働き方

成長したいビジネスパーソンが「EQ」を高めるべき理由。○○を言語化できる人は成功しやすい

近年、子ども教育の場やビジネスシーンにおいて、「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」という言葉を見聞きすることが増えてきました。そもそもEQとはどういうもので、ビジネスパーソンにどんな影響を与えるものなのでしょうか。国内トップクラスのEQカ…

“効率” を大切にしているあなたが、仕事で成功するためにもっと楽しんでみるとよい2つのこと。

多忙な毎日を過ごすなか、「いまの仕事で必要なスキルだけを効率よく身につけたい」「無駄のない勉強をしたい」……と思っていませんか? たしかに効率も大切。ですが、先行き不透明な時代において、効率化にこだわりすぎるのは危ういことかもしれません。 今…

脳科学者が明かす! 「仕事がうまくいく人」と「いかない人」の差は「認知バイアス」の扱い方にあった

「仕事がうまくいく人」と「いかない人」、両者の違いはどんなところにあるでしょうか。その問いに対し「認知バイアス」と答えるのは、脳科学者としての知見を活かして企業や個人のパフォーマンスをアップさせ続けている西剛志(にし・たけゆき)さん。 そも…

「まわりから求められる人」の決定的特徴。仕事はできても○○でなければ信頼されない

社会はビジネスパーソンに対して “アグレッシブさ” を求める一方で、“謙虚さ” も求めているそうです。この “謙虚さ” は、ビジネスパーソンがただ優秀なだけでなく、「人々に支持される有能な人物」になるための重要なカギとなるはず。さっそく説明しましょう…

「最速で仕事をする人」になるために、ぜひ口癖にしたい3つの言葉

手つかずの仕事がどんどんたまってきて、頑張っているのに終わらない……。いつも締切に追われていて、時間的にも精神的にも余裕がない……。 こうした悩みを抱え、焦りと不安を感じている人は多いかもしれません。いくら責任感や意欲があっても、仕事が遅くては…

仕事では “こう考えられる人” がやっぱり強い。2つの思考、あなたはできてますか?

自分らしいキャリアをうまく描けない。新プロジェクトを始めることになったけど、何をどうすればいいかわからない。失敗するかもと思うと、物事に前向きに取り組めない。 このようにお悩みではありませんか? 軽やかに結果を出せるようになるために、まずは…

「嫌だけど嫌と言えない……」気持ちとは真逆の行動をしがちなあなたが、より快適に働くための大事なヒント

そうしたいわけじゃなかったのに、なんだかそうなってしまった。望む方向とは真逆の方向に進んでいて、ひどくモヤモヤする――こんな感覚を経験したことはありますか? たとえば「嫌な仕事ほどむしろ率先してやる」「嫌いな人ほど親切にする」、あるいは喉から…

「幸せなキャリアを築ける人」がもつ「巻き込む力」。伸ばすためのシンプルな心がけとは

「ビジネスパーソンとして幸せなキャリアを築きたい」誰にも共通する思いではないでしょうか。 ではそのためにはどうすればいいでしょう。たくさんお金を稼ぐ? 自分ひとりの力でプロジェクトを成功させる? どちらも考えつきそうな答えですが、日本における…

「なぜかうまくいく人」と「何もうまくいかない人」。決定的違いは「夢の見方」にあった

活躍が止まらない同僚やキラキラした友人を見て、「うまくいっていてうらやましい」「どうすれば自分も “うまくいく人” になれるのかな……」と感じることはありませんか? SNSなどでさまざまな成功談について見聞きする機会も多いもの。 つい成功者と自分を比…

「自分のキャリア、どうすれば?」とモヤモヤする人に何より必要な「○○性」の磨き方

若手のビジネスパーソンであれば、先の人生が長いだけに自分の「キャリア構築」について悩んでいる人も少なくないはずです。 「自分のキャリアはこれからどうなるのだろう。どんなキャリアを歩むのが正解なのかまったくわからない……」そんなモヤモヤを抱える…

「この人の頼みならぜひ聞こう」と相手に思われる人が、会話の始まりに添える “たったひとこと”

仕事においては、「この人の言うことはいちいちカチンとくるから、話を聞くのが嫌だな」と感じる相手もいれば、逆に「この人の言うことはなぜか素直に聞きたくなる」と思う相手もいるものです。後者のような印象を周囲からもってもらうには、どうすればいい…

人は “こう” 言われると動きたくなる。3つのタイプ別、ただお願いするより「確実に相手に響く」言葉

「部下にはあれこれ言葉を尽くして説明しているけれど、なかなかミスを減らしてもらえない」「チームの業務効率が悪い気がしていて上司に改善を提案してみたいが、私だと説明がうまくないからスルーされちゃうかな」。こんな思いを抱えたことがある人はいま…

「話がうまいわけではないのに、なぜか説得力のある人」がしていること。必要なのは○○だった

「仕事ではコミュニケーションが重要」。社会人であるみなさんなら飽きるほど見聞きしてきた言葉でしょう。しかし、それでもコミュニケーションに苦手意識をもっている人も多いのが現実です。特に、相手になにかを依頼したり説得したりする場面ではつい遠慮…

「部下に愛される上司」と「人望がない上司」3つの決定的違い。差をつけるのは “主語” だった

「部下からの進捗共有が少なく、トラブルが大事になってから報告してくるので、イライラしがち。自分は “相談しづらい上司” なのだろうか……」「部下が話している途中で、積極的に意見を述べるようにしている。アドバイスのつもりでやっているけど、じつは嫌…

本当にするべき努力とはどんな努力? 努力頼みにならないために大切な3つの考え方

アジア太平洋地域7か国の18~65歳を対象とした大規模な意識調査(2021年版)によれば、人生で成功するためには「努力すること」が重要だと考えている人が最も多かったそうです(参考:ITmedia ビジネスオンライン|“人生で成功するために重要な要素”ランキン…

月末に必ずやるべき「月1習慣」。8つの項目で “人生のバランス” 見直してみませんか?

「気がつけば、いつも仕事や、資格の勉強のことばかり考えている……」「評価もされて仕事は順調なのに、満足感が得られない」 困難に直面しているわけでもないのに、人生の満足度が低い――もし、あなたがそうだとしたら、月に1回「人生のバランス」を見直して…

なぜかいつも「仕事がうまくいっている人」の思考習慣3選。“こう” 思えば行動力を上げられる

「なぜあの人は、難しい仕事を任されても乗り越えていけるのだろう」「どうしてあの人は、うまくまわりを巻き込んで仕事ができるのだろう」 あなたの身近にも、そんな “何かと順調にいっている人” はいませんか? うまくいくのは運がいいから――とは限りませ…

「内向的」でも「人間関係がうまくいく」人が大切にしている3つのこと。

職場の人と関わったり、雑談したりすると、それだけで本当に疲れる……。会議やプレゼンなど、人前で話さないといけない仕事が大の苦手……。 自分が “内向的” な性格だと自覚している人は、仕事のなかで劣等感や生きづらさを感じることがあるでしょう。 しかし…

仕事ができる人が「先延ばしをしない」ためにやる3つのこと。“○○は後づけ” がすぐ動く秘訣だった

仕事ができる人は、「先延ばしをしない」ためにあえてやっている思考習慣・行動習慣があるそうです。それらは、先延ばし癖を直せない人や、成功を目指す人にとって貴重な指針となるはず。さっそく紹介しましょう。 1. まずは自分軸で直感的に動く 2. とにか…

「自分って成長できてるのかな」と思ったときに確認したい3つのこと。あなたは “○○ばかり” していない?

最近、任される仕事の幅が広がっていない。成長してないのかな……。前に思い描いていたキャリアを、順調に歩めている気がしない……。 このように、成長を実感できなくて不安になったり、もっと成長しなくてはという焦りを感じたりしたときに、一度立ち止まって…

いつものノートを「方眼ノート」に変えるメリット3つ。仕事効率も行動力も上がる!

「なんだか勉強がはかどらない。ノートのとり方がよくないのかな?」「仕事のメモがごちゃごちゃして整理も面倒。見やすく書いて仕事効率を上げたい!」 勉強や仕事に欠かせないノート。無地や横罫線が入っているものなどさまざまな種類がありますが、特にこ…

「自ら進んで動ける部下」を育てる3つのヒント。なかなか動かない部下に必要なのは○○○○だった

ある調査によれば、ビジネスシーンにおいて部下や後輩にストレスを感じている人はかなり多いそうです。その理由の上位にあるのは「やる気がない」「動いてくれない」など。そうした悩みは部下や後輩に対してだけでなく、仕事で関わる同僚や先輩に対しても起…

10回本気でやって1回も成功しない人はいない。「失敗しても評価が下がらない人」のシンプルな行動原則

企業に勤めるビジネスパーソンであれば、収入を上げるためにも「評価をされたい」と思うのは当然のことです。でも実際には、「しっかり頑張っているつもりなのに、なぜか評価されない」ということも少なくありません。評価される人と、評価されない人にはど…

“市場が評価した経営者ランキング1位”の社長が「手帳がタスクでびっしりな人には期待しない」と語る理由。

「こんな企画ができればおもしろそうだ」とアイデアは思いつくものの、なかなか実際に動いてかたちにできない……。そんな経験はないでしょうか。目の前の仕事に追われる多忙なビジネスパーソンであれば仕方のない面もあります。 でも、著書『時間最短化、成果…

最速で仕事をする人の “考え方のクセ” とは? 確実に周囲に差がつく2つの「思考アルゴリズム」

仕事を速く進めようと思えば、どんなものが必要でしょうか。 もちろん、実際に仕事を速く進めるための実務のスキルも求められるでしょう。しかし、スキルだけではなく「思考アルゴリズム」というものも欠かせないと言うのは、著書『時間最短化、成果最大化の…

WBC優勝 栗山英樹監督に学ぶ。ビジネスパーソンがぜひまねるべき「名将の思考法」

いまや野球ファンのみならず、日本中の人々を夢中にさせている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパン。2023年3月22日(日本時間)の決勝戦でアメリカを3対2で下し、2009年以来3大会ぶり3度目の世界一を達成しました。 この勝因が選手…

「ずっと有能でい続けられる人」がしている5つの習慣。「謙虚に○○できる人」はやっぱり強かった

ある教育学者は、有能な人間でも能力の極限まで出世すると、そこで無能な人と化すため、結果として無能な人間だらけになる――といった内容の法則を提唱しました。 しかし、一方ではこの法則の回避策もいくつか示されており、別の観点から見た有能な人の特徴は…

組織のなかで抜擢されるには、「普通の人」の感覚をもち続けることが意外と大事な理由

競争が激しい現代社会においては、「自分は同僚と比べてたいした取り柄がない……」と、自信をもてていない人もいるものです。 しかし、そんな人であっても「抜擢されることも可能」だと語るのは、社内起業のサポートに特化したコンサルタントとして活躍する石…

「どこに行っても信用される人」になるために、順に上がっていきたい4つのレベル

社内外問わず、多くの人と関わりながら仕事を進めなければならないビジネスパーソンにとっては、良好な人間関係を築く力が重要であることは言うまでもありません。でも、どんな組織でも周囲から好かれたり評価されたりする人もいれば、逆に味方を増やせない…

本当に仕事ができる人がもつ「奥深い力」。磨くには「人の気持ちを考える」習慣が何より大切だ

「仕事ができる人」というと、どんな人を思い浮かべるでしょう? 論理的思考に長けていたり、素早く的確な判断ができたり、学習意欲が強かったり、重要な場面でこそ集中力を発揮できたりなど、イメージは人それぞれかもしれません。 ただ、社内起業のサポー…

「3つのことを書く」習慣で仕事の効率も成果もアップ。日々の仕事を「YWT」で振り返ってみた

「業務を振り返る習慣は大切」。上司や周囲から言われても、具体的なメリットがわからず習慣化できない人もいるのではないでしょうか。しかし、研究例や専門家によれば、振り返りの習慣をつけることは、マインドやパフォーマンスの向上に効果大なのだとか。 …

リスキリングでよくある「4つの壁」の乗り越え方。学びをキャリアへ確実につなぐ方法とは?

「新しいことを学び、新しいスキルを身につけ実践し、そして新しい業務や職業に就くこと」を意味する「リスキリング」。世界的に見て成長の低迷が目立つ日本の企業はもちろん、ビジネスパーソン個人にとってもその重要性が叫ばれるなか、リスキリングを始め…

第一人者が教える「リスキリング」の超基本。最初に確認すべきは “この6つ”

社会がめまぐるしく変化しているいま、それらの変化に合わせた「リスキリング」が企業にとっても労働者個人にとっても欠かせないと言われています。リスキリングとは、「新しいことを学び、新しいスキルを身につけ実践し、そして新しい業務や職業に就くこと…

自分の価値を高めるには「リスキリングするしかない」。ただの学び直しではないリスキリングの本当の意味

岸田政権が「リスキリングの支援に5年で1兆円を投じる」と表明したこともあり、「リスキリング」という言葉を見聞きすることが昨今増えてきました。その言葉の響きからどんなものなのかなんとなくイメージすることもできますが、その明確な定義とはなんでし…

仕事で評価される人が両立している「ちょうどいい速さ」と「質の高さ」。実現するための4つの工夫

「仕事はスピードが命」とはよく言いますが、どんなに仕事が速くても、ミスや漏れが多い状況ばかりが続くと、評価は下降の一途をたどってしまいます。 ある識者によれば、仕事は “ちょっと速め” くらいが理想的なのだとか。 そこで今回は、仕事がものすごく…

仕事では○○できる人がやっぱり強い。「3つの行動」あなたはできてますか?

社会人として経験を重ねてきたけど、成果が最近伸び悩んでいる……。仕事で結果を出せる人になりたいけれど、いまの自分には何かが足りない……。 上記のように行き詰まりや焦りを感じているあなた。仕事において「これができると強い!」と言われる習慣を取り入…

現役エージェントが断言「転職がうまくいくのはこんな人」。志望理由が “成長したい” だと採用されないワケ

STUDY HACKERの読者のみなさま、こんにちは。外資系コンサルティングファーム、投資銀行、プライベートエクイティファンドなどの在籍者らを中心に、グローバルに活躍するプロフェッショナルのキャリア形成を支援する「Liiga(リーガ)」の編集部です。 みな…

元Googleの起業家が「頑張らないでください」と言う理由。「頑張らない」の正しいやり方を考えてみた

ある識者はビジネスパーソンに「もう頑張らないでください」と言います。「頑張れば評価される時代は終わった」というのです。そこで今回は、“頑張らなくていい” の真意を探り、「頑張らない」の正しいやり方について考えてみました。 高い知性をもつ人は怠…

チームをダメにする「話しかけづらい人」の残念な特徴。“いつも忙しそうな人” は信頼関係を壊すかも

「話しかけづらい雰囲気だから、あの人に意見を伝えるのは控えよう」――このように忖度した経験がある人は多いのではないでしょうか。一見、仕事でよく出くわす光景。しかし専門家は、「話しかけづらい人」の存在を、“チームの生産性を大きく下げる要因” だと…

「勉強できる人」と「仕事ができる人」3つの共通点。大切なのは意外にも “性格” だった

「学生の頃は優秀だと認められたのに、仕事では評価されない……」「仕事ではそれなりにいい評価をもらえているけど、勉強が苦手でスキルアップできない……」 上記のようなジレンマを抱える人もいるのではないでしょうか。 「勉強と仕事は別物だ」と考えるかも…

「考えるのが遅い」けれど「仕事ができる」人になるために、心がけたい4つのこと。

考えるスピードが人より遅い。ほかの人のようにテキパキと仕事をさばけない。こんな自分は一生、「仕事がデキる人」にはなれないのかな……? そう自信をなくしているあなたも、ぜひご安心ください。仕事の出来を決める要素はスピードだけではありません。むし…

仕事を「楽しめる人」の考え方。「楽しめない人」の考え方。4つの決定的違い

「朝、仕事のことを考えるだけで憂うつになる……」「同僚のあの人は、忙しくても楽しそう。どうしたら自分も楽しく働けるだろうか……」 こうした悩みを抱えている人に向けて、 “いつも楽しそうに働く人” がどんなことを考えているのか、1日の流れに沿ってご紹…

週にたった1回の〇〇で、仕事の質がグッと上がる。15分あればできる3つの「週1習慣」

「社会人としてもっと成長したい!」という意欲はある。でも普段の仕事だけでいっぱいいっぱい。自分磨きや業務改善をする時間なんてなかなかとれないし……。 そんな「成長したいけれど、忙しくて時間がない」という状況のビジネスパーソンは多いでしょう。で…

仕事で心が疲れないための「3つの習慣」。あなたが後悔している失敗はじつは「失敗ですらない」かもしれない

仕事をしていると、「頑張らなければ……」「成果を挙げなければ……」などと思うあまりに「心が疲れる」というのもよくあることです。 そんなときはどう対処すればいいのか、立正大学客員教授であり心理学者の内藤誼人(ないとう・よしひと)先生が、ビジネスシ…

転職したいけどスキルがない……でも大丈夫! やるべきことを教えます

「転職したいけどスキルがないから無理かな……」と悩んでいる方必見! その不安を解消する方法を教えます。

「限界を打破できる人」になるには「創造力」が必要な納得の理由。簡単な2つの方法で高められる!

「作業効率を上げたいが、どう工夫すればいいのかわからない」「成績が前年より落ちてしまい、職場で取り残されそうで不安だ」 このように仕事で限界を感じたときは、「創造力」が役に立つかもしれません。 クリエイティブ職の人だけに必要な能力というイメ…

「先延ばし癖」をなくす脳科学的アプローチ。“○○を我慢” するのが意外と効果的だった

「この仕事は期限までにまだ余裕があるな」と考えて「先延ばし」してしまい、ギリギリになって慌てる——。多くの人に一度ならず経験があることだと思います。 脳科学的見地から見ると、先延ばしはどういうメカニズムによって起きるのか、そしてどうすれば先延…

脳科学者が教える、思うがままに「やる気」を出す方法。「快楽中枢」と「恐怖中枢」を活用せよ!

たとえ好きなことを仕事にできている人でも、時にはどうしても「やる気」が湧かない面倒な作業に取り組まなければならないこともあるものです。「やる気スイッチ」という言葉もありますが、脳科学の分野においてやる気とはどんなものだと見られているのでし…

「頭の回転が速い人」と「遅い人」は結局何が違うのか? 脳科学者に聞いてみた。

日本のビジネスにおいては「生産性向上」や「効率化」が課題だとされますが、そんなことを考えるまでもなく、できることなら目の前の仕事をスムーズに終わらせて、限られた時間をほかの仕事にあてたり、あるいは余暇の時間を楽しんだりしたいものです。 そん…

仕事のクオリティが高い人がしている「賢い休み方」。あえて○○をつくるのが意外と大切だった

休日、休んだつもりなのに、あまりリフレッシュできていない…… 休日の過ごし方にイマイチ充実感がない…… せっかくの休日なのに、何をすればいいのかわからない…… そんな「休み下手」ゆえ、せっかくの休日を有効活用できていない人は多いはず。 大人の女性向…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト