スキルアップ

仕事で「期待される人」と「期待されない人」2つの違い。“○○の仕方” で差がつく!

「上司に逐一『メモはとった?』と確認される。信頼されていないんだな……」「同僚は大きな仕事を依頼されることが多いな。自分はルーティンワーク以上の仕事は頼まれないのに……」 上記のように感じることがよくあると、「自分はあまり期待されていないのかも…

「文章を書ける人」になれば「仕事ができる人」になれる。大切なのは書く以前の “ある意識”

noteやSNSやなどで発信力のあるビジネスパーソンに刺激を受け、「自分もそうなりたい」と思ったものの、実際にやってみると「書けない」「そもそも書くことがない」という経験をした人は多いはずです。 そこでアドバイスをお願いしたのは、SHOWROOM株式会社…

『メモの魔力』の編集者が「AI時代だからこそ編集者の価値は確実に上がる」と断言する納得の理由

「顧問編集者」という仕事を知っていますか? そう名乗るのは竹村俊助さん。SHOWROOM株式会社代表・前田裕二氏の著書『メモの魔力』(幻冬舎)など数々のベストセラーに携わってきた書籍編集者でもあります。 顧問編集者とはどんな仕事なのか、これからの時…

成長し続ける人は “ここ” が違う。敏腕編集者が語る「学びに貪欲」な働き方

ダイヤモンド社などを経て独立し、SHOWROOM株式会社代表・前田裕二氏の著書『メモの魔力』(幻冬舎)など数々のベストセラーに携わってきた編集者が竹村俊助さん。 そんな敏腕編集者になるまでに、どのようなキャリアを歩みどのような勉強をしてきたのでしょ…

マッキンゼーの新人が叩き込まれる基本の思考術3つ。「考える型」があるから仕事が速い

仕事の効率化がビジネスパーソンにとって大きな課題だとされるいま、どうすれば仕事を速く進められるでしょうか。単純作業であれば、その仕事に慣れたりなんらかのツールを活用したりすることで対処できるかもしれません。しかし、「考える」というプロセス…

「いつでもパフォーマンスの高い人」になるための基本的習慣。大切なのは○○を疲れさせないこと

パソコンやスマートフォンが生活の一部となった現代では、“目が疲れていない人” を探すほうが難しいのではないでしょうか。そうした “目の疲れ” は、もしかしたら私たちの想像以上に、仕事や勉強のパフォーマンスを低下させているかもしれません。その理由と…

突出した能力がなくても「専門性」は身につけられる。そのための小さいけれど大切な日常習慣

「専門性」とは、どんなものでしょうか。一般的には「特定の分野の知識があること」を意味します。しかし、大手広告代理店・電通のトランスフォーメーション・プロデュース部長で、複数の大学で講師も務める国分峰樹さんは、今後のビジネスパーソンにとって…

専門性を身につけられる人が “意識していない” 意外なこと。○○の追求がやっぱり大事

ビジネスパーソンに求められる力は時代によって変化します。これからの時代に求められる力として「専門性」を挙げるのは、大手広告代理店・電通のトランスフォーメーション・プロデュース部長で、複数の大学で講師も務める国分峰樹さん。 ただし、専門性を身…

「本当に専門性がある人」が日常的にやっていること。周囲と差別化ができるのはこんな人

時代が大きく速く変化するなか、「これから活躍したい」と考えるビジネスパーソンにはどんな力が求められるでしょうか。 その回答として、大手広告代理店・電通でトランスフォーメーション・プロデュース部長として働きながら、複数の大学で講師も務める国分…

【STUDY HACKER 編集スタッフ募集】スマートな勉強法・仕事術に関するWebメディアの編集者(正社員・アルバイト)を募集します

学び続けるビジネスパーソンのためのメディア「STUDY HACKER」。勉強意欲、成長意欲の高いビジネスパーソン向けに、勉強・仕事に必要な知識やスキルをより合理的に身につけるためのヒントを多数紹介しています。 「STUDY HACKER」を運営する株式会社スタディ…

将来的にいいリーダーになれる人が「リーダーになる前」からしている2つの行動習慣

優秀なリーダーになれる人とそうではない人、両者のあいだにはどんな違いがあるのでしょうか。お話を聞いたのは、数多くの企業でリーダーシップ指導を行なうエグゼクティブ・コーチの林健太郎さん。リーダーになる前から始めておきたい「行動習慣」について…

できるリーダーは常に○○を見ている。「リーダーレベルの視座」あなたはもてていますか

みなさんはいずれ、リーダーになりたいですか? では、「リーダーに必要なもの」とはどんなものでしょうか? それぞれに回答をイメージしたと思いますが、多くの企業でリーダーシップ指導を行なうエグゼクティブ・コーチの林健太郎さんは、リーダーに必要な…

他人といい関係を築ける人は「○○」に集中している。人間関係の問題に “本当に効く” 対応策

誰しも仕事や人間関係において、「自分の力では解決できない……」と無力感を感じるときがあります。そんなとき、簡単に諦めるのではなく、どうすれば問題をうまく整理し、他人といい関係を築いていくことができるのでしょうか。 元日本マイクロソフト業務執行…

本当に優秀なビジネスパーソンが「目的やゴールを意識する」よりもっと大切にしていること

いまビジネスの世界では、「持続可能性」が大きなキーワードとなっています。ただ、いいモノやサービスをつくるだけでなく、それを常にアップデートさせ、継続的に質を高めていけるかどうかが、大きな差別化要因になっているのです。 そしてそれは、個人のキ…

ビジネスパーソンとして最も価値が高いのは、周囲から “こう” 言われる人。後悔しないキャリア構築術

変化が激しい今後の時代には、ただ言われたことをこなして平均程度の成果を挙げたり、特定の会社や場所だけでうまく立ち振る舞ったりしていても、有効なキャリア戦略にはなりえません。ビジネスパーソンとして価値を最大限に高めるには、いったいどんな要素…

「85%の努力」で「確実に成果を出す」3つのコツ。全力を出し続けるより “10分の○○” が大事

「仕事で成果を出すには、最大限努力しなければいけない」と思って頑張ってきたけど、疲れ果ててしまった……。「成果が出ないのは、きっと自分の努力が足りないからだ」と、どうしても自分を責めてしまう……。 このようなことで悩んでいる人は、“最大限の努力”…

課題解決できる人は “○○” が得意。BCG流・解決策を考える前にやるべき3つのこと

「売上が伸び悩んでいる。どうすれば回復させられるだろうか……」「新製品の知名度を上げるには何をすべきだろう……」 仕事は問題解決の連続ですが、有効な解決策を考え出すのは難しいものですよね。 課題解決を本業とするコンサルティング会社の社員たちは、…

AIの勉強を「AIとは何か」から始めてはいけない。大事なのは「○○を数多く知ること」だった

「AIを仕事に取り入れてみたいけれど、なにから始めればいいのかわからない」——。そんな人に向けて、日本企業へのAI導入を支援している石角友愛さんが、AIを仕事に取り入れる方法を教えてくれました。 具体的には、知識のインプット、プロジェクトの経験とい…

強いのは「経験×リスキリング」で相乗効果を生み出せる人。AI時代のキャリアアップに不可欠な思考習慣

非IT企業の非IT部門で働く人にとって、「AI」はどんな存在でしょうか。なかには、「自分には関係ない」と考えて傍観している人もいるでしょう。でも、「業種や職種を問わず、これからのキャリアアップに重要な鍵を握るのがAIだ」と言われたらどうですか? そ…

「AIに仕事を奪われるかもと心配する人」と「AIの進化とともに成長できる人」のたったひとつの違い

これだけAIが注目を集めるなかでも、勤務先がIT企業でもなければ所属部署も非IT部門という人なら、「AIは自分には関係なさそうだ」と考えてもおかしくありません。 しかし、非IT企業の非IT部門で働く人であっても、「AIを活用できる人こそが強い」と語るのは…

「努力が報われない」あなたが “まだしていない” 3つのこと。報われる努力に変えるコツとは?

