野も変わる。大人脳のトレーニングに「暗算」と「そろばん」がいいワケ。

ワーキングメモリとは、学習・理解・推論といった複雑な知的操作を含め、何かをする際に情報を一時的に保持して行動につなげる脳のシステム。仕事や勉強だけではなく日常生活のパフォーマンスにも大きく影響します。 しかし、ワーキングメモリの資源は限られ…

夜に休まないのは自律神経に最悪。たった数分でできる「最高のリラックス法」

仕事や学校からの帰宅後の時間は限られています。ましてや長時間通勤をされているビジネスパーソンや、部活動やアルバイトといったハードスケジュールをこなしている学生は、「帰宅後は何もする暇がない……」という状態に陥っている方も多いのではないでしょ…

偏差値95・京大首席合格者の勉強法は何が違うのか? 聞いてみたら成果が出るのも当然だった。

キャリアアップのために勉強を続けているという社会人は少なくありません。でも、仕事をしながらとなると、時間的制約もあって成果を出すのはなかなか難しいのも事実。 そこで、ウェブサイト「勉強革命.com」を運営して効率的な勉強法を発信し続けている粂原…

なぜ部屋が汚い人は仕事がデキないのか? 「7割まで断捨離」が整理整頓のキモ。

勉強や仕事がなかなか捗らない……。なぜか集中力が持続しない……。もしかしたらその原因は、あなた自身ではなく “あなたが作業している環境” のせいかもしれません。職場であれ自宅であれ、作業に取り組む環境がきちんと整っていないと、捗るものも捗らなくな…

京大首席合格者が読書後に実践する「A4用紙アウトプット術」が思考整理に効く。

近頃、ビジネス書などで盛んに叫ばれているのが「アウトプット」の重要性。京大に首席合格し、現在はウェブサイト「勉強革命.com」を運営して効率的な勉強法を発信し続けている粂原圭太郎(くめはら・けいたろう)さんも、その重要性を説くひとりです。 独自…

偏差値95の京大首席合格者が教える「知識がつく読書術」。絶対に “もくじ” から読み始めるべきワケ。

勉強熱心を自覚し、人並み以上に読書をしているのに、その努力がどうも身になっている気がしない……。それには明白な理由がありました。 お話を聞いたのは、粂原圭太郎(くめはら・けいたろう)さん。京大に首席合格し、現在はウェブサイト「勉強革命.com」を…

日本人の仕事満足度は世界最下位!? 「仕事を楽しめる人」になるための4つのルール

世界最大求人サイト・Indeed社によると、『世界仕事満足度調査』で日本人の仕事満足度は世界35ヵ国中最下位だったのだそうです。今この記事を読んでいる人の中にも、「仕事が楽しくない」「今さら仕事に楽しさを求めていない」という人は多いのではないでし…

新聞の「100文字要約」が文章力と読解力のトレーニングに最高なワケ。

文章の論旨や要点を短くまとめて表現する要約文。学生の頃、レポート作成などで書いた経験があるものの、それ以降はまったく書いていないという人は多いことでしょう。 しかし、文章作成が苦手な人や、文章がわかりにくいと指摘される人、自分の考えが相手に…

ストレスまみれの人が「6分間読書」をするべき科学的理由【悩み別読書法4選】

本を読むのは良いことだ——この言葉に疑問の目を向ける人はひとりもいないはずです。自分の興味関心を満たしたり、新しい知識を手に入れたり、スキルアップを狙ったりするうえで、読書は必要不可欠な行為ですよね。 とはいえ、読書スタイルは人によってさまざ…

自己肯定感は “ムダな責任感” をなくすだけで一気に上がる。

能力に秀でた人がまわりにたくさんいる現代社会。「自分なんか役立たずだ……」「頑張っても無駄だ……」と、自分を卑下しながら生きてしまっている人も多いのではないでしょうか。 しかし、成功をつかみ取っている人々に共通するのは、自らを正しく肯定できてい…

仕事を楽しむ人の特徴6つ。あなたはいくつ当てはまる?

どうすれば楽しく仕事をできるようになるのでしょう? 仕事を楽しむ人の特徴、仕事を楽しむ方法、仕事が楽しくなってくる名言・本を紹介します。

朝4時起きのエリートたちに共通する「朝活習慣化の工夫」は意外にシンプルだった。

「朝は頭がすっきりしているから、勉強や仕事を効率的に行なえる」「経営者をはじめとする成功者の多くが、早起きをしている」 など、あなたも早起きの良さに関して見聞きした経験があるのではないでしょうか? しかし、早起きを実践してみたくても、実際に…

「勉強さえできればいい」が危険なワケ。これからの時代は “レジリエンス” がないと通用しない。

みなさんは、勉強ができることが最も大切なことだと思っていませんか? 自分は難関大学の出身だからこの先安泰だと思っていたり、むやみやたらと資格を取ろうと必死になったりしていませんか? グローバル化が進み、仕事の現場で求められるものも多様化の一…

プレゼン成功にユーモアは不要!? 本当に大切な「6つの基本法則」教えます。

多くのビジネスパーソンは、優れたプレゼンテーションといえば「TEDトーク」を思い出すのではないでしょうか。Amazon.com のジェフ・ベゾス氏や、元米大統領のビル・クリントン氏などもスピーカーとして名を連ねた、世界的に有名なイベントです。 そして、TE…

【シニアトレーナー 60-day program】60日間でTOEIC®920点を獲得! シニアトレーナーによる「精密な課題発見」と「効率的な学習プランニング」に迫る。

「第二言語習得研究」の知見に基づく科学的トレーニングを提供する『StudyHacker ENGLISH COMPANY』。2015年5月のオープン以来、言語学や英語教授法を大学等で専門的に学んできたトレーナーが続々と参加、短期で多くのビジネスパーソンの英語力をアップさせ…

暗記効率が上がる “ユニークすぎる” 勉強法。ロザン宇治原も実践「エアー授業」がおもしろい。

読者の皆さまはこれまで、色々な勉強法を取り入れてきたと思います。ですが、「いまいち自分には合わない」とか「この勉強法では効率的ではない」などと感じている方もおられるでしょう。これから紹介する“少しユニークな勉強法”の中に、あなたに合う方法を…

「コミュ力に悩む人」が話術よりも先に身につけるべきは “あの能力” だった。

コミュニケーションが苦手だ。そのせいで、上司や同僚、後輩とも良い関係が築けていない気がする。もっと話し上手になれたらよいのに……。 確かに、話し方のテクニックを身につけることは大切です。先ほど挙げた悩みのように、「コミュニケーションが苦手だか…

部下の泣き顔にひるむ上司は “成長の機会” を奪っている。

部下や後輩を注意しなくてはいけない立場だとしたら、「上手に注意」できる自信がありますか? 例えば、あなたが部下に重要な書類の作成を依頼したとします。その書類の書式は厳密に定められており、すでに研修で学んでいるはずのもの。しかし、部下が作っ…

「仕事に全然やりがいを感じられない人」に欠けている3つの視点。なぜ “目標なし” はキケンなのか?

仕事観が多様化している現代では、「仕事に達成感は必要ない」「やりがいはいらない」という考えを持つ人も決して少なくありません。しかし、心のどこかで「それでは物足りない」と思うビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。1日の大半を費やす仕事で…

東大教授「やる気を出す方法を考えるのはムダ」――結局 “とりあえず動けば” 勉強は進んでいく。

「勉強しなきゃ……」頭ではわかっていても、なかなか重い腰が上がらずにダラダラと過ごしてしまうことはありませんか? 計画は完璧。あとは実行するのみなのにやる気が一向に出ない、そんなこともありますよね。 しかし行動に移すときに「やる気」は必ずしも…

「なぜか仕事が速い人」がしていない意外なこと。ToDoメモに頼りすぎると仕事はかえって遅くなる。

皆さんのまわりに、「なぜか仕事がとにかく速い人」はいませんか? 人によって仕事スピードが異なるのは当然。残業に頼りながらなんとか仕事を終わらせる人もいれば、定時までに余裕を持って終わらせて颯爽と家路につく人もいます。でも、「経験」や「能力」…

アパホテル元谷芙美子社長の経営手腕がすごい理由。“学び続けられる人” はやっぱり違った。

ビジネスやプロスポーツの世界は栄枯盛衰。以前は隆盛を極めていた人物が現在は没落していることも珍しくありません。 そんな中で、成功してから年月が経ってもなお第一線で活躍し続けている成功者たちも存在します。 彼らは日々学習して時代の潮流に乗って…

会社案内・運営事業

  • 恵学社

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、大学受験の予備校「学び舎東京」「烏丸学び舎」や、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」を運営。
    >> HPはこちら

  • 学び舎東京

    烏丸学び舎

    東京・京都に校舎を構える個別指導の予備校。勉強に過度な精神性をもちこまず、生徒1人1人に合理的な勉強方法を提示することで「東大・医大に合格できた!」「3ヵ月で偏差値が15上がった!」などの成果が続出。
    >> HP(東京校舎)はこちら
    >> HP(京都校舎)はこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら