かのえかな

力を出し尽くす「10割行動」はやめていい。ラクにできてうまくいく「8割行動」3つのコツ

「一生懸命勉強しているのに、成績がなかなか伸びず悩んでいる」「100%の力を出しきっても仕事の結果が出ず、報われない」 このように全力を出して頑張ることに疲れてしまった人は、「8割行動」の状態を目指してみるとよいかもしれません。では具体的にどう…

〇〇を無視したら勉強はやり抜けない! 社会人の「残念すぎる学習計画」4パターン

「資格試験に向けて学習計画を作成したが挫折してしまった」「計画通りに勉強が進まず、モチベーションが下がってしまう」 このように悩んでいるビジネスパーソンは、学習計画の立て方を見直すとよいかもしれません。今回は、働きながら東大入試に合格した人…

難関資格や東大受験に “働きながら合格した” 勉強猛者は、過去問・参考書をこう使っていた!

「キャリアアップのために資格をとりたいけど、時間がない」「働きながら資格勉強も効率的にやるなんて、本当にできるの?」 そんな悩みや疑問がある人は、過去問題集や参考書の使い方を工夫してみませんか? じつは、限られた時間のなかでも、教材の使い方…

理想の習慣化を実現できる「ガントチャートノート」。30日間続けて得られた嬉しすぎる効果

// 「勉強を習慣化したいけれど、飽きっぽくて続かない」「よい習慣を毎日続けて、理想のルーティンをつくりたい」 習慣化のやり方に悩む人におすすめなのが、「ガントチャートノート」というノート術です。今回はその実践方法と、筆者が30日間実践してみて…

あなたの仕事が遅い原因がわかる! 仕事が速い人になるための「10のしないこと」

「自分の仕事が遅いせいでチームに迷惑をかけている」「もっと仕事が速くできる人になって評価されたい、より大きな仕事を任されたい」 こうした悩みをもつ人へ、仕事のスピードも質も高めるための「10のしないこと」をリストアップしました。「するべき」と…

勉強がどうしても苦手な3つの理由、あなたはどれ? タイプ別に「勉強好きになる方法」教えます

「テストに備えて勉強しなきゃいけないけど、なかなか進まない」「就職や転職に有利な資格を身につけたいけど、勉強するのがおっくうだ」 このように、勉強の必要性を感じつつも苦手意識が強く学習が進まない、あるいは挫折してしまう人は学生・社会人を問わ…

東大生がやっている勉強の進捗管理法。手書きの「ガントチャートノート」で学習が超絶はかどる

// 「試験勉強が毎回うまくいかず、直前に詰め込み暗記ばかりしている」「モチベーションが途中で下がりがちで、資格勉強をやめてしまった」 このように勉強の習慣化がうまくいかない人は、勉強の進捗を徹底的に管理してみるとよいかもしれません。『東大生…

「やらなきゃ」と思うのに「行動できない」人の4パターン。当てはまるなら “この対策” を。

「来週テストがあるから勉強しなきゃいけないとわかっているのに、手が動かない」「プレゼンの準備をしないといけないのに、資料を出すのがおっくうに感じる」 「やらなきゃ」と思うのに「動けない」のには潜在的な原因があり、それは主に4つのタイプへ分類…

勉強エキスパートは「蛍光ペン」と「付箋」をこう使う。記憶力・学習効率が上がるのも納得!

「蛍光ペンでアンダーラインを引きすぎて、何が大事なのか思い出せない」「テキストに付箋を貼りすぎて、いざ情報を取り出したいときに該当ページを見つけられない」 勉強をはかどらせるために使っているはずの蛍光ペンと付箋が、かえって勉強の効率を下げて…

本当に強烈に覚えられる! 世界記憶力グランドマスター推奨「記憶ノート」をつくってみた

英単語や歴史上の人物、化学式など、勉強には「暗記」が欠かせません。なかには集中して暗記するために単語帳を買ったり、自分で単語ノートを作成したりする人もいることでしょう。 しかし、あなたがもしこれまでの単語帳になんらかの覚えにくさを感じている…

「苦手な相手」とでも「心地よく付き合える」人は、この4つを心がけている

「どうもそりが合わないようで、彼とは仕事がやりにくい」「あの人は態度が高圧的で、こちらの話を聞いてくれない」 職場で苦手な人に遭遇するのは、社会人なら誰しもが通る道かもしれません。プライベートなら距離を置けばよいのですが、ビジネスではそうは…

勉強を習慣化できない自分を変えるために「10のしないこと」を考えてみた

// 「英会話をマスターしたいが、勉強が続かない」「資格勉強を始めたものの、忙しくて挫折してしまった」 このように勉強を習慣化できず悩む人が、すべきでないこと・やめたほうがよいことを「10のしないこと」としてリストアップしました。「するべき」と…

「試験本番に弱すぎる」人がすべき4つの対策。脳を冷静にさせるには “あれ” をしてはいけない

資格試験を受験する当日、過度に緊張した結果「覚えたはずの頻出単語が思い出せない」「応用問題を前にして思考が働かない」といった状態に陥り、本来の実力を発揮できなかった経験はありませんか? 試験当日に実力を発揮するには、勉強を頑張るだけでなく、…

【脳科学的に解説】たった5%しか使えていない「潜在能力」をフルに引き出す3つの方法

「同僚は自分と違って仕事が早いしミスもしない、上司から信頼されるのも当然だ」「友人は自分より遊んでいるのに、どうしてテストで高得点を出せるのだろう」 いわゆる “できる人” を前にして、このように落ち込んだことはありませんか? そして「結局、自…

勉強に集中できない人のための “10のしないこと”。集中力を「高めよう」と思わなくていい

// 「勉強しようと机の前に座ったのに、いつの間にかスマートフォンを触っていた」「休日はたくさん勉強しようと思ったのに、頭がボーっとして働かない」 このように、勉強に集中したいのにできない人は多いことでしょう。 では、どうすれば勉強に集中できる…

学習効率が高まる「脳がさえている時間帯」とはいつ? 脳の覚醒をフル活用した超効率的勉強法

「1日中勉強を頑張っていたのに、総まとめテストの点数が悪かった」「何度もテキストを読み返しているのに、問題集を開いたらわからない問題だらけ」 効率が悪い勉強法を続けた結果、こうした状況に陥ってしまっている人はいませんか? 脳は24時間ずっと同じ…

どんな天才にも訪れる「学習の停滞期」。いくら勉強しても伸びない時期は “この3つ” で乗り越える

「以前は、頑張れば頑張るほど成績が上がっていたのに……」「どんなに勉強しても手ごたえを感じない、伸び悩んでいる……」 勉強を続けていると、こうした壁にぶつかることがあります。この勉強の停滞期は「プラトー(学習高原)」といって、どんな天才にも訪れ…

勉強がはかどらない社会人は必見。「勉強宣言」をするだけで得られるメリットがすごい

// 「資格取得を目指してテキストを買いそろえたものの、仕事が忙しく勉強が続かない」「英語を独学で勉強中だが、やり方が間違っているのか、一向に上達しない」 勉強がなかなかうまくいかないと悩んでいるこうしたビジネスパーソンに、いますぐできる解決…

勉強に「形から入る」ことが脳科学的に最強なワケ。学習能力が確実に上がる4つの方法

勉強を新しく始めようかご検討中のみなさん、あるいは「過去に勉強に挫折したけれど、もう一度チャレンジしようか」とお悩み中のみなさん。唐突ではありますが、まずは形から入ってみるのはいかがでしょうか? 「形から入る」という言葉には、「中身がともな…

人とのやり取りでちょっと疲れ気味な私が「10のしないこと」を考えてみた

「SNSで常に誰かとつながっている状態が息苦しく感じる」「ウェブ会議だと発言の意図を読み取れず、気苦労が絶えない」このように、オンラインでのコミュニケーションに疲れている人はいませんか? コロナ禍による自粛生活で人と直接話せる時間が減ったため…

「稼ぐ力」に直結する勉強法3ステップ。“○○主体の学び方” では評価も給与も上がらない

仕事で稼ぐために、勉強して知識やノウハウを身につけたはず。けれども、実際の給料や業績は上がっていない……というビジネスパーソンは意外にも多いのではないでしょうか? そのような人は、これまでの勉強法を見直さなければ、学びを稼ぐ力に直結させること…

なぜかいつも成功する人がもつ「最強メンタル」の正体。彼らは “あの5文字” を唱えている

自分は仕事や人間関係でストレスフルな状態。一方で同僚は、楽しく働きながら結果も出している……。「この違いは何?」と思ったことはありませんか? 彼らは仕事で失敗したときや思い通りにいかないとき、最強メンタルになれる「合言葉」を心のなかで唱えてい…

1日3分×3週間の「できたことノート」習慣で、自己肯定感とやる気がぐんと高まった話

「今日はこれしか勉強できなかった、まわりはもっと頑張っているのに」「仕事で成果を挙げられない日がずっと続いている」 このように、消化不良のまま1日を終えることにうんざりしていませんか? 思い当たる人に試してほしいのが、人材育成プログラムを数多…

勉強前の「面倒くさい」をなくすための “10のしないこと”。脳科学的に考えてみた

勉強前に「面倒くさい」と思ったことがない人はいない……と言っても、きっと過言ではないでしょう。 脳内科医の加藤俊徳氏によれば、「面倒くさい」と感じてしまうのは性格・やる気の問題ではなく、「脳との付き合い方を知らないだけ」だそう。そこでこの記事…

ずば抜けて勉強ができる人に備わる「やり抜く力」は “この2つ” で高められる

ずば抜けて勉強ができる人の共通点はなんだと思いますか? 特別な才能? IQの高さ? いいえ、どちらも不正解です。 ペンシルバニア大学教授のアンジェラ・ダックワーズ氏は、彼らには「GRIT(グリット)」と呼ばれる「やり抜く力」が備わっていると言います…

「独学力」を極める3つのステップ。本物の知性を磨くには “〇〇選び” も重要だ

独学で機械工学を学びT型フォードを開発した、起業家のヘンリー・フォード。読書による独学で鉄鋼王にのぼり詰めた、アンドリュー・カーネギー。成功を収めた人のなかには、「独学力」をもつ人が多くいます。 彼らの例を見ても「時代が違う」と感じますか? …

「不安すぎて行動できない人」にしてほしい3つのこと。じつは「心配性=成功の条件」だった

「不安や恐れがなく、何事にも果敢に挑んでいく」――成功者に対してこうした印象をもつ人は少なくないものです。一方で、自分のことを「常に不安を抱える心配性で、成功とは程遠い」と悲観する人もいることでしょう。しかし、こうした認識は間違っているかも…

脳科学から生まれた「集中力のギアが上がるToDoリスト」で、先延ばし癖が直った話

「ToDoリストをつくっても、リスト通りにタスクが終わらない」「作業効率を高めて、もっと仕事の成果を上げたい」 という人におすすめなのが、精神科医の樺沢紫苑氏が考案する「集中力のギアが上がるToDoリスト」です。このToDoリストは、脳の働きの特徴を考…

「することないな」はやっぱりマズイ。いい休日を過ごしたいので “10のしないこと” 考えてみた

休日の過ごし方次第で、平日の仕事のクオリティがよくも悪くもなることをご存じですか? あなたが仕事で集中できないのも、思うような成果が挙げられないのも、休日に正しく休めていないからかもしれません。 人材紹介サービスなどを提供するパーソルキャリ…

本嫌いの人が取り除くべき、読書に対する「4つの誤解」。つまらない本はすぐに閉じなさい

仕事や勉強のプラスになるとわかっていても、読書が苦手……そんな人は少なくありません。「子どもの頃から本が嫌い」という人も、なかにはいることでしょう。こうした本嫌いの人は、次の思い込みによって、読書で苦痛を味わったことがあるのかもしれません。 …

感情の波が激しくてつらいあなたに。気持ちを整えラクにするための「10のしないこと」

「張りきって仕事をしていても、上司に注意されると途端にやる気をなくしてしまう」「メンバーの発言に納得がいかないと、不満で仕事が手につかなくなる」 このように、感情の起伏に流されやすい人は、パフォーマンスが安定せず、仕事で結果が出にくいもので…

仕事がつらい人に多い “思考の悪癖”……「0か100か」の考えに染まってませんか?

「一度意見が衝突しただけで、この人とは合わないと決めつけてしまう」「頑張ってきた語学の勉強も、1日休んだだけでやる気がなくなった」 このように「白か黒か、0か100か」で物事を考えがちな人は、「二極化思考」の癖がついてしまっているのかもしれませ…

ハーバード元研究員「○○には99.9%従うべき」脳科学的に最強な “人生のお手本” の見つけ方

「未開拓分野のマーケティングを任されたが、結果が出ず、相談できる人もいない」「将来独立したいが、どんな経験や実績を積んで準備をすればいいかわからない」このように、自己流の頑張りに限界を感じたことはありませんか? そんなときは、あなたの理想の…

優柔不断な自分を変えるための「10のしないこと」。“デスクの片づけ” が第一歩!?

「頼まれごとを引き受けるか迷っていたら、ズルズルと任されてしまった」「新しいプロジェクトに誘われたけれど、参加する決心ができない」 このように、優柔不断は仕事に悪い影響を及ぼすことがあります。みなさんのなかには、優柔不断なせいでチャンスを逃…

本を読んでも「へぇ」で終わる人におすすめ。 “読書×◯◯” の合わせ技が最強だった話

みなさんは、次のような読書をしているという心当たりはありませんか? 「本はいいものだから何冊読んでもいい」という、目的のない読書 「ベストセラーだから読もう」という、本選びに主体性がない読書 読み終わっても「へぇ」で終わってしまう、成長につな…

あなたはどのタイプ? 普通に読むのはもう飽きた人におすすめ「ワンランク上の読書術」3選

// 読書を習慣にしているみなさん。こんなふうに考えることはありませんか? 「もっと、効率的にたくさんの本を読みたい」「本のなかから、欲しい情報をサクッと見つけ出したい」「せっかく読んだ本の内容を忘れたくない」 これらが叶う3つの読書術を紹介し…

睡眠にも「マネジメント」が必要だ! “睡眠効率85%未満” ではいつまでも一流にはなれない

スケジュール管理を徹底したり、目標を設定して作業効率化に励んだり。ビジネスパーソンなら、仕事中にさまざまなマネジメントを行なっていることでしょう。しかし、睡眠のこととなると完全オフモードになり、なんのマネジメントもしていない人が多いのでは…

ポジティブ思考になるための「10のしないこと」――自分を追い込まず、肩の力を抜いてみて

「また失敗するかも」「頑張ってもどうせ報われないだろう」 ……仕事でうまくいかないと、ネガティブ思考に陥りがち。加えて最近は、コロナ・ショックによるストレスや不安のせいで、ネガティブ思考に拍車がかかっている人もいるのではないでしょうか? そこ…

「読解力」の欠如はビジネスパーソンにとって致命的。“この3つ” で読み解く力を鍛えよう

// インターネットによる情報収集が当たり前になっているいま、若いビジネスパーソンの「読解力低下」が問題視されています。あなたは、日々のニュースを確認するときや新型コロナウイルスに関する制度について調べたいとき、次のような行動をとっていません…

仕事でミスが多いのはなぜ? 脳科学的な4つの対策

仕事でミスが多いのは、脳が疲れているからかもしれません。脳タイプ別の対策を実践してみましょう。

“自分なんかたいしたことない” と思うなかれ。挑戦心を持ち続けるための「10のしないこと」

「資格試験、挑戦してみようか。でも難しそうだし、自分には無理かな」と考える人と、「資格試験、難しそうだけど挑みがいがあるな。たとえ落ちても学んだことは無駄にはならない」と考える人……。 今後、どちらがビジネスパーソンとして飛躍的に成長するかは…

「空気が読めない」は脳科学で克服できる。自己嫌悪に陥ったとき試してほしい3つのこと

「自分の発言で場が静まり返ってしまった」「相手が迷惑そうな顔をしている。話しかけるタイミングを間違えてしまったようだ」 こんなとき、「自分はなんて空気が読めないんだろう……」と自己嫌悪に陥った経験はありませんか? もちろん思い過ごしの可能性も…

今のあなたはどのタイプ?――「最高の部下」が持つ “2つの重要条件” を満たせているか

自分を「優れた部下」だと思える人は、はたしてどれくらいいるでしょうか? パナソニックを創業した松下幸之助氏のもとで、23年間側近として過ごした江口克彦氏は、著書『部下の哲学』のなかで次のように述べています。「名選手が必ずしも名監督になるとは限…

「デキる人に見られたい」と思うのは当然。承認欲求は “上手に満たせば” 仕事をブーストさせてくれる

「承認欲求」という言葉を聞くと、SNSとひもづいたイメージから「目立ちたい人が持つ欲求」とネガティブにとらえる人も多いことでしょう。でも、それは早計です。 承認欲求は、人間の基本的な欲求のひとつ。「誰かから認められたい」と思ってしまうのは、当…

「脳の疲れ」を解消できる超シンプルな4つのストレッチ

「疲れて仕事がはかどらない……」「どうにも集中できない……」デスクワーク中にこんなふうに感じるのは、脳の疲労やストレスが原因かもしれません。そこで、仕事中の数分間を使って、脳に効く簡単なストレッチに取り組んでみませんか? ストレッチというと、「…

あなたが「勝負に弱い」致命的理由。勝つための “脳の使い方” していますか?

“勝負の世界” に生きるのはアスリートだけではありません。「顧客獲得のためにプレゼンを成功させたい!」「絶対に資格試験に合格したい!」など、ビジネスパーソンもさまざまな場面で勝負をしています。そして、勝負に勝って次々と成果をあげている人もいれ…

いつも「楽なほうへ流される」のはなぜなのか? “○○不足” で脳の前頭前野が弱ってる可能性

「資格を取得しようとテキストをそろえたのに、忙しさを理由に手つかずのまま……」「運動不足解消のためにジムに入会したけれど、結局数回通っただけで退会……」このように、ついつい楽なほうへ流されてしまった経験はないでしょうか。なかには、何度も同じよ…

失敗を引きずる癖をなくすための 「9つのしないこと」――たまには運のせいにしたっていい

「仕事で失敗した動揺から、作業に集中できない……」「失敗から立ち直れず、周囲にますます迷惑をかけている……」このように、失敗を引きずることで “負のループ” に陥ったことはありませんか。この状態が長く続くとストレスがたまりますし、仕事のパフォーマ…

脳力アップに効く「通勤電車の過ごし方」があった。車内広告や吊り革が意外と役に立つ!?

オフィスまで向かう通勤電車の中、あなたは何をして過ごしていますか? メッセージのやり取り、SNS、それとも動画サイトの閲覧でしょうか? ビジネスパーソンのスキルアップを支援する株式会社オンラインスクールが、電車通勤をしている1都3県在住ビジネスパ…

嫌いな “あの人” に振り回されないための4つの心得。

「この人とは合いそうもない……」「この人はどうしても好きになれない……」どんな職場で働くことになっても、仕事である以上、こうした「好きではない人」「嫌いな人」との付き合いは避けられませんよね。 彼らとトラブルを起こすのは嫌だし、かといって彼らに…

会社案内・運営事業

  • スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >> HPはこちら

  • english company

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >> HPはこちら

  • strail

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >> HPはこちら