「努力しているのに、どうして評価されないんだろう」「こんなに頑張っているのに給料が上がらない。モチベーションが下がる……」「努力しても、キャリアアップのチャンスはない」 そんなお悩みはありませんか? この記事では、“努力が報われない” 状況を打開…

「発想力には自信がない……」と悩む人でも「いいたたき台」がつくれる意外なコツ。あえて○○するといい

営業資料、会議資料、企画書、提案書など、仕事においてなにをつくるにもよく登場するのが「たたき台」です。しかしながら、そのつくり方について解説した書籍や記事がほとんどなく困った人もいるでしょう。 まさに、そのたたき台のつくり方についての著書『…

「質の高いたたき台」を最速でつくるための5つの基本。“隙だらけ” なほうがいい理由とは?

会議資料、営業資料、企画書、提案書などを作成する過程において、頻繁につくったり使ったりするのが「たたき台」です。 そのたたき台には、「いいたたき台もあれば駄目なたたき台もある」と言うのは、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)を経てコ…

「仕事ができる人」がつくる「最高のたたき台」の特徴。ダメなたたき台とは “ここ” が違う

「『たたき台』でいいから資料をつくってみてよ」。若手のビジネスパーソンであれば、上司からよく言われる言葉のひとつではないでしょうか。「とりあえず、なんとなくそれっぽいものをつくればいい」と多くの人が考えるかもしれませんが、じつはたたき台に…

「本当に仕事が速い人」がデスクに置くもの・置かないもの。○○をなくせば仕事効率が上がる!

「仕事が速くなりたい」「自分では一生懸命やっているけど、作業効率が上がらない」 こんなお悩みがあるみなさんは、デスク環境に気を配っていますか? 経営者へのエグゼクティブコーチング、人材戦略コンサルティングを行なう大嶋祥誉氏によると、「集中し…

「発想が斬新!」と評価される人の “最高の思いつき” を生む思考法【戦略コンサルタント・山本大平さん】

「ラテラル・シンキング」というものを知っていますか? 「ラテラル(lateral)」は一般的には「側面の」「横からの」という意味ですが、このラテラル・シンキングこそが、思考を深めたり視野を広めたり斬新な発想を生んだりするのに有効だと言うのは、トヨ…

トヨタ・アクセンチュア出身の経営者が語る「本当に意味のある情報」を効率よく得る方法【戦略コンサルタント・山本大平さん】

インターネットの普及もあり、「情報社会」と言われるようになって長い時間が過ぎました。ビジネスにおいてなんらかの判断をするには、そのための情報量は多ければ多いほどいいと考えられることもあります。 しかし、「それらの情報にはほとんど意味がないか…

「圧倒的なインパクトを出せる人」がしている頭の使い方とは?【戦略コンサルタント・山本大平さん】

ビジネスにおいて有効とされる思考法にはじつにさまざまなものがありますが、その代表格というとやはりロジカル・シンキングではないでしょうか。しかし、トヨタ自動車、TBS、アクセンチュアを経て戦略コンサルタントとして活躍する山本大平さんは、「ロジカ…

「頭がいい人」は「聞く」スキルが高い。コンサルタントが当たり前にやっている3つの聞き方

新刊『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)がベストセラーとなっているコンサルタントの安達裕哉さんは、「頭がいい人」=「コミュニケーション能力が高い人」と位置づけています。 さらに、「コミュニケーション能力が高い人」は、優れ…

頭がいい人の3つの特徴。「賢いふり」ではなく「○○なふり」をする人こそが本当に賢い

「頭がいい人」と聞くと、どんな人をイメージするでしょうか。 新刊『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)が好評を得ているコンサルタントの安達裕哉さんは、「頭がいい人」=「コミュニケーション能力が高い人」と定義しています。そし…

「頭がいい人」とは「一緒に仕事がしたいと思われやすい人」。目指すなら “これ” を心がけよ

「あの人は頭がいい」「私は頭がよくないから……」。人の評価基準としてよく使われる「頭のよさ」ですが、そもそも「頭がいい」とはどういうことを指すのでしょうか。 お話を聞いたのは、新刊『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)が好評…

「考えても考えても答えが出ない」事態を防ぐシンプルな方法。「考えすぎ」は脳に有害だった

よく考えずに行動するのは危険ですが、逆に考えすぎると脳に有害なのだとか。意思決定にも影響が及ぶそうです。 筆者には大いに思い当たる節があるので、「考えすぎないための方法」を探ってみることにしました。 【ライタープロフィール】STUDY HACKER 編集…

「やることが多くて仕事が回らない!」と悩む若手リーダーを救う「人に任せる」3つの基本

チームを任されたばかりの若手リーダーのなかには、「やることが多くて仕事が回らない」と悩んでいる人もいるでしょう。そういう人は、「なかなか人に仕事を任せられない」「自分がやったほうが早い気がする」と思っていませんか? それこそが、仕事が回らな…

優秀なチームをつくれる人が大事にしていること。「この人がいれば安心だ」という感覚は危なすぎる

「この人に任せれば安心!」と思える人がチームにいる——。リーダーの立場からするととても心強い状態かもしれません。 ただ、こうしたチームには問題点があると言うのは、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コンサルティングや研修を行ない、新…

一見すごいのに出世できない人の大きな特徴。意外にも評価されるのは “歯車” 的な人だった

仕事において「すごい人」「デキる人」というと、どんな人をイメージしますか? なかには、ほかの誰にもできないことを実現できる「替えの利かない人」を思い浮かべた人もいるかもしれません。 しかし、「識学」という組織運営理論をベースに経営・組織コン…

「中途半端な仕事」で効率も評価も上げる4つの極意。仕事は “60点” でOK!

「仕事を完璧にこなせないと自分を責めてしまう。そのせいかいつもストレスを感じている」「細かいところまで完璧に仕上げようとして、仕事を終えるのが遅くなる……」 このような悩みをもっていませんか? 完璧を目指すのはすばらしいことですが、それによっ…

仕事で「期待される人」になる3つの方法。○○にまで気を回せる人は評価が高い!

「上司からあまり期待されていない気がする……」「もっと評価される人になりたい……」 頑張って仕事をしているのに期待されていないと落ち込みますよね。もしかしたら、あなたは気づかぬうちに “期待されない行動” をしてしまっているのかもしれません。 この…

評価や信用が上がるのは「期待値を超えたとき」。そのためにぜひもちたい “3つの視点”

仕事においては数多くの「考える」場面が訪れます。しかし、ただ漫然と考えるのではなく、「提案性のある考え方をする」ことこそが重要だと語るのは、電通勤務を経てストラテジックプランナーとして活躍する筧将英さん。 そもそも「提案性のある考え方をする…

優秀な人は日頃どんな「インプット」をしているのか? おろそかにしがちだからこそやれば差がつく

「考える」ことが苦手だと自覚し、考えるためのテクニックや思考法というものを学ぼうとしている人もいるでしょう。ただ、電通勤務を経てストラテジックプランナーとして活躍する筧将英さんは、それ以前にまずは「インプットこそが重要」と説きます。 その重…

“これ” ができるとビジネスパーソンとして優位に立てる。「考えるのが得意な人」が手書きしているもの

仕事において「考える」という行為は欠かせません。しかし、モヤモヤと考えらしきものが浮かんだとしても、そこからいいアイデアに結びつけるのは簡単ではないものです。 そこでお話を聞いたのは、電通勤務を経てストラテジックプランナーとして活躍する筧将…

「頭が切れる人」が使っている3つの言葉。賢い人は “○○話” がうまい。

「同僚はいつも、何を聞かれても即座に回答している。でも自分はパッと答えが出てこない……」「先輩はどんなトラブルでもすぐに解決策を提案してくれる。私もそうなりたい……」そんなふうに思ったことはありませんか? 「この人は “頭が切れる”」と周囲から高…

『「静かな人」の戦略書』著者が解説。内向的なあなたがまだ気づけていない「内向的だからこその強み」

あなたは外向的ですか、それとも内向的ですか? むかしからコミュニケーション能力が重要だとされるビジネスの場においては、とかく外向的であることこそすばらしいと評価されがちです。でも、本当にそうなのでしょうか。 自身の経験をもとに、内向型の人の…

もやもやした感覚を楽しめることが「本当の頭の良さ」を育む。真の知的体力を高めるための大切な習慣

「自分が納得できるキャリアを歩みたい」「もっと成長して満足いく人生を送りたい」と考えるビジネスパーソンはたくさんいます。でも、現実はなかなかうまくいかず、もやもやした感覚を感じてしまうことも……。いったいなぜでしょうか? 脳科学者の中野信子さ…

あなたの努力が報われないのは、○○が足りないせい。「報われる努力」のために改善すべき3つのこと

「こちらが丁寧に教えても、部下の意欲は低いまま……」「苦手な分野にもチャレンジしているのに、上司から認められない……」 結局、努力しても報われない。こう悲観しがちなあなたには、じつは “足りない” ものがあります。それはなんなのか3つのケースでご紹…

「普通の人」を抜け出して「成長できる人」になる方法。“○○する時間” を徹底的に増やす

ごく普通に働くだけの人から、周囲から「あの人はすごい!」と一目置かれて成長していける人になるためには、どのようなことが重要になるでしょうか。 大手企業300社以上の広告宣伝・PR・マーケティングの支援実績をもつ、株式会社トライバルメディアハウス…

「ビジネスパーソンとしての価値を高めたい」と思う人がまず満たすべき “大事な条件” とは

仕事に対する姿勢や意識は人それぞれですが、これから先に長い人生を歩んでいく若い人であれば、「ビジネスパーソンとしての自分の価値を高めたい」と思っている人も多いでしょう。そのためにはどうすればいいのでしょうか。 大手企業300社以上の広告宣伝・P…

「スペシャリストにならなければ意味がない」は誤解。いま目指したいのは “こんな人材” だ

終身雇用制も年功序列制も崩壊したとされるいま、「人材市場での評価が高そう」「フリーランスになりやすそう」といった考えから、スペシャリストを志向する傾向が強まっているとも言われます。 しかし、そんな風潮に警鐘を鳴らすのは、大手企業300社以上の…

周囲に差をつけるために重要なのは「特定のスキル」ではない。本当に磨くといいのは「○○」だ

「本当に成長したい、活躍の場を広げたい」と考えるビジネスパーソンは、これからの時代にどんなスキルを身につけたらいいでしょうか。 お話を聞いたのは、元日本マイクロソフト業務執行役員で現在は株式会社圓窓代表取締役の澤円さん。しかし、その答えは、…

「ChatGPTで仕事がなくなる」は本当か? ビル・ゲイツ氏の名がついた賞をとった澤円さんの答え

2022年末頃からビジネスシーンに限らず大きな話題となっているのが、人工知能チャットボット「ChatGPT」。ITに明るくない人のなかには、「ChatGPTってなんだかすごそうだけど、自分に関係あるのかな?」と思っている人もいるかもしれません。 一般のビジネス…

元日本マイクロソフト業務執行役員に聞いた。「英語ができるビジネスパーソンは強い」と言える3つの理由

ビジネスパーソンにはさまざまな能力が求められます。以前から変わらず重要だとされるものだとコミュニケーション能力はその代表格ですし、近年で言えばITスキルも入ってくるでしょう。 そういった能力のなかで「英語」の重要性を説くのが、元日本マイクロソ…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